歯のあれこれ小冊子

. 当院の治療のご紹介のための小冊子

小冊子のご紹介

当初は通院中の患者さまに日常の診療の中でのご説明の補完とさらにご理解いただく目的で、診療室で印刷した小冊子を手渡ししておりました。
また私の治療に対する考え方や私自身をさらに知っていただき、医療の基本である相互理解に役立って欲しい願いもありました。
いつでもお読みいただけるようにホームページにも掲載いたしました。

小冊子はA5版、10~80ページ位で読みやすい分量にしました。
本来院内向けに作られたもので、書店などで外販はしておりません。
職員と私の手作りですのであまり体裁のいいものではありませんが、中身は体裁よりは自信をもっています。
興味がおありの方は医院に置いてありますのでご自由にお持ちください。
これらの本が、あなたの今後の豊かな人生のお役に立てれば幸いです。



かみ合わせで、身体が変わる!!

かみ合わせは天然の歯だけでなく、人工の歯、入れ歯やインプラントにいたるまですべてに関係しています。むし歯や歯周病、歯の寿命や肩こりなどの生活の質に直結する問題です。

第一章 かむこととは?
    食べ物と人間 / 間とかむこと
    体は精密機械 …他
第二章 狂ったかみ合わせが身体を蝕む!
    咬合病の原因とは?
    どうしてかみ合わせが全身症状の原因になるの?
    かみ合わせ治療はどうするの?…他
第三章 歯を大切にしてきましたか?
    健康で楽しく明るい人生に!/ 病気は気づきのチャンス

 ≪ かみ合わせにご興味がおありの方はこちらへどうぞ

 

入れ歯と歩む、豊かな人生

入れ歯と一言で言っても様々。入れ歯にまつわる不安や不満の解消、どんな入れ歯を手に入れることができるのか?など入れ歯治療の前にご存知になっておかれた方が得なお話しです。

第一章 かむことは大切
    「おいしい!」は長寿の秘訣…他
第二章 歯を大切にしてきましたか?
    歯はどうしてなくなったの?…他
第三章 今の入れ歯に満足ですか?
    総入れ歯は豊かな老後の良き伴侶他
第四章 具合のよい入れ歯はどんな入れ歯?
    心と入れ歯…他
第五章 いい入れ歯はこうしてつくられる
    入れ歯は成長する

 ≪ 入れ歯にご興味がおありの方はこちらへどうぞ


第三の歯、インプラント

手術が必要なインプラントには不安がつきもの。この不安の解消と、いったいインプラントとはなに?どんな利点があるの?そんな疑問を中心に、インプラントについての基礎的なお話しです。

あまりインプラントのことをご存じない方に向けて簡単に読めるように量も12ページと少なくして書きました。


 ≪ インプラントご興味がおありの方はこちらへどうぞ



歯の病気のお話し

歯科の病気にもいろいろありますが、代表的なむし歯や歯周病(歯槽膿漏)などはどんな病気なのか、どこが違うのかなどを交えて歯科医療全般のお話しをさせていただきます。
正しい情報を知っていただく目的で院長高岡が書いた小冊子です。

以前は印刷をして来院された患者さまに手渡ししておりましたが、時代に合わせてホームページでお読みいただけるようにしました。 全体で8ページと読みやすい分量ですので、ご興味がおありの方はどうぞ。

 ≪ いろいろな歯の病気にご興味がおありの方はこちらへどうぞ

<正しい歯磨きの仕方とは

病気にならなければ歯を削ることも失うこともありません。歯という財産を守れるだけでなく、硬いものでも何でも噛める豊かな食生活も捨てる必要がありません。治療に時間と費用をかける必要もありません。 虫歯や歯周病の予防と治療のために歯磨きは避けて通ることができないものです。

正しい歯磨きを知っていただく目的で院長高岡が書いた小冊子です。
以前は印刷をして来院された患者さまに手渡ししておりましたが、時代に合わせてホームページでお読みいただけるようにしました。 全体で11ページと読みやすい分量ですので、ご興味がおありの方はどうぞ。

