注射の痛み / お問合せQ&A

投稿者:尾賀田さん
昨日新しく通い始めた歯医者で麻酔注射をしてもらいましたが、
前の歯医者でやってもらった注射と比べて全然痛くなくて驚きました。
「無痛治療」をセールスポイントにしている歯医者が増えていますが、
どうしてこんなにも痛みの大きさが違うのでしょうか?
注射の仕方?それとも針が違うのでしょうか?
今後は刺しても気づかないような注射が出てくるかもしれませんね。
患者としては大変ありがたいです。

 

 お返事:
尾賀田さんこんばんは。
注射が苦手な人が大半ですし、痛いことは誰でも嫌いですからいい体験をされたと思います。
痛みを極力抑える注射の方法はいくつかあります。
極力痛みの少ない場所を選んで注射することや、注射する場所を塗り薬で少し麻痺させてから注射をしたり、
最初に針のない注射器で軽く痺れさせておいてから針の注射をする、また極細の注射針と電動の注射器でゆっくり注射をしたりと、私も時と場合によって色々と工夫をしています。
歯科医院によってその実施方法が違うためにご感想のような驚きが出たのだと思います。

歯石取り / お問合せQ&A

投稿者:ルルさん
ある歯科に歯石取りに行きました。
ブラシのようなものでゴシゴシ軽く取ってくれるのだとばかり思っていましたが、針のようなもので削るように取られました。
終わった後口の中がひりひりして辛かったです。どこも同じようなやり方で歯石をとるのでしょうか。
歯石を取る時は歯の中に傷がつくのも覚悟すべき?

 

お返事:
ルルさんこんばんは。歯科や衛生士の学生の実習では歯の模型にアロンアルファーを固め、それを歯石に見立てて取る練習をすることがあります。このように歯石は歯にご想像より実際はしっかりとくっついているためにブラシのような柔らかいものでは取り除くことができません。
ブラシで取り除くことができるのは歯こう(プラーク)までです。
ですから歯石は金属性の器具や機器で取り除くことが一般的です。

治療後にヒリヒリと辛かったことはお気の毒ですが、通常は歯ぐきの上についた歯石を取る時はこのようなことは起きません。これは歯ぐきと歯の隙間の奥に入り込んだ歯石を取る際に多少歯肉がダメージを受けた結果だと想像いたします。
そのような深い場所に歯石がついていても通常はあまり不快な症状はでませんが、器具の操作の仕方や歯石のついている場所、歯石の硬さなどでご指摘のような症状がでることが希にあります。かなり深い場所の歯石を取る場合は麻酔をすることもあります。

そこまでして歯石を取らなければいけなのかと思われるかもしれませんが、歯と歯ぐきの健康のために行う歯周病の治療には欠かせない治療なのです。

歯石の硬さやつき方、たまり方は個人個人違うので一律的に申しませんが、定期的に歯石をお取りになられると深い場所まで多量に歯石が硬くつかないことが多いため、こうした不快な症状が出にくくなりますのでお勧めです。

 

顎関節症患者です / お問合せQ&A

投稿者:retse55さん
顎関節症患者です。
顎関節症という症状について知りたいことがあるので教えて下さい。
1.顎関節症患者は何故最近増加しているのでしょうか?
2.ストレスが原因で顎関節症になる方がいるそうですが本当ですか?
3.顎に負担をかけないように柔らかい枕にした方がいいでしょうか。

 

 お返事:
retse55さんこんばんは。顎関節症は多くの原因から発生する症状の類似した病気の総称であって、一つの病気ではありません。従って原因や治療法も多岐にわたります。またその病態にもまだ不明な点が多く、また精神的な因子が関与している場合もあり複雑です。ですからここでは一般的なお話しにさせて頂きます。

