神経が死んで変色した歯は白くできますか? / お問合せQ&A

投稿者:きっこ さん

神経が死んだ歯はホワイトニングできますか?
歯をぶつけた影響で右上の前歯が壊死して茶色くなっています。
こういう歯もホワイトニングで治療できるのでしょうか。
周りの歯も一緒にホワイトニングしていきたいのですが、壊死した歯と周りの歯とを同じ白さに合わせられるでしょうか。

 

お返事:
きっこさんこんばんは。
人目に付く前歯が茶色く変色したご様子に同情申し上げます。
実際には歯を拝見しないと確かな状況がわかりませんので、ここでは神経が死んで変色した場合についてお返事させていただきます。

言葉の定義になってしまいますが、一般的にはホワイトニングとは歯の外側(表面)から薬剤を反応させて歯を白くする治療の事を指します。
もう一つ歯を白くする治療法があります。それはブリーチングです。
歯の神経が死んだことが原因の歯の変色は、変色させた原因物質が歯の神経の死骸とお考えください。
この原因を取り除き、さらに歯を変色させた色素が歯に入り込んだのは歯の内側からですので、歯の内側に歯を白くする薬剤を置いて内側から歯を白くする治療が必要です。この治療をブリーチングと呼びます。

神経が死んだための変色の場合、ホワイトニングだけではご希望の他の歯と同様にまで白くすることは難しいと考えます。
さらに周りの他の歯も同時にホワイトニングをすれば、その歯が多少白くなっても他の歯も白くなっていくために色の濃淡の違いは残ったままになってしまい、外見上目立つことに変化はないでしょう。

結論を申せば、まずその変色した歯のブリーチングを行って他の歯に近い白さになった段階で、他の歯と一緒にホワイトニングをして歯全体を白くする方法がいいと思います。

周りの他の歯と同じように白くなるかどうかは正直なところ治療を行ってみないと何とも言えませんが、神経が死んだことが原因なら私の経験から申せばかなりの所まではいけるのではないかと思います。
お近くの歯科医院でご相談されてみられるといいと思います。

 

 

ギザギザ歯 / お問合せQ&A

投稿者:アツシ さん
2番から5番にかけての歯が全て山状の形で、ぎざぎざしています。
見栄えが良くないので治したいのですが、きれいに嚙み合わせが良い平らな形に治すには、どういう治療がありますか?

 お返事:
アツシさんこんにちは。
歯の外見が気になるとのお話ですが、現在の歯の状態やぎざぎざの程度、歯のどの部分なのかによってお勧めする方法が変わってきます。
ぎざぎざが天然の歯の先の部分という前提でお話ししてみますが、お口を拝見していないために確かなことは申せません。あくまでも可能性としてお考え下さい。

歯が生えてまもない前歯の先がでこぼこやギザギザになっていることがありますが、それは正常なことです。しばらく使っていると段々平らになってきます。
しかし歯並び等であまり噛んでいない前歯はこうした日常生活での摩耗がないため、その形が大人になっても残っている人がいます。
ご質問の2番と3番に関してはこうした原因が考えられますが、お話しの4番・5番にはそうしたことが考えにくいと思います。

軽いぎざぎざならエナメル質の範囲内で多少削ってなだらかにする方法もあるでしょうが、かみ合わせが変わる場所は不適当です。
ぎざぎざが大きい場合は、ぎざぎざしている谷に歯の色と合わせたプラスチックを山の部分まで詰める方法も考えられます。
または歯を削って人工的な歯をのせたりかぶせる方法もありますが、歯を削る必要があるのであまりお薦めいたしません。

どの方法が最適なのか、本来はお口を拝見して詳細を把握してからお話することです。
かかりつけの先生とよくご相談されてみてはいかがでしょうか。

銀歯が気になる / お問合せQ&A

投稿者:かんなさん
前に虫歯で銀歯を部分的につめてもらったところって、
白い詰め物に入れ替えられますか?
奥歯に入っている銀歯を取って、治療跡が目立たないように白くしたいです。

 

 お返事:
かんなさんこんにちは。最近同じようなご相談を受けることが大変多くなっております。
近頃は男性でも銀歯を希望される方が珍しくなってきていますので、女性ならなおさらでしょう。

ご質問にありました銀歯は、簡単に白い詰め物に入れ替えることが可能です。
現在の銀歯の形によって選択肢が変わってきますが、一般的には健康保険ではプラスチックの詰め物、保険外の治療ではセラミックやハイブリッドセラミックの詰め物などがあります。さらにセラミックにも何種類かの選択肢があります。他に問題がなければ来院回数は1~2回で済みます。