 ≪ 歯磨きについて詳しくお知りになられたい方はこちらへどうぞ

歯周病のお話し

歯周病にならなければ歯を失うこともありません。歯という財産を守れるだけでなく、硬いものでも何でも噛める豊かな食生活も捨てる必要がありません。治療に時間と費用をかける必要もありません。
歯周病の予防と治療のために院長高岡が書いた小冊子です。以前は印刷をして来院された患者さまに手渡ししておりましたが、時代に合わせてホームページでお読みいただけるようにしました。
全体で17ページと読みやすい分量ですのでご興味がおありの方はどうぞ。

 ≪ 歯周病にご興味がおありの方はこちらへどうぞ

 

むし歯ゼロも夢でない、最新の予防

歯を磨いているのにむし歯になる人に、とっておきのお話しです。遺伝や歯磨きの問題を超えて、あなたのむし歯を防ぐことができます。海外の最新むし歯予防のご紹介を交えながら、楽しく予防に取り組めます。

歯を磨いているのにむし歯になる!知り合いのあの人は、そんなに歯を磨いていないのにむし歯にかからないなんて不公平だ!
歯が弱い家系なのかな?そういえばおじいちゃんは総入れ歯だったし…。
小さいころからしょっちゅう歯医者さん通い、歯の治療は苦手だし、歯をがんばって磨くしかないのか…。このまま行けば、そう来自分も総入れ歯なのかな?こんな風に考えているあなた、あきらめるのはまだ早いのです。…… 本文から

第一章 むし歯になったのはあなたの責任?
第二章 むし歯予防のウソとホント
第三章 歯を大切にするあなたへ
第四章 明日からできる、簡単なむし歯予防
第五章 おわりに

 ≪ むし歯予防にご興味がおありの方はこちらへどうぞ

歯がなくなったら?

歯を失うことは寂しく悲しいこと。この被害を最小限に、そして機能を回復する手段をいくつかの選択肢を交えてお話しします。あなたにとって最善の方法を見つけてください。

むし歯や歯周病で歯をなくされた方から、「ああ、歯をなくすと不便だ!」「みっともない!」「噛みにくい!」というお話しを伺うことがあります。
そして直接はおっしゃいませんが、そういう方は私の経験上「この先どうなっていくのでろう」という不安を抱えておられることが多いのです。
さらにその深層心理の中には「自分に自信が持てなくなった」という自信喪失があることもよくあります。
歯がそろっていた頃には考えもしなかった不安です……本文から

第一章 あなたの不安と不満
第二章 あなたの誤解と真実
第三章 なくした歯の治療は何がいいの?
第四章 おわりに

 ≪ 歯がなくなってお困りの方はこちらへどうぞ

審美のお話し

長い人生も大切ですが、快適で豊かな質の高い人生も大切です。
美しさや綺麗なこと への願望は太古の昔から人類が追い求めてきました。
現代は社会生活を送る上で、きれいな歯並びや白く美しい歯に関する関心は男女を問わず高まってきています。
そうしたご要望にお応えする一つが「美」を追求する審美治療です。
審美といっても「歯」だけでなく「歯肉」や「口元」にまで及ぶ広い範囲が対象になります。
■歯の表面の汚れや着色を取り除いて、元々のご自分の白くきれいな歯を取り戻す、PMTC
■年齢と共に黄ばんだ歯を、白く美しい歯に漂白する、ホワイトニング
■神経が死んで茶色く変色した歯を、歯の内側から元のきれいな歯に戻す、ブリーチング
■歯をあまり削らずに歯の形と色を改善する、ラミネートベニア
■歯に人工の歯を被せて短期間できれいな色と形を手に入れる、ホテツ治療
■歯を削ることなく歯並びを変えて美しい口元を創り出す、矯正治療
■歯を失ってしわと貧弱な口元を改善して若々しい口元を表現する、入れ歯治療
■入れ歯の針金などが見えて口元に自信が持てないことを改善する、インプラント治療
などいろいろな治療があります。
この中からいくつかの審美治療をご紹介いたしましょう。 この小冊子に掲載していない治療は各治療の小冊子やページをご覧ください。

