虫歯と治療


歯を悪くしたり失う原因の一つがむし歯です。今までまったく歯のことなど気にもしていなかったのに、痛んだり問題が起きて初めてその働きやありがたさに気づくことがあります。
歯をもっと大事にしておけばよかったと思っても、過ぎてしまったことは仕方がありません。これからどうするかが大切です。
どう治療するか、どう二度と同じことが起きないようにするかです。
そうお考えの方のためのページです。

以前に同じように感じていらっしゃった方々のお話しにご興味がおありの方は下のリンクから関連する記事もご参考になさって下さい。
治療のQ&A
治療のお話し
歯を抜かない
抜歯や親知らずの悩み
むし歯と予防や治療の悩み


むし歯になったら

残念ながらむし歯は進む一方で自然に治ることはありません。
もし今痛みやしみるなどの症状がなくても、できるだけ早く治療されることをお勧めします。いや、症状がない今だからこそまだ間に合うのです。

その症状が出るということは、バイ菌は歯質を通り過ぎて歯の神経にまで到達したサインと捉えていただきたいのです。火事になる前の「ぼや」のうちならまだ消火器ですみますが、歯に症状が出たことは火災報知器が鳴って教えてくれている状態です。もう消火器では間に合いません。急いで消防車を呼ばなければならないのに、どうしようかと考えているのと同じです。

一旦歯の症状が出て神経にまでバイ菌が侵入してしまえば、神経は一度感染をすれば元に戻らない弱い組織であるために、一般的には神経を取る治療が行われています。
神経を取ってしまうと歯は血流を絶たれてもろく、割れやすくなり、その後差し歯を入れようが、どんな治療をしようが、歯の寿命は確実に短くなります。私は大きな財産が目減りしたことと同じだと思います。詳しくは「歯を削らない!神経を取らない!」をご覧ください。

ですから痛みやしみがないと安心するのは大きな間違いで、今治療しないと取り返しがつかなくなることをご理解いただきたいと思います。もしそうした症状がすでに出てしまった方も急いでください。実施している歯科医院が少数のため耳慣れない治療でしょうが、間に合えば「3Mix-MP療法」で神経をまだ助けられる可能性があります。
何はともあれ早く受診されることをお勧めします。



むし歯の治療とは

むし歯のまま放置すればどんどん奥の方にバイ菌が侵入してむし歯は大きくなる一方です。そうならないようにするために、むし歯になった部分を削り取ることで歯質に入り込んだバイ菌をすべて除去し、それ以上むし歯が広がっていくのを食い止める治療が必要になります。

本当は歯を削らずにバイ菌だけ薬でやっつけられれば理想なのですが、現時点では確実に進行を止めるために、むし歯になったら歯を削るのはこうした理由です。

上の写真では歯の一部だけがかけていて、そのかけた部分だけがむし歯のように見えると思いますが、下のレントゲン写真では歯の内部の少し黒くなった部分すべてがむし歯になっていることがわかります。
歯の上面(かみ合わせ部分)の歯質の厚みがほとんどないので何かの拍子で一気