インプラント症例


これからインプラントをお受けになられる方々が安心して受けられるために掲載のご許可を得られた代表な症例をご紹介いたします。


左上前歯1本をなくされた症例 40歳代女性

向かって右上の一番目の前歯が残念ながら治療では残して差し上げることができませんでした。
前歯でさらに一番前の歯ですから最も目立つ場所です。人と話していても口元から最初に他人の目に飛び込んでくる歯です。どうしても外見は無視できません。
そして前歯は見た目だけでなく発音にも関わってきます。特にサ行に影響が出ます。
そして前歯は奥歯以上に歯を失うショックが大きい場所です。

歯を失ったことを忘れるくらい快適で見た目にも自然な姿を得るには、この症例では歯に引っ掛ける針金が見えたり舌の先にいつも触れて存在感の大きい入れ歯は除外しなくてはいけません。
ブリッジも検討しましたが、両隣の歯の根っこが短く失った歯の負担を余分に担うには力不足でした。これからの長い人生を考えると、無理をさせればそれらの歯も失うことになりかねません。

そこでインプラントが候補になり、術前の検査で骨の位置や量などのデータと治療後の人工の歯の配置が骨の状態と審美性両方をうまく満たせるのかパソコン上でCTデータを元に、また歯型をとって模型上でシミュレーションを行いました。


治療後の写真です。インプラント1本(青い矢印)お入れしました。
当院で歯をお抜きになられたので、インプラントを想定した抜歯が行えたことと、歯を失って骨が痩せて行くことと骨が回復する真逆の変化の一番バランスが取れたタイミングでインプラントを入れることができたのが不幸中の幸いでした。

歯を抜いて期間が経てば骨はみるみる痩せて行きます。
この時は「インプラントと骨」ページでお話しした抜歯と同時に骨を増やす治療を行ったために、骨の痩せを最小限に抑えることができて、インプラントを支える骨と外見に関わる人工の歯の位置がうまく合わせられたことが外見の回復という絶対条件に対していい結果につながりました。

人工の歯はセラミックにできましたので、写真をご覧になってもどの歯がインプラントなのか、どの歯を失ったのかわからないと思います。

「人に言わなきゃインプラント入れたことすらわからないわね」とお喜びいただけました。




左右の奥歯をなくされた症例 60歳代男性

奥歯をなくした時のインプラント治療症例向かって左下の奥歯2本の歯を以前に失い(赤い矢印)、部分入れ歯を入れておられた方です。
今回、向かって右下の奥歯が治療では残すことができないくらいのむし歯になって来院されました。
右下の奥歯はブリッジになっていて、1本歯がない場所の前後の歯2本で3本分をつないで支えていました。
銀歯が歯にピッタリ合っていない場合によくあることです。


奥歯がなくなったがインプラントでかめるようになった症例このまま無理をして使うとダメな歯だけでなく、手前の大切な歯まで巻き添えになってしまいます。
被害を最小限で食い止めるためにもブリッジを外さなければなりません。
そうすると右も左も歯がなくなってかめませんし、それに下の入れ歯が苦痛で何とかならないかとおっしゃいました。
そこでインプラントを左下に2本、右下に1本植える方針を立てました。


入れ歯でなくインプラントで噛めるようになった症例治療後の写真です。インプラントを3本(青い矢印)お入れしました。
その後人工の歯を金属からセラミックに作り代えたため綺麗です。
苦痛だった部分入れ歯からも開放され、お口の中から入れ歯がなくなりました。

「入れ歯を入れないですんで口の中が快適です。長くかかったけど何でもおいしくかめてやっぱりインプラントにしてよかった!自分の歯より噛める感じですよ。」と喜んでいただけました。




歯を削らないことを第一に考えた症例

初めてお会いした時の治療前のお口の中の状況です。既になくされていた歯に加え、むし歯でかなり傷んだ歯が散見されます。

傷んだ歯を残すことができないか調べましたが、むし歯が根っこ深くまで進行しており残念ながら歯をお抜きせざるを得ませんでした。

この症例で特徴的なのがひどいむし歯が特定の歯に集中していることです。
患者さまの記憶を元に過去の治療の歴史を伺うと、共通するのは既に失くした歯と今回むし歯でボロボロになった全ての歯には銀歯が入っていたことです。歯にピッタリ合っていない銀歯などによく見られる現象です。

写真でもお分かりのように今までむし歯にならずに削っていない歯はほぼ無傷にもかかわらず、銀歯で治療した歯だけが何度も治療を受けまたむし歯になって最後にはなくなってしまう…。
以前からできるだけ歯は削らない方が長持ちすると言い続けてきましたが、今までご縁がなかったのではしようがありません。同じような症例を何度見たことか…。

