入れ歯

歯がなくなった、歯をなくした


入れ歯でお悩みの方にも抱えておられる問題は様々です。
頂いたご質問や治療後のご感想の中に同じようなお困りがあった方がいらっしゃるかもしれません。
入れ歯の悩み
入れ歯治療のご感想



入れ歯の種類

入れ歯を入れることでどんなプラスがあるのか、かむことだけでない入れ歯から受ける恩恵についてお話しいたします。

入れ歯の設計はその方のお口の状態に合わせて全ての症例で違うものですが、代表的な形や特徴、種類などをお話しするページです。


■入れ歯のお話し
■総入れ歯
■部分入れ歯の形
 上の左右の奥歯をなくされた場合
 下の左右の奥歯をなくされた場合
■ 目立たない入れ歯
■針金がなく安定したコーヌス義歯
 治療手順 / 針金タイプの入れ歯と比較した長所と短所

入れ歯の種類の詳細はこちら



部分入れ歯の症例

実際の症例を通してどんな入れ歯になるのか、簡単な症例ごとのご説明とともにご覧ください。



■部分入れ歯とインプラントを併用した症例
■前歯をなくされた症例
■左右の奥歯をなくされた症例
■目立たない針金を使った症例
■上のあごに設置する部品をなくした入れ歯の症例
■コーヌス義歯の症例

部分入れ歯の詳細はこちら



総入れ歯で悩む理由

入れ歯でお悩みの方の過半数が総入れ歯です。
大きな部分入れ歯と少し違うだけなのに、どうして総入れ歯になると途端に具合が悪くなるのか?
具合の良い入れ歯を求めて何軒もの歯科医院を渡り歩く人がいらっしゃいますが、どうして総入れ歯はそんなに難しいのか?
そうした疑問にお答えするページです。

総入れ歯の難しさの詳細はこちら



総入れ歯もここまでできる

年齢と共に毎日の食べる楽しみは大きくなってきます。
食べる度に痛みや不快感を感じることがどれだけ日々の楽しみを奪っているのか、若い頃に好きだった食べ物をかめない食べられないと我慢やあきらめることが人生でどれだけ損なことか、そう感じて入れ歯を作り替える方々がいらっしゃいます。
こうした不満の多い、総入れ歯についてのお話しのページです。


■総入れ歯はこんなものと諦めていませんか?
■貧弱な口元になっていませんか?
■リンゴの丸かじりができた!煎餅も!
■入れ歯と歩む、豊かな人生(小冊子)

総入れ歯の詳細はこちら



当院の総入れ歯の作り方

歯をなくす度にあごの位置がずれてかみ合わせが歪んでいるケースが多いのが実情です。その歪みを時間をかけて元に戻すための治療時間が必要です。
その上に入れ歯を入れる場所はあごの粘膜のために動くものです。
ア、カ、サ…全ての発音で粘膜の形は変わり、硬い物と柔らかい物をかむ時も粘膜の形は変わります。前歯と奥歯、かむ位置によっても粘膜の形は変わります。
こんなにしょっちゅう形の変わる粘膜の型取りは、入れ歯にとって一番重要で難しい治療の内の一つです。にも関わらず治療椅子の上のじっと動かない状態の一度きりの型取りで入れ歯を作ることが一般的です。これでどんな時もピッタリする入れ歯ができると思うのは大きな間違いなのです。

■高岡歯科医院の総入れ歯治療の流れ
■入れ歯はステップアップする

総入れ歯の作り方の詳細はこちら




歯をなくされてお困りの方々への院長からのメッセージです

入れ歯やブリッジ、インプラント、どの治療選択肢であっても単に入れただけでは不足だと私は考えております。その失った歯の機能回復だけでなく、失った原因から学び、第二第三の被害を出さないだけなく、残った歯の寿命を長くする必要があると考えているからです。

そのためには歯や歯周病などの私達からの治療だけでなく、皆様方のご協力が欠かせません。 医療は共同作業だと私は思っております。
できることならば歯のありがたさや価値を再認識いただき、皆様の快適で豊かな生活を支えて参りたい、
それが当院の理念であり私の願いです。