歯ニュース 2017/10 … 歯を食いしばったり、長時間歯を接触させることの弊害

歯を食いしばったり、長時間歯を接触させることの弊害があまり知られていません。
こうした行為は歯や歯を支える組織だけでなく、歯に詰めたりかぶせたりした人工の歯、インプラントや入れ歯、顎の関節、ものを食べたり口を開ける筋肉への障害がおよぶことがわかっています。

この行為をしておられる方は単に歯を接触させているだけと軽く考えていることが多く、このようないろいろな問題を起こす出発点だとは露にも思っていないのが現状です。
この問題認識の前に、自分がこの行為をしていることすら自覚していない方が大半なので、まるで他人事のように思っておられことがさらに解決を難しくしています。

この問題のもう一つの問題は、実際は無意識に行っているこうした行為をどう自覚できるようにするか?
そして夜間睡眠中に歯ぎしりや噛みしめをしていないかをどのようにして証明するか?
睡眠中は本人の意識がないので自覚しようがなく、ベットパートナーにも音が聞こえない食いしばりの有無をどう判断できるか?
その場に立ち会っていない第三者の歯科医がこうした行為の有無を判断する難しさがあります。

現在 Polysomnography(PSG)検査に加え睡眠中の音声動画 (Audio Video recording)判定によるブラキシズム評価方法が最も精度ならびに妥当性が高いといわれています。
しかし装置を自宅に設置する困難さや、装置を備えた宿泊設備を持つ病院などに限られており一般的で簡便であるとは言えないのが実情です。

そのため多くの歯科医がこうした行為の結果起こる歯の摩耗や特定の運動方向による歯の削れ、舌やほほの粘膜の形状、骨の隆起や筋肉の肥大化など口の中の状態で行為の有無を推測しています。
ただしこうした口の中の状態が現れるのには期間がかかり、最近始めた行為は分からないのが欠点です。
こうした場合にはマウスピースを使って就寝していただき、マウスピースのすり減り方などで判断することもあります。

このような行為を本当にしているか?
その行為の自覚があるか?
どうやってその行為をやめることができるのか?
いくつものハードルがあります。

歯や人工物、あごの関節まで悪影響があるこうした悪習慣と闘うには根気が必要です。
起床時に口や顎に疲労感があったり最近冷たいものがしみるようになられた方は一度歯科医院の受診をおすすめします。

高岡周一

 

■ 歯科衛生士からのワンポイント情報
先日、PHILIPS(フィリップス)社の方にお越しいただき、電動歯ブラシについて色々教えていただきました。
フィリップス社のソニッケアーという電動ブラシは、よく歯科医院で推奨されており、日本の歯科医・歯科衛生士の使用率も8年連続No.1だそうです。

電動歯ブラシには、振動数によって3つのタイプに分けられます。
①普通の電動歯ブラシ 14Hz(ヘルツ)未満
②音波ブラシ     14Hz~2万Hz
③超音波ブラシ    2万Hz以上

注意が必要なのは、①普通の電動歯ブラシは振動数が小さすぎるため、また、③超音波ブラシは振動数が大きすぎるために、普通の歯ブラシのようにゴシゴシ動かさないといけないということです。
それに対し②音波ブラシは程よい振動数で動いてくれるので、そっと当てるだけでプラークを除去できます。

音波ブラシの振動数も上記のように大きな幅がありますが、フィリップス社のソニッケアーはより効率良くプラークを落とせる振動数に設計されているそうです。
ブラシの形態も様々な物があって、患者様のお口の中の状態やニーズに合わせたものをお使い頂けるテーラーメイド型の音波ブラシです。
一通り説明を受けたあと実際に使用してみたのですが、なかなか磨きにくい前歯の裏側や奥歯が短時間でツルッツルになってびっくりしました!
ソニッケアーについてご質問等あれば、お気軽にご相談ください!

