乳歯の歯並びについて気になる / お問合せQ&A

投稿者:KOTANさん
4歳のうちの子の歯並びが悪いです。
乳歯の前歯がやや外側に向かって生えていて隙間ができています。
あごも小さいようで、上の歯と下の歯の大きさが異なっていてアンバランスです。
時期的には、もうすぐ乳歯が抜け出して、永久歯が生えてくると思うのですが、そのまえに治療してもらったほうがいいでしょうか?

 

お返事:
KOTANさんこんにちは。親としてお子さんの歯並びが気になるのは、私も娘2人の矯正治療をした親の一人としてよくわかります。申し訳ございませんが頂いた情報だけでは正確なお口の状態がつかめませんので、一般論をお話しさせていただきます。正確を期すために矯正治療を実施している歯科医院でのご相談をお薦めいたします。

お尋ねの乳歯同士の隙間自体は程度の問題はありますが、多少あることで永久歯が正常に交換できます。隙間がない方が問題になることが多いのです。また乳歯の前歯が外側に向かって生えている程度が著しかったり、下の前歯が外側に生えて上の前歯が内側なら注意が必要です。
あごが小さいとのお話しですが、その程度によって考え方が違ってきます。男女によって多少のズレがありますが顎の幅の成長は8~9歳頃で成長が終了することが多いために、一度矯正治療を行っている歯科医院でご相談されてみてはいかがでしょうか。

矯正治療にもいくつか流派のようなものがあって考え方も治療法も変わる可能性がありますが、治療に成長発育を積極的に取り入れる考え方の先生には治療開始するタイミングは大切になるかもしれませんし、早期に歯並びを悪くするような悪い習慣などを改善できるかも知れません。4歳ということですが、5歳に近い女の子なのか4歳になったばかりの男の子なのか、また顔貌やお口の状態、ご本人の治療への協力度などによっても考え方が変わる可能性があるでしょう。タイミングを逃さないためにもご相談されてみることをお勧めします。もし「もう少し待ちましょう」といわれても、それはそれでお母様もご安心されるのではないでしょうか。

子供の歯みがき / お問合せQ&A

投稿者:イッチー  さん
子供の歯みがきは何歳から一人でやらせればいいでしょうか?
5歳の私の子供は「自分でやるから」と言って私に歯を触らせてくれません。
自立してくれるのは嬉しいのですが、子供の歯は大人の歯よりも虫歯になり易いので、一人でやらせるべきではないと思っています。
ただ、5歳にもなると、親に甘えて全て任せるのも恥ずかしいのだと思います。
この年代には、どうやって歯みがきトレーニングをすればいいでしょうか。
先生からアドバイスを頂けると嬉しいです。

 

お返事:
イッチーさんこんにちは。おっしゃる通り子供の自立と適切な歯磨きの両立は難しい問題ですね。
基本的には本人の自立を妨げないで子供なりに磨かせて、何かの方法で磨き残しを取る方法を子供さんの性格やご家庭の環境によって工夫をしていくことがいいと思います。

子供は年長者のものまねをして成長していきます。上のお子さんやお母さんが歯磨きしているのを見せながら一緒に歯磨きして、磨き方を一緒になって教えてあげる。そして最後の仕上げをさせてもらうのも一つの方法です。
不確かな話しで申し訳ありませんが、昔のテレビ「お母さんといっしょ」には「最後はお母さん」か「仕上げはお母さん」などのフレーズで歯磨きする場面があったような気がします。そうした番組などの外からの情報を利用するのも、他の子供のまねや競い合う意味でいいかもしれません。
また歯垢染色剤を扱っている歯科医院もあると思いますので、子供なりに歯磨きした後にそれで磨き残しを赤く染めて見せるのも一策ですが、磨けていない場所の指摘がメインになると本人のやる気を失わせてしまいます。できたところを褒めてから、もっとうまくできるとのせるのもいいかもしれませんね。

子育て奮闘中だと拝察いたしますが、子供はあっという間に大きく成長していきます。
今が懐かしく思える時がくるでしょうから、がんばってください。

 

