虫歯・親知らず・歯ぎしり・口臭


歯と歯茎の痛み

歯と歯茎の痛みの原因はいくつもありますので、痛みの解消にはその原因を特定しなければなりません。原因によって痛みを止める手段が変わってくるからです。

また、痛みについて、痛む原因、痛みの治療についてお話ししていきます。

<<歯と歯茎の痛みの詳細はこちらへ>>


虫歯と治療

むし歯は歯をダメにする原因の一つです。
さらにむし歯になって歯を削るたびに歯は弱くなり、それを繰り返していればいつか歯とお別れして入れ歯のお世話になってしまいます。

むし歯の原因や、今後の治療、よくご相談を受ける内容についてお話ししたいと思います。
こんなむし歯の不安、このままでは歯がなくなってしまうのではないかなどこれからの心配を抱えておられる方にお読みいただきたいページです。

<<虫歯と治療の詳細はこちらへ>>




最新の虫歯予防

歯みがきしてもむし歯になる人と歯の遺伝毎日丁寧に歯みがきをしているのにむし歯になることがあります。どうして人よりむし歯になりやすいのでしょうか?
その理由は口の中の原因菌が他の人より多かったり唾液の違いなどが考えられます。このページで詳しくお話しします。

もう一つの理由が人工の歯と歯がピッタリ合っていない場合です。
詳しくは「人工の歯(差し歯など)」でお話しします。

今までお受けになられた治療を思い出してください。
一度治療した歯をまた悪くなって何度も削っては詰め、かぶせては、と再治療を繰り返してはいませんか?
一度も削ったことにない歯は今でも無傷でいませんか?

そうなのです、歯を長持ちさせるには歯を治療しないことなのです。そのためにむし歯にならないことです。
治療より予防が大事だとお分かりいただけたでしょうか。
予防にご興味のある方への当院からのご提案です。

<<最新の虫歯予防の詳細はこちらへ>>



抜歯や親知らず

歯は噛むためだけにあるのではありません。
それ以外にもあなたの気づかないところでたくさんの働きをしてあなたの健康を守ってくれています。
そんな無口で働き者の歯にどんな対応をされてこられましたか?
大切にして感謝してこられたでしょうか?

これから先もず~と働いてもらって、たくさんのおいしいものを食べて行きたいと願っていらっしゃるあなたにとって、私はできるだけ歯は抜かないで残すことが大切だと思っています。

しかし現代医学にも限界もあり、長い目で見れば嫌な決断をお勧めせざるを得ない時もございます。そんな寂しい治療のお話しです。
抜歯は痛いものだと決めつけておられる方や、周りから「痛い」「大変」と脅されて来院され、緊張してガイチガチになっておられた方がいい意味で期待を裏切って拍子抜けされるケースがよくあります。そんな当院での抜歯についてお話しします。

また、親知らずは抜歯するものだと勘違いされている方が大勢いらっしゃいます。どんな場合に抜歯の適応になるのか?どんな注意が必要かなどのお話しです。

<<抜歯や親知らずの詳細はこちらへ>>




歯ぎしり(歯軋り)と口臭

ギリギリ、キリキリ音を出すものだけが歯ぎしりでないことをご存知でしょうか?
音の出ない食いしばりや噛みしめ、日中の無意識の歯の軽い接触でも歯や歯茎、あごの骨や関節などに障害が起こることがあります。
どうすればやめられるのでしょうか?
どうすれば被害を軽減できるのでしょうか?

人と話すのがおっくになる口臭、
目の前の人が自分の口臭に気づいていないか心配、など病気ではないけど毎日気が重くなる口臭。
何が原因で口臭がでるのか?
どうすればいいのか?

こうした疑問や心配、対処法についてのページです。

<<歯ぎしり(歯軋り)と口臭の詳細はこちらへ>>



歯周病と歯槽膿漏

歯を失くされる成人の5人に4人が歯周病です。今は虫歯の時代ではなくなっています。裏返して考えれば、歯周病を克服したりうまく付き合っていけば今ある歯を残すことができ、老後の快適な食生活を維持できることになります。
どうすれば歯周病を克服できるのでしょうか?
どうすれば毎日毎日おいしいを味わい続けていけるのでしょうか?

そうした疑問にお答えするページです。

<<歯周病と歯槽膿漏の詳細はこちらへ>>



歯を失ったら

厚生労働省がスローガンに掲げている8020運動、80歳で20本の歯を残すことを目標としている運動ですが、日本では80歳で8.8本しか残っていないのが現状です。
年齢と共に色々な欲は少なくなってきますが、人生の最後まで残る欲が食欲です。昨日あれだけお腹がいっぱいになったのにもう今日はお腹が空いて食べたくなりますね。
逆に考えればこの本能ともいえる欲が満足できない人生がどれだけつまらないものか想像にかたくありません。

快適な生活とは?
たかだか歯1本と侮れない理由
歯を失った時の治療の選択肢とは?

そうした疑問にお答えするページです。

<<歯を失ったらの詳細はこちらへ>>