定期検診で末長く歯と一緒に


定期健診とメンテナンスの違いをご存知でしょうか?
どちらも治療後のいい状態をこれから先も維持していくために非常に大切なものですが、視点の違いがあります。

定期検診は3か月~6ケ月間隔で定期的に検診を行うことで何か異常があれば早期に発見して問題が大きくならないうちに最小限の治療ですませるという「治療」目線です。
むし歯のチェックだけでなく、成人の歯を失う人の5人に4人が歯周病であるため歯周病の検査などを行います。また歯と歯の間の目視では見逃す可能性のある場所のむし歯の発見やあごの骨の異変がないか確認する場合にはレントゲン撮影を行う場合もあります。
当院では定期検診は歯石の除去を含めて保険で行っております。

早期発見・早期治療は気づくまで放置した場合に比べて歯のダメージが少なくすむため歯の寿命の延長に貢献するだけでなく、治療時間や期間の短縮、治療費の軽減にもなります。
次回の定期検診は数か月以上先のご予約になり失念することがあるため、当院では治療後ご希望の方にはご案内を差し上げております。


一方でメンテナンスは個人個人お口の中や生活環境や習慣状況が異なるために間隔は1か月~6か月とご提案は変わってきますが、ご希望によりこれも定期的にお口の中を歯科衛生士が健康維持をサポートさせていただく「予防」目線です。
掃除のプロである歯科衛生士による徹底的なクリーニング(PMTCなど)や歯の表面のトリートメントケア、毎日の清掃や食生活のアドバイス、歯肉の血行を促進する歯肉マッサージなどが主体です。
さらに歯についた茶しぶやヤニなどの色素除去、歯の黄ばみや変色のホワイトニングもご希望により行います。
予防には保険が使えない規則がありますので、メンテナンスは自費となります。メンテナンスの詳細と料金は「メンテナンスで健康の維持」ページをご覧ください。
こちらも定期健診同様、ご希望の方には次回のメンテナンスの時期にご案内を差し上げております。


このように定期健診とメンテナンスは視点が違いますが、どちらも歯や歯茎(歯ぐき)の美しさと健康維持には欠かせないものです。
面倒に思われるかもしれませんが、病気になってしまえば通院期間や時間、手間に費用までかけた上に元通りには戻れなくなってしまいます。そして治療に治療を重ねればいつか歯も退場させられるかもしれません。

現在の歯科医療は天然の歯を超えるものを作り出せてはいないのですから、今ある歯と長く付き合った方が得策だと私は思います。

こうした理由から当院では可能であれば定期健診とメンテナンスを併用されることをお勧めしております。
両者をどう組み合わせていくのか、またそのタイミングなどはお口の状況などを考慮してご提案をさせていただいております。
ご質問などはご遠慮なくお申し出ください。