お尋ねの近年の増加については正直なところ現時点ではよくわかっていません。昔より病気が研究され診断方法などが進歩したために顎関節症と診断されるケースが増えたのか、近年の社会生活がストレスを生みやすい環境になっていることが精神的因子も一部関与することがある顎関節症の増加につながっているのか、いくつかの推測はできますがまだよくわかっていません。
ただお尋ねのストレスが一部の顎関節症の原因の一つになっていることは事実です。

枕に関してはあまりいわれておりませんが、枕の硬さより枕の高さの方が一部関係する可能性があると私見ですが考えています。

顎関節症の人は下あごを後ろの方向に押さえないことが症状の悪化を防ぐ意味で重要です。この意味では、うつ伏せ寝や頬づえなどがよくありません。
また症状がでた時には長時間口を開けたり、大きな口を開けたり、硬いものを症状のある側で噛む、こんな行為を避けることが症状の悪化を防ぐ意味で大切です。

発症から期間が経過していない場合や軽度の顎関節症は自然に治ることもありますし、また際限なく症状が悪くなっていくことはないのでご安心ください。
まだ不明な点が多い疾患ですが、以前はわからないことが多かったために治療法も時代によってずいぶん変わってきました。お近くの顎関節症に詳しい先生にご相談されることをお勧めいたします。

 

ブリッジについて / お問合せQ&A

投稿者:ヤンパパさん
ブリッジ治療について質問があります。
右上前方の歯が丸丸折れてしまいました。
治療をするとしたら、折れた部位の両隣の上部を削って支えとし、三つの歯を繋げるということですよね。
そうすると、その三つの歯の上部は隙間は無くなると考えられますが、下部の方も隙間を埋めてしまうのでしょうか。
治療後、生活上でデメリットは生まれませんか?

 

お返事:
ヤンパパさんこんにちは。前歯が折れてさぞかしがっかりされていることと存じます。
しかし折れた状態によっては歯を残し、さし歯で外見と機能を回復できる場合もあります。
もしこれが可能なら最もよい治療法です。

仮に歯を失うことになった場合には、一般的にはご指摘のブリッジの他に取り外しのできる入れ歯やインプラントなどの選択肢があります。
どの選択肢が最適かは両隣りや噛みあいの歯などの他の歯の状態、ご希望内容やそれぞれのメリット・デメリットなどと共にご相談して決めていくことになりますが、もし両隣の歯が人工的なものが入っていない(削っていない)歯なら、ご質問のブリッジを第一選択とされるには疑問が残ります。
その理由は、歯は削らないで済むならできるだけ削らない方が歯が長持ちするからです。

ブリッジとは、歯を失った場所の人工の歯を両隣の人工の歯にくっつけた3本連続の人工の歯のことです。ご質問の歯肉と歯をなくした場所の人工歯との間の隙間ですが、私は症例やご希望によってその隙間の有無や量をご相談して決めています。
人工歯を軽く歯肉に接触させて(隙間をなくして)あたかもそこに歯が生えているかのように見せたり、息が漏れにくいように発音に配慮する場合。下の粘膜から人工歯を離して隙間を持つことによって掃除を容易にする場合。外見か管理どちらを重視するかですが、粘膜に人工歯が接触する程度なら問題になることはありません。

これ以外にも歯がない場所の人工の歯と両隣の歯との隙間も存在します。
歯の形や歯の傾斜、歯と歯の間の歯肉の状態などによって隙間がどの程度できるのかが変わってきます。この部分はまったく隙間を作らなければ掃除ができないためにむし歯などの問題になりますのである程度は必要です。この場所の清掃には通常歯間ブラシを使います。

ブリッジ自体のデメリットは3本の歯を2本の根で支えるために支える歯には余分な負担になることや、両隣の歯を削る必要があることです。
歯はできるだけ削らない方が寿命が長いことは世界中の過去の症例から明らかです。削った歯は2度と戻ってきませんので、慎重に何が最適かを主治医の先生とよくご相談になられることをお薦めいたします。

 

むし歯治療の麻酔 / お問合せQ&A

投稿者:lionさん
虫歯治療で麻酔無しで歯を抜くこともあるのですか?
前に虫歯になった時は、麻酔をしてもらって、削ったり抜いたりしてもらいました。
それでも結構痛かったです。
実際にあるとしたら、それはどんなケースの時ですか?

