目立たない入れ歯 / お問合せQ&A

投稿者:なみ さん

質問させてください。私は上の一番奥の歯がすでにありません。
最近、その隣もグラグラとしてきて近い将来抜くことになると思います。
上の奥歯2本を入れ歯にする場合、どのような種類があるのでしょうか?
目立つものは嫌なので、保険外であっても目立たないもの希望です。
(インプラントは考えていません)
また、MTコネクターという入れ歯があるそうですが、扱っていらっしゃるか教えて頂きたいのですが・・・。

 

お返事:

なみさんこんばんは。
奥歯2本を失うかもしれない状況にご同情申し上げます。
お聞きになられたいことから外れてしまうかもしれませんが、この場合最も大切なことはどうして奥歯を2本失うようなことになったか、その原因です。
その原因をつぶさないと第二第三の歯をなくされる可能性があるからです。
今回ご希望の入れ歯をお入れになられたとしても、また次の歯を失って入れ歯の作り直しや修理はできれば避けたいものです。

お口を拝見していないので確かなことは申せませんが、仮に歯周病でグラついておられるのなら他の歯も心配です。その対処をされないで入れ歯をお入れになられると、入れ歯も残った歯も長持ちしないと思います。

入れ歯は作る前に、今何に困っておられてそれをどうされたいのか?症例的にどんな入れ歯が適当なのか?そして長く使える入れ歯の設計は?かめる入れ歯が入れられるのか?色々と考えなければなりません。

入れ歯は残った歯に入れ歯の安定を求めることになります。すなわち入れ歯を支えるだけのしっかりした歯がどこにどれだけあるのかも大事ですが、入れ歯は構造的に入れ歯を支える歯に負担を強いた結果入れ歯が安定するという犠牲の上に成り立つものです。残った歯の状況によって上記した事柄が変わってくるのです。

まず歯を失う原因の対処をされ、その間はもし食事に不便を感じておられるのなら仮の入れ歯をお入れになられてはいかがでしょうか。
仮の入れ歯のメリットは入れ歯のどの部分が不満に感じるかテストでき、その不満を避けた最終的な入れ歯を設計することができる、いわば試しの入れ歯として使ってみられることも一つの役割です。

前置きが長くなりましたが、ご質問の本題に入らせていただきます。
お口の状態が文面からは分かりませんので、ここでは一般論としてお話しさせて頂きます。
当院のホームページにあるように部分入れ歯にはいくつかの種類があり、一般的な歯にバネ(針金)を引っ掛けるタイプ、バネのないコーヌス義歯、バネを歯と似た色の特殊なプラスチックで作ってバネを見立ちにくくするタイプ、ご質問のMTコネクターのようにバネを人目につく外側に極力つけないタイプ、などがあります。

それぞれに利点と欠点、そして適応症がありますが、申し訳ありませんが紙面上ではどれがなみ様に適しているのか判断はできません。
目立たない入れ歯をご希望とのことですが、歯の状況によっては一般的な入れ歯でもバネの位置を考慮すれば目だちにくいかもしれません。

またここでは全ての利点と欠点を述べることができませんが、ご質問のMTコネクターのような歯の裏側だけで入れ歯を安定させるものは、仮に他の歯も歯周病であれば歯が揺れたり移動すると時間の経過と共に使えなくなったり修理が大掛かりになる懸念があります。
できるだけ長くお使い頂ける入れ歯を考えると、今だけの視点ではいけないと思います。
将来のお口の変化にある程度は修理などで対応できることが理想です。

お近くの先生か主治医の先生とよくご相談されてみてはいかがでしょうか。
きっといい解決法がみつかるのではと思います。
おだいじになさってください。


 

入れ歯治療検討中 / お問合せQ&A

投稿者:大堀さん
入れ歯を検討している44歳女性です。
歯が弱ってきているため、通っている歯医者でもそれとなく勧められました。
ただ、これから年を取るにつれて、顎が細くなり、入れ歯が合わなくなる可能性が出てくるのが心配です。
そういう問題が発生しうる若年・中年層の入れ歯利用者は、今後また新しい入れ歯を作らないといけないのでしょうか。費用が気がかりです。
今から入れ歯をすると10年~20年どのくらいの費用がかかりますか?

