顎関節の痛み / お問合せQ&A

投稿者:おたんこナースさん

噛み締め癖があり時々右顎関節が痛くなります。
ひどい時は右奥歯が痛くて噛めなくなります。
5年以上まえに奥歯を調整いたことあります。
歯を削らずに治す方法ありますでしょうか。

【お返事】
おたんこナースさんこんにちは。

お問い合わせになられた顎の関節痛の件ですが、
痛みの原因はメールにあるように噛みしめる癖があることだと思います。
人の体は食事をしたりなど1日のほんの短い時間だけ顎に負担をかけることに耐える設計になっています。
それを四六時中噛みしめて負担をかけ続けているので顎の関節が壊れてきているのです。
原因を治さないで根本的には治らないとお考えになるといいでしょう。

当院HPのページ「原因不明の歯の痛み」、左記のページをご覧になり、
まず噛みしめを起こさないように自分で注意することです。
これだけで痛みの軽減など、症状の緩和に驚かれる方が大勢いらっしゃいます。
一度試してみてください。

高岡歯科医院 高岡周一

親知らずの相談 / お問合せQ&A

投稿者:ふうさん

初めて投稿させて頂きます。
2年ほど前に他の歯科医院で右の下の親知らずを抜きました。
その時に撮ってもらったレントゲンでは左右の下の親知らずが横に向かって生えているので頭が出たら抜いたほうがいいと言われました。
左は今後出てくることはまずないから抜かなくてもいいとのことだったのですが、半年ほど前から頭が出てきており出ている歯の割合が増えてきました。
今後痛みが出てきたら嫌なので抜きたいと思うのですが、痛みもなく多少気になる程度のため抜歯に踏み切れずにいます。
この場合は無理に抜かない方がいいのでしょうか?

【お返事】
ふうさんこんにちは。
お問い合わせ頂いた高岡歯科医院 院長高岡周一と申します。
親知らずを抜くか抜かないかは、親知らずの症状でなく手前の歯や他の歯にとって有害かどうかで決めたほうがいいと思います。
手前の歯の歯周病や虫歯を誘発する可能性があるかどうかも大切です。
親知らずはなくてもいいですが、手前の歯は噛むのに必要です。
その歯の寿命を短くしてまで親知らずを温存する理由が見つからないのです。
お口を拝見していないので正確な状況がわかりませんのでお近くの先生とご相談されてみることをお勧めします。

高岡歯科医院 高岡周一

親不知を抜きたいのですが? / お問合せQ&A

投稿者:えみさん
初めまして。
こんばんわ。

左奥下の親知らずが痛んだのでかかりつけの歯科に問い合わせたところ、抜く場合は専門の歯科医をご紹介しますという事でそこでは抜けないらしくここを検索で見つけて問い合わせをさせて頂いてます。

左下は半分以上出ている状態。痛みあり。
左上はほぼ完全に出ている状態。痛む時もあり。生理周期により痛みがあったりします。
個人的には左は勿論右も、少しでも生えていたら親知らずは抜きたいと思っております。抜歯は1本最高でいくらくらいかかるのでしょうか?

【お返事】
えみさんこんにちは。
お問い合わせ頂いた高岡歯科医院 院長高岡周一と申します。
おかかりの先生から親不知の抜歯が困難とのことですので、
簡単な抜歯でないことは推測できますが、
残念ながらお書きの状況だけでは判断はできません。
ご質問にお答えするにはお口を拝見する必要があります。
お口の状況によって治療法が変わることや、治療の困難度によって治療自体だけでなく検査なども変わってくるためです。
おかかりの先生から専門の先生を紹介していただいてそこでご相談されてみることをお勧めいたします。
お大事に。
高岡歯科医院 高岡周一

口の中のがんについて / お問合せQ&A

投稿者:りえ さん

下顎隆起に硬い食べ物が刺さり怪我をしました。
痛みは3日程で治りましたが、一週間たって見たらまだ赤くなっています。
口腔がんは赤くなることがあると聞いたのですが大丈夫でしょうか?
お返事
りえ様、お問い合わせ頂いた高岡歯科医院 高岡周一です。
お尋ねの件について返信させて頂きます。
お口の中を拝見していないことと経過が文面では詳しくわかりませんので正確なことは申し上げられませんが、
怪我をする前の状態がなんの異常もない状態なのであれば、ご心配の「がん」ではないと思います。

口の中の傷は皮膚と違って治るのに少し時間がかかることが多いので
もう少し様子をみてもいいかもしれません。
ただし日常生活に支障をきたすことがある場合や、ご指摘の赤みだけでなく化膿などがあるようでしたらお近くの歯科医院を受診されることをお勧めいたします。
おだいじに。

目立たない入れ歯 / お問合せQ&A

投稿者:なみ さん

質問させてください。私は上の一番奥の歯がすでにありません。
最近、その隣もグラグラとしてきて近い将来抜くことになると思います。
上の奥歯2本を入れ歯にする場合、どのような種類があるのでしょうか?
目立つものは嫌なので、保険外であっても目立たないもの希望です。
(インプラントは考えていません)
また、MTコネクターという入れ歯があるそうですが、扱っていらっしゃるか教えて頂きたいのですが・・・。

 

お返事:

なみさんこんばんは。
奥歯2本を失うかもしれない状況にご同情申し上げます。
お聞きになられたいことから外れてしまうかもしれませんが、この場合最も大切なことはどうして奥歯を2本失うようなことになったか、その原因です。
その原因をつぶさないと第二第三の歯をなくされる可能性があるからです。
今回ご希望の入れ歯をお入れになられたとしても、また次の歯を失って入れ歯の作り直しや修理はできれば避けたいものです。

お口を拝見していないので確かなことは申せませんが、仮に歯周病でグラついておられるのなら他の歯も心配です。その対処をされないで入れ歯をお入れになられると、入れ歯も残った歯も長持ちしないと思います。

入れ歯は作る前に、今何に困っておられてそれをどうされたいのか?症例的にどんな入れ歯が適当なのか?そして長く使える入れ歯の設計は?かめる入れ歯が入れられるのか?色々と考えなければなりません。

入れ歯は残った歯に入れ歯の安定を求めることになります。すなわち入れ歯を支えるだけのしっかりした歯がどこにどれだけあるのかも大事ですが、入れ歯は構造的に入れ歯を支える歯に負担を強いた結果入れ歯が安定するという犠牲の上に成り立つものです。残った歯の状況によって上記した事柄が変わってくるのです。

まず歯を失う原因の対処をされ、その間はもし食事に不便を感じておられるのなら仮の入れ歯をお入れになられてはいかがでしょうか。
仮の入れ歯のメリットは入れ歯のどの部分が不満に感じるかテストでき、その不満を避けた最終的な入れ歯を設計することができる、いわば試しの入れ歯として使ってみられることも一つの役割です。

前置きが長くなりましたが、ご質問の本題に入らせていただきます。
お口の状態が文面からは分かりませんので、ここでは一般論としてお話しさせて頂きます。
当院のホームページにあるように部分入れ歯にはいくつかの種類があり、一般的な歯にバネ(針金)を引っ掛けるタイプ、バネのないコーヌス義歯、バネを歯と似た色の特殊なプラスチックで作ってバネを見立ちにくくするタイプ、ご質問のMTコネクターのようにバネを人目につく外側に極力つけないタイプ、などがあります。

それぞれに利点と欠点、そして適応症がありますが、申し訳ありませんが紙面上ではどれがなみ様に適しているのか判断はできません。
目立たない入れ歯をご希望とのことですが、歯の状況によっては一般的な入れ歯でもバネの位置を考慮すれば目だちにくいかもしれません。