それぞれの選択肢には材質と耐久性、作り方の違いによる歯と精度よくピッタリ合ってむし歯になりにくい精度などの特徴がそれぞれ違ってきます。また年月が経過した時の変色度合いも異なりますので、おかかりの先生とよくご相談されるといいと思います。

ここで一つご注意いただきたいことがあります。それは白い詰め物だけに意識を向けるのではなく、その歯の寿命をできるだけ長くすることも配慮いただきたいと思います。
何度も治療をやりかえると段々歯が削れて少なくなります。削った歯は二度と戻ってきません。歯は着せ替え人形ではありませんので、できるだけ歯を削る頻度が少なく歯が長持ちする治療選択肢をお勧めいたします。

とかく気になる歯だけに注意が向かいがちですが、歯は本来ものを噛むためのものです。美しい歯ももちろん大切ですが、二度と手に入らないご自分の歯を長持ちさせるにはどうすればいいのか、かかりつけの先生とよくご相談されてみられることをお勧めいたします。

 

歯が透明化しています / お問合せQ&A

投稿者:なっこさん
前歯がだんだんと透明化(?)しています。
歯の先のほうから、白い部分がなくなってきて、舌を当てると向こう側がうっすら見える感じです。
こういう症状はどうやって対処すればいいでしょうか?

 

 お返事:
なっこさんこんばんは。人目に目立つ前歯の変化はこの先を含めてご心配のことと存じます。
実際に拝見していないので推測ですが、ご指摘のような歯の透明化は段々歯が薄くなってきたことが原因ではないかと思います。歯の先が鋭く鋭利になってきていないでしょうか。

もしそうであれば、過度の歯同士の接触による摩耗の可能性が高いと思います。無意識の行動が多いために自覚はないかもしれませんが、食いしばりや歯ぎしりなど、歯を噛み絞めたり歯を長時間接触させる癖はないでしょうか。それらが長時間・長期間そして強い力で行われるとこうした状態になることがあります。

また酸蝕症といって酸に歯が侵されることでも起こることがあります。強い酸に歯が接触する機会が多い場合や、炭酸飲料などの弱い酸でも飲んだ後にうがいや歯磨きをしないで寝るなど長い時間酸が歯と接触する場合、酸が歯と接触する頻度が多いなどの場合などに起こります。

お話ししたどちらが原因でも歯があまり薄くなると歯の先が欠けてたり、尖った歯の先で口の中を傷つけたりしますので、かかりつけの歯科医院で診て頂いた方がいいと思います。

 

詰め物の変色をどうにかしたい / お問合せQ&A

投稿者:あっきーさん
詰め物の変色が進行していました。歯は詰め物よりは綺麗な白です。
詰め物をしているのは右下の第一大臼歯の中心部で、虫歯治療で埋めたものです。
口をあけていると歯と詰め物の境目が外から見えてしまいます。
変色している詰め物と歯の色をできるだけ均一に自然にしたいのですが、
どんなやり方で綺麗にしてもらえるでしょうか?

 

お返事:
あっきーさんこんにちは。歯と詰め物の境目が変色する原因は、その境目に隙間ができてその間に色素が入り込んだ場合と、境目の隙間にむし歯ができた場合が考えられます。どちらにしても見た目の問題だけでなく、むし歯の原因となるため隙間の存在自体に不安があります。

また詰め物自体が変色するのは、詰め物の材質によるところが大きいと思います。一般的に健康保険で使われる歯の色と似たコンポジットレジンという材質は水分を取りこむ性質がありますので、年月の経過と共に変色してしまいます。しかもこの材質は歯科医の立場からいえば、変色より耐久性の問題の方が大きいと考えています。
奥歯は硬いものでもガリガリと何でも噛み砕くことが仕事です。咀嚼時には1cm²当たりに最大で60kgもの力がかかります。それも一回の食事に何百回も、それが一日3回以上、それが一年365日の掛け算になります。
このように奥歯にはかなりの耐久性が必要ですが、この材質にはそれが十分にあるとはいえません。このためすり減ってかみ合わせが狂ってくる懸念があり、長期の視点から見ると歯の寿命にも関わってくる可能性があると考えています。