 

 お返事:
大堀さんこんにちは。人生の折り返し地点ともいえるご年齢での入れ歯に、現在のご不満と今後へのご不安がおありなのだとご拝察いたします。

歯が弱ってきておられ入れ歯を検討中とのことですが、残った歯が弱った原因への対処が大切だと思います。原因をそのままにして入れ歯をお入れになっても、今度は他の歯に問題が出る恐れがあるからです。

入れ歯をお入れになられるのは良いのですが、弱ってきたとおっしゃっている残った歯の治療を第一にお考えになられるとよいと思います。入れ歯の代わりはあっても歯の代わりがないからです。またどんないい入れ歯でもしっかりとした自分の歯のように噛むことができないからです。

将来入れ歯が合わなくなるのが心配とのお話ですが、人は年齢とともに体型やお顔だけでなく、残念ながらお口の中も変化していくものです。入れ歯自体は基本的には変化しないものですから、年々変化していくあごの土手の形や歯の状態などのお口の中の変化に入れ歯を合わせてあげる必要が出てきます。
身の回りを見渡してみても時代と共に変わりゆくものが多く、入れ歯だけ特別とはいかないのです。これはある程度許容していくしかありません。しかし問題はその頻度です。

ご質問のそうした時に新しい入れ歯を作るかどうかですが、変化の程度によって変わってきます。大きな変化であれば作り直しが必要でしょうし、小さい変化であれば入れ歯の裏打ちなどの修理で対応できることがあります。
その変化の大きさはかみ合わせや残った歯の状態、噛み癖などの患者さんの問題、入れ歯の精度や設計などの入れ歯自体の問題によって症例ごとに変わってきます。

その費用に関しては先にお話しした変化の程度や頻度、入れ歯の問題などによってずいぶんと変わってきます。歯ぎしりや食いしばりなどの噛み癖がなく、作製には多少予算がかかってもピッタリ合った精度の高い入れ歯は一般的に変化の程度が少ないことが多いために修理対応で済ませられる可能性が高く、先ほど述べた入れ歯の新製頻度は少なくなると思います。

人生で入れ歯を何度も作り直すことにも費用がかかりますし、少しでも快適な入れ歯を長く使うこととどちらを選ばれるか、これは患者さまの価値観だと思います。
今のお口の状況もわかりませんし、人それぞれ違うこれから先の10年20年の変化をいくら専門家といっても予測する事は困難ですので費用については申し訳ございませんがお伝えする事ができません。入れ歯とインプラントの併用など設計も多岐にわたりますので、おかかりの先生にご相談いただくのが一番だと思います。

今回のご相談にもあるように、ご自身の歯の大切さや価値をご理解いただけたと存じます。入れ歯も結構ですが、今ある歯を大切になさってください。そしていろんな入れ歯の設計がありますが、長い目で見て今ある歯を少しでも長らえる治療法をお勧めいたします。

 

入れ歯の手入れ / お問合せQ&A

投稿者:raijinさん
入れ歯を入れてから3年が経ちます。
毎日装着後に洗浄剤に入れて消毒しています。
でも、最近取り付けると違和感を覚えるようになりました。
昔のように歯ぐきにフィットしないのです。
家庭で行う洗浄作業の他に、歯医者で手入れが必要だったのでしょうか?

 

お返事:
raijinさんこんばんは。入れ歯を外した後に義歯洗浄剤に漬け置きされておられることは大変いいことです。実際に拝見したわけではありませんのであくまでも可能性として、一般的に入れ歯がピッタリと合わなくなる原因をいくつかお話ししてみます。

●ブラシで入れ歯の汚れを取り除く習慣がなく、細菌の増殖によるあごの粘膜の炎症を予防できない場合にはあごの肉や骨の形が変わって入れ歯が段々合わなくなってきます。
●今度は逆にブラシを当て過ぎて入れ歯(特に裏側)を過度に摩耗させてしまうと入れ歯が合わなくなります。
●部分入れ歯の場合、歯に引っかける金具が歯に合わなくなると入れ歯がガタついてきます。
●あごの土手(歯ぐきや骨)が何らかの理由で痩せてしまうと入れ歯が合わなくなってきます。

最後の原因についてもう少し詳しくお話してみます。
入れ歯は人工の歯のかみ合わせを除いて基本的にはあまり変化しませんが、残念ながら人の身体は歳を取り変化していくものです。この変化によって入れ歯と合わなくなることがあります。しかし3年ほどでは「少し緩くなってきたかな」と感じることはあっても、通常はそんな大きな変化がでることはあまりありません。
しかしその変化の度合いは症例によって、また入れ歯の設計や材質によって変わってきます。また噛みしめや食いしばり、歯ぎしりなどの癖があると変化が大きくなる傾向にあります。何が原因でそうなったかが問題だと思います。

多少の土手の変化であれば、入れ歯の裏打ちをすればまたお使いになれることが多いのでご安心ください。
今後のことを考えるとどうして3年でそうなったかを検証する必要があると考えますが、入れ歯をお作りいただいた歯医者さんに一度ご相談されることをお勧めいたします。

 

部分入れ歯の保険適用と適用外 / お問合せQ&A

投稿者:ハナシ  さん
保険適用と保険適用外の部分入れ歯の機能の違いが知りたいです。
着用時のメリットとデメリットを教えて下さい。

 

