本当の治療の目的とは / 医院ブログ

インプラント治療の悪い結果を耳にしたりしてインプラントは絶対に嫌という方や、容易に何でもインプラントにしたがる患者さんや歯科医もいらっしゃると聞きますが、どちらも間違っていると私は思います。
インプラントは適応症を選べば有効な治療法の一つであることは間違いないのですが、それだけではないし、またそれが目的ではありません。
今どんなことに困っていて口の中をどうしたいのか、どんな生活を回復したいのか、また将来起きるであろうどんな不具合を今未然に防ぐのかそれらが真の目的のはずです。

それを手に入れるのにインプラントが最適であればインプラントがいいし、他の選択肢で十分手に入るのであればそうすればいいと思うのです。
どうも周りの患者さんや歯科医の話しを聞くと、手段が目的化している方々がいらっしゃるように見えてなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>