歯を抜かないデメリット / 医院ブログ

前に「できるだけ歯は抜かない方がいい」、でもかなり傷んだ歯を抜かないで残す場合にはメリットとデメリットがあるとお話ししました。
「歯を抜かないで残すデメリットがあるのか?」と思われるかもしれませんね。
もちろん普通の歯には抜かないで残すことのデメリットなどひとかけらもありません。
迷わずに残すための治療をするべきです。
これは今の医学では抜歯せざるを得ないのか残せることができるのかのボーダーエリヤ内にある歯のお話しです。

ひどく傷んだ歯を歯の根っこの治療や土台の治療をしてなんとか抜かないで済んだとしましょう。
でも症例によっては、ひとたび物を噛んだらグラついたり、異和感や痛みがあることがあります。
これでは歯本来の仕事はできません。そこまでの能力が回復できないのです。

その歯を避けて反対側で噛めば、そちら側の歯にいつも負担をかけて反対側の歯に今度は不調が起こります。それが長期化すれば歯並びや噛み合わせがズレたり、姿勢まで歪んでくることがあります。
これでは自分の本来の仕事をできないばかりか、1本の歯が他の歯の問題を引き起こすようでは、お残しになられたいお気持ちは十分わかりつつもその歯の存在する意義がなくなってくると思います。

また今度は前と同じように抜かないで済んで、なんとか物も噛めるようになったとしましょう。
これなら歯本来の仕事もできて他の歯に迷惑をかけないで済むのでこれでよさそうです。
でも、もしその歯が入れ歯を支えるために針金を引っ掛ける歯であったり、ブリッジを支える歯であったり、また一番奥の歯であったり、歯ぎしりや食いしばりをする人であったりすると、その歯には予想以上のストレスがかかります。
元がたくさんの歯質が残ってなく弱い上に、歯の神経はすでにありません。
こうした歯はそうでなくとも脆弱で割れたり取れたりしやすいのに、さらにストレスが余計にかかるのです。
その歯の寿命が短いことは想像に難くありません。

でも、それでもいいからダメになるまで残したいとお考えだと思います。
私は決してそれに反対ではありません。それでもいいと思います。
ここで私がいいたいのは、もしダメになった時に次の一手が打てるのかということです。
人生は長く、歯がダメになった後にすごく不自由で不満のある生活では困ります。
今だけのことでなく、将来も計算に入れてその歯の処遇を今考えなければならないと思うのです。

歯の根が割れると日単位であっという間に周りの骨が溶けていきます。
ご自分でその歯の異変に気付いた時には、骨が相当なくなっていることが多いのです。
そうなってしまうと、歯と同じように噛める能力のあるインプラントはかなりの確率でもう入れることができないでしょう。入れ歯が選択肢になる可能性が高くなります。それが一生続きます。

これらのリスクをはらんだ選択だということをご理解いただき、その歯の今の処遇を考えていただいたいと申しているのです。
こうしたメリットとデメリットをじっくりお考えになってお出しになった結論を私は尊重したいと思います。