インプラントとは・インプラント手術と期間

インプラント治療で患者さまから「失った歯がよみがえった!」 、「硬いものでも何でもかめて幸せ」「歯を失ったことを忘れてしまう」といわれたことがあります。

このようにインプラントは現代の歯科治療において、歯をなくした場合の有効な治療法の一つであることは歯科界では常識となっていますが、 いったいインプラントとはどのようなものなのか、基本的なお話しをさせていただきます。


最も進んだ歯科治療、インプラント

歯を失った・なくした時のインプラントとはインプラントは、まずチタンの人工歯根(写真の矢印部分)をアゴの骨に植え込んで土台にします。
この人工歯根のうえに、人工の歯をかぶせて失った歯の代用をさせる治療です。

チタンは安定した金属で腐食せず、骨との親和性が高く、拒絶反応も起きません。
インプラントは骨のなかにしっかり植わっていますので、びくともしません。
ですから固い物でも、天然歯と同じようにかみ砕くことができるのです。

今、最も進んだ歯科治療法インプラント。最新の治療法と聞くと不安に感じる方もいらっしゃいますが、すでに20年以上の実績を持つ治療法で、多くの方々がその素晴らしさを体感されています。

高岡歯科医院でも最初に述べたように「失った歯がよみがえった!」という喜びの声をたくさんいただいています。



ブリッジとも入れ歯とも違う快適さ

歯をなくしてみっともない前歯もインプラントで解消インプラントには、入れ歯のような異物感や症例によってはでる発音障害がほとんどありません。
その存在を忘れてしまう、その快適さが魅力です。

また、入れ歯に比べてかむ能力は飛躍的に大きく、天然の歯と全く遜色ない能力を持っています。
さらにブリッジのように健康な歯を削ったり、他の歯に負担をかけたりすることもありません。
ですから、快適さばかりでなく、他の歯の寿命を長くするなど、歯にとてもやさしい治療法なのです。

二度と手に入らない天然の歯、それを守り、助けることは、インプラント自体の「かめる」、「快適」、を超えた価値があると私は考えています。

入れ歯しか選択肢がなかった時代に比べて、歯科治療の進歩によって快適な食生活が可能となりました。
インプラントが、『第三の歯』、『第二の永久歯』と言われるわけが、ここにあります。




インプラント治療の流れ

インプラントには的確な確実な診断が必要最初にインプラント治療を受けていただけるお口の状況なのか、インプラント治療が最適なのかなどを調べるための検査をさせていただきます。
具体的にはお口の型取り、次にレントゲン撮影とあごの骨の簡単な検査です。
正確な診断と治療計画にCT撮影は欠くことができません。

CTのデータを元に3D専用ソフトを用いてコンピュータ上で骨や噛み合う歯、隣の歯の状態を勘案しながら、インプラントを入れる位置や角度、深さ、最適なインプラントの種類など最適な治療プランをシミュレーションします。当院ではここに十分な時間をかけています。
その後に検査結果を元に、治療の可否やインプラント治療以外の選択肢との比較などを検討し、可能ならインプラント治療の計画をお立ていたします。




インプラントには十分で丁寧な説明と納得が必要現状のお口の中のご説明やインプラント以外の選択肢を含めたいろいろな選択肢の特徴のご説明など、多くの観点からのアドバイスを含めたご相談の機会を持ちます。

この後患者さまのご希望や医療サイドからの意見を踏まえて最終的な計画をご相談しながら決めていきます。



インプラントには確かで丁寧な手術治療が必要麻酔をつかって無痛状態になった時点であごの骨にチタン製の小さなネジのような形をしたインプラントを埋め込みます。
手術時間は症例によって違いますが平均的に1時間くらいです。

ほとんどの方が「手術は痛いでしょうか。怖いです」とおっしゃいますが、術中は無論無痛ですし、麻酔が覚めた後も歯を抜いた時とさほど変わらずほとんど痛みません。東洋医学を併用して針をツボに打っておくと、最初に思っておられるより術後を含めてずいぶん楽な治療です。

東洋医学治療はご好評をいただいており、他の場所の2回目のインプラント手術が中止になったことは今までに一度もありません。治療後のアンケートでも、皆さんが手術前の想像をいい意味で裏切るほど楽な状態にご本人自身が驚いておられます。
ある方の術後アンケートには「治療前に感じていた怖さ等ほとんどなく案ずるより産むが安しでしょうか」とお書き下さいました。ご安心下さい。




インプラントのかめない期間と安定期間インプラント手術直後は、例えればちょうど挿し木をしたばかりの状態です。
根っこがはって挿し木がしっかりするまでしばらく様子をみるのと同じく、インプラントと骨がくっつくまで約6~24週間はそ~としておきます。
この期間は症例によって違ってきます。

安定期が過ぎれば仮の歯や仮の入れ歯を入れて日常に支障が出ないようにしておきます。



インプラントで硬いものもなんでもかめる歯型をとって正式な人工の歯をインプラントにセメントやネジをつかってくっつけます。これで歯を失った場所で堅いものでも何でも噛めるようになります。

ここでお作りする人工の歯には色々な材質のものがありますので、術前の治療の相談の時に適応症やその特徴などご希望を元にご相談して決めておきます。
最近の傾向としては金属がお口の中で見えるのを嫌って、自然感のある強化プラスチックやセラミックをつかった人工の歯が好まれています。


これで硬いものでも何でも、昔のように食べることができるでしょう。入れ歯の不快さやじゃまで喋りにくいこと、食べ物が挟まって気持ち悪いことともお別れです。
ここまでの治療期間は骨の状態など症例にもよりますが、おおよそ2~3か月です。あごの骨を増やす治療が必要だったり、歯を抜いた直後に手術をした場合はさらに2~3か月必要になります。
しかしその歯のない期間の不便を軽減するために、仮りの歯をお入れできる場合もありますのでご安心ください。

これから先は歯とインプラントを長持ちさせるようにメインテナンスでお会いすることになります。
私たちと一緒に、末永く快適な食生活を維持してください。



インプラント治療の満足度

インプラントと治療後の感想インプラント学会が行ったインプラント治療後のアンケート報告によると、

○インプラント治療後の感想をお聞かせください
 満足……………………91.0%
 どちらともいえない… 4.9%
 不満足………………… 4.1%

○再度インプラントをおやりになりますか?
 無条件でやりたい……42%
 場合によりやりたい…50%
 避けたい ……………… 8%

この報告では、約9割の方々が肯定的なご意見でした。
当院でもおいしく食事ができ、精神的に豊かで人生が楽しくなった方が大勢いらっしゃるのも事実です。

このように、インプラントは快適で質の高い生活を支える大変有効な治療法の選択肢の一つであることは間違いありません。
「快適」で「よくかめる」がトレードマークです。



インプラントとMRI

インプラントをすれば医科でMRI検査を受けられなくなると誤解を受けることがあります。
MRI検査の際には腕時計や装飾品などの金属を外す必要があります。これはMRIが非常に強力な磁場を発生させる装置のため、金属がMRI装置に引き寄せられて金属が装置を損傷したり金属が装置に引き寄せられることによる体内の問題を懸念するためです。

現在ほとんどのインプラントはチタンという金属で作られており、鉄やニッケルなどの強磁性体と違って常磁性体のチタンは磁力で引き寄せられる力が非常に弱いため骨の中に植わったインプラントや骨への悪影響はないとされています。また骨の中に植わっているので装置の損傷もありません。
またチタンは強磁性体金属と比べてMRI画像へのノイズの影響も少ないとされています。

このようにインプラント自体がMRI撮影の禁忌となることはないといわれていますが、注意することがあります。それはインプラント本体には撮影上問題がなくてもインプラントの上に磁石で取り外し式の入れ歯などを支える構造になっている場合です。
磁石は画像に影響を与えますので撮影前にご自分で入れ歯を外していただくことが必要です。
金属だからという理由でMRI撮影のためインプラントを避ける理由はないとお考え下さい。
歯にかぶせたり詰める金属の方が画像に影響がでる可能性がありますが、そちらは問題とせずどうして?というのが率直な意見です。



<<その他のインプラント関連ページ>>

インプラントで手に入るもの
インプラントとは・インプラント手術と期間
インプラント症例と体験談
インプラントと痛み
インプラントと歯
インプラントと骨
インプラントの失敗
インプラントの寿命
前歯のインプラント
前歯のインプラント費用・価格
奥歯のインプラント
どのインプラントも同じ?
インプラントは危険?



第三の歯、インプラント(小冊子)

まだインプラントがあまり知られていなかった時代に、治療の選択肢としてインプラントというものがあることをご来院された患者さまにご説明する目的でインプラント治療の基礎的なお話しについて院長高岡が書いた小冊子です。
基礎からインプラントのことをお知りになられたい方にお勧めいたします。

以前は印刷をして来院された患者さまに手渡ししておりましたが、時代に合わせてホームページでお読みいただけるようにしました。簡単に基礎的なことがご理解頂けるよう10ページと読みやすい分量です。ご興味がおありの方はどうぞ。

 <<第三の歯、インプラント小冊子はこちらへ>>