歯周病と歯槽膿漏

歯周病・歯槽膿漏の治療法・予防法

成人の80%が罹患する歯周病

生活習慣病や歯周病・歯槽膿漏と歯の喪失歯肉の炎症を主体とした歯肉炎と、以前は歯槽膿漏と呼んでいた歯周炎を含めて最近は歯周病といいます。歯を失う人の5人に4人が歯周病が原因です。さらに成人の80%が歯周病にかかっています。

歯科も医科も含めてこのような高率で発症している病気は他になく、国民病とも呼ばれる理由です。また歯周病は生活のあり方とも密接に関わっているために、生活習慣病の一つになっています。

歯周病の怖いところは歯を失うだけでなく、全身的にいろいろな問題を引き起こす可能性があることです。快適な食生活や健康な毎日を送るためには軽視できない病気なのです。


歯周病とはどんな病気?

歯周病・歯槽膿漏とはどんな病気か歯周病(歯槽膿漏)とは、口の中に常に存在する細菌の一部が、食べかすを栄養にして増殖し、その菌の出す毒素によって歯肉が腫れたり、出血したり、ひいては化膿して骨まで溶ける病気のことで、重症では歯を失うこともあります。

初期ではほとんど自覚症状がないため、気付いた時はかなり病状が進んでおり、中には手遅れとなる場合もあります。知らぬ間に忍び寄る病魔、そこからサイレントディジーズ(沈黙の病)と呼ばれているのです。

以前の日本人は、むし歯で歯をなくす方が多かったのですが、高齢化とハブラシ習慣が定着したためか、最近では40歳以上の人の歯を失う原因の約80%が歯周病といわれています。
すなわち、歯を長持ちさせるには、この歯周病とたたかう必要があるのです。



歯周病は口の中だけにとどまらない

歯周病・歯槽膿漏と全身の関連周病は歯をなくす原因であるだけでも問題なのに、厄介なことは口の中だけの問題で済まないことです。
歯周病が関連する全身疾患として糖尿病、心臓・血管系疾患、呼吸器系疾患、消化器系疾患、低体重児出産・早産、骨粗しょう症などが注目されています。
糖尿病は歯周病のリスクとなりますが、反対に歯周病も糖尿病のリスクとなるのです。

歯周病と糖尿病との関連から、糖尿病治療のため医科からの紹介も増えています。 歯周病を治すには糖尿病を治す必要があり、また逆に糖尿病を治すには歯周病を治す必要があることから、当院では糖尿病専門医の内科の先生方と医療連携を行い、二つの病気両面から治療する体制をとっております。
また肥満や栄養のとり過ぎとの関係も重視されています。

肥満は肝臓から放出されるHDLコレステロール(善玉コレスレロール)を低下させ、LDLコレステロール(悪玉コレステロール)を上昇させることで異常脂質血症を生み出し、さらに血栓を生じやすくさせます。

こうした状態を一種の炎症反応と捉える考え方があり、動脈硬化疾患や虚血性心疾患の進展に関与すると考えられています。すなわち、肥満そのものが隠れた感染・炎症の状態であると考えられるようになったのです。

歯周病・歯槽膿漏と細菌感染一方、歯周炎も全身にとっては隠れた感染・炎症状態と捉えることができます。事実、歯周炎患者ではその炎症検査値が上昇しており、歯周治療に伴ってそれが低下することも報告されています。

慢性化した歯周炎に侵された病巣には、他の臓器に類を見ないほど多量の細菌がいます。
人が、28本の歯すべてに5~6mmの深さの歯周ポケットがあった場合(中等度の歯周病)、身体が細菌の塊と接する表面積はおよそ72立法センチメートル(手のひらの大きさ)、とんでもない広さになります。
顔にそんな大きさの潰瘍やただれた傷があったらあなたはどうしますか?

大げさな表現でなく、全くの事実なのです。いつもその傷から細菌が身体に、今も入り続けています。
歯周病の細菌が動脈硬化を起こした血管や心臓から検出されて大きな話題を呼びました。
歯周炎を放置することは、身体を慢性的な隠れた感染・炎症状態に置くことになるのです。
こんな状態が身体にいいはずがありません。当然、歯の寿命も短くなります。
あなたの寿命をすり減らしているかも知れないのです。


歯周病と闘う!