しかし過ぎてしまったことを悔いてもしようがありません。これからどうするかが大切です。
入れ歯とブリッジ、インプラントの選択肢とそれぞれの特徴やメリットメリットとデメリットをお話しし、今後の治療方針のご相談をさせていただきました。
「入れ歯を入れている70代の同年齢の人が大勢いるがご自分はできれば避けたい」とおっしゃり、「ブリッジでこうなってしまった原因の一つである歯を削ることも避けたい」とのご希望がありインプラントをご選択されました。

治療後の写真です。

治療経過は、歯をお抜きした後傷の治りを待つ間に徹底的な歯周病の治療、その後何回かに分けて順番にインプラントの手術をしながらそれと並行してむし歯の治療を進めていきました。

青い矢印の場所にインプラントをお入れしてその上に人工の歯をかぶせてしばらく経過をみさせていただいて治療は完了しました。
「噛みやすくなったし、食べるものを選ばず硬い物でもなんでも食べられる」とお喜びいただけました。
現在は定期的なメインテナンスと検診でこの状態を維持されていらっしゃいます。



奥歯をなくされた症例

向かって左下の奥から2番目の歯を以前に失い、奥歯にブリッジ(銀歯3本)を入れておられた方です。一番奥の歯(青い矢印)がダメになって、部分入れ歯かインプラントを検討されました。

歯があった時と同じように硬い物でも何でも食べたい、入れ歯の不自由さは嫌だ、取り外しをしたくない、入れ歯の針金が見えるのが嫌だ、とのご希望をかなえるためにインプラントをご選択されました。

治療後の写真です。
以前に歯をなくされていた奥から2番目と、今回歯をなくされた一番奥に2本のインプラントをお入れしました。
ご希望通りに入れ歯を使わずに、不自由なく毎日の食事をとることができるようになりました。
毎日が快適とお喜び頂けました。





入れ歯以外の治療方法を希望された症例

インプラントで入れ歯不要になった症例奥歯の白い歯のインプラントで入れ歯が不要に
どちらの症例も上の写真に向かって右下奥歯がどうしても助けられない状態になり、やむを得ず抜歯をした症例です。

入れ歯とインプラントの選択肢をお話ししましたが、歯を失った後の機能回復ならびにかみ合わせの維持、アゴのずれを防止するためインプラントをご希望になられました。
下の写真は治療が終了した状態です。

歯を失ったことは痛手ですが、歯があった当時と何ら変わらないくらいにかむことができ、異物感もなく快適だとおっしゃっていただきました。

現在半年毎の定期検診に入っておられ、快調を維持しておられます。
右の症例は治療後4年が経過した写真です。




部分入れ歯が嫌でインプラントをご希望になられた症例


長年部分入れ歯をお使いでしたが、入れ歯はうっとうしいし歯に引っかけた金属の針金が見えるのが嫌だとおっしゃってインプラントに置き換えたいとご希望になられた女性の方です。

社交的で活動的な方ですので、人目だけでなく外で会話をしながら食事をされる機会が多く、食べるものや口元を気にせずにいたいことがインプラントを希望されたもう一つの理由でした。


治療後の写真です。針金もなくなりきれいな口元になりましたが、それ以上に生活に快適さと自信が持てたとお喜び頂けました。
治療後5年半が経過していますが、この快適さを維持されておられます。


<<その他のインプラント関連ページ>>

インプラントで手に入るもの
インプラントとは・インプラント手術と期間
インプラント症例
インプラントと痛み
インプラントと歯
インプラントと骨
インプラントの失敗
インプラントの寿命
前歯のインプラント
前歯のインプラント費用・価格
奥歯のインプラント
どのインプラントも同じ?
インプラントは危険?



インプラント体験談

当院ではさらにいい医院を目指すために治療後などにアンケートをお願いしております。
いただいた来院前の不安や不満、治療後の感想など患者さま目線での多くの貴重なお声をいただきました。ありがとうございました。
また受診前のご不安の解消や治療へのご理解をいただくために、その趣旨にご賛同いただけた方々のお声を「患者さまの声」として以前よりホームページに掲載してまいりました。
しかし厚生労働省のガイドラインの変更により治療後の感想をホームページに掲載することができなくなりましたので、この場所に表示されていた「患者さまの声」を非表示とさせていただくことをご理解ください。
閲覧ご希望の方は、院内にて頂いたご感想をご覧いただけます。

インプラントの患者さまの声

「患者さまの声」はご覧いただけなくなりました

厚生労働省のガイドラインの変更により治療後の感想をホームページに掲載することができなくなりましたので、2018年5月末をもって「患者さまの声」を非表示とさせていただきました。

閲覧ご希望の方は、院内にて頂いたご感想をご覧いただけます。