境目と詰め物自体どちらの変色にしても、結論は治療のやり直ししかないと思います。
しかしそのためにまた歯を削らなければなりません。同じ歯を何度も削ることに問題を感じるのは私だけではないと思います。人工物はいくらでもやり直しがききますが、削った歯は戻ってこないからです。
変色をせずまた耐久性のよい治療法もありますので、主治医の先生とよくご相談されてはいかがでしょうか。

 

煙草のヤニ / お問合せQ&A

投稿者:ザキカワ  さん
5年前から日常的に喫煙をしています。
身体の調子も悪くなってきたので、これを機に禁煙をして、身体も歯もクリーンにしたいと思っています。
ヤニの除去に一番効果的なホワイトニング治療は何でしょうか。
費用は問いません。

 

お返事:
ザキカワさんこんにちは。歯を白くする方法は大きく分けて2つあります。わかりやすくいえば、歯の表面を綺麗にする「歯のクリーニング」のPMTCと、歯自体の色を白くする「歯の漂白」のホワイトニングです。
症例によってどちらの方法が適当なのかは、変色の原因が歯の表面だけか歯そのものかによって決まってきます。茶渋など歯の表面にこびりついた着色だけを除去する場合はPMTC、黄ばんだ歯自体を白い歯に戻す場合はホワイトニングを行って白くきれいな歯にすることができます。

ご質問のタバコのヤニは歯の表面についた汚れですから、PMTCできれいな元の白い歯にすることができます。痛みもまったくない簡単な処置ですし、概ね1回の来院で済みます。
さらにPMTCは着色の除去だけでなくむし歯や歯周病予防にもなります。実は本来こうした予防を目的に欧米で開発された処置でしたが、皆様方にはこうした審美的な側面がクロ-ズアップされて一人歩きして誤解されている実情があるのです。

歯の表面をつるつるに磨きますので口の中がさっぱりして気持ちいいというご感想と、昔のきれいな歯を取り戻せたと好評をいただいておりますので一度お試しになってみてはいかがでしょうか。

 

さし歯の変色 / お問合せQ&A

投稿者: れみ さん
セラミックのさし歯が変色してきました。
白さがある方がいいので新しいさし歯に代えようかと思います。
最新の製品で変色しにくいさし歯だと、どんなものがおすすめですか。

 

お返事:
れみさんこんにちは。拝見しないと確かなことは申せませんが、変色された歯はセラミックではなくプラスチックなのではないかと想像いたします。セラミックは基本的にはそのもの自体は変色しないからです。仮に表面に茶渋などで着色してもそれを取り除けば元の色に戻ります。すなわち時折クリーニングすれば元の歯の色や自然感を維持することができる材質なのです。
一方でプラスチックは時間の経過とともに着色だけでなくその材質自体が変色していきます。また変色だけでなく、透明感や光沢感も失われるために自然感がなくなって人工的な風合いが強くなってきます。

今回の変色が茶渋などの色素がセラミックの表面についたのであれば、再生作は必要なく歯科医院でクリーニングして頂ければそれで済みます。しかしプラスチックであるならば基本的には修理することが難しくなります。白さや光沢、透明感などの自然な歯に近い美しさを持続させたいのであれば、今度治療する際にはセラミックをお勧めします。

セラミックという素材は昔からありますが、近年素材の進歩によってたくさんの種類があります。昔は金属の上にセラミックを焼き付けたものが主流でしたが、現在は透明感や自然感、金属アレルギー回避を求めて、金属を一切使わないオールセラミックが多くなってきています。各社が色々なオールセラミックを多種出しており、それぞれに特徴があり同じものではありません。また歯科医院によって取り扱っているものが違います。
そして治療する歯の場所やかみ合わせなどによってお勧めするセラミックの種類も変わりますので、お近くのかかりつけの先生とよくご相談されることをお勧めいたします。

歯の着色について / お問合せQ&A

投稿者:みかん さん
歯がすぐに変色します。 時々歯医者さんで削ってもらっていますが、黄ばみやすくてあまり効果を発揮しません。
本格的なホワイトニングをしてみたいですが、治療費のこともありなかなか手を出せません。
なので、歯みがきをしっかりすることと、着色しやすい食べ物を控えめにしようと思っています。
歯の変色の原因となりやすい食べ物を教えて下さい。

 

お返事:
みかんさんこんにちは。昔「芸能人は歯が命!」というCMがありましたが、歯の着色や変色は芸能人でなくとも気になるものですね。
お話しの歯科医院では削っているのではなく、多分磨いてもらっているのだと思います。削って歯の表面に傷をつけると表面がザラついて返って着色しやすくなるので、表面を磨いてつるつるにして汚れを付きにくくするのが一般的だからです。

