前歯のインプラント

インプラントの前歯と奥歯の違いについて

歯をなくしてみっともない前歯もインプラントで解消インプラントは骨の中にしか入れられないので、残った骨がどこにあるのかが大変重要です。
そのために以前は骨のどこに入れるのがインプラントにとっていいのかを考えて手術をし、その入ったインプラントに合わせて人工の歯を作る方法が主流でした。発想が骨を中心に考えられていたのです。

骨を考えることは基本原理からいってもちろん今でも非常に大切なことですが、前歯は見栄えが奥歯以上に大切な場所です。インプラントの入る位置によっては見栄えが大きく変わってきます。

そのため奥歯以上に最終的な人工の歯をどこに配置するのが美しくなるのか、それを実現するためにはインプラントをどの位置に、どの角度で、どの深さで入れる必要があるのか、という今までとは逆の発想が必要です。 今までの下の骨から人工歯を考える発想を逆にして、人工歯から骨の発想に変えなければきれいな口元を作れないのです。

しかしこの見栄え優先発想には問題もあります。 優先する人工歯の位置に合わせることのできる十分な骨が残っているケースはいいのですが、 歯を抜いて期間がたった症例や歯の根っこが割れて抜歯になったような症例では表側の骨が大きく痩せてしまっていることが多く、骨のある場所にしかインプラントが入れられないためインプラントを外見上理想的な位置に入れることができず審美的にマイナスになることがあります。

さらに前歯は傾斜して生えているため残った歯と歯並びを調和させようとすると残った骨の角度とずれてしまう症例があることも治療を難しくします。
このように歯を失ったからインプラントを入れればいいと簡単に考えるのは禁物です。
無理をして入れたインプラントは審美にも寿命にも関わるからです。

インプラントを入れてからどうするかを考えるのではなく、入れる前に骨のことや隣の歯、かみ合わせなどたくさんの事柄を検討した上でインプラントをするかどうかを検討すべきです。
当院では手術の前にCT画像上でシミュレーションや模型上での最終的な人工歯の位置や形のシミュレーションを必ず行い、プラスになると判断した場合のみ手術を行うようにしています。

他の歯に負担をかけない点ではインプラントは優れていますが、前歯の場合は症例によってはなくした場所の人工歯を骨の位置や量に関係なく見栄え優先で自由に配置できるブリッジの方が審美的に優れている場合もあります。総合的に判断することが大切です。
そのため症例によってはインプラント以外の選択肢をご提案することもあります。

インプラントは食生活や快適な日常生活を手に入れるためのいくつかある選択肢の一つでしかありません。
失った歯の局所(ミクロ)だけを考えるのでなく、口全体や年月の経過に伴って変化していくであろうこれからの将来も視野に入れたマクロの視点で今どうするのが最適化をお考えいただけるように私達はお話しして参ります。

わからないこと、ご不安やご心配のあることは何でもご遠慮なくご質問ください。
5年後・10年後にあの時こうしてよかったと思える方法にきっと出会えると思います。

<<前歯のインプラント症例はこちらへどうぞ>>


<<その他のインプラント関連ページ>>

インプラントで手に入るもの
インプラントとは・インプラント手術と期間
インプラント症例と体験談
インプラントと痛み
インプラントと歯
インプラントと骨
インプラントの失敗
インプラントの寿命
前歯のインプラント
前歯のインプラント費用・価格
奥歯のインプラント
どのインプラントも同じ?
インプラントは危険?