歯周病・歯槽膿漏と原因や治療法歯周病は、歯を失う最大の原因であることや全身疾患にも影響することから、生活の質(QOL)と日常生活活動(ADL)の低下をもたらす病気です。
歯周病の発症やその進行には細菌という直接的な因子だけでなく、生活習慣や食の問題、身体の歯周病に対する感受性や抵抗性、遺伝的因子、さらに環境因子などが複雑に影響しています。
歯科医がアンチエイジングをお話しする理由の一つがここにあります。

歯周病の原因には「食と生活習慣」、「全身的因子」と口の中の「局所的因子」の三つの因子があります。
歯周病も生活習慣病の一つである以上、食と生活習慣の改善は必須ですが、紙面の都合上ここでは局所的因子を中心に簡単にみてみましょう。キーワードは「細菌」、「かみ合わせ」、「強い力」、「不十分な歯科治療」です。

先ほどお話ししたように歯周病は細菌による感染ですから、細菌をやっつけることで歯周病や全身疾患の改善につなげる治療法が第一の対応策です。
細菌と闘うには毎日の丁寧な清掃、メインテナンス、PMTC、スケーリング(歯石とり)、ルートプレーニング(歯根の清掃) 、歯周外科手術、GTRなど溶けた骨の再生手術、薬物治療などがあります。
手術をしないでも、かなりの改善効果がある治療法もあります。

歯周病・歯槽膿漏とかみ合わせ・噛み合わせ第二の対応策が、歯のかみ合わせの改善です。かみ合わせについては別ページを参照いただくとして、悪いかみ合わせで特定の歯に集中して力がかかる場合や、不十分な人工の冠や入れ歯を使っている 場合、歯の生え方に問題がある場合、親知らずの悪影響、歯がすりへって歯のかむ面積が多すぎる 場合など、歯は丈夫でも歯にかかる力が強い場合はお口全体のかみ合わせを考える必要があります。

歯の負担を軽減して歯とそれを支える組織が丈夫になることで、歯周病にかかりにくい環境を作るためです。また、歯にかかる力は普通でも歯そのものが弱った場合も問題になります。

症例にもよりますが、この二つの対応策どちらか一方だけでは効果的に改善されないことがあります。平行した治療が望まれます。

こういった一般的な治療法以外にも、軽度はもちろん、重度の歯周病が手術などの痛い思いをしなくても良くなる治療法があります。それが3DS療法です。
<<3DS療法の詳細はこちらへ>>


また実際の治療は、人それぞれ事情が違いますから多くの選択肢から最適なものを選んでいかなければなりません。歯周病の治療にあせりは禁物です。じっくり取り組んで頂きたいと思います。
なんといってもその歯のおかげででこれからの楽しく美味しい人生を送ることができるのですから。


あなたの歯の健康度チェック

歯周病・歯槽膿漏の病状と健康診断ここまで読みいただいて歯周病がお分かりいただけましたでしょうか?
下のチェックリストで、あなたの歯の健康度をチェックしてみましょう!!

下の表で、当てはまると思われる項目はいくつありますか?
数えて見てください。


 歯の健康診断 check
  歯がしみたり、痛むことがある  
 舌で歯を触ってみると、ザラザラした感じがある
歯ぐきが何となくかゆいことがある
 歯を磨くと、歯ぐきから血がでる  
 歯ぐきを触ると、ブヨブヨしている  
 歯が以前より長くなった気がする  
 甘いものが大好き  
 柔らかいものが好きで、硬い食べ物は苦手  
 食事のとき、よくかまずにすぐ飲み込んでしまう  
 片方の歯だけでかむ癖がある  
<< 判 定 >>
1個以下:青信号 今のところ問題はないようですが油断大敵。
これからも歯に気を配って予防に努めてください。
 2~3個:黄信号 歯の病気には早期発見・早期治療が大切です。鏡で歯の状態を再チェックしてください。
異常が見つかったら早めに歯科医院へ。
 4個以上:赤信号 すでに何らかの病気があると思われます。
痛みなどの異常を放っておくと大変なことに。何はともかく予約のお電話を。


歯周病に関連した記事は下のリンクからどうぞ。
歯周病のお話し
歯周病や口臭の悩み
糖尿病


歯周病のお話し(小冊子)

歯周病にならなければ歯を失うこともありません。歯という財産を守れるだけでなく、硬いものでも何でも噛める豊かな食生活も捨てる必要がありません。治療に時間と費用をかける必要もありません。

歯周病の予防と治療のために院長高岡が書いた小冊子です。以前は印刷をして来院された患者さまに手渡ししておりましたが、時代に合わせてホームページでお読みいただけるようにしました。
全体で17ページと読みやすい分量ですのでご興味がおありの方はどうぞ。

 ≪ 歯周病にご興味がおありの方はこちらへ