またここでは全ての利点と欠点を述べることができませんが、ご質問のMTコネクターのような歯の裏側だけで入れ歯を安定させるものは、仮に他の歯も歯周病であれば歯が揺れたり移動すると時間の経過と共に使えなくなったり修理が大掛かりになる懸念があります。
できるだけ長くお使い頂ける入れ歯を考えると、今だけの視点ではいけないと思います。
将来のお口の変化にある程度は修理などで対応できることが理想です。

お近くの先生か主治医の先生とよくご相談されてみてはいかがでしょうか。
きっといい解決法がみつかるのではと思います。
おだいじになさってください。


 

神経が死んで変色した歯は白くできますか? / お問合せQ&A

投稿者:きっこ さん

神経が死んだ歯はホワイトニングできますか?
歯をぶつけた影響で右上の前歯が壊死して茶色くなっています。
こういう歯もホワイトニングで治療できるのでしょうか。
周りの歯も一緒にホワイトニングしていきたいのですが、壊死した歯と周りの歯とを同じ白さに合わせられるでしょうか。

 

お返事:
きっこさんこんばんは。
人目に付く前歯が茶色く変色したご様子に同情申し上げます。
実際には歯を拝見しないと確かな状況がわかりませんので、ここでは神経が死んで変色した場合についてお返事させていただきます。

言葉の定義になってしまいますが、一般的にはホワイトニングとは歯の外側(表面)から薬剤を反応させて歯を白くする治療の事を指します。
もう一つ歯を白くする治療法があります。それはブリーチングです。
歯の神経が死んだことが原因の歯の変色は、変色させた原因物質が歯の神経の死骸とお考えください。
この原因を取り除き、さらに歯を変色させた色素が歯に入り込んだのは歯の内側からですので、歯の内側に歯を白くする薬剤を置いて内側から歯を白くする治療が必要です。この治療をブリーチングと呼びます。

神経が死んだための変色の場合、ホワイトニングだけではご希望の他の歯と同様にまで白くすることは難しいと考えます。
さらに周りの他の歯も同時にホワイトニングをすれば、その歯が多少白くなっても他の歯も白くなっていくために色の濃淡の違いは残ったままになってしまい、外見上目立つことに変化はないでしょう。

結論を申せば、まずその変色した歯のブリーチングを行って他の歯に近い白さになった段階で、他の歯と一緒にホワイトニングをして歯全体を白くする方法がいいと思います。

周りの他の歯と同じように白くなるかどうかは正直なところ治療を行ってみないと何とも言えませんが、神経が死んだことが原因なら私の経験から申せばかなりの所まではいけるのではないかと思います。
お近くの歯科医院でご相談されてみられるといいと思います。

 

 

初期虫歯は削らない? / お問合せQ&A

投稿者:井出 さん

歯科検診で近所の歯医者で診てもらったところ、初期虫歯があると言われました。
治療してもらえるのかと思っていたら、「しっかり歯を磨いて下さい」と言われ、なにもされず帰されました。
初期であっても虫歯は虫歯。
なぜ放置されたのでしょうか。
こんなことってあり得るのでしょうか。 

 

お返事:

井出さんこんにちは。
虫歯にも色々と程度がありまして、全ての虫歯が治療の対象となる訳ではありません。
本当に初期の虫歯や丁寧な歯みがきなどの清掃で管理ができると判断した場合には、その方の毎日の清掃に期待して経過観察歯としてしばらく経過を見ることがあります。
十分な管理が行われればほとんど進行しない初期の虫歯や、またはもう少し進行してから虫歯を治療しても遅くないと判断できる虫歯もあるからです。

その方は歯みがきをしっかりできる人か?歯みがきしやすい場所にある虫歯か?虫歯の程度などで判断されることが一般的です。
ただし虫歯のなりかけには違いがないのですから、悪くなっていないか定期的に歯科医院で経過を見ていただくことをお勧めいたします。

ギザギザ歯 / お問合せQ&A

投稿者:アツシ さん
2番から5番にかけての歯が全て山状の形で、ぎざぎざしています。
見栄えが良くないので治したいのですが、きれいに嚙み合わせが良い平らな形に治すには、どういう治療がありますか?

 お返事:
アツシさんこんにちは。
歯の外見が気になるとのお話ですが、現在の歯の状態やぎざぎざの程度、歯のどの部分なのかによってお勧めする方法が変わってきます。
ぎざぎざが天然の歯の先の部分という前提でお話ししてみますが、お口を拝見していないために確かなことは申せません。あくまでも可能性としてお考え下さい。

歯が生えてまもない前歯の先がでこぼこやギザギザになっていることがありますが、それは正常なことです。しばらく使っていると段々平らになってきます。
しかし歯並び等であまり噛んでいない前歯はこうした日常生活での摩耗がないため、その形が大人になっても残っている人がいます。
ご質問の2番と3番に関してはこうした原因が考えられますが、お話しの4番・5番にはそうしたことが考えにくいと思います。

軽いぎざぎざならエナメル質の範囲内で多少削ってなだらかにする方法もあるでしょうが、かみ合わせが変わる場所は不適当です。
ぎざぎざが大きい場合は、ぎざぎざしている谷に歯の色と合わせたプラスチックを山の部分まで詰める方法も考えられます。
または歯を削って人工的な歯をのせたりかぶせる方法もありますが、歯を削る必要があるのであまりお薦めいたしません。

どの方法が最適なのか、本来はお口を拝見して詳細を把握してからお話することです。
かかりつけの先生とよくご相談されてみてはいかがでしょうか。

口内炎ができる場所について / お問合せQ&A

投稿者: yui3420 さん

こんにちは、口内炎について質問します。
歯茎に口内炎と同じような出来物ができたのですが、歯茎にも口内炎はできるのでしょうか。
今までは頬の内側にしかできなかったのですが。
口内炎ができないように気をつける方法はありますか?

 

お返事:
yuiさんこんにちは。食べるたびに痛い口内炎は厄介なものですね。
ご質問の口内炎は歯肉(歯ぐき)にもできることがあります。

口内炎ができる原因は大きく分けて2つあります。
第一は食事中に噛んでしまったり、歯ブラシなどが強く当たってしまったなどの傷から口内炎になるケースです。傷口からの感染とお考え下さい。

第二は病気や体質、服用中の薬の副作用、栄養素の不足など全身的な原因です。風邪など体の免疫力の低下時にちょっとした傷からできることもあります。
無理なダイエットや偏った食事などによる栄養素不足も原因になることがあります。
口内炎と関わる栄養素はビタミンB2、B6、B12などのビタミンB群とビタミンCです。

歯周病について / お問合せQ&A

投稿者:渡辺 さん
日本人の成人の80%が歯周病になっているという統計が出ているので、全く自覚症状の無い自分も歯周病なのではないかと心配になってきました。
歯周病の診断は歯医者にいかないとわからないのでしょうか。
歯が抜けてしまうこともあると聞いたので心配です。
歯周病診断はどうやって行われるのでしょうか?