 

お返事:
lionさんこんにちは。私も痛いことは大嫌いな人間ですから、お気の毒に思います。
当院では自分が痛みに弱いことからできるだけ痛みを感じさせない工夫をしておりますので、体験されたことへの回答になるかどうかわかりませんが、一般論としてお答えいたします。

ご質問の麻酔なしでの治療として考えられるのは、魚の骨が歯肉にささったような小さい歯のかけらが歯肉に本当に浅くささった状態で、ピンセットで軽く引っ張れば取れてしまうような歯の破片を取る時ぐらいではないかと思います。
こんな場合以外には私は麻酔なしで歯を抜いたことはありませんし、そんな時でも患者さんと相談して麻酔をご希望の場合は麻酔をすることにしています。

また麻酔をして抜歯などの治療をしていて術中に痛いと言われた記憶はあまりありません。
しかしその場所が化膿していたり炎症状態では麻酔が効きにくいことが時にあります。
そして激痛などで痛みを感じやすい状況になっているタイミングでの治療で麻酔が効くのに通常外の方法を行う必要があったり、当初の麻酔の効きが悪いことが時にあります。

 

抜歯の影響 / お問合せQ&A

投稿者:祐樹  さん
行きつけの歯医者で2本抜歯治療を受けました。
抜いてから今日で一週間たちますが、治療翌々日ぐらいから風邪気味で、首や肩が異様にこります。これって抜歯の影響ですか?
今朝仕事中に身体が異様に温かくなり眠りそうになったので、病院で診てもらおうかと思っていますが、もう2,3日様子を見た方が良いですか?

 

お返事:
祐樹さんこんにちは。抜歯をした後は無意識にそちら側をかばった噛み方をすることが多いので、ご指摘のような肩や首のこりや偏頭痛などがでることがあります。筋肉を普段と違う状態に無理をして使い続けた結果です。

また風邪気味だということですから、抜歯した場所付近の痛みや腫れ、熱感などがなければご指摘の身体の症状は歯由来ではない可能性がありますが、歯を抜いた場所からの感染の可能性も否定できませんので念のためその歯医者さんに見て頂いた方が無難だと思います。

 

親知らずの抜歯に全身麻酔は必要? / お問合せQ&A

投稿者:茅場  さん
親不知で通院中です。上下左右に4本です。
抜歯には全身麻酔を打つ治療もあるとお話を聞いてきましたが、4本抜くとなると、全身麻酔でないと抜けないのでしょうか。
恐いので、できれば部分麻酔で一本ずつがいいのですが・・・。

 

お返事:
茅場さんこんにちは。親知らずだという理由だけで抜歯の対象となることはないのですが、抜歯が必要な理由がある親知らずが4本おありなのだという前提でお話しいたします。

私は特別な理由がなければ一度に4本の抜歯はお勧めしません。左側か右側どちらか一方ずつの抜歯にしておいて、術後に食事ができる側を残しておかれる方が食生活が楽だと思うからです。緊急性がなければ片側が終って噛めるようになってから反対側の抜歯をお薦めいたします。

また片側2本だけの抜歯は部分(局所)麻酔で十分可能ですし、片側の上か下の1本ずつの抜歯でも同じです。当院ではほとんどのケースでは片側の1本ずつの抜歯です。部分麻酔の場合は、術後10分程度の止血を確認すれば諸注意をお話してすぐ帰宅できます。

当院に親知らずの抜歯は必ず「腫れる」「痛い」と周囲から脅かされて不安と共に来院される方が結構いらっしゃいますが、丁寧に抜歯をすればほとんどのケースでそんなことは起こりません。特に痛みはかなりコントロールできますので、どうぞご安心ください。

