口の中のがんについて / お問合せQ&A

投稿者:りえ さん

下顎隆起に硬い食べ物が刺さり怪我をしました。
痛みは3日程で治りましたが、一週間たって見たらまだ赤くなっています。
口腔がんは赤くなることがあると聞いたのですが大丈夫でしょうか?
お返事
りえ様、お問い合わせ頂いた高岡歯科医院 高岡周一です。
お尋ねの件について返信させて頂きます。
お口の中を拝見していないことと経過が文面では詳しくわかりませんので正確なことは申し上げられませんが、
怪我をする前の状態がなんの異常もない状態なのであれば、ご心配の「がん」ではないと思います。

口の中の傷は皮膚と違って治るのに少し時間がかかることが多いので
もう少し様子をみてもいいかもしれません。
ただし日常生活に支障をきたすことがある場合や、ご指摘の赤みだけでなく化膿などがあるようでしたらお近くの歯科医院を受診されることをお勧めいたします。
おだいじに。

口内炎ができる場所について / お問合せQ&A

投稿者: yui3420 さん

こんにちは、口内炎について質問します。
歯茎に口内炎と同じような出来物ができたのですが、歯茎にも口内炎はできるのでしょうか。
今までは頬の内側にしかできなかったのですが。
口内炎ができないように気をつける方法はありますか?

 

お返事:
yuiさんこんにちは。食べるたびに痛い口内炎は厄介なものですね。
ご質問の口内炎は歯肉(歯ぐき)にもできることがあります。

口内炎ができる原因は大きく分けて2つあります。
第一は食事中に噛んでしまったり、歯ブラシなどが強く当たってしまったなどの傷から口内炎になるケースです。傷口からの感染とお考え下さい。

第二は病気や体質、服用中の薬の副作用、栄養素の不足など全身的な原因です。風邪など体の免疫力の低下時にちょっとした傷からできることもあります。
無理なダイエットや偏った食事などによる栄養素不足も原因になることがあります。
口内炎と関わる栄養素はビタミンB2、B6、B12などのビタミンB群とビタミンCです。

舌磨きの効果 / お問合せQ&A

投稿者:bonatsさん
口臭に悩んでいます。
今は、歯を磨いているだけですが、舌磨きも口臭を消すのに効果はあるのでしょうか?

 

 お返事:
bonatsさんこんにちは。
口臭は「周りの人に臭っているのでは?」と気になるものです。
口臭には自臭症と他臭症があり、紙面の都合上他臭症について少しお話しします。

口臭は気になり始めるといつも臭っているのではないかと不安になることが多いのですが、自分で臭っていると感じる場合は実はいつもはあまり臭っておらず、時々口臭が発生してそれを自覚することが大半なのです。

電車の中で香水のきつい匂いを放つ女性に時々出会います。どうしてそうなるかと申しますと、日常的にその香水の匂いを嗅いでいると嗅覚がその匂いに麻痺して匂いを感じにくくなるため、段々つける量が多くなってしまうのです。その量が本人にはいい匂いでも、周りにはきつく感じるのです。
これと同じで、自分の口臭に麻痺するほど日常臭っていると自分では口臭を感じることはできず、時折口臭を自覚するのは普段はそんなに臭っていないのでその時だけ感じることができるのです。

口臭のお話しを始めると長くなりますので、ご質問の舌磨きについてお話しします。
実際に臭う口臭の約8割が舌からだともいわれており、舌の掃除は口臭予防に大変効果があります。
舌の表面は小さなでこぼこにがあってそれをざらついて感じます。そのでもぼこに汚れや細菌が繁殖して臭いの原因物質を作り出すのです。それを舌ブラシや舌スクレイパーで取り除くのが効果的です。歯ブラシで代用してもあまり効果的ではありませんので専用のものをお求めになられることをお勧めします。効果は舌スクレイパーが一番だと思います。

ここで気をつけて頂きたいのが、やり過ぎないことです。細菌はたんぱく質や食べかすを分解して口臭を作るので、舌をこすり過ぎると出血や上皮がはがれ落ちてそれらが返って細菌に口臭の元を与えてしまうからです。舌スクレイパーを使うと色のついたドロッとしたものが取れてくるので、ついついやり過ぎてしまいますのでご注意ください。