 お返事:
渡辺さんこんにちは。歯周病罹患者はご指摘の通りの高率ですのでご心配も無理からぬことだと思います。
ただ歯周病は歯肉炎と歯周炎(歯槽膿漏)の二つの病気の総称ですので、報道されたものは全員が歯が抜けるような末期の歯周炎だということではないので過度にご心配なさななくてだいじょうぶです。
歯周病の診断や進行度合いの判定は、歯科医院での問診、視診、歯周病検査、レントゲン検査などで行われます。
歯肉からの出血や起床時の口の中の不快感、歯のぐらつきや噛む時の違和感など一部では自覚できる症状もありますが、中にはそうした自覚症状が出た時はかなり病状が進行していることがありますので、自己判断は避けられたほうがいいと思います。
渡辺さんのお口の中がどのような状態なのか、一度かかりつけの歯科医院で検査をお受けになってみてはいかがでしょうか。

歯根のヒビ / お問合せQ&A

投稿者:tremen13さん

歯痛の原因がわからず、歯医者でレントゲンをとってもらったら左下5番の歯根に小さいヒビが入っていました。
歯根にヒビが入ってしまうと、抜歯治療しかないのでしょうか?
まだ若いのでできるだけ抜きたくないです。
教えて下さい。

 

お返事:

tremen13さんこんにちは。歯を抜きたくないお気持ちはよくわかります。
可能な限り抜かないで済まないかと考えるのは歯科医も同じです。
ただそれは歯の状況次第では他の歯やあごの骨などのことを考えてお勧めする方法が変わってきます。
歯の上部や表面だけのヒビならご希望にそえる可能性が大きいでしょうが、歯の根っこが完全に割れてしまっては残念ながらかなり状況が不利だと言わざるを得ません。

割れた歯を一度抜いて、割れた根を接着した後再度抜いた場所に戻す方法を試みている歯科医も一部にいます。
成功すればこれほどいい治療法はないでしょうが、もし不成功なら骨が溶けたりするリスク、また接着力が長期間の噛む強い力に本当に耐えられるのかなどの不安もあります。
今回はヒビだけなのかヒビが入って割れたのか、それでお勧めされる治療方針が変わってくるでしょうが、
ご本人のご納得が一番ですから、主治医とじっくりとお話になることが大切だと思います。

ここで非常に大切なことをお話しします。
歯を失うかもしれない現状に頭がいっぱいになって先のことまで考える余地がないと思いますが、落ち着いたらご検討下さい。
それはどうして歯にヒビが入ったか、その理由です。その理由を放っておけば次は別の歯に同じことが起きる可能性があるからです。
これは専門的な難しい話になりますので、お掛かりの先生とよくご相談されてみられるといいと思います。

被せ物の匂い / お問合せQ&A

投稿者:kunkoさん

6年程まえに治療した被せ物から嫌な匂いがします。
被せ物近辺の環境が不潔になっているのでしょうか?
6年ともなると取り変え時ということも考えられますか?

 

 お返事:

kunkoさんこんにちは。
臭いの原因として考えられるものを2点挙げてみます。
第一は食べかすが腐敗して臭う場合です。むし歯の穴の中に食べかすが入り込んだり、歯肉が縮んで(下がって)歯と歯や歯ぐきの間に食べかすが残りやすくなる時によく起こります。
歯磨きが不十分であったり、被せ物と歯が合ピッタリ合っていない、また歯周病や歯磨きする力が強すぎるなどの原因で起こります。
この場合の治療法は虫歯や歯周病の治療と場合によっては被せ物の再治療が必要になるでしょう。
これは先ほどの原因があったことが理由なのであって、6年経ったからではありません。
10年20年取り替えていない被せ物はたくさんあります。

第二は歯周病にかかって歯ぐきから出血や膿などが出てそれが臭う場合です。
この場合は歯周病の治療をすることをお勧めします。
このように原因や状況によって対処法が変わりますので、主治医の先生とよくご相談下さい。

注射の痛み / お問合せQ&A

投稿者:尾賀田さん
昨日新しく通い始めた歯医者で麻酔注射をしてもらいましたが、
前の歯医者でやってもらった注射と比べて全然痛くなくて驚きました。
「無痛治療」をセールスポイントにしている歯医者が増えていますが、
どうしてこんなにも痛みの大きさが違うのでしょうか?
注射の仕方?それとも針が違うのでしょうか?
今後は刺しても気づかないような注射が出てくるかもしれませんね。
患者としては大変ありがたいです。

 

 お返事:
尾賀田さんこんばんは。
注射が苦手な人が大半ですし、痛いことは誰でも嫌いですからいい体験をされたと思います。
痛みを極力抑える注射の方法はいくつかあります。
極力痛みの少ない場所を選んで注射することや、注射する場所を塗り薬で少し麻痺させてから注射をしたり、
最初に針のない注射器で軽く痺れさせておいてから針の注射をする、また極細の注射針と電動の注射器でゆっくり注射をしたりと、私も時と場合によって色々と工夫をしています。
歯科医院によってその実施方法が違うためにご感想のような驚きが出たのだと思います。

歯槽膿漏に悩まされています / お問合せQ&A

投稿者:ぽんぽこさん
30歳に入ってから歯槽膿漏に悩まされています。
前と同じように磨いていますが、歯ぐきはどんどん下に下がっていきます。
そろそろ病院に行こうと思いますが、歯槽膿漏ってどうやって治療するんですか?

 

お返事:
ぽんぽこさんこんにちは。どんどん歯ぐきが下がっていくのではないかとの不安をお察しいたします。

第一に歯ぐきが下がる原因を捜す必要があります。
ご指摘の歯槽膿漏(歯周病)だけでなく、歯ぎしりや食いしばりなどの習慣の問題、不適切な歯磨きや噛み合わせの問題、歯並びの問題などのいろんな要素から原因を考えなくてはなりません。

お尋ねの歯槽膿漏(歯周病)の治療法ですが、まず現状を詳しく知るために歯周検査やレントゲン撮影、噛み合わせなど先にお話しした項目などの検査をいたします。
その結果に基づいて治療計画を立てて、歯石を取ったり上記の問題の改善などの初期治療を行います。その後再度歯周検査を行って初期治療の治療結果の判定をします。
その後はその判定結果を元にその後の歯周病治療を判断していく流れになります。

以上が一般的な大まかな治療の流れですが、個々の症例によって実施する内容が変わってきます。お近くの歯科医院でご相談されるといいと思います。
状況からみて早期の受診をお勧めいたします。

 

八重歯の原因は? / お問合せQ&A

投稿者:zenonさん
子供の歯が生え変わり八重歯になりました。
最初に前歯が抜けて、そこが大人の歯になり、
その後に八重歯になった箇所の乳歯が抜けて、八重歯になりました。
特に周りの歯に邪魔されて生えてきたわけではなかったのに、
どうして八重歯の形になってしまうのでしょうか。
八重歯というものは、歯茎の中にある段階であのような形になっているのでしょうか。

 

 お返事:
zenonさんこんにちは。
私も娘の矯正をした立場から、子供さんの歯並びが親として気になるのはよくわかります。
お尋ねの八重歯になる原因がいくつかあります。

第一は、歯とあごの骨の大きさのアンバランスがある場合です。一般より歯が大きくてアンバランスになることより、歯の大きさは普通でも骨が小さいためにアンバランスになる症例が近年特に多くなっています。
第二は、むし歯になったために乳歯が動いて位置がずれ、そのずれた乳歯に沿って永久歯が生えてきた場合です。
第三は、元々歯が作られる段階で位置や方向が少しずれていた場合です。ただ上記2つの原因より頻度は少ないと思います。

多くの原因は永久歯が生えるスペースの問題です。糸切歯の前後の歯が先に永久歯に交換します。
糸切歯はその後に生えてきます。椅子取りゲームのように前後がすでに永久歯で場所を取られているために、後から生える糸切歯はそこに自分のの大きさのスペースがないと生える位置をずらして生えてくるのです。それを一般的に八重歯と呼んでいます。

「乳歯が抜けて八重歯になられた」とお書きですので、乳歯の根を永久歯が溶かして交換した可能性が高く、そう大きくずれた位置ではないのではないかと文面からは想像できます。
お近くの矯正治療を行っている先生に診ていただくことをお勧めいたします。

 

インプラント手術ができない人 / お問合せQ&A

投稿者:WGさん
高血圧の人や喘息持ちの人はインプラント手術を受けられないのは本当ですか?
理由もあれば教えてください。

 

