美しく自然なセラミック

口元からのぞく白い歯

きれいだけじゃない、見た目に自然なセラミック

美しく自然な人工歯歯の位置や形などの問題、さらに変色した歯も一気に変えることができる治療法です。
セラミック(陶器)を使った治療では、変色もなく長期間美しさが維持できます。光の透過性もあり、自然感がある、きれいな歯によみがえらせることができます。
金属を一切使わない、セラミックだけの治療法もあります。
以前はどうしても金属が必要だったブリッジでも、最新の治療法により金属を一切使わないセラミックだけのブリッジも可能になりました。
金属アレルギーなど治療に金属を使わないことをご希望される方には、大きな朗報でしょう。

人前で堂々と笑える口元

歯につめた金属が、喋ったり笑ったりする時に見えるのが気になる方が最近増えてきています。
そうしたご要望にお応えするのがセラミックによる銀歯の詰め替えです。

歯を大きく削らずに簡単に詰め替えることができます。
おおよその通院回数は2~3回と治療も短期間です。

当院に衛生士としてお勤めだった方の写真です。
患者さまの治療で口の中がどんどんきれいになっていくのを見て、「私もきれいになりたい!」と治療を受けられました。

治療後に鏡を見てにっこりとほほ笑む姿を今も覚えています。
金属がなくなったお口に口紅やお化粧もさらに映えることでしょうが、堂々と人前で気にせずに口を開けられる心の解放感がいいのだと教えていただきました。
 
 

セラミックで自然できれいな歯を

金属でないセラミックで白く自然できれいな歯にこの写真は口元に自信がない、うまく噛めないとおっしゃって来院された方です。
口元が暗くならず、自然観のある白い歯、人前でも堂々と口を見せられる自信が持てる口元、そういったご要望を満たす素材としてセラミックを希望され、数多くあるセラミックの中からもこの症例にとって最適なものを選択しご説明しました。

審美的ご要望が大きかったのですが、単に美しいだけでは意味がありません。
歯としての機能が伴い、むし歯や歯周病にかかりにくく、さらに歯の寿命を延長してくれるものである必要があります。

歯周病の治療、歯の内部の治療、むし歯治療など基礎治療を行い、仮の歯でこの方のあごや身体と調和するようにかみ合わせを調整しながら、下の写真のように最終的な人工の歯の治療をしました。


セラミックだけで綺麗になる?

歯科治療とセラミック・オールセラミックセラミックを使った治療をすれば、きれいになるとは限りません。
それは、セラミックは単なる材質の一つにしか過ぎないからです。

材質、これは、お料理でいえば食材のこと。だし、味付け、調理・・・多くの要素全てがそろっていなくてはおいしい料理にはなりませんね。
いかに食材(セラミック)のよさを引き出すバックグランドがあるか。
オーケストラのように、全体としていかに調和を大切にしたいい音楽にできるか。歯の治療とセラミック・オールセラミックス同じことが歯科治療にもいえます。

歯の見え方、大きさ、位置、口元との調和、ほかの歯との色や形の調和・・・などが整っていなければ、美しい口元を表現することはできません。 全体をデザインし調和させるアイデアが必要なのです。

 

さらなる美しさを求めて

きれい・美しい歯正面では、歯の大きさと形を修正しながら、上の前歯と前歯の間の隙間をなくしました。
単に大きい歯にするだけでは不自然です。歯肉から自然に生えているように見せる工夫が大切です。

一本の歯であっても、仮の歯を使った修整を重ね、患者様と歯科医お互いが確認しながら治療を進めていきました。
口の中から金属をすべて外し、 自然な美しさを作ることができたこともあって、 治療後に「自信が持てる口元になりました」とご本人から喜んでいただけました。

 

美しさだけでなくかみ合わせも大切

きれい・美しさと歯のかみ合わせ上の2枚は治療前の写真です。
歯と銀歯がピッタリ合っていなかったためにむし歯になっていらっしゃいました。また、かみ合わせが一部悪くてしっかり歯と歯が合わさっておらず、かむ事が不安定で、ご本人も「しっかりかめません」とおっしゃっておられました。

部分的に一部の歯だけ最終的な人工の歯に仕上げ、そして次は他の歯を仕上げる、そうした繰り返しで完成するの旧来の治療法でなく、治療する予定の歯全てを、プラスチック製の仮の歯に置き換えました。
それは長い間にずれたり狂った状態のかみ合せを一度白紙に戻し、かみ合わせをよくし、また安定させ、元々のかみ合わせを取り戻すためです。本当のかみ合わせは身体が一番よく知っているからです。

一度調整をして自宅で使ってみては、次回また調整する。これを繰り返していきます。仮のものですから、何度でも修正ができるのです。 こうした調整を繰り返し、患者様と歯科医お互いが確認しあいながら治療を進みます。

こうして、ご本人の感覚や身体にとって、調和する、安定したかみ合わせを試行錯誤しながら、新しいかみ合わせを作り上げていきました。 このようにご本人、身体、歯科医、三者の納得のいく仮のゴールが出来上がれば、後はそれを手本に最終の人工の歯を仕上げるだけです。

どうせ作るならと、ご希望により金属アレルギーがなく、さらに美しさが長続きするセラミックで完成させました。美しいだけではありません。 仮の歯で手に入れた、調和の取れた新しいかみ合わせを再現し、歯とピッタリ合わせた治療は歯やあごにも調和し、むし歯や歯周病にもなりにくく、 よくかめることは当然です


 

口元の美しさ

口元の美しさ上2枚の治療前の写真と下の治療後の写真を比べてみてください。
歯の美しさはもちろん大切ですが、口元の美しさが違います。
ご希望がなかったので残念ながらできませんでしたが、前歯の付け根の長さをもう少し長くして他の歯とのバランスを取りたかった症例です。

お嬢さんやお知り合いの方から、「きれい、口元の歪みが治ったと言われてうれしくて!ルンルンよ」と喜んでおられました。 最初の頃とは、髪型や服装も変わってこられました。
気分まで若々しくなられたのだと思います。
歯科医の喜びの時でもあります。

筋肉の左右アンバランスな緊張が、顔の表情までかえてしまうのです。 これはかみ合わせを試行錯誤の末、改善した結果です。
人工の歯も美しいのですが、それだけでできることは限られています。 ここまでお付き合い下さった患者さまの根気の成果です。


セラミックは陶器の一種ですから、治療のリスクはまれにかけたり割れることがあることです。
ご飯に小石が入っていて噛んでしまったり、お茶碗を落とせば割れるように強い衝撃を与えた場合、歯ぎしりをするような強い力がかかる場合などに起こることがあります。
しかし通常の食生活だけではそうした問題は一般的には起こりませんのでご安心ください。
歯軋りをされる方にはセラミックより金合金が適していると思います。
治療費はむし歯の大きさなど歯の状況によってお勧めする治療が変わりますので、お口の状況を拝見してご説明させていただきます。    

*ご本人のご了解を得られた症例を掲載させていただいております。