インプラントの失敗

インプラントの成功率について

治療前のご相談の際に時々インプラントの失敗についてお尋ねがあることがあります。 その時の「失敗」という単語に少し違和感を持っています。
インプラント治療の成功率は一般的に95~98%といわれています。言葉の上で成功の反対は失敗ですから、残りの2~5%は失敗と思われがちですし、また言葉は意味だけでなく感情を表現するものでもあります。

「失敗」を辞書で引くと「方法がまずかったり情勢が悪かったりで、目的が達せられないこと」「やりそこなうこと、目的を果たせないこと、しくじり」とあります。この言葉は結果を表現したもので原因に触れた言葉ではありませんので原因が努力で避けられたかどうかを表現してはいませんが、言葉の持つ感情では「何かが足りなかった」「どちらかといえば何とかできたはず」というようなマイナスの感情を含んで私たちは使っているような気がします。

私たちは一般的にお金を支払って物やサービスを購入しています。一人の個人はその時は購入する側であっても、次の機会では提供する側に回ることで個人と個人がつながり、世の中全体、社会全体がお金を媒体に助け合う構造になっていることをご存じだと思います。
しかし一方でお金を支払ったのだから要望がかなえられるのは当然。要望をかなえるとこを明言して仕事として引き受けたのだから当然。ですからそれに反して期待外れな結果になれば失望や怒りになることもあります。この気持ちはよく理解できます。

先ほどの100%からインプラント成功率を差し引いた数%は失敗と思われるでしょう。目的を果たせなかったのだから結果論的には失敗にあたるのかもしれませんが、治療を受ける側の感情的にはそうであっても治療側からはそう言い切れない部分があります。
インプラントの際に術後の感染や骨や口の中の環境、かみ合わせや癖などの条件が悪い症例においては現代の医療では不成功が少数割合出現することを避けようがない事実があります。
私たちから見れば失敗とは何らかの人為的ミスというイメージが強く、ベストを尽くしても助けられないものが少数存在してしまう、これが治療側から単に失敗と呼ぶことに抵抗感を感じてしまう理由です。

また「インプラントの寿命」で述べたようにインプラントの生存率は100%ではありません。 言葉の上では100%や完全、完璧などという言葉は存在しますが、私たちの身の回りを見渡すと現実的にはそうでないことも多く、残念ながら物事にリスクはつきものとご理解いただくしかありません。
飛行機が100%墜落しないと断言することは過去の事実からしてもできませんが、リスクとして乗らないかどうかは個人のお考えなのだと思います。 冒頭に述べたインプラントの生存率が95~98%という数字をどう捉えるかも皆様のお考えに委ねたいと思います。

またインプラントにまつわる一部の悪いニュースなどはそのこと自体は起こったことでしょうから否定はしませんが、「インプラントは危険?」にも書いたように本当の実情は世間が驚く話ではないためかニュースにならないのではその物を正確に判断できる情報ではないと感じています。

私の知る限りでは「インプラントの寿命」ページでお話しした3本以外のインプラントは、今も残った歯を助け、その歯の寿命を稼ぎ、そして歯を失ったことを忘れるくらい口の中が快適で毎日の食生活を豊かにする手助けをしています。
歯をなくされてお困りの方は勇気を出してご相談ください。私たちはインプラント以外の選択肢も含めたあなたにとって最適な方法をご提案できると考えています。



<<その他のインプラント関連ページ>>

インプラントで手に入るもの
インプラントとは・インプラント手術と期間
インプラント症例
インプラントと痛み
インプラントと歯
インプラントと骨
インプラントの失敗
インプラントの寿命
前歯のインプラント
前歯のインプラント費用・価格
奥歯のインプラント
どのインプラントも同じ?
インプラントは危険?