 

親不知抜歯後のトラブル / お問合せQ&A

投稿者: なお さん
4日前、右下の親不知付近の炎症が原因で歯医者に行ったのですが、抜いちゃう?ってノリで抜歯しました。
痛み止めは1日分で抗生物質はもらいませんでした。
今日の午前中にやはり痛みが気になるので、痛み止めをもらいにいったところ、歯根膜が悪さをして痛むのかもと言われ、歯根膜そうはをしました。冷や汗と涙が出る激痛でした。
その処置からすでに約14時間経過しているのですが、麻酔の違和感(顎、唇のしびれ)が続いていて少し心配しています。
麻酔ってこんなに続くのでしょうか?

 

お返事:
なおさんこんにちは。正確には抜歯をされた先生に伺うのが一番です。しかし御心配でしょうから現時点で状況を想像してお話しいたします。
抜歯した歯や現在のお口に中の状況が文面からは詳しくわかりませんので正確なことは申せませんが、術後4日後の痛みに対しての『そうは』はドライソケットを疑ってのことか、病巣の再そうはではないかと想像します。

抜歯した後にできる顎や歯肉の穴は本来は血の塊で埋まるのですが、何らかの理由で血の塊を失ってしまったために骨が露出して痛みが出る状態をドライソケットといいます。かなりの痛みになることもあり、下顎の歯の抜歯の際に時折見られることがあります。
ただその処置から14時間経過しても麻酔が効いているような感覚が残っていることが心配です。麻酔の効いている時間にしては一般的にはあまりにも長過ぎるからです。
正確な状況が不明の中でのあくまでも起こりうる可能性の話になりますが、抜歯した場所によっては近くを神経が通っていることがあり、抜歯やそうはによる神経の損傷の可能性がまったくないとは言い切れません。

また抜歯した歯の状況がわかりませんが、炎症状態にあった歯を抜歯した後は消炎と感染予防の見地から、消炎鎮痛剤(痛み止め)と抗生物質を処方することが一般的です。処方が必要ない程の、歯の破片程度の抜歯であれば、そうはが必要になった理由も文面からは不明です。
しびれの問題もありますので、まず受診された先生に状況をお話しになり、ご相談されてはいかがでしょうか。またセカンドオピニオンを他に求める方法もあります。早急にご相談ください。おだいじに。

虫歯の麻酔 / お問合せQ&A

投稿者: デーヒ さん
虫歯の治療の麻酔ってどのくらいの時間効果が続くものなのでしょうか。
注射を打って何時間ぐらい麻酔が残ったままだと異常なのでしょうか。
鈍くなった感覚が元の状態にもどるのに時間がかかるのは、麻酔の量だけでなく、その日の体調とかも影響しますか?

 

お返事:
デーヒさんこんにちは。歯科にもいくつかの麻酔のやり方がありますし、処置内容によって麻酔の使用量もある程度の幅があります。さらに使用する麻酔薬の種類によっても麻酔が覚める時間が変わってきます。そしてその方の体質によっても早い遅いはあります。ご指摘の体調による変動もあることでしょう。

このように色々な要素があってかなりの幅がある事柄ですので、残念ながらここで覚める時間の正常・異常を断言することはできません。
日常臨床での一般的な通常の治療では2・3時間もあれば覚めることが多いでしょうが、こうした要素を考えると主治医の先生にお尋ねになられるのが一番だと思います。

歯茎の腫れ / お問合せQ&A

投稿者: hiroshi さん
ある日、起きたら歯茎の下の内側に、直径1cm、高さ0.3cm程度の腫れができていて、痛みはなく、しばらくしたら治るだろうとそのままにしていましたが、治らず、気になるので、近くの歯科に行きました。
診てもらうと、「骨です」と言われました。急に、骨が歯茎を圧迫することってあるのですか?と聞くと「歯茎がぼこぼこの人もいますから、気にしないでください」。
レントゲンも撮りましたが「膿でしたらこの部分がくろくなりますよ、処置しないでおきましょう、あまり気になるようでしたらレーザーで焼いてしらべますが」との事です。それ以上なにも言えず…
一晩で気になるくらい(目視してもわかるくらい)骨が歯茎を圧迫することってあるのでしょうか?
気になるので、他の歯科にも行ってみようかと思いますが、先生の見解と、アドバイスをお願いいたします。

