インプラントCT・安全で確実のためのCT

CTで歯科治療がどう変わるのか、その利点とメリットとは


CTで何が変わるか

CTは歯科治療でどう役に立つのか口の中や歯という本来立体的(3次元)のものを従来のレントゲンでは2次元の平面的にしか見ることができず、さらに本当に知りたい場所の情報だけを見ることはできませんでした。

他の検査や経験則から本当の状況を頭の中で推測して、その範囲内での診断が行われていました。実際の状況を確認できず推測をする、そこに正確性や確実性に限界がありました。

しかしCTの登場によって歯や顎の骨を3次元的、立体的に様々な方向から見ることができ、正確にその場所の状況が手に取るように見ることができるようになりました。
想像でなく本当の状況をあらゆる角度から観察した上で診断できるようになりました。

診断が違えば治療法も変わり、お困りの症状の治療結果にも関わってきます。
またCTの3次元の高画質画像は、従来の撮影法では特定できない痛みや症状の原因の究明も役立ちます。

実際にCT導入以来インプラント診断以外にも、神経に近い場所に植わっている歯を抜く時や、病巣の大きさや範囲を正確に判断する場合、複雑な歯の根っこの治療の際に正確な位置を観察する時など、様々な症例で活躍しています。

通常は使いませんが、ここぞという時は本当に頼もしい味方になっており、診断力が飛躍的に向上しました。
一度手にしてしまった以上、手放せなくなってしまったほど重宝しています。
近年導入した機器の中で、最も有用な機器だと断言できます。


患者さまのメリット

患者さまのCTのメリットや利点、使い道は最も大きなメリットは、CTによって今まで見えなかったものが見えるようになり、今までわからなかったものがわかるようになった結果、診断精度の向上によって治療結果と安全性が格段によくなることです。

そしてただ一つの平面的画像から立体の実物を何となく想像するのではなく、多方向や立体的なご自分のありのままの画像を目の前で直接ご覧いただけますので、現状や治療計画へのご理解とご納得が得やすくなることです。

歯科医療は歯など治療する対象が大変小さく、繊細な手技が要求される医療です。
医科用CTと歯科用CTでは元来観察する対象臓器が違うために、医科用では画像のち密さに満足のいく情報を得ることが難しい事情があります。
また当院の歯科用CTは医科用CTよりレントゲン照射量が少なくてすむ事と、必要な場所だけに絞って撮影することができるメリットもあります。

さらに院内にCTがあることで、わざわざ他の場所に撮影に出かける手間と時間が必要ないことや、インプラント手術中など撮影が必要なその時にその場で撮影して安全性と正確性の確認ができることも大きなメリットです。通常の2次元レントゲンの推測での判断でなく、実際に画像を目で確認できることで患者さまと歯科医双方の安全と安心になります。


■ もしCT撮影しなければ・・・
この症例は他の場所をCT撮影した際にたまたま一緒に撮影された画像です。
この場所になんの問題もありませんが、もし仮にこの場所にインプラント手術をする必要があったならば?と思うと・・・

これは一般的に用いられるレントゲン画像です。ほとんどの歯科医がこの画像を見て、あごの骨に問題はないと診断することと思います。この場所に潜む異常を見つけることは困難でしょう。
この画像の緑の縦線で輪切りにした画像を見て驚きました。


これが最初の写真の緑の縦線で切断した部分を横から見ている輪切りのCT特有の画像です。

青い横線の部分の骨が異常にくびれているのがおわかりでしょうか。通常はこのようなくびれはなく概ね真っすぐです。非常に珍しい画像です。

仮にこの場所にインプラント手術をすることになったら、術者の目には上部の骨の幅の広い部分しか目に入りません。そのまま下に向かっていつも通りの真っすぐな骨があると判断したら・・・
右側の写真の緑の四角の部分にインプラント手術をすれば骨に穴をあけてしまうことになります。


このような骨の形の異常を最初の写真から判断する事は非常に困難です。
こういう通常とは違う情報を得られることが、安全のためにCT撮影が必要な理由の一つです。

仮にここまでくびれておらず手術が可能だったとしても、計画通りに狭い骨の中を正確に治療できているかを確認するためには手術中のCT撮影が必要です。

この他にもいろいろな情報をCTは正確に伝えてくれる大変ありがた機器です。患者さまと歯科医双方にとって安全と確実性のために医院内にCTが必要な理由がご理解いただけると思います。