 お返事:
WGさんこんにちは。
治療の制限に戸惑っておられるかもしれませんが、お尋ねの疾患は絶対に治療を受けられないわけではありません。
お身体の疾患や状態によってインプラント手術が絶対的にできない場合と状況によってできない場合があります。
紙面の都合上詳しく正確に述べるのは難しいため、実際の状況を主治医の先生とご相談されることをまずお勧めします。

高血圧は動脈硬化を伴うことが多く、脳、心臓、腎臓などに合併症があれば手術時の血圧変動で各臓器の重要な血管に障害が起こる可能性が高くなるためにリスクとなります。
この合併症とは、脳出血、クモ膜下出血、脳梗塞、狭心症、心筋梗塞、心不全、腎不全、腎障害などですが、合併症の状況によっては治療の可否が分かれます。
しかし合併症がなく治療によって十分に血圧がコントロールされている方はこのリスクは少ないと考えられており、インプラント手術などの歯科での外科治療は可能です。

喘息には特定のアレルギー物質に反応するアトピー型、アレルギー物質の特定のない感染型喘息で高齢者に多い非アトピー型、薬物により起こるアスピリン喘息があります。
喘息は絶対的にできないということではありません。気管支喘息のコントロールが良好な時期ではインプラント手術を受けることができますが、喘息の誘因となる痛みや心理的ストレスは極力避けなければなりません。またステロイドを投与されている場合は感染を起こしやすいために術後感染のリスクがあり、一般的な消炎鎮痛剤は喘息発作が起きやすいために服用できないものが多いなどの制限があります。

ご参考までにこの他のインプラント治療のリスクとなる全身疾患をお話ししてみます。
しかし該当したすべて治療ができないということではありませんので主治医とよくご相談ください。
インプラントは歯をなくした時の他の治療選択肢にない生活上のメリットを多く持つことも事実ですし、今のお困りがインプラントでしか改善できない場合もあるかもしれませんが、状況によっては無理をせず他の選択肢を選ぶ方が安全な場合もあります。

【リスクとなる全身疾患】
○循環器疾患:高血圧症、虚血性心疾患(狭心症・心筋梗塞)、先天性心疾患、感染性心内膜炎など
○呼吸器疾患:アスピリン喘息、気管支喘息、慢性閉塞性肺疾患(慢性気管支炎・肺気腫)など
○消化器疾患:腎機能障害、肝機能障害、胃・十二指腸潰瘍など
○代謝・内分泌系疾患:骨粗鬆症、糖尿病、甲状腺疾患、副腎疾患など
○精神疾患:統合失調症、うつ病
○脳血管障害:脳梗塞、脳出血など
○血液疾患:貧血、出血性素因など
○自己免疫疾患:全身性エリテマトーデス、関節リウマチ
○アレルギー疾患:薬物アレルギー、金属アレルギーなど
○感染症:HCV、HBV、HIVなど
○服用薬剤:ステロイド薬、骨粗鬆症治療薬のビスフォスフォネート薬、抗血栓療法薬など
○その他:放射線治療の既往、頭頸部扁平上皮癌の既往

 

虫歯の発生原因は / お問合せQ&A

投稿者:さん
ストレスが原因で虫歯ができるって本当ですか?
ストレスがたまって、体調が悪くなって、細菌が増えるということでしょうか。
仕事で疲れると口臭がきつくなるときはありますが。

 

お返事:
秦さんこんにちは。
むし歯ができる直接の理由は、むし歯原因菌が出す酸によって歯が侵されることです。
しかし身体もむし歯原因菌の好きなようにやらせているわけでなく、唾液の中に含まれる殺菌作用や細菌の出す酸を中和する作用、初期のむし歯を治してくれる作用などでそれに対抗しています。
唾液は「つば」と呼ばれて汚いものの代名詞のように嫌われがちですが、水やお茶などに代用できないすばらしい働きをしてくれる頼もしい味方です。しかし唾液の分泌が少なくなるとこの作用の働きが悪くなり、むし歯や歯周病になりやすくなってしまいます。

この唾液が少なくなるのが夜間の寝ている間と緊張やストレスを受けた時です。緊張すれば口の中がからからになるのでご理解いただけると思います。また度重なる強いストレスを感じるとコルチゾルなどのストレスホルモンが分泌され免疫力も低下します。これもむし歯原因菌には好都合です。

一方でストレスを感じると程度の差はあれ、人は無意識に食いしばりや歯ぎしりをします。この行動が頻繁に、または長時間、力強く行われると歯の付け根に微細なヒビが入り、歯が欠けやすくなります。そのヒビや欠けに食べかすが残りやすく、その結果むし歯になるリスクが増えます。これもストレスとむし歯の一つの関係です。
また疲労やストレスで唾液の分泌が少なくなると、唾液の持つ洗浄作用や消毒作用などが少なくなってお書きのように口臭の原因にもなります。

むし歯の予防に歯磨きをする理由は、口の中からこうした細菌の数を少なくすることと、細菌に食べかすという餌をやらないようにするためです。寝ている間は唾液の分泌もお休みになるので、寝る前にしっかりと歯磨きをされることをお勧めします。

 

銀歯が気になる / お問合せQ&A

投稿者:かんなさん
前に虫歯で銀歯を部分的につめてもらったところって、
白い詰め物に入れ替えられますか?
奥歯に入っている銀歯を取って、治療跡が目立たないように白くしたいです。

 

 お返事:
かんなさんこんにちは。最近同じようなご相談を受けることが大変多くなっております。
近頃は男性でも銀歯を希望される方が珍しくなってきていますので、女性ならなおさらでしょう。

ご質問にありました銀歯は、簡単に白い詰め物に入れ替えることが可能です。
現在の銀歯の形によって選択肢が変わってきますが、一般的には健康保険ではプラスチックの詰め物、保険外の治療ではセラミックやハイブリッドセラミックの詰め物などがあります。さらにセラミックにも何種類かの選択肢があります。他に問題がなければ来院回数は1~2回で済みます。

それぞれの選択肢には材質と耐久性、作り方の違いによる歯と精度よくピッタリ合ってむし歯になりにくい精度などの特徴がそれぞれ違ってきます。また年月が経過した時の変色度合いも異なりますので、おかかりの先生とよくご相談されるといいと思います。

ここで一つご注意いただきたいことがあります。それは白い詰め物だけに意識を向けるのではなく、その歯の寿命をできるだけ長くすることも配慮いただきたいと思います。
何度も治療をやりかえると段々歯が削れて少なくなります。削った歯は二度と戻ってきません。歯は着せ替え人形ではありませんので、できるだけ歯を削る頻度が少なく歯が長持ちする治療選択肢をお勧めいたします。

とかく気になる歯だけに注意が向かいがちですが、歯は本来ものを噛むためのものです。美しい歯ももちろん大切ですが、二度と手に入らないご自分の歯を長持ちさせるにはどうすればいいのか、かかりつけの先生とよくご相談されてみられることをお勧めいたします。

 

舌磨きの効果 / お問合せQ&A

投稿者:bonatsさん
口臭に悩んでいます。
今は、歯を磨いているだけですが、舌磨きも口臭を消すのに効果はあるのでしょうか?

