「豊か」とは?

戦後から高度成長期を経て日本人はこれまで経済成長こそが豊かさの原点だと考えてきました。
家電量販店には最新のデジタル家電があふれ、百貨店には世界中からの商品が並んでいます。
経済成長を追い求めてきた日本は今かつてないほどの物質的な豊かさを手にしています。

一方で人々は疲弊し、経済や人生、治安、食にいたるまでさまざまな不安が社会を覆っています。これが国内総生産577兆円、世界第3位の経済大国、日本のもう一つの姿です。
確かに身の回りを見渡してみてもたくさんの品々に囲まれ、私たちは大きな不自由なく暮らしています。それでも私たちには本当に飢えはないのでしょうか?豊かだといえるのでしょうか?

人は物質的なある基本的なモノが満たされていなければ、飢えや凍えのもとではもちろん豊かだとはいえません。しかし、「豊か」とは昔3Cといわれた車、カラーテレビ、クーラーのような「モノ」ではなく、時に「ゆとり」の意味で表現されることがあります。

それは日々時間に追われながらいかに多くの富を持つかという暮らしから、いかに自分らしくゆとりのある充実した人生を生きるのかという価値観への移行なのかもしれません。

生活と人生は非常に個人的なことです。ですから「豊か」も横並びのみんなと同じモノでなく、それは人がどんな生き方を望むかという個人的なことと密接な関係があることです。
あなたと私は同じかもしれないし、違うかもしれないのです。

しかし一方で「豊か」を支えるのはいうまでもなく「健康」であることはご承知のとおりです。
少しでも長く人生を送ることも大切ですが、現在はその質に関心が集まっています。
モノによる豊かさではなく、快適で健やかな人生を送ることが最大の財産だと考える人々が確実に増えてきているようです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>