お尋ねの変色や着色しやすい原因は、ざらつき・でこぼこ・微細な傷などの歯の表面の状態、歯磨きペーストをまったく使わない場合、歯を白くする効能をうたった製品に多い研摩材を多く含む歯磨きペーストの使用、うがい薬や洗口剤などの色素(特にクロルヘキシジンやヨード製剤)、コーヒーや紅茶、赤ワインなどの色素を多く含む食品、酸性の食品(フルールジュースや炭酸飲料、クエン酸など)、一部の漢方薬などです。

これらを頻繁に、また長時間摂取することを避けるか、また色素が歯と接触する時間を短くするために、こうした色素を含む食品を口にした後に水で洗い流すこともいいでしょう。

 

インレーをつめてもらったのに・・・ / お問合せQ&A

投稿者:LA さん
虫歯を治すために歯医者でインレーをつめてもらいました。
その時の歯医者の説明では、虫歯は小さいので、削って埋めるといういたって普通の治療をすると言われました。
治療をして約3ヶ月経つと、患部だった部分が変色して、また虫歯らしき黒い点が見えてきました。
治療してからあまり経っていない内にまた虫歯になってしまったようです。
小さい虫歯を治療してインレーを入れる時に虫歯が完全に除去されないこともあるのでしょうか?教えてください。

 

お返事:
LAさんこんばんは。治療後まもなくの変化に戸惑っておられるご様子ですので、実際に拝見したわけではないので正確なことはいえませんが、私なりの想像をお話しします。

まず一般的にはご心配されている治療時にむし歯が残っている可能性は少ないと思います。
黒い点の大きさや形、位置などが文面でわかりませんので可能性の話しになりますが、詰め物(インレー)と歯との境目にできたのではないでしょうか。
もしそうであれば、歯が小さくかけて黒い点に見える可能性、または詰め物と歯の境目に隙間ができて何か黒いものが詰まった可能性があると思われます。
いずれにしても治療していただいた歯医者さんに一度ご相談されてみてはいかがでしょうか。

歯ニュース 2011/07 … ワインと歯の着色

らっきょの季節がきました。子供の頃はこのどこがおいしいのかわかりませんでしたが、今ではこの時期を待ち望むようになっています。この季節しか食せない生の塩漬けの傍らで甘酢漬けの瓶のお出ましです。漬物類を欠かせない我が家にとって、このシャキシャキとした触感が季節を感じる小さな幸せです。妻に感謝です。

 

■ワインと歯の着色

ワインブームともいわれ、食事時などワインを飲まれる方が増えてきているようです。産地などによって変わる味わいは楽しみの一つですが、欧米では赤ワインによる歯の着色が以前より知られています。ワインに含まれる酸によって歯の表面が荒れて着色物質が浸透しやすくなるためと考えられています。

コーヒーや紅茶などでも着色はみられますが、ワイン好きには迷惑な話です。この度ニューヨーク大学歯学部から、赤ワインほどではないが白ワインでも同様に歯の着色が確認されたと発表されました。赤ワインの着色が多いのは白ワインに比べて着色生成物質の濃度が高いためだと考えられています。最近は肉や魚などの料理内容に関わらず好きなワインを飲む方が増えています。

しかし歯の着色を過度に心配することはありません。歯磨きペーストを用いた適度なブラッシングと歯科医院における定期的なメインテナンス時のクリーニングできれいな歯を維持することができます。ただ高い美白効果をうたっている歯磨きペーストの中には研摩材が多量に含まれている商品もありますのでご注意下さい。毎日歯の表面を一層削り取っているようなものですから、歯の表面を覆って虫歯から守っているエナメル質がどんどん薄くなくなっていきます。
関心がおありの方は当院衛生士までご相談下さい。

 高岡 周一

 

 

■お知らせ

私の日記や医療情報、皆さんの治療への疑問や不安などについてブログを発信しております。ご興味がおありの方は下記の文字をクリックいただくとブログがご覧いただけます。

医院ブログ  ・My日記  ・歯ニュース 

  

 

 

■スタッフの声

今年の夏の話題はもっぱら「節電」で、個々の電気に対する考え方、生活の有り様を見直す良い機会だと思います。幼い頃エアコンなどなく、大汗を流しながらも夏が大好きだったように、なんとか快適に電気をつかわないように過ごせないかと、無い知恵をしぼって考えたのが、ありきたりですが、部屋の模様替えです。
カーペットとカーテンをまず涼しげにし、観葉植物を多めに置いただけでも、部屋の温度が2~3度下がったような気がします。「大規模停電」ということにならないように、夏に向かっていろんな方法を試してみたいと思います。