 

 お返事:
bonatsさんこんにちは。
口臭は「周りの人に臭っているのでは?」と気になるものです。
口臭には自臭症と他臭症があり、紙面の都合上他臭症について少しお話しします。

口臭は気になり始めるといつも臭っているのではないかと不安になることが多いのですが、自分で臭っていると感じる場合は実はいつもはあまり臭っておらず、時々口臭が発生してそれを自覚することが大半なのです。

電車の中で香水のきつい匂いを放つ女性に時々出会います。どうしてそうなるかと申しますと、日常的にその香水の匂いを嗅いでいると嗅覚がその匂いに麻痺して匂いを感じにくくなるため、段々つける量が多くなってしまうのです。その量が本人にはいい匂いでも、周りにはきつく感じるのです。
これと同じで、自分の口臭に麻痺するほど日常臭っていると自分では口臭を感じることはできず、時折口臭を自覚するのは普段はそんなに臭っていないのでその時だけ感じることができるのです。

口臭のお話しを始めると長くなりますので、ご質問の舌磨きについてお話しします。
実際に臭う口臭の約8割が舌からだともいわれており、舌の掃除は口臭予防に大変効果があります。
舌の表面は小さなでこぼこにがあってそれをざらついて感じます。そのでもぼこに汚れや細菌が繁殖して臭いの原因物質を作り出すのです。それを舌ブラシや舌スクレイパーで取り除くのが効果的です。歯ブラシで代用してもあまり効果的ではありませんので専用のものをお求めになられることをお勧めします。効果は舌スクレイパーが一番だと思います。

ここで気をつけて頂きたいのが、やり過ぎないことです。細菌はたんぱく質や食べかすを分解して口臭を作るので、舌をこすり過ぎると出血や上皮がはがれ落ちてそれらが返って細菌に口臭の元を与えてしまうからです。舌スクレイパーを使うと色のついたドロッとしたものが取れてくるので、ついついやり過ぎてしまいますのでご注意ください。

こうした実際に臭う真性口臭だけでなく仮性口臭、起床時などにはだれにでも起こる生理的口臭など色々な口臭があります。
口臭予防は歯磨きや舌磨きだけでなくいろんな方法やグッズがあります。
一度ご近所の口臭に詳しい歯科医院でご相談されてみてはいかがでしょうか。

 

歯が透明化しています / お問合せQ&A

投稿者:なっこさん
前歯がだんだんと透明化(?)しています。
歯の先のほうから、白い部分がなくなってきて、舌を当てると向こう側がうっすら見える感じです。
こういう症状はどうやって対処すればいいでしょうか?

 

 お返事:
なっこさんこんばんは。人目に目立つ前歯の変化はこの先を含めてご心配のことと存じます。
実際に拝見していないので推測ですが、ご指摘のような歯の透明化は段々歯が薄くなってきたことが原因ではないかと思います。歯の先が鋭く鋭利になってきていないでしょうか。

もしそうであれば、過度の歯同士の接触による摩耗の可能性が高いと思います。無意識の行動が多いために自覚はないかもしれませんが、食いしばりや歯ぎしりなど、歯を噛み絞めたり歯を長時間接触させる癖はないでしょうか。それらが長時間・長期間そして強い力で行われるとこうした状態になることがあります。

また酸蝕症といって酸に歯が侵されることでも起こることがあります。強い酸に歯が接触する機会が多い場合や、炭酸飲料などの弱い酸でも飲んだ後にうがいや歯磨きをしないで寝るなど長い時間酸が歯と接触する場合、酸が歯と接触する頻度が多いなどの場合などに起こります。

お話ししたどちらが原因でも歯があまり薄くなると歯の先が欠けてたり、尖った歯の先で口の中を傷つけたりしますので、かかりつけの歯科医院で診て頂いた方がいいと思います。

 

歯を白くする海外の歯磨き粉 / お問合せQ&A

投稿者:ホワイトさん
アメリカ製のスーパースマイルという歯磨きを購入したのですが、数回使っただけで見違えるように歯が白くなりました。
うれしい反面、強い薬品が使われているのでは無いかと疑っています。
海外の歯磨き粉は日本のと比べて強い成分を使っていることが多いのでしょうか?
製品の裏に記載されている成分表を見て、良いものと悪いものを見分けるポイントはありますか。

 

お返事:
ホワイトさんこんにちは。日本では歯磨き粉は薬事法という法律により化粧品や薬用化粧品(医薬部外品)に分類されており、含まれる成分はそれなりの規制をクリアしたものしか販売できないことになっています。その意味ではサプリメントや健康食品と違って日本で許可された成分だと思います。しかし海外で購入して個人が国内に持ち込んだり、個人的に海外から取り寄せたものはこの限りではありませんので不明です。

お尋ねの成分に関してはよくわかりませんが、数回の使用で歯が白くなったとのお話からすれば多分研摩剤が多く含まれているのではないかと想像いたします。わかりやすく大げさにいえば、研摩剤で歯の表面を一層削り取って白くしていることになります。
これは程度の問題ではありますが、あまりその頻度が多ければ歯の表面を覆いむし歯から歯を守っているエナメル質を摩耗して歯を弱くすることにつながりますので注意が必要です。

歯磨き粉に一般的に含まれている研磨剤は以下の通りですが、まったく含まれていないと歯が着色してしまうので特殊なものを除いて一般的には大なり小なり含まれています。要は含まれている研摩剤の量と一回の歯磨きで使う歯磨き粉の量が問題だと思います。
一般的に歯が白くなることをうたった商品は研磨剤が多いと考えていいでしょう。一つの方法として、普段は研磨剤があまり含まれていない商品にしておいて、時折こうした商品を使ったり、気になる時に歯科医院で歯のクリーニングをお受けになる方が歯に優しいと思います。

【一般的な研磨剤】
卵殻、酸化チタン、含水ケイ酸、重質炭酸カルシウム、炭酸カルシウム、シリカ、ヒドロキシアパタイト、ピロリン酸2カルシウム、ピロリン酸カルシウム、マイクロクリスタリンワックス、リン酸水素カルシウム、リン酸2カルシウム、無水ケイ酸、水酸化アルミニウムなど

 

詰め物の変色をどうにかしたい / お問合せQ&A

投稿者:あっきーさん
詰め物の変色が進行していました。歯は詰め物よりは綺麗な白です。
詰め物をしているのは右下の第一大臼歯の中心部で、虫歯治療で埋めたものです。
口をあけていると歯と詰め物の境目が外から見えてしまいます。
変色している詰め物と歯の色をできるだけ均一に自然にしたいのですが、
どんなやり方で綺麗にしてもらえるでしょうか?

 

お返事:
あっきーさんこんにちは。歯と詰め物の境目が変色する原因は、その境目に隙間ができてその間に色素が入り込んだ場合と、境目の隙間にむし歯ができた場合が考えられます。どちらにしても見た目の問題だけでなく、むし歯の原因となるため隙間の存在自体に不安があります。

また詰め物自体が変色するのは、詰め物の材質によるところが大きいと思います。一般的に健康保険で使われる歯の色と似たコンポジットレジンという材質は水分を取りこむ性質がありますので、年月の経過と共に変色してしまいます。しかもこの材質は歯科医の立場からいえば、変色より耐久性の問題の方が大きいと考えています。
奥歯は硬いものでもガリガリと何でも噛み砕くことが仕事です。咀嚼時には1cm²当たりに最大で60kgもの力がかかります。それも一回の食事に何百回も、それが一日3回以上、それが一年365日の掛け算になります。
このように奥歯にはかなりの耐久性が必要ですが、この材質にはそれが十分にあるとはいえません。このためすり減ってかみ合わせが狂ってくる懸念があり、長期の視点から見ると歯の寿命にも関わってくる可能性があると考えています。

境目と詰め物自体どちらの変色にしても、結論は治療のやり直ししかないと思います。
しかしそのためにまた歯を削らなければなりません。同じ歯を何度も削ることに問題を感じるのは私だけではないと思います。人工物はいくらでもやり直しがききますが、削った歯は戻ってこないからです。
変色をせずまた耐久性のよい治療法もありますので、主治医の先生とよくご相談されてはいかがでしょうか。

 

インプラントのブランド / お問合せQ&A

投稿者:hawaiiさん
インプラントをしたいです。
インプラントについて調べてみると、種類が多いことに驚きました。
日本のメーカーのほかに海外のメーカーの製品もありますが、どちらの国の製品が主流でしょうか?
質は日本の方がいいですか?
インプラントを決める時は何を基準に行えばいいですか?