こうした実際に臭う真性口臭だけでなく仮性口臭、起床時などにはだれにでも起こる生理的口臭など色々な口臭があります。
口臭予防は歯磨きや舌磨きだけでなくいろんな方法やグッズがあります。
一度ご近所の口臭に詳しい歯科医院でご相談されてみてはいかがでしょうか。

 

歯を白くする海外の歯磨き粉 / お問合せQ&A

投稿者:ホワイトさん
アメリカ製のスーパースマイルという歯磨きを購入したのですが、数回使っただけで見違えるように歯が白くなりました。
うれしい反面、強い薬品が使われているのでは無いかと疑っています。
海外の歯磨き粉は日本のと比べて強い成分を使っていることが多いのでしょうか?
製品の裏に記載されている成分表を見て、良いものと悪いものを見分けるポイントはありますか。

 

お返事:
ホワイトさんこんにちは。日本では歯磨き粉は薬事法という法律により化粧品や薬用化粧品(医薬部外品)に分類されており、含まれる成分はそれなりの規制をクリアしたものしか販売できないことになっています。その意味ではサプリメントや健康食品と違って日本で許可された成分だと思います。しかし海外で購入して個人が国内に持ち込んだり、個人的に海外から取り寄せたものはこの限りではありませんので不明です。

お尋ねの成分に関してはよくわかりませんが、数回の使用で歯が白くなったとのお話からすれば多分研摩剤が多く含まれているのではないかと想像いたします。わかりやすく大げさにいえば、研摩剤で歯の表面を一層削り取って白くしていることになります。
これは程度の問題ではありますが、あまりその頻度が多ければ歯の表面を覆いむし歯から歯を守っているエナメル質を摩耗して歯を弱くすることにつながりますので注意が必要です。

歯磨き粉に一般的に含まれている研磨剤は以下の通りですが、まったく含まれていないと歯が着色してしまうので特殊なものを除いて一般的には大なり小なり含まれています。要は含まれている研摩剤の量と一回の歯磨きで使う歯磨き粉の量が問題だと思います。
一般的に歯が白くなることをうたった商品は研磨剤が多いと考えていいでしょう。一つの方法として、普段は研磨剤があまり含まれていない商品にしておいて、時折こうした商品を使ったり、気になる時に歯科医院で歯のクリーニングをお受けになる方が歯に優しいと思います。

【一般的な研磨剤】
卵殻、酸化チタン、含水ケイ酸、重質炭酸カルシウム、炭酸カルシウム、シリカ、ヒドロキシアパタイト、ピロリン酸2カルシウム、ピロリン酸カルシウム、マイクロクリスタリンワックス、リン酸水素カルシウム、リン酸2カルシウム、無水ケイ酸、水酸化アルミニウムなど

 

糸ようじで歯を磨くと・・ / お問合せQ&A

投稿者:スズキさん
歯医者に勧められて歯みがきの後に糸ようじで掃除しています。
でも、糸ようじで歯をそうじすると口がすごく臭くなってしまいます。
折角歯磨き粉を使って磨いたのに、糸ようじで歯に挟まっていたごみをばらまいたようで、また汚くなってしまうような気がします(笑)。
実際はそんなことはないのでしょうが。
口臭を消すには、また歯磨き粉を使って磨かないといけないのでしょうか?
歯みがき→歯磨き粉を残して糸ようじ→口を一気にゆすぐという流れにしたいです。

 

 お返事:
スズキさんこんにちは。糸ようじで歯の清掃を行っておられることは大変いい習慣です。欧米の映画にデンタルフロスと呼ばれる糸を使っている場面が出てくることがありますが、欧米ではかなり前からフロスの習慣がむし歯予防の観点から生活に定着しています。やっと日本も先進国並みに予防意識が向上してきたことを喜んでいます。
歯と歯の重なった場所はどんなに歯ブラシを当ててもほとんど掃除ができないために、フロスや糸ようじが必要なのです。

せっかくいい習慣をお持ちなのにお書きのような不快感があるのはよくないでしょうから、先にフロスや糸ようじをされてから歯磨きをしてみてはいかがでしょうか。
終わった後はすっきりして気持ちがいい方が快適ですし、その方がせっかくのいい習慣を長く続けていくことができるでしょう。どちらが先とこだわりを持たれるより、いい気分と実利をお取りになられた方がよいのではないでしょうか。