 ≪ 美しい歯や審美にご興味がおありの方はこちらへどうぞ

ストレスと歯

歯やインプラント、入れ歯をしっかりと治療し、快適に、そして長持ちさせるには、歯などに余計な噛みしめる力の負担を強いないことが非常に大切です。

長期間、持続的な噛みしめる力は、仮に歯と歯を軽く接触させているだけでも、歯に強力な力をかけたのと同じで、暴力です。この力が確実に水面下で「歯」や「骨」、「歯肉」、さらに「顎の関節」まで、身体を壊していきます。 この噛み締めの原因の多くがストレスと関わっており、しみる原因や歯周病の原因にもなり、歯などを長持ちさせるためにはストレスの問題を避けて通れない現実があるのです。

ストレスのことをもっと知っていただき、これからの人生を支えてくれる歯のために院長高岡が書いた小冊子です。以前は印刷をして来院された患者さまに手渡ししておりましたが、時代に合わせてホームページでお読みいただけるようにしました。10ページと読みやすい分量ですので、ご興味がおありの方はどうぞ。

 ≪ 歯とストレスの関係にご興味がおありの方はこちらへどうぞ

重金属汚染と金属アレルギー

アンチエイジングや長寿に関係すると考えられているものの一つが酵素です。それと並んで大切なのが、体内で発生する活性酸素などのフリーラジカルの中和、カロリー制限などの老化防止理論、腸内での腐敗から発生する毒素や血液中に含まれる有害物質のデトックス(解毒)です。

歯科と強い関係がある重金属汚染と金属アレルギー、そのデトックス、これらのことをもっと知っていただき、健康で若々しい生活に役立てていただけたらと院長高岡が書いた小冊子です。以前は印刷をして来院された患者さまに手渡ししておりましたが、時代に合わせてホームページでお読みいただけるようにしました。 9ページと読みやすい分量ですので、ご興味がおありの方はどうぞ。

 ≪ 歯科と重金属や金属アレルギーの詳細はこちらへどうぞ

食とアンチエイジング

今話題のアンチエイジングを職と歯科から見てみました。歯周病は生活習慣病です。 口の中と全身はつながっており、その関連性がお互いに影響し合っています。 今日からあなたも楽しくアンチエイジングしてください。

第一章 アンチエイジングとは?
    アンチエイジング医療 …他
第二章 食とアンチエイジング
    食養とは?   …他
第三章 身体とアンチエイジング
    フリーラジカルと口の中 …他
第四章 生活習慣病とメタボリックシンドローム
    肥満と歯周病  …他
第五章 歯周病とアンチエイジング
    歯周病の原因  …他
第六章 歯とアンチエイジング
    片方でかむ習慣  …他
第七章 解毒(デトックス)とアンチエイジング
    歯科と重金属汚染  …他

 

転勤先でいい歯医者さんに出会うために

転勤される患者さまから「引っ越し先の近くでいい歯医者さんをご存じありませんか?」とよく聞かれます。
そうした当院に通院中の方々が転勤先でご自身の目で主治医を決める手助けになればと作った小冊子です。



第一章 私が歯科医になろうと思ったのは…
第二章 話してくださいあなたの不安や不満
第三章 今までの歯の常識の間違い
    ×むし歯になったら歯を削らねければならない
    ×むし歯になりやすい体質だから歯磨きするしかない
    ×むし歯が冷たいものがしみる時は歯の神経を取る?
    ×セラミックなど高額な治療をすれば歯は長持ちをする
第四章 あなたはどちらを選びますか?
第五章 では具体的にどうしたらいいの?
第六章 さあ、一歩前へ!

転勤などで当院を離れられる方へ