 

 お返事:
hawaiiさんこんにちは。
インプラント治療は外科手術が必要である上に、色々な情報が多くて不安もあることと存じます。
ご指摘のようにインプラントメーカーは世界に600社以上あり、インプラントも1000種類以上あるといわれています。
さらに各メーカー毎に数種類の太さ、さらに数種類の長さのインプラントがそれぞれありますから、総数はかなりの数に上ります。
欧米でインプラントが開発されたために、長い歴史があり世界中で多く使われているのも欧米のものです。

 全てのメーカーの成績を知りえませんので正確なことは申せませんが、メジャーなメーカーでは治療成績に雲泥の差はないと思われます。しかし実績と信頼性や操作性には多少の違いはあると考えています。
また症例によって有利性が多少違ってくることもあるでしょう。骨と早くくっつく性質、入れた後の骨の吸収の少ないものなどの特徴の違いはあります。
このようなことから、私は数種類の信頼できるメーカーの中から症例ごとに最適なメーカーとタイプを選んで実施しています。

先に述べた違いも全く無視はできないと考えますが、ご質問の「何を基準にインプラントを決めるか?」はハードに対する問題です。
しかし患者さまはインプラントの種類というハードより、本当はそれを日常使った結果を欲しておられるのだと思います。
インプラントのよい結果を長続きさせて快適な食生活を送ることが目的であれば、どんな治療計画を立て、院内CTなどの検査機器を使って術前だけでなく術中も安全で確実な治療を考えるか、またどう手術し、それを長期間どう管理するかなどのソフトの部分が大切だと思います。

過去何百本かの手術をしてきた立場から申せば、また学会や研究会などの症例発表を見ても年間の治療本数実績と結果が比例しないことも明らかです。何を考えどう行動するかで結果は変わってくるからです。
昨今のインプラント治療にまつわるネガティブな問題もほとんどがこの部分だと考えています。
またせっかくのインプラントを長持ちさせるためにも、定期的なメインテナンス(管理)の整っている環境も非常に大切です。歯と同じくやりっぱなし、使いぱなしでは長持ちしないからです。

インプラントは天然の歯を超える魔法の歯ではありませんが、それをうまく活用すればあなたの日常生活と食生活を豊かにしてくれる可能性を秘めたありがたい存在になることでしょう。お近くの歯科医院でよくご相談されてみてください。

 

入れ歯治療検討中 / お問合せQ&A

投稿者:大堀さん
入れ歯を検討している44歳女性です。
歯が弱ってきているため、通っている歯医者でもそれとなく勧められました。
ただ、これから年を取るにつれて、顎が細くなり、入れ歯が合わなくなる可能性が出てくるのが心配です。
そういう問題が発生しうる若年・中年層の入れ歯利用者は、今後また新しい入れ歯を作らないといけないのでしょうか。費用が気がかりです。
今から入れ歯をすると10年~20年どのくらいの費用がかかりますか?

 

 お返事:
大堀さんこんにちは。人生の折り返し地点ともいえるご年齢での入れ歯に、現在のご不満と今後へのご不安がおありなのだとご拝察いたします。

歯が弱ってきておられ入れ歯を検討中とのことですが、残った歯が弱った原因への対処が大切だと思います。原因をそのままにして入れ歯をお入れになっても、今度は他の歯に問題が出る恐れがあるからです。

入れ歯をお入れになられるのは良いのですが、弱ってきたとおっしゃっている残った歯の治療を第一にお考えになられるとよいと思います。入れ歯の代わりはあっても歯の代わりがないからです。またどんないい入れ歯でもしっかりとした自分の歯のように噛むことができないからです。

将来入れ歯が合わなくなるのが心配とのお話ですが、人は年齢とともに体型やお顔だけでなく、残念ながらお口の中も変化していくものです。入れ歯自体は基本的には変化しないものですから、年々変化していくあごの土手の形や歯の状態などのお口の中の変化に入れ歯を合わせてあげる必要が出てきます。
身の回りを見渡してみても時代と共に変わりゆくものが多く、入れ歯だけ特別とはいかないのです。これはある程度許容していくしかありません。しかし問題はその頻度です。

ご質問のそうした時に新しい入れ歯を作るかどうかですが、変化の程度によって変わってきます。大きな変化であれば作り直しが必要でしょうし、小さい変化であれば入れ歯の裏打ちなどの修理で対応できることがあります。
その変化の大きさはかみ合わせや残った歯の状態、噛み癖などの患者さんの問題、入れ歯の精度や設計などの入れ歯自体の問題によって症例ごとに変わってきます。

その費用に関しては先にお話しした変化の程度や頻度、入れ歯の問題などによってずいぶんと変わってきます。歯ぎしりや食いしばりなどの噛み癖がなく、作製には多少予算がかかってもピッタリ合った精度の高い入れ歯は一般的に変化の程度が少ないことが多いために修理対応で済ませられる可能性が高く、先ほど述べた入れ歯の新製頻度は少なくなると思います。

人生で入れ歯を何度も作り直すことにも費用がかかりますし、少しでも快適な入れ歯を長く使うこととどちらを選ばれるか、これは患者さまの価値観だと思います。
今のお口の状況もわかりませんし、人それぞれ違うこれから先の10年20年の変化をいくら専門家といっても予測する事は困難ですので費用については申し訳ございませんがお伝えする事ができません。入れ歯とインプラントの併用など設計も多岐にわたりますので、おかかりの先生にご相談いただくのが一番だと思います。

今回のご相談にもあるように、ご自身の歯の大切さや価値をご理解いただけたと存じます。入れ歯も結構ですが、今ある歯を大切になさってください。そしていろんな入れ歯の設計がありますが、長い目で見て今ある歯を少しでも長らえる治療法をお勧めいたします。

 

歯石取り / お問合せQ&A

投稿者:ルルさん
ある歯科に歯石取りに行きました。
ブラシのようなものでゴシゴシ軽く取ってくれるのだとばかり思っていましたが、針のようなもので削るように取られました。
終わった後口の中がひりひりして辛かったです。どこも同じようなやり方で歯石をとるのでしょうか。
歯石を取る時は歯の中に傷がつくのも覚悟すべき?

 

お返事:
ルルさんこんばんは。歯科や衛生士の学生の実習では歯の模型にアロンアルファーを固め、それを歯石に見立てて取る練習をすることがあります。このように歯石は歯にご想像より実際はしっかりとくっついているためにブラシのような柔らかいものでは取り除くことができません。
ブラシで取り除くことができるのは歯こう(プラーク)までです。
ですから歯石は金属性の器具や機器で取り除くことが一般的です。

治療後にヒリヒリと辛かったことはお気の毒ですが、通常は歯ぐきの上についた歯石を取る時はこのようなことは起きません。これは歯ぐきと歯の隙間の奥に入り込んだ歯石を取る際に多少歯肉がダメージを受けた結果だと想像いたします。
そのような深い場所に歯石がついていても通常はあまり不快な症状はでませんが、器具の操作の仕方や歯石のついている場所、歯石の硬さなどでご指摘のような症状がでることが希にあります。かなり深い場所の歯石を取る場合は麻酔をすることもあります。

そこまでして歯石を取らなければいけなのかと思われるかもしれませんが、歯と歯ぐきの健康のために行う歯周病の治療には欠かせない治療なのです。

歯石の硬さやつき方、たまり方は個人個人違うので一律的に申しませんが、定期的に歯石をお取りになられると深い場所まで多量に歯石が硬くつかないことが多いため、こうした不快な症状が出にくくなりますのでお勧めです。

 