 

お返事:
hiroshiさんこんばんは。歯ぐきの正確な場所と状況などが文面からはわかりませんので正確なことは申せません。可能性についてお話しします。

その場所を触ってみて少し弾力があるのか、それとも硬いのかで考え方は変わります。
もし硬いのであれば骨の可能性が高いと思います。しかし骨が一晩で突然にできるとは考えにくいことです。ですが実はもう少し前からあって次第に少しずつ大きくなり、気付いたのがその時であった可能性も否定できないと思います。そうしたことは何度も経験しました。気づかない程度の小さな骨隆起が以前からあって、食事や歯磨きの際にこすれて多少腫れ、急激な変化と映った場合もあるかもしれません。

次に触って硬くないのであれば場所にもよりますが、痛みがないことから唾液の出口が何らかの原因でつまって腫れた可能性もあります。検査をしないと何とも言えませんが、他には歯周病、歯の破折や歯の根っこに病気がある場合などもあります。しかし通常腫れ以外の症状を伴うことが多いのでその可能性は低いかもしれません。
どうしても可能性の域を出ないお話しになりますのでご不安でしたら、セカンドオピニオンとして他の歯科医院で診て頂くのもいいと思います。

歯の内側の歯石取り / お問合せQ&A

投稿者: ポテロング さん
このあいだ、歯医者さんで歯の歯石をとってもらいました。とてもすっきりしてうれしかったです。
その時歯石を取ってもらったのは主に歯の外面の部分だったのですが、お願いすれば、歯の内面(口内側)の歯石も取ってもらえるのでしょうか。

 

お返事:
ポテロングさんこんばんは。一般的には歯石は歯の表と裏だけでなく歯と歯の間も取ります。
ただし歯石がついていない場所は取る必要がないため確認するだけで省きます。この時に歯石がついていなかったために省略したのか、一度に取れなかったので何回かに分けて取る予定なのではないでしょうか。

歯石は唾液が分泌される場所の付近によくつきますので、歯の場所によってその量が違ってきます。下の前歯の裏側(内側)と奥歯の頬側によくつくのはこのためです。
歯石除去は歯ぐきの健康に大変有用ですので、次に来院された時にお願いしてみればいかがでしょうか。

インレーをつめてもらったのに・・・ / お問合せQ&A

投稿者:LA さん
虫歯を治すために歯医者でインレーをつめてもらいました。
その時の歯医者の説明では、虫歯は小さいので、削って埋めるといういたって普通の治療をすると言われました。
治療をして約3ヶ月経つと、患部だった部分が変色して、また虫歯らしき黒い点が見えてきました。
治療してからあまり経っていない内にまた虫歯になってしまったようです。
小さい虫歯を治療してインレーを入れる時に虫歯が完全に除去されないこともあるのでしょうか?教えてください。

 

お返事:
LAさんこんばんは。治療後まもなくの変化に戸惑っておられるご様子ですので、実際に拝見したわけではないので正確なことはいえませんが、私なりの想像をお話しします。

まず一般的にはご心配されている治療時にむし歯が残っている可能性は少ないと思います。
黒い点の大きさや形、位置などが文面でわかりませんので可能性の話しになりますが、詰め物(インレー)と歯との境目にできたのではないでしょうか。
もしそうであれば、歯が小さくかけて黒い点に見える可能性、または詰め物と歯の境目に隙間ができて何か黒いものが詰まった可能性があると思われます。
いずれにしても治療していただいた歯医者さんに一度ご相談されてみてはいかがでしょうか。