CTが有用な治療とは

CTが役に立つ歯科治療とは
















インプラントとCT、その患者側の利点・メリットはインプラントの術前検査、手術中の確認と術後の評価に大変有用です。

インプラント治療を行う際には、歯の状態や骨の量、神経の位置などのあごの解剖学的構造を正確に把握しておく必要があります。

今まで歯ぐきを切開してからでないと見えなかったこれらの詳細な状況を、術前にCTで3次元的に手に取るように知ることができます。

このおかげでインプラント治療の可否やその場所の骨がしっかりしているか、手術位置や角度、深さなどが事前に正確に判断と決定ができ、治療の安全性と確実性につながっています。



歯槽膿漏・歯周病治療とCTの関係歯周病の診断と治療結果の評価にCTは大変有効です。
歯周病が進むと細菌の感染によって歯を支える骨が溶けてしまいます。
そのため骨がどのような形態をしているか正確に把握することが治療には不可欠ですが、従来の平面的なレントゲンでは限界がありました。

CTによって歯の周囲の骨の破壊の程度が立体的に把握でき、歯周病の進行度が正確に診断できます。
どのような骨の無くなり方をしているかで治療の方法が変わってきますので、状況に合った最善の治療計画を立てて、歯の寿命の延長など治療結果の向上につながります。


歯科の外科治療でのCTの働きあごに埋まっている歯を抜歯する時には、歯の根の位置や方向を正確に確認する必要がありますが、これには3次元立体的に観察できるCTが大変有効です。CTでしかわからない情報もあります。特に親知らずのそばには太い神経がある場合もあり、慎重と注意が大切です。
歯を支える骨をどの程度失っているのか、病巣の立体的な大きさの判断、歯の根にヒビや割れがあるのかなど、その歯を抜歯をせざるを得ないのかを確実に判断する際にもCTは役に立ちます。


歯の治療にはCTがどんなことで役立つか病気と闘うにはまず相手を正確に知ることが大切です。歯の中に通っている神経は非常に複雑です。
さらに従来の平面的なレントゲンでは2本の根が重なって映ってどちらに病巣があるのか正確に診断するのは困難でした。
それがCTによる立体的な病巣の位置だけでなく歯の根の形や曲がり具合、数、方向や長さまで非常に多くの正確な情報によって、治療方針や治療結果がずいぶんと変わってきます。


矯正治療のCTの役目骨の中に埋まっている歯を矯正治療する際に、従来のレントゲン装置では2次元の平面的な情報しか得られず、正確な位置関係を把握することが困難でした。
また歯は動かすことができる範囲が決まっており、それは歯を支える骨がどこにどの程度あるかによって決まってきます。こうした問題を歯科用CTによって歯の位置や骨の量を3次元的に詳細に確認できるので、矯正治療に大いに役立ちます。


当院のCTについて

不安のないCTと放射線被ばく量の関係同じCTという名称でも、一般的に歯科用CTはその構造と撮影範囲から医科用CTに比べてそもそも線量が約1/10~1/100程度とかなり低いものです。

さらに当院はその歯科用CTの中でも低い線量で撮影できるCT(歯科界で定評あるドイツSIRONA社製 ORTHOPHOS XG3D)を導入しています。
驚くことに歯科用CTの中でも線量が一桁違うメーカーもあり、かなりばらつきがあるからです。

当院CTの1回の線量は、日本人が平均的に1年間に浴びる太陽等に含まれる自然放射線量1.48mSvのわずか1/30未満の0.048mSvですのでご安心ください。

非現実的なお話しですが、年間30回撮影しても日本人年間自然放射線量未満です。
また海外出張の多いビジネスマンに例えると、この撮影線量は東京~ニューヨーク間を航空機で往復する際の自然放射線量の1/4(ハワイ片道に満たない量)です。

これは旧来のアナログ歯科用パノラマフィルムを撮影する線量以下です。デジタル化と機器の進歩で従来の通常撮影線量以下でCT撮影が可能になりました。


それでも撮影は必要最小限にとどめるべきだと考えています。このような事実から、当院では治療上安全や確実性のために撮影することの利点が大きい場合にのみ撮影をお勧めしております。