顎関節症患者です / お問合せQ&A

投稿者:retse55さん
顎関節症患者です。
顎関節症という症状について知りたいことがあるので教えて下さい。
1.顎関節症患者は何故最近増加しているのでしょうか?
2.ストレスが原因で顎関節症になる方がいるそうですが本当ですか?
3.顎に負担をかけないように柔らかい枕にした方がいいでしょうか。

 

 お返事:
retse55さんこんばんは。顎関節症は多くの原因から発生する症状の類似した病気の総称であって、一つの病気ではありません。従って原因や治療法も多岐にわたります。またその病態にもまだ不明な点が多く、また精神的な因子が関与している場合もあり複雑です。ですからここでは一般的なお話しにさせて頂きます。

お尋ねの近年の増加については正直なところ現時点ではよくわかっていません。昔より病気が研究され診断方法などが進歩したために顎関節症と診断されるケースが増えたのか、近年の社会生活がストレスを生みやすい環境になっていることが精神的因子も一部関与することがある顎関節症の増加につながっているのか、いくつかの推測はできますがまだよくわかっていません。
ただお尋ねのストレスが一部の顎関節症の原因の一つになっていることは事実です。

枕に関してはあまりいわれておりませんが、枕の硬さより枕の高さの方が一部関係する可能性があると私見ですが考えています。

顎関節症の人は下あごを後ろの方向に押さえないことが症状の悪化を防ぐ意味で重要です。この意味では、うつ伏せ寝や頬づえなどがよくありません。
また症状がでた時には長時間口を開けたり、大きな口を開けたり、硬いものを症状のある側で噛む、こんな行為を避けることが症状の悪化を防ぐ意味で大切です。

発症から期間が経過していない場合や軽度の顎関節症は自然に治ることもありますし、また際限なく症状が悪くなっていくことはないのでご安心ください。
まだ不明な点が多い疾患ですが、以前はわからないことが多かったために治療法も時代によってずいぶん変わってきました。お近くの顎関節症に詳しい先生にご相談されることをお勧めいたします。

 

入れ歯の手入れ / お問合せQ&A

投稿者:raijinさん
入れ歯を入れてから3年が経ちます。
毎日装着後に洗浄剤に入れて消毒しています。
でも、最近取り付けると違和感を覚えるようになりました。
昔のように歯ぐきにフィットしないのです。
家庭で行う洗浄作業の他に、歯医者で手入れが必要だったのでしょうか?

 

お返事:
raijinさんこんばんは。入れ歯を外した後に義歯洗浄剤に漬け置きされておられることは大変いいことです。実際に拝見したわけではありませんのであくまでも可能性として、一般的に入れ歯がピッタリと合わなくなる原因をいくつかお話ししてみます。

●ブラシで入れ歯の汚れを取り除く習慣がなく、細菌の増殖によるあごの粘膜の炎症を予防できない場合にはあごの肉や骨の形が変わって入れ歯が段々合わなくなってきます。
●今度は逆にブラシを当て過ぎて入れ歯(特に裏側)を過度に摩耗させてしまうと入れ歯が合わなくなります。
●部分入れ歯の場合、歯に引っかける金具が歯に合わなくなると入れ歯がガタついてきます。
●あごの土手(歯ぐきや骨)が何らかの理由で痩せてしまうと入れ歯が合わなくなってきます。

最後の原因についてもう少し詳しくお話してみます。
入れ歯は人工の歯のかみ合わせを除いて基本的にはあまり変化しませんが、残念ながら人の身体は歳を取り変化していくものです。この変化によって入れ歯と合わなくなることがあります。しかし3年ほどでは「少し緩くなってきたかな」と感じることはあっても、通常はそんな大きな変化がでることはあまりありません。
しかしその変化の度合いは症例によって、また入れ歯の設計や材質によって変わってきます。また噛みしめや食いしばり、歯ぎしりなどの癖があると変化が大きくなる傾向にあります。何が原因でそうなったかが問題だと思います。

多少の土手の変化であれば、入れ歯の裏打ちをすればまたお使いになれることが多いのでご安心ください。
今後のことを考えるとどうして3年でそうなったかを検証する必要があると考えますが、入れ歯をお作りいただいた歯医者さんに一度ご相談されることをお勧めいたします。

 

糸ようじで歯を磨くと・・ / お問合せQ&A

投稿者:スズキさん
歯医者に勧められて歯みがきの後に糸ようじで掃除しています。
でも、糸ようじで歯をそうじすると口がすごく臭くなってしまいます。
折角歯磨き粉を使って磨いたのに、糸ようじで歯に挟まっていたごみをばらまいたようで、また汚くなってしまうような気がします(笑)。
実際はそんなことはないのでしょうが。
口臭を消すには、また歯磨き粉を使って磨かないといけないのでしょうか?
歯みがき→歯磨き粉を残して糸ようじ→口を一気にゆすぐという流れにしたいです。

 

 お返事:
スズキさんこんにちは。糸ようじで歯の清掃を行っておられることは大変いい習慣です。欧米の映画にデンタルフロスと呼ばれる糸を使っている場面が出てくることがありますが、欧米ではかなり前からフロスの習慣がむし歯予防の観点から生活に定着しています。やっと日本も先進国並みに予防意識が向上してきたことを喜んでいます。
歯と歯の重なった場所はどんなに歯ブラシを当ててもほとんど掃除ができないために、フロスや糸ようじが必要なのです。

せっかくいい習慣をお持ちなのにお書きのような不快感があるのはよくないでしょうから、先にフロスや糸ようじをされてから歯磨きをしてみてはいかがでしょうか。
終わった後はすっきりして気持ちがいい方が快適ですし、その方がせっかくのいい習慣を長く続けていくことができるでしょう。どちらが先とこだわりを持たれるより、いい気分と実利をお取りになられた方がよいのではないでしょうか。

 

歯みがきのタイミングについて / お問合せQ&A

投稿者:riggleさん
私は朝食後と夕食後の一日2回歯を磨くのを習慣にしています。
食べ物によっては食後すぐに歯を磨かない方がいいとネットにかかれていました。
歯みがきをするのに本当に良いタイミングを教えて下さい。

 

お返事:
riggleさんこんにちは。いい習慣をお持ちですから、効果的な歯磨きとタイミングについてお話ししてみます。そのためにむし歯について最初に少し触れてみたいと思います。

むし歯は脱灰と呼ばれる状態が続くと起こる病気です。脱灰とはむし歯原因菌の出す酸によって歯のカルシウムやリン酸が溶け出すことですが、歯垢の下は唾液による中和作用が働かないために起こりやすくなります。歯垢を歯ブラシやフロス、糸ようじなどで取るのはこのためです。

人の体にはこの脱灰に抵抗する力があります。それが唾液です。脱灰された場所が唾液に触れると、溶け出した場所に唾液中のリン酸やカルシウムが取り込まれます。これを再石灰化と呼び、歯を修復してくれます。ただし初期の脱灰までの話しですから、早めに歯垢を取ってあげる必要があります。

この脱灰と再石灰化は食事の度にも起こっています。食事中から食後15分位までは脱灰が起こりますが、それ以降の時間に再石灰化が起こります。この間の時間に歯磨きなどをすると再石灰化(歯の脱灰からの修復)に不利になります。この仕組みがわかっていなかった時代は「1日3回、食後3分以内に3分間歯磨きしましょう」といっていた時代もありました。しかしこれでは歯から溶けだしたカルシウムなどを再石灰化する前に口の外に捨ててしまうことになって歯の修復が不十分になる恐れがあるのです。

その時の食べ物や個人個人違う唾液の質や量などによって再石灰化する時間は違ってきますのでいちがいに食後何分以降といえないのですが、1時間程度経ってから歯磨きをした方が得策だと思います。ただ食後あまり時間が経過すると食べかすの腐敗によって歯ブラシ清掃の効率が悪くなり、またむし歯の原因になりますのでご注意ください。

歯垢に覆われていると歯が唾液に触れることができないので再石灰化は起こりませんので、歯垢になる前の食べかすの段階で歯磨きをすること、磨き残して歯垢になったものは一日のうちに丁寧な歯磨きで確実に取り除いておくことが大切です。また寝ている間は唾液の分泌が悪くなり、先ほどの再石灰化が起こりにくくなりますので、就寝前の歯磨きは効果的です。

 

乳歯の歯並びについて気になる / お問合せQ&A

投稿者:KOTANさん
4歳のうちの子の歯並びが悪いです。
乳歯の前歯がやや外側に向かって生えていて隙間ができています。
あごも小さいようで、上の歯と下の歯の大きさが異なっていてアンバランスです。
時期的には、もうすぐ乳歯が抜け出して、永久歯が生えてくると思うのですが、そのまえに治療してもらったほうがいいでしょうか?

