インプラントと痛み

インプラント手術はそんなに痛くないって本当?

当院では治療前に治療方針のご相談でインプラントという選択肢もあり、他の選択肢との比較やメリット・デメリットなどのご説明、治療せず放置した場合の問題などをお話ししてご納得の上に具体的な治療計画を策定してご了解が得られて初めて治療の入るようにしています。

その最初のご相談段階で必ずと言っていいほどでるのが「インプラントは痛いのですか?」というご質問です。
歯科一般の治療の際におおむね男性は術式や手順に関心を持たれる傾向にあり、女性は感覚的や感情的な関心が多いように感じますが、インプラントの場合は男女を問わず不安を持たれるのがこの「インプラント 痛い」というキーワードです。

「手足のけがはどうってことないけど、歯の治療はね~」というお声も聞かれるように元来繊細で顔や頭に近い場所で直接見ることができないためか不安がある場所なのかもしれません。
さらに口の中は痛みに敏感な三叉神経が通っており、痛みを感じやすい場所でもあります。
三叉神経は座骨神経とならんで神経痛を起こすことでも知られており痛みに鋭敏に反応する神経であることも理由です。

こんな敏感な口の中の手術なのだからさぞかし痛いのだろうと思われるでしょうが、実際は術前に思われていたほどでないのに術後驚かれることが多いのが実情です。痛みの程度を数字で表現することができませんし、痛みの感受性は個人個人違うものですので言葉でご説明することが困難です。
ですから過去にインプラントをお受けになられた方のお話しでご説明いたします。

症例によっては左右にインプラントを入れる場合があります。左右同時に手術をされている医院もあるようですが、手術側で噛むことができないため当院では一般的に左右同時に手術をすることはありません。右を手術したときは傷のない左で噛み、右の傷が痛まずに噛めるようになってから左の手術をした方が期間はかかっても日常の食生活への影響が少ないと考えているためです。

この場合に右の手術後に左の手術は結構ですとお断りになられた方がお一人もいらっしゃらないことからもそんなに大変な手術でないことがお分かりいただけると思います。
術後のアンケートでも多くの方々が「思っていたほど痛くなかった」「術後大変だと思っていたが、これならもっと早くすればよかった」などと肯定的におっしゃっておられます。

親知らずを抜くときに周りから痛みなどで大変だと脅されて体を小さくしてお越しになられる方が時々いらっしゃいます。そういう方でも翌日は明るく元気に消毒にお越しになられます。
当院では術前から術後まで感染管理を徹底的に行い、東洋医学も併用して可能な限りの術後の不快感の軽減に努めていますのでご安心ください。 色々大変そうに思えるでしょうが、おおむね歯をお抜きになられた時と同じくらいだと思っていただいて結構です。
5年後・10年後にあの時こうしてよかったと思える方法にきっと出会えると思います。

この痛みに関する誤解が解けないために、快適な口の中と食生活を捨ててしまうのはもったいないと思います。こうした誤解を解くためと、今のあなたと同じような治療前の不安をお持ちだった方々が治療後にどう感じたかを知っていただきたくて、当院では治療を終わられた方々にアンケートをお願いしております。過去に実際にお受けになられた患者さまの生のお声を見ていただくとご理解いただきやすいと思います。

治療後の痛みに関しての体験談は厚生労働省ガイドライン変更のためホームページの掲載ができなくなりましたので院内で原本をご覧ください。
インプラント全体は「インプラント症例」ページへどうぞ。


<<その他のインプラント関連ページ>>

インプラントで手に入るもの
インプラントとは・インプラント手術と期間
インプラント症例
インプラントと痛み
インプラントと歯
インプラントと骨
インプラントの失敗
インプラントの寿命
前歯のインプラント
前歯のインプラント費用・価格
奥歯のインプラント
どのインプラントも同じ?
インプラントは危険?