歯ニュース 2018/4 … 疑問や不安にお答えするためにインプラントページを追加しました

治療内容や今後の方針、治療の選択肢などいろいろなご質問をいただきます。
その中で特に多いのが歯を失った場所をどうするかという内容です。

昔は前歯は格好に関わるからすぐ治療にお見えになる一方で、奥歯は歯を失っても放置しておられる方が結構いらっしゃいました。しかし最近はそうした方は少数派になっており、多少歯がなくなってもまだ噛めるから取り急ぎ治療する必要を感じないため歯が抜けたままの方が減っているようです。
治療中のお話しの中で噛むことは食物を粉砕して嚥下するためだけでなくいろいろなプラスの働きがあることが認知されてきていると感じます。

歯を失った場所が奥歯なら噛むことに不便を感じ、少なくなった歯で今までと同じ食生活をすることがその歯への負担となり、歯の寿命に関わる心配がでてきます。
失ったのが前歯なら外見的な問題だけでなく発音や社会性にまで影響がでてくるといわれています。その方により抱えておられる問題は違っても、共通するのは「さびしさ」と「不安」です。極端な例では他の人と比較して劣等感を感じる場合もあるといわれています。

「人と同じものが食べたい」「昔好きだったものを歯を気にすることなく食べたい」「会食や外食で食べるものを選ばず食べたい」「誰とでもどこにでも自由に出掛けて食べたい」などの人それぞれ違ったご希望を実現するには天然の歯にできるだけ近い噛める人工の歯を手に入れなければなりません。これが入れ歯やブリッジを差し置いて近年インプラントのご質問が増えている理由です。

診療室でお話をしておりますが、じっくりとご自宅でお考えになられたい方に向けてインプラントのページを追加しましたのでご興味がおありでしたらご覧ください。
下記の文字をクリックいただくとそのページが表示されます。

高岡周一

<<インプラント関連ページ>>
インプラントTOP
インプラントで手に入るものとは
インプラントとは・インプラント手術と期間
インプラント症例と体験談
インプラントと痛み
インプラントと歯
インプラントと骨
インプラントの失敗
インプラントの寿命
ブリッジとインプラント
前歯のインプラント
前歯のインプラント費用・価格
奥歯のインプラント
どのインプラントも同じ?
インプラントは危険?

 

■ 歯科衛生士からのワンポイント情報
今回は歯磨きの時に出血する時の改善方法についてお話したいと思います。
まず、歯茎からの出血はなぜ起こるのでしょうか?その理由は、むし歯が歯茎の近くまで進行している、合わない歯ブラシ(硬すぎたり、大きすぎたり)を使っている、なども考えられますが、一番の原因として歯周病が進行していることが挙げられます。歯周病になると、デンタルプラーク(歯垢)という細菌のかたまりが出す炎症性物質により歯茎の毛細血管が弱くなって、少し刺激しただけでも血管が破れて出血してきます。

出血してくるからと言って、歯みがきを遠慮してしまう方がいらっしゃいますが、原因となるデンタルプラークが取り除かれないまま放置しておくと、症状はどんどん悪化していきます。
歯周病の改善のためには、定期的な検診を受けて早期、あるいは未然に歯周病を予防することが大事です。そして、何より大事なのは、ご自分での日常的なセルフケアです。
歯ブラシを歯と歯茎の際に当て、マッサージするようなイメージでブラッシングしてみましょう。しっかり当てられていれば出血も少し治まってくるはずです。しかし残念ながら、歯ブラシだけではデンタルプラークは60%ほどしか取れません。

歯と歯の間には歯ブラシの毛は入っていかないので、その間が歯周病菌に感染しやすいのです。それを取り除くためには、デンタルフロス(糸ようじ)と歯間ブラシを使わなくてはなりません。これらを使うことにより、80~90%のデンタルプラークが取れるそうです。

最初は使い方が難しかったり、サイズも色々あるので、どれを選べばいいか迷われると思います。高岡歯科医院では4Sから2Lまでの歯間ブラシを3本入りで120円、モチベーションの上がる可愛い色のデンタルフロスを320円で売っています。サイズや使い方などお気軽にご相談ください(^o^)

 

■ 編集後記
ホワイトデーのお返し
3月のホワイトデーに院長からお返しとして焼肉ランチをご馳走になりました!おいしいお肉をたくさん頂き今までのホワイトデーの中で一番うれしいお返しでした(^O^)
ご馳走様でした。来年も期待しております 笑
そして4月は花見ですね!!昨年はスタッフとお惣菜をたくさん買って井の頭公園にいきました。桜も満開できれいでしたが花より団子になってしまいお惣菜に夢中でした^^
今年もおいしいものをたくさん買って行きたいと思います 笑

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>