歯ニュース 2018/3 … ホワイトニングとクリーニング

歯を白くすること、歯を綺麗にすること、どちらも痛みも不快感もなく簡単に行うことができますが両者には違いがあることをご存知でしょうか。
クリーニングはヤニや茶渋などの歯についた着色や汚れを取ることをいいます。超音波やエアフロー(パウダーを吹きつける器具)や研磨ペーストなどを使って歯の表面に付着した色素を取り去り、汚れのない綺麗な歯を取り戻す方法です。

一方ホワイトニングはご自分の歯の本来持っている色を漂白することで、歯自体を白くすることが出来ます。
クリーニングでは天然の歯や被せ物や詰め物に付着した着色もある程度綺麗に出来ますが、ホワイトニングでは天然の歯の色しか白くならないので被せ物や詰め物の色を白くすることは出来ません。
そのためホワイトニングを行う際には治療している歯があれば、被せ物や詰め物の色も考えてホワイトニングを行うかどうか、どの程度行うかを考える必要があります。
またこれから治療を行う予定がある歯がある場合は、治療及やホワイトニングをどのタイミングで行うかも考えておかねばなりません。

漂白できるのは天然の歯だけですので、人工の歯の治療が終わった後に歯を漂白すればせっかくぴったり合った被せ物や詰め物との色合いが合わずに逆に目だってしまっては問題です。漂白をお考えの方は人工の歯を作る直前に漂白をしてその色合いに人工の歯の色を合わせることをおすすめします。
このように歯を白くするために歯の状態によってはどのようにいつ行うのか、あるいはどちらか片方か両方行う必要があるかを考える必要があります。

また虫歯や歯周病などの有無により、白くする処置自体が歯や歯ぐきに悪影響を与える場合があります。そのため歯や歯ぐきを痛めない様に事前に虫歯や歯周病についてしっかり検査を行う必要があります。
歯の色にお悩みの方だけでなく、興味はあるけどどんなものか分からない、敷居が高いとお感じの方も多いと思います。
クリーニングもホワイトニングも処置自体は簡単なものなので気軽にご相談ください。
どういったものなのか、どういう違いがあるのか丁寧にご説明させていただきたいと思います。

 高岡佑 

 

■ 歯科衛生士からのワンポイント情報

乳酸菌の活躍について! Part 1
スーパーの店頭に所狭しとヨーグルトが並んでいます。その中のロイテリヨーグルトについてお話ししたいと思います。
テレビの放送でロイテリ菌についてタレントが話して話題になっているようですが、本当に、アトピーやピロリ菌などに効果があるんでしょうか?

実は、歯周病の患者さんにロイテリ菌を摂取してもらいデータを取らせていただいたことがあります。
結果、歯周病の数値は改善がみられました。
ロイテリ菌(ラクトバチルス・ロイテリ菌)は、ロイテリン(3-hydroxy-propionaidehyde)という抗菌物質を作り病原菌にたいする拮抗作用があるのです。歯周病菌にも対抗できることが分かっています。ご興味がある方は、いつでもご質問ください。

歯科衛生士 石田

 

■ 編集後記
新大久保Part1
今月は新大久保へ行ってきました!!
韓国ブームという事もあり10代20代の若い人が多く新大久保は人!人!人!で賑っていました!!!

今回は話題沸騰中のチーズタッカルビを食べてきました^^
どこのお店もチーズタッカルビを大々的に宣伝していてどのお店に入るか迷いましたが、駅近くのお客さんがかなり入っていたお店にしました!!

チーズタッカルビは、甘辛く味付けされた鶏肉や野菜、トッポギを同じ鉄板で溶かしたトロトロのチーズに絡めて頂く韓国版チーズフォンデュのような料理でとてもおいしかったです。
写真は2人前ですが、かなりボリュームがあるので女性2人だと食べきれないかもです!!

具がたっぷり入っているので、途中でチーズがなくなりましたが一度だけチーズおかわりが無料で出来ました^^
しっかりした味付けにこってりチーズを絡めて頂くのでおなかにずっしり溜まりましたがやみつきになるおいしさでした^^

私が行ったお店は一口おにぎりを自分達で作って食べるようにご飯とたくあん、きざみ海苔がでてきました。
ボリューム満点で大満足な1日になりました!!!
気になった方はぜひ新大久保へ行ってみてください(#^^#)

歯科助手 川村

歯ニュース 2004/07 … ラミネートベニア

ラミネートベニアとは天然の歯と歯の間に隙間ができていたり、 天然の歯の形が悪い場合、多少の歯並びの悪さや歯の先端が欠けた場合などに、 歯の表面に薄いセラミックを貼り付けて「美」を回復する治療方法です。(治療前:写真左 / 治療後:写真右側)
歯の付け爪のようなものです。 金属を一切使わないために、歯や口元が暗くなる心配はありません。                              

歯の正面だけを1mm以下という極少量だけ削り、 その歯型にピッタリ合った薄いセラミックを接着します。 歯全体をぐるりと多量に削る必要がないので、 歯をほとんど元のまま残すことができます。

さらに歯が多少変色していてもそれをうまく隠してくれますし、 歯の形や大きさを整えてくれますので、きれいな歯を演出することができます。 来院回数も数回と少ないのも魅力の一つです。 

コンタクトレンズ・ラミネートベニア

基本的には通常のラミネートベニアと同様ですが、 違う点は名前のごとくコンタクトレンズのような極薄の特殊なセラミックを用いることです。
文字の上にその特殊セラミックを置けば、下の文字が読めるほどの極薄です。 この薄さによって、セラミックの下の歯の色調が反映し、光の透過性も非常によいので、 大変自然感のある、美しい歯に蘇らせることができます。(写真右側)


この点がともすれば多少奥行き感に欠けるのっぺりとした感じになるきらいがあった 今までのラニネートベニアにできない芸当です。

歯の正面だけを薄さ0.5mmというほんの少量削るだけですみますから、 美しいだけでなく、歯に非常に優しい治療法です。 近年の接着材の進歩が、このような極薄のセラッミクが剥がれたり、 壊れることなく臨床応用することを可能にしました。 

歯の色が濃く暗く汚れたように見える場合でも、 ホワイトニング(歯の漂白)をしてからコンタクトレンズ・ラミネートベニアをすれば、 白く美しい歯にすることができます。
このようにいろいろな原因で口元が貧相になっている場合でも、 簡単に上品な美しさを取り戻すことができます。

 ≪ ラミネートベニアについてはこちらへ

 高岡 周一