 

歯みがきのタイミングについて / お問合せQ&A

投稿者:riggleさん
私は朝食後と夕食後の一日2回歯を磨くのを習慣にしています。
食べ物によっては食後すぐに歯を磨かない方がいいとネットにかかれていました。
歯みがきをするのに本当に良いタイミングを教えて下さい。

 

お返事:
riggleさんこんにちは。いい習慣をお持ちですから、効果的な歯磨きとタイミングについてお話ししてみます。そのためにむし歯について最初に少し触れてみたいと思います。

むし歯は脱灰と呼ばれる状態が続くと起こる病気です。脱灰とはむし歯原因菌の出す酸によって歯のカルシウムやリン酸が溶け出すことですが、歯垢の下は唾液による中和作用が働かないために起こりやすくなります。歯垢を歯ブラシやフロス、糸ようじなどで取るのはこのためです。

人の体にはこの脱灰に抵抗する力があります。それが唾液です。脱灰された場所が唾液に触れると、溶け出した場所に唾液中のリン酸やカルシウムが取り込まれます。これを再石灰化と呼び、歯を修復してくれます。ただし初期の脱灰までの話しですから、早めに歯垢を取ってあげる必要があります。

この脱灰と再石灰化は食事の度にも起こっています。食事中から食後15分位までは脱灰が起こりますが、それ以降の時間に再石灰化が起こります。この間の時間に歯磨きなどをすると再石灰化(歯の脱灰からの修復)に不利になります。この仕組みがわかっていなかった時代は「1日3回、食後3分以内に3分間歯磨きしましょう」といっていた時代もありました。しかしこれでは歯から溶けだしたカルシウムなどを再石灰化する前に口の外に捨ててしまうことになって歯の修復が不十分になる恐れがあるのです。

その時の食べ物や個人個人違う唾液の質や量などによって再石灰化する時間は違ってきますのでいちがいに食後何分以降といえないのですが、1時間程度経ってから歯磨きをした方が得策だと思います。ただ食後あまり時間が経過すると食べかすの腐敗によって歯ブラシ清掃の効率が悪くなり、またむし歯の原因になりますのでご注意ください。

歯垢に覆われていると歯が唾液に触れることができないので再石灰化は起こりませんので、歯垢になる前の食べかすの段階で歯磨きをすること、磨き残して歯垢になったものは一日のうちに丁寧な歯磨きで確実に取り除いておくことが大切です。また寝ている間は唾液の分泌が悪くなり、先ほどの再石灰化が起こりにくくなりますので、就寝前の歯磨きは効果的です。

 

煙草のヤニ / お問合せQ&A

投稿者:ザキカワ  さん
5年前から日常的に喫煙をしています。
身体の調子も悪くなってきたので、これを機に禁煙をして、身体も歯もクリーンにしたいと思っています。
ヤニの除去に一番効果的なホワイトニング治療は何でしょうか。
費用は問いません。

 

お返事:
ザキカワさんこんにちは。歯を白くする方法は大きく分けて2つあります。わかりやすくいえば、歯の表面を綺麗にする「歯のクリーニング」のPMTCと、歯自体の色を白くする「歯の漂白」のホワイトニングです。
症例によってどちらの方法が適当なのかは、変色の原因が歯の表面だけか歯そのものかによって決まってきます。茶渋など歯の表面にこびりついた着色だけを除去する場合はPMTC、黄ばんだ歯自体を白い歯に戻す場合はホワイトニングを行って白くきれいな歯にすることができます。

ご質問のタバコのヤニは歯の表面についた汚れですから、PMTCできれいな元の白い歯にすることができます。痛みもまったくない簡単な処置ですし、概ね1回の来院で済みます。
さらにPMTCは着色の除去だけでなくむし歯や歯周病予防にもなります。実は本来こうした予防を目的に欧米で開発された処置でしたが、皆様方にはこうした審美的な側面がクロ-ズアップされて一人歩きして誤解されている実情があるのです。

歯の表面をつるつるに磨きますので口の中がさっぱりして気持ちいいというご感想と、昔のきれいな歯を取り戻せたと好評をいただいておりますので一度お試しになってみてはいかがでしょうか。

 

お酢は歯に悪い? / お問合せQ&A

投稿者: なのは さん
健康の為に黒酢を飲んでいますが、酸蝕歯の原因になるのは本当でしょうか。
毎日コップ半分ぐらい飲んでいますが、量を控えた方がいいですか。

 

お返事:
なのはさんこんにちは。黒酢に限らず食酢の多くは酸性で、多くが強い酸です。むし歯の原因菌が出す酸によって歯が侵された結果がむし歯ですし、個人的や職業的に日常での歯と酸が触れる時間が長い人の歯の表面が酸に侵されて変色や変形が起こることを歯牙酸蝕症と呼びます。このように酸は歯の大敵なのです。

では黒酢などの食酢などを口にしてはいけないかといえばそうでもありません。歯と食酢との接触時間が問題です。接触時間が短ければ問題ありません。しかしちびちび飲みなど接触頻度が多いことや、口の中に長時間酢を停滞させるのは禁物です。
また長い時間歯を食酢と接触させないように、口にした後は時間を置かず水やお茶で口をよくすすぐことをお薦めいたします。歯磨きをしてもいいでしょう。短時間と洗い流すことを心がけられて、歯と健康の両立にお取組みください。

朝の口臭 / お問合せQ&A

投稿者:ヤマト さん
寝起きの口の悪臭は口の中に溜まった細菌が原因だそうですが、口を開けて眠っている人は口臭が少ないのでしょうか。
また歯みがきをしてもその口臭が取れないのは、磨き方が悪いのでしょうか。
食べ物を食べた後だと、自然と無くなるのですが。

 

お返事:
実際に臭う口臭の原因はいくつかありますが、お尋ねの件に共通しているのが『唾液』です。
寝ている間は唾液の分泌が少なくなるので、臭いを発生させる細菌とその細菌の餌となる食べかすを洗い流す唾液の洗浄力が落ちてしまいます。また唾液には抗菌力もあるので、分泌が落ちるとその細菌をやっつける力が弱くなります。この唾液の力の減少が口臭の原因となりますが、程度の問題はあるとしても寝起きの口臭は誰にでもあることで、まったくの正常ですからご安心ください。

ご質問の口を開けて寝ると、口からの空気出入りでさらに唾液が蒸発してその力がなくなり口臭が増加することが考えられます。
また口臭の約8割が舌の汚れが原因といわれていますので、歯磨きだけでは口臭がなくならないことがあるのです。一方で食後には食べ物で舌の表面の汚れが取れ、さらに唾液の分泌が盛んになって口臭がしなくなるというわけです。

緊張して口の中がカラカラになったり、ストレスが多く唾液の分泌が悪くなると口臭がすることもあります。このように唾液はただの水ではなく、紙面の都合上本来の唾液の力を記載できませんが、口臭予防以外にも唾液から私たちはたくさんの恩恵を受けています。

歯の着色について / お問合せQ&A

投稿者:みかん さん
歯がすぐに変色します。 時々歯医者さんで削ってもらっていますが、黄ばみやすくてあまり効果を発揮しません。
本格的なホワイトニングをしてみたいですが、治療費のこともありなかなか手を出せません。
なので、歯みがきをしっかりすることと、着色しやすい食べ物を控えめにしようと思っています。
歯の変色の原因となりやすい食べ物を教えて下さい。

 

お返事:
みかんさんこんにちは。昔「芸能人は歯が命!」というCMがありましたが、歯の着色や変色は芸能人でなくとも気になるものですね。
お話しの歯科医院では削っているのではなく、多分磨いてもらっているのだと思います。削って歯の表面に傷をつけると表面がザラついて返って着色しやすくなるので、表面を磨いてつるつるにして汚れを付きにくくするのが一般的だからです。

お尋ねの変色や着色しやすい原因は、ざらつき・でこぼこ・微細な傷などの歯の表面の状態、歯磨きペーストをまったく使わない場合、歯を白くする効能をうたった製品に多い研摩材を多く含む歯磨きペーストの使用、うがい薬や洗口剤などの色素(特にクロルヘキシジンやヨード製剤)、コーヒーや紅茶、赤ワインなどの色素を多く含む食品、酸性の食品(フルールジュースや炭酸飲料、クエン酸など)、一部の漢方薬などです。

これらを頻繁に、また長時間摂取することを避けるか、また色素が歯と接触する時間を短くするために、こうした色素を含む食品を口にした後に水で洗い流すこともいいでしょう。