歯科衛生士 鮎澤

 

■ 編集後記
今回は焼肉を食べに行ってきました!!
先月ご紹介したカレー屋さんと同じ通りにある恭楽亭さんです。
こちらは米沢牛が食べられる三鷹の人気焼肉屋さんのようです。
お値段はお安くはないですがスタッフの誕生日という事で院長がご馳走して下さいました^^
普段食べるお肉と違ってやわらかくて脂がのっていてすごくおいしかったです!!
ここはランチもやっているので行ったことのない方は試しにランチを行ってみてはいかがでしょうか^^
ランチも人気でいつも並んでいるので12時前に行くことをオススメします。
一度行くとやみつきになりますよ!!

歯科助手 川村

歯ニュース 2012/11 … アゴの骨が小さい子供の歯並び

最近の子供の体型が以前に比べて変わってきていますが、その変化は体型だけでなく身体全体、そして心にも現れているようです。食や情報、考え方や価値観の変化、生活様式の欧米化による変化と考えられています。

歯科的側面では子供のアゴは、『噛む』刺激によって正常に発達します。ところが、噛み応えのない軟かい食べ物が多くなってきた現代の食生活では、『噛む』ことの不足によってアゴの発達不足(アゴの骨が小さい)が問題になっています。
噛めないことからの「好き嫌い」や、噛むのに時間がかかり噛むのが面倒になってさらに噛み応えのない軟かい食物を好む「嗜好」に拍車がかかる傾向にあります。

アゴの骨が小さいと歯が正常に並んで生えるスペースがなくなります。そうなるとまっすぐに生える歯が少なくなり、全部の歯が傾き場所を譲り合うように生えて、上下の歯がまともに噛み合いません。これでは見た目に悪いだけでなく虫歯や歯周病にかかりやすく、また噛むことの能力が劣ってしまいます。
人間も動物ですから、これでは成長発育に必要な栄養摂取に偏りができてしまう危険性があります。さらに歯が傾いて生えるために、噛む度に歯を横から倒されるような無理な力がかかって骨の吸収が起きやすくなり、歯の寿命も短くなってしまいます。

歯みがきをしっかりしても、デコボコが大きすぎて歯ブラシの毛先がまともに当たらない場所が多く残って虫歯や歯周病にかかりやすくなるのをご理解いただけると思います。
どうせ大人の歯に抜け替わるのだからと乳歯を軽く考える方がいらっしゃいますが、乳歯の時期は成長発育の真っ只中で噛むことが最も重要な時期ですし、永久歯は乳歯をガイドにして生えてきます。ですから乳歯の問題は永久歯の問題となり一生持って行く問題なのです。
今回お話ししたように歯並びや噛み合わせに関わる大切なものですから、乳歯を大切にしてあげて下さい。

 高岡 周一

 

  

■スタッフ紹介

初めまして。先月からこちらの医院で働かせていただくことになりました高野と申します。これからよろしくお願いします。

ところで、最近はすっかり残暑の影もなくなってしまい、本格的な秋ですね。こうなると冬が来て年越しを迎えるまであっという間ですね。急な温度の変化などで風邪などひかれないように気をつけてくださいね。

外が寒くなると代謝が下がってしまい、体を温めてくれる”燃焼”も少なくなってしまいます。そうすると食べたものが燃やせないので、みなさんも経験があるかもしれませんが”お正月太り”ということになってしまいます。それを未然に防ぐには・・体を中からも外からも温めてしまえばいいのです。

去年の冬も話題になりましたが、料理にショウガを使うと体の内側からポカポカしてきます。(加熱したショウガでないと効果はありません)そして、40度に満たないくらいの温度でいいので湯船にゆっくり浸かることです。そうすると疲れもとれるので、ゆっくり休めます。是非、今年の冬は試してみて下さい。残りの2012年も健康で過ごしましょう。

高野 優舞

 

 

<<< 編集後記 >>>

最近ずいぶんと寒くなりました。
毎日通勤で電車に乗っていますが、マスクをしている方や咳やくしゃみをしている方をたくさん見掛けます。
これから本格的に冬になっていきますので、みなさんも体調管理に気をつけましょう。

小原咲央