お返事:
ハナシさんこんにちは。一部に歯が残っている方の入れ歯を部分入れ歯と呼びますが、部分入れ歯は残っている歯の本数や位置によっても色々な違った設計があります。
入れ歯やその部品の材質だけでなく、どんな部品をどこに配置するかなど、そうした設計の違いによって入れ歯の噛める能力やガタつきなどの安定性、外見や装着感など使い心地が変わってきます。また設計によっては残った歯への負担のかかり方も変わりますので、歯の寿命にも関わってきます。
要約すると設計によって得られるものと失うものがあり、またそれが今実感できるものと将来その差がわかるものとがあって、入れ歯において設計が最も大切なものであるということです。ただご質問の保険のものには健康保険のルールに由来する、設計上と材質上に制約があります。

現在のご不満やご要望、残った歯の状態や歯の位置、噛み合いの歯の状態などが症例毎に違いますから、ご質問の保険と保険外の入れ歯との差が如実に出る症例からそこまで大きくない症例まで様々です。
このことからご質問の機能的違いやメリットとデメリットは症例によって大きく変わってくるものだとお考え下さい。ですから正確にはおかかりの先生とご相談いただくしかありませんが、ここでは一般論としてお話してみます。

両者の違いは一般的には入れ歯に用いる材料の違いのハードの部分と考えられていることが多いのですが、私はそれよりも先ほどの設計と入れ歯作製にかかる手間や時間などのソフトの部分が大きいと考えています。
入れ歯の設計や製作に経験値がものをいうのはそういう理由からで、これらが患者さまの満足度や残った歯の寿命に大きく関わってきます。

お尋ねの機能のトップは「噛める」ことだと思いますが、見栄えや入れた時の不快感や装着感、残った歯の寿命なども広い意味での機能と捉えることができます。どの機能をとっても保険という制約がなく最適な方法を自由に選択できる入れ歯の方が有利だと思います。
そうした入れ歯のメリットは先ほどの色々な機能の程度の差(違い)を手に入れられることで、デメリットは一般的に費用がかかることです。

ただし、歯が1本もなくて入れ歯も入れないでも平気な人からちょっとしたことも気になる人まで、人により大変大きな感受性の違いによる満足度の差があります。特に入れ歯はその差が大きく出ます。
その上に先ほどお話ししたように症例によって両者の違いに対する利益の差が違ってきますので、かかりつけの先生とご自分の症例にとってどのくらいの差がでるのかをご相談されるといいと思います。

入れ歯と金属アレルギー / お問合せQ&A

投稿者: mike さん
金属アレルギーの為、金属以外で入れ歯を作る場合費用・材質などを教えていただけますか?
去年10月末より扁平タイセンと診断されました。

 

お返事:
mikeさんこんにちは。一般的には入れ歯とは取り外しができる義歯のことを指しますのでそれについてお答えいたします。

まず入れ歯にもご自分の歯が一本も残っていない場合の総入れ歯と、ご自分の歯が一部残っている場合の部分入れ歯があります。mikeさんの入れ歯がどちらか不明ですが、総入れ歯で金属を全く使わないで作ることは簡単です。総入れ歯の材質は一般的にはアクリックレジンという名前の樹脂になります。人工の歯はその他に硬質レジンやセラミック(陶器)も選べます。

問題なのは部分入れ歯の場合です。部分入れ歯は残った歯に金属製の針金を引っ掛けて入れ歯を安定させたり、口の中に金属製の板や棒を用いることが多いからです。この点に金属アレルギーをお持ちだということが引っかかってきます。

ですが、歯をなくされた位置や本数などのお口の状況によっては、金属の板や棒を使わない入れ歯の設計ができる場合もあります。ただ金属は薄くても丈夫なため異物感が少なくてすみますが、それをプラスチック等で代用するには同等の強度を求めると厚みが厚くなって多少異物感が増える可能性があることと、歯と同系色のプラスチック製の針金で審美的な反面将来万が一壊れた場合に修理が多少制限される懸念があることが欠点です。

金属アレルギーをお持ちでも、すべての金属にアレルギーがあることはまれです。人によってアレルギーを起こす金属が違うためここで断定はできませんが、アレルギーを起こす金属を避けて問題のない金属で先ほどの入れ歯の部品を作ることも可能かもしれません。また入れ歯の針金を特殊な樹脂で作る方法もあります。
皮膚科などでパッチテストという金属アレルギー検査をお受けになられて、どんな金属にアレルギーがあるかを調べていただいてはいかがでしょうか。

今お話しした材質の一部や金属の種類によっては保険が適用されない場合もあります。またお尋ねの費用に関しては各医院での費用が違いますし、お口の状況や入れ歯の設計によって変わるものですから、担当医とご相談されることをお勧めいたします。