歯ニュース 2011/07 … ワインと歯の着色

らっきょの季節がきました。子供の頃はこのどこがおいしいのかわかりませんでしたが、今ではこの時期を待ち望むようになっています。この季節しか食せない生の塩漬けの傍らで甘酢漬けの瓶のお出ましです。漬物類を欠かせない我が家にとって、このシャキシャキとした触感が季節を感じる小さな幸せです。妻に感謝です。

 

■ワインと歯の着色

ワインブームともいわれ、食事時などワインを飲まれる方が増えてきているようです。産地などによって変わる味わいは楽しみの一つですが、欧米では赤ワインによる歯の着色が以前より知られています。ワインに含まれる酸によって歯の表面が荒れて着色物質が浸透しやすくなるためと考えられています。

コーヒーや紅茶などでも着色はみられますが、ワイン好きには迷惑な話です。この度ニューヨーク大学歯学部から、赤ワインほどではないが白ワインでも同様に歯の着色が確認されたと発表されました。赤ワインの着色が多いのは白ワインに比べて着色生成物質の濃度が高いためだと考えられています。最近は肉や魚などの料理内容に関わらず好きなワインを飲む方が増えています。

しかし歯の着色を過度に心配することはありません。歯磨きペーストを用いた適度なブラッシングと歯科医院における定期的なメインテナンス時のクリーニングできれいな歯を維持することができます。ただ高い美白効果をうたっている歯磨きペーストの中には研摩材が多量に含まれている商品もありますのでご注意下さい。毎日歯の表面を一層削り取っているようなものですから、歯の表面を覆って虫歯から守っているエナメル質がどんどん薄くなくなっていきます。
関心がおありの方は当院衛生士までご相談下さい。

 高岡 周一

 

 

■お知らせ

私の日記や医療情報、皆さんの治療への疑問や不安などについてブログを発信しております。ご興味がおありの方は下記の文字をクリックいただくとブログがご覧いただけます。

医院ブログ  ・My日記  ・歯ニュース 

  

 

 

■スタッフの声

今年の夏の話題はもっぱら「節電」で、個々の電気に対する考え方、生活の有り様を見直す良い機会だと思います。幼い頃エアコンなどなく、大汗を流しながらも夏が大好きだったように、なんとか快適に電気をつかわないように過ごせないかと、無い知恵をしぼって考えたのが、ありきたりですが、部屋の模様替えです。
カーペットとカーテンをまず涼しげにし、観葉植物を多めに置いただけでも、部屋の温度が2~3度下がったような気がします。「大規模停電」ということにならないように、夏に向かっていろんな方法を試してみたいと思います。

菅野 美弥

 

 

■歯科衛生士からのワンポイント情報

よく咬んで脳を刺激すると、認知症の予防になると言われています。
普通の食べ物なら30回位咬むとやや硬いおかゆ程度の飲み込みやすい状態になるので、30回を目安に咬むといいそうです。一つの方法として、片方の歯で5回咬んだ後、舌を使って食べ物をもう片方の歯に移して5回咬むという一連の動作を繰り返した後、全体の歯で10回咬むと、全部で30回になります。また、片方の歯だけ使うと、もう片方の歯が衰えたり顔の形が歪んだりするので両方の歯をしっかり使って食事をするように心がけてください。

小島千春

 

■女性スタッフからの耳より情報

6~9月は食中毒に感染する人が多い季節です。以下のことに気をつけて、食中毒を防ぎましょう。

★食材をよく加熱し、作りおきをしない
多くの菌は熱に弱いので、食材の中心部が75度以上になった状態で1分以上加熱すれば大丈夫ですが、なかには耐熱性の毒素を出したり熱に強い形に変身したりする菌もいます。カレーやチャーハンなど大量に作って保存するのはこの季節は控えた方が無難です。

★生で食べるものから先につくる
肉などを扱った手、包丁、まな板は洗剤で洗っても菌が残っている場合があります。サラダは最初につくりましょう。

★道具は除菌する
使った道具はまず洗剤でよく洗ってから、熱湯をかけるか、漂白剤を使って消毒しましょう。また、ふきんはまめに交換し、タワシやスポンジもよく洗って乾燥させましょう。

★冷蔵庫を整理する
低温でも菌は増殖していきます。材料は早目に使いきりましょう。冷蔵庫はものを詰めすぎないようにして10度以下を保ち、風を送るファンの前にはものをおかないようにしましょう。

 

 

<<< 編集後記 >>>

昨年は猛暑でしたが、今年は節電のために暑い夏となりそうです。冷たいものについつい手が伸びてしまいがちですが、食後はきちんと歯みがきをして、もし冷たいものがしみたら、すぐ検診を受けましょう!

鮫島 連理

歯ニュース 2004/07 … ラミネートベニア

ラミネートベニアとは天然の歯と歯の間に隙間ができていたり、 天然の歯の形が悪い場合、多少の歯並びの悪さや歯の先端が欠けた場合などに、 歯の表面に薄いセラミックを貼り付けて「美」を回復する治療方法です。(治療前:写真左 / 治療後:写真右側)
歯の付け爪のようなものです。 金属を一切使わないために、歯や口元が暗くなる心配はありません。                              

歯の正面だけを1mm以下という極少量だけ削り、 その歯型にピッタリ合った薄いセラミックを接着します。 歯全体をぐるりと多量に削る必要がないので、 歯をほとんど元のまま残すことができます。

さらに歯が多少変色していてもそれをうまく隠してくれますし、 歯の形や大きさを整えてくれますので、きれいな歯を演出することができます。 来院回数も数回と少ないのも魅力の一つです。 

コンタクトレンズ・ラミネートベニア

基本的には通常のラミネートベニアと同様ですが、 違う点は名前のごとくコンタクトレンズのような極薄の特殊なセラミックを用いることです。
文字の上にその特殊セラミックを置けば、下の文字が読めるほどの極薄です。 この薄さによって、セラミックの下の歯の色調が反映し、光の透過性も非常によいので、 大変自然感のある、美しい歯に蘇らせることができます。(写真右側)


この点がともすれば多少奥行き感に欠けるのっぺりとした感じになるきらいがあった 今までのラニネートベニアにできない芸当です。

歯の正面だけを薄さ0.5mmというほんの少量削るだけですみますから、 美しいだけでなく、歯に非常に優しい治療法です。 近年の接着材の進歩が、このような極薄のセラッミクが剥がれたり、 壊れることなく臨床応用することを可能にしました。 

歯の色が濃く暗く汚れたように見える場合でも、 ホワイトニング(歯の漂白)をしてからコンタクトレンズ・ラミネートベニアをすれば、 白く美しい歯にすることができます。
このようにいろいろな原因で口元が貧相になっている場合でも、 簡単に上品な美しさを取り戻すことができます。

 ≪ ラミネートベニアについてはこちらへ

 高岡 周一