 

お返事:
KOTANさんこんにちは。親としてお子さんの歯並びが気になるのは、私も娘2人の矯正治療をした親の一人としてよくわかります。申し訳ございませんが頂いた情報だけでは正確なお口の状態がつかめませんので、一般論をお話しさせていただきます。正確を期すために矯正治療を実施している歯科医院でのご相談をお薦めいたします。

お尋ねの乳歯同士の隙間自体は程度の問題はありますが、多少あることで永久歯が正常に交換できます。隙間がない方が問題になることが多いのです。また乳歯の前歯が外側に向かって生えている程度が著しかったり、下の前歯が外側に生えて上の前歯が内側なら注意が必要です。
あごが小さいとのお話しですが、その程度によって考え方が違ってきます。男女によって多少のズレがありますが顎の幅の成長は8~9歳頃で成長が終了することが多いために、一度矯正治療を行っている歯科医院でご相談されてみてはいかがでしょうか。

矯正治療にもいくつか流派のようなものがあって考え方も治療法も変わる可能性がありますが、治療に成長発育を積極的に取り入れる考え方の先生には治療開始するタイミングは大切になるかもしれませんし、早期に歯並びを悪くするような悪い習慣などを改善できるかも知れません。4歳ということですが、5歳に近い女の子なのか4歳になったばかりの男の子なのか、また顔貌やお口の状態、ご本人の治療への協力度などによっても考え方が変わる可能性があるでしょう。タイミングを逃さないためにもご相談されてみることをお勧めします。もし「もう少し待ちましょう」といわれても、それはそれでお母様もご安心されるのではないでしょうか。

ブリッジについて / お問合せQ&A

投稿者:ヤンパパさん
ブリッジ治療について質問があります。
右上前方の歯が丸丸折れてしまいました。
治療をするとしたら、折れた部位の両隣の上部を削って支えとし、三つの歯を繋げるということですよね。
そうすると、その三つの歯の上部は隙間は無くなると考えられますが、下部の方も隙間を埋めてしまうのでしょうか。
治療後、生活上でデメリットは生まれませんか?

 

お返事:
ヤンパパさんこんにちは。前歯が折れてさぞかしがっかりされていることと存じます。
しかし折れた状態によっては歯を残し、さし歯で外見と機能を回復できる場合もあります。
もしこれが可能なら最もよい治療法です。

仮に歯を失うことになった場合には、一般的にはご指摘のブリッジの他に取り外しのできる入れ歯やインプラントなどの選択肢があります。
どの選択肢が最適かは両隣りや噛みあいの歯などの他の歯の状態、ご希望内容やそれぞれのメリット・デメリットなどと共にご相談して決めていくことになりますが、もし両隣の歯が人工的なものが入っていない(削っていない)歯なら、ご質問のブリッジを第一選択とされるには疑問が残ります。
その理由は、歯は削らないで済むならできるだけ削らない方が歯が長持ちするからです。

ブリッジとは、歯を失った場所の人工の歯を両隣の人工の歯にくっつけた3本連続の人工の歯のことです。ご質問の歯肉と歯をなくした場所の人工歯との間の隙間ですが、私は症例やご希望によってその隙間の有無や量をご相談して決めています。
人工歯を軽く歯肉に接触させて(隙間をなくして)あたかもそこに歯が生えているかのように見せたり、息が漏れにくいように発音に配慮する場合。下の粘膜から人工歯を離して隙間を持つことによって掃除を容易にする場合。外見か管理どちらを重視するかですが、粘膜に人工歯が接触する程度なら問題になることはありません。

これ以外にも歯がない場所の人工の歯と両隣の歯との隙間も存在します。
歯の形や歯の傾斜、歯と歯の間の歯肉の状態などによって隙間がどの程度できるのかが変わってきます。この部分はまったく隙間を作らなければ掃除ができないためにむし歯などの問題になりますのである程度は必要です。この場所の清掃には通常歯間ブラシを使います。

ブリッジ自体のデメリットは3本の歯を2本の根で支えるために支える歯には余分な負担になることや、両隣の歯を削る必要があることです。
歯はできるだけ削らない方が寿命が長いことは世界中の過去の症例から明らかです。削った歯は2度と戻ってきませんので、慎重に何が最適かを主治医の先生とよくご相談になられることをお薦めいたします。

 

むし歯治療の麻酔 / お問合せQ&A

投稿者:lionさん
虫歯治療で麻酔無しで歯を抜くこともあるのですか?
前に虫歯になった時は、麻酔をしてもらって、削ったり抜いたりしてもらいました。
それでも結構痛かったです。
実際にあるとしたら、それはどんなケースの時ですか?

 

お返事:
lionさんこんにちは。私も痛いことは大嫌いな人間ですから、お気の毒に思います。
当院では自分が痛みに弱いことからできるだけ痛みを感じさせない工夫をしておりますので、体験されたことへの回答になるかどうかわかりませんが、一般論としてお答えいたします。

ご質問の麻酔なしでの治療として考えられるのは、魚の骨が歯肉にささったような小さい歯のかけらが歯肉に本当に浅くささった状態で、ピンセットで軽く引っ張れば取れてしまうような歯の破片を取る時ぐらいではないかと思います。
こんな場合以外には私は麻酔なしで歯を抜いたことはありませんし、そんな時でも患者さんと相談して麻酔をご希望の場合は麻酔をすることにしています。

また麻酔をして抜歯などの治療をしていて術中に痛いと言われた記憶はあまりありません。
しかしその場所が化膿していたり炎症状態では麻酔が効きにくいことが時にあります。
そして激痛などで痛みを感じやすい状況になっているタイミングでの治療で麻酔が効くのに通常外の方法を行う必要があったり、当初の麻酔の効きが悪いことが時にあります。

 

抜歯の影響 / お問合せQ&A

投稿者:祐樹  さん
行きつけの歯医者で2本抜歯治療を受けました。
抜いてから今日で一週間たちますが、治療翌々日ぐらいから風邪気味で、首や肩が異様にこります。これって抜歯の影響ですか?
今朝仕事中に身体が異様に温かくなり眠りそうになったので、病院で診てもらおうかと思っていますが、もう2,3日様子を見た方が良いですか?

 

お返事:
祐樹さんこんにちは。抜歯をした後は無意識にそちら側をかばった噛み方をすることが多いので、ご指摘のような肩や首のこりや偏頭痛などがでることがあります。筋肉を普段と違う状態に無理をして使い続けた結果です。

また風邪気味だということですから、抜歯した場所付近の痛みや腫れ、熱感などがなければご指摘の身体の症状は歯由来ではない可能性がありますが、歯を抜いた場所からの感染の可能性も否定できませんので念のためその歯医者さんに見て頂いた方が無難だと思います。