菅野 美弥

 

 

■歯科衛生士からのワンポイント情報

よく咬んで脳を刺激すると、認知症の予防になると言われています。
普通の食べ物なら30回位咬むとやや硬いおかゆ程度の飲み込みやすい状態になるので、30回を目安に咬むといいそうです。一つの方法として、片方の歯で5回咬んだ後、舌を使って食べ物をもう片方の歯に移して5回咬むという一連の動作を繰り返した後、全体の歯で10回咬むと、全部で30回になります。また、片方の歯だけ使うと、もう片方の歯が衰えたり顔の形が歪んだりするので両方の歯をしっかり使って食事をするように心がけてください。

小島千春

 

■女性スタッフからの耳より情報

6~9月は食中毒に感染する人が多い季節です。以下のことに気をつけて、食中毒を防ぎましょう。

★食材をよく加熱し、作りおきをしない
多くの菌は熱に弱いので、食材の中心部が75度以上になった状態で1分以上加熱すれば大丈夫ですが、なかには耐熱性の毒素を出したり熱に強い形に変身したりする菌もいます。カレーやチャーハンなど大量に作って保存するのはこの季節は控えた方が無難です。

★生で食べるものから先につくる
肉などを扱った手、包丁、まな板は洗剤で洗っても菌が残っている場合があります。サラダは最初につくりましょう。

★道具は除菌する
使った道具はまず洗剤でよく洗ってから、熱湯をかけるか、漂白剤を使って消毒しましょう。また、ふきんはまめに交換し、タワシやスポンジもよく洗って乾燥させましょう。

★冷蔵庫を整理する
低温でも菌は増殖していきます。材料は早目に使いきりましょう。冷蔵庫はものを詰めすぎないようにして10度以下を保ち、風を送るファンの前にはものをおかないようにしましょう。

 

 

<<< 編集後記 >>>

昨年は猛暑でしたが、今年は節電のために暑い夏となりそうです。冷たいものについつい手が伸びてしまいがちですが、食後はきちんと歯みがきをして、もし冷たいものがしみたら、すぐ検診を受けましょう!

鮫島 連理

歯ニュース 2004/07 … ラミネートベニア

ラミネートベニアとは天然の歯と歯の間に隙間ができていたり、 天然の歯の形が悪い場合、多少の歯並びの悪さや歯の先端が欠けた場合などに、 歯の表面に薄いセラミックを貼り付けて「美」を回復する治療方法です。(治療前:写真左 / 治療後:写真右側)
歯の付け爪のようなものです。 金属を一切使わないために、歯や口元が暗くなる心配はありません。                              

歯の正面だけを1mm以下という極少量だけ削り、 その歯型にピッタリ合った薄いセラミックを接着します。 歯全体をぐるりと多量に削る必要がないので、 歯をほとんど元のまま残すことができます。

さらに歯が多少変色していてもそれをうまく隠してくれますし、 歯の形や大きさを整えてくれますので、きれいな歯を演出することができます。 来院回数も数回と少ないのも魅力の一つです。 

コンタクトレンズ・ラミネートベニア

基本的には通常のラミネートベニアと同様ですが、 違う点は名前のごとくコンタクトレンズのような極薄の特殊なセラミックを用いることです。
文字の上にその特殊セラミックを置けば、下の文字が読めるほどの極薄です。 この薄さによって、セラミックの下の歯の色調が反映し、光の透過性も非常によいので、 大変自然感のある、美しい歯に蘇らせることができます。(写真右側)


この点がともすれば多少奥行き感に欠けるのっぺりとした感じになるきらいがあった 今までのラニネートベニアにできない芸当です。

歯の正面だけを薄さ0.5mmというほんの少量削るだけですみますから、 美しいだけでなく、歯に非常に優しい治療法です。 近年の接着材の進歩が、このような極薄のセラッミクが剥がれたり、 壊れることなく臨床応用することを可能にしました。 

歯の色が濃く暗く汚れたように見える場合でも、 ホワイトニング(歯の漂白)をしてからコンタクトレンズ・ラミネートベニアをすれば、 白く美しい歯にすることができます。
このようにいろいろな原因で口元が貧相になっている場合でも、 簡単に上品な美しさを取り戻すことができます。

 ≪ ラミネートベニアについてはこちらへ

 高岡 周一