親子の歯の遺伝 / お問合せQ&A

投稿者: M・I さん
先月出産をした主婦です。
遺伝によって親子の歯の性質(歯が欠けやすい、虫歯になりやすい等)が似ることはありますか。
因みに私は歯周病持ちです。子供も同じように歯周病にならないよう注意してあげたいです。

 

お返事:
ご出産おめでとうございます。我が子の健康が気になることは私も人の親としてよくわかります。
ご質問の遺伝については正直なところまだよくわかっていませんが、むし歯に関しては遺伝的な要素より生後の環境が大きいと考えられていますので、お母さんの持っておられる力は非常に大きいのです。

昔はむし歯は感染せず、砂糖の摂取や歯の質、歯磨きの不十分によって起こるといわれていましたが、最近の研究によってそれは否定されました。むし歯原因菌の種類や量が問題なのです。
これでがんばって歯磨きしているのにむし歯の多い人や、あまり磨かないのにむし歯にならない人がいる理由が説明できます。この事実は、むし歯の少ない子供になれるチャンスの鍵をお母さんが握っていることになります。
なぜなら主なむし歯の感染経路は子供に最も接触機会の多い母子感染だと考えられており、唾液飛沫や箸やスプーンなどの口うつしなどがその最たる原因だからです。

ただむし歯の原因菌は歯がない乳児には定着しませんので、歯が生える時期が要注意です。その時期までに、お母さんだけでなく家族全員のむし歯原因菌を減らすことが感染機会を減らすために大切です。
こう書くと「なんだ歯磨きは必要ないのか」と思われるかもしれませんが、歯周病予防には歯磨きが絶対必要ですから、子供の頃から歯磨き習慣を身につけておくことは生涯の大切な財産になります。
「赤子の魂百まで」といいますから、お母さんからのかけがえのない財産を差し上げてあげてください。

子供の噛み癖 / お問合せQ&A

投稿者: 海音 さん
生後8ヶ月の子供の噛み癖に悩まされています。
やっと歯が生えてきたばかりですが、よく日用品や家具などに強く噛み付きます。
毎日危険がないように目を離さないようにしています。
しかし、噛むのを止めさせようやんわり注意とするとストレスがたまるようで、声を上げたり、体を大きく揺らしたりします。
煎餅などの固い食べ物をあげたりすればいいのでしょうか。対策があったら教えてください。


お返事:
海音さんこんばんは。歯が生える頃は口の中がかゆく感じることがあって、この年齢のお子さんはしきりに物に噛みついたりすることがあります。
無理やりやめさせるのは本人の欲求不満になったり、別な行動に出ることもあるようです。
こうした行動が長期間でないことが多いことを考えると、しばらくは歯がかけたりしない少し軟かいゴム製のものを噛ませてあげて様子をみられたらいかがでしょうか。
定かではありませんが、そういう商品を小耳に挟んだことがある気がします。

 

顎の変形 / お問合せQ&A

投稿者:ヘリコプタ さん
顎の位置が自分から見て右の方にずれていて、咬み合わせが悪く困っています。
顎の先の向きも正面ではなくて、少し右前に向いています。
顎が大きく曲がっているようなケースでも歯科の矯正で治せますか?

 

お返事:
ヘリコプタさんこんにちは。顎の位置のズレは顎変形症と顎偏位が考えられます。頂いた情報だけでは正確なことは申し上げられませんが、顎の先が少し右側にずれているとのことですから、文面からは顎変形症よりも顎偏位が疑われます。

前歯の歯並びや右側の奥歯に何らかの問題がないでしょうか?その奥歯を失ったまま放置していたり、歯周病に侵されて弱っていたり、また逆の左側の歯の銀歯などの治療でかみ合わせがしっくりしていない、親不知をふくめたかみ合わせに問題がある、大きな口を開けるとあごの関節から音がする、などの状況はありませんでしょうか?
こうした噛み合せの問題も顎がずれる原因の一つになります。

顎偏位の場合、その偏位程度と偏位した時期によって対応が変わってきます。
お尋ねの矯正治療もその対処法の一つですが、偏位が経度で歴史が浅ければ偏位の原因を取り除くことで軽減や解消が可能なケースもあります。
矯正治療と噛み合わせに詳しい先生に一度ご相談されてみられることをお勧めいたします。