ホワイトニングで白い歯を



ホワイトニングで白い歯を取り戻せます

黄ばんだ歯、変色した歯を白くする方法、ホワイトニング白い歯は健康的で明るく見える反面、歯の黄ばみや変色は口元が暗く老けて見えることがありますね。
人前で歯や口元を気にすることなく堂々と歯を見せてしゃべり、笑う自由をホワイトニングで手に入れることができます。

ホワイトニングは歯を削ることなく、黄ばみなどで変色した天然の歯の漂白をしてきれいな白い歯をよみがえらせる治療です。

院内で行うオフィスホワイトニングとご自宅で行うホームホワイトニングの2種類があります。白くなる効果に大きな優劣はありませんので、通院の手間を考えてご自宅でご自身で行うか、漂白作業の手間を考えて院内で第三者に行ってもらうかでお決めになられてもいいと思います。それぞれの特徴とメリットをご説明いたします。


オフィスホワイトニング

院内で歯科医師や歯科衛生士による漂白を行うホワイトニングですので、ご本人は寝ているだけで何もしないで白い歯になる手軽さが魅力です。

まずどの歯を白くするのかご相談して決めます。
歯の表面に漂白薬剤を塗り光照射することで漂白効果が得られます。その状態でしばらく横になっていていただき、最後に薬剤をふき取って1クールの処置が終了です。もちろん痛くもない非常に楽な処置です。
多くの場合1クールで白さを実感できますが、薬剤の種類や変色度合いによっては2~3クール必要な場合もあります。

1回の処置時間は60分程度で、歯質や変色度合いなど個人差があり来院回数は変わってきますが一般的には2~3回以内に終わるケースがほとんどです。中には1回でかなり満足される方もいらっしゃいます。

ホームホワイトニングは時間をかけてゆっくり漂白するのに対して、オフィスホワイトニングは一度の来院で変化がわかる程度にまで白くできる時間短縮のメリットがあります。


ホームホワイトニング

時折チェックにはお越しいただきたいのですが、基本的にはマウスピースを作るとき以外は来院の必要がありません。ご自分のペースでホワイトニングができるのが特徴です。他人に見られることなくご自宅で日々白さを把握しながら行っていただくことができます。

市販の大雑把なものでなく、薬剤が漏れ出さないように歯にピッタリと合ったご本人専用のホワイトニング用トレー(薄く、柔らかいマウススピース)をオーダーメイドを歯型を取ってお作りします。
ホワイトニング治療の方法そのトレーの中に薬剤(ホワイトニングジェル)を注入し、それを歯に装着して寝ている間薬剤を作用させ歯を白くします。

ただそれだけの非常に簡単な操作で、どなたでも自宅で人目につかずに行えます。
期間は通常3~4週間ほどで、できるだけ毎日実行します。 ホームホワイトニングに使う薬剤は、その安定性についてはFDA(アメリカの厚生省)でも認められている10%の過酸化尿素を使用しています。

ホワイトニング治療の流れマイルドな薬剤を使うためオフィスホワイトニングに比べて白くなるには日数がかかりますが、ゆっくりとした漂白作用のため、他の歯の白さとマッチするタイミングと効果をご自分で確認することができるメリットがあります。
またオフィスホワイトニングと違って薬剤さえあれば何本歯を白くしても費用は同じであることと、一度ホワイトニングが終了してしばらく経って再度色合いが気になれば薬剤だけの購入で気軽に再度ホワイトニングができるのもメリットです。

オフィスとホームの併用

一般的にはオフィスホワイトニングかホームホワイトニングどちらか一方をお受けになられる方が多いのですが、最初にオフィスホワイトニングで白くしておいて、しばらく経ってから白さを維持するためにホームホワイトニングを併用される方もいらっしゃいます。

*ご本人のご了解を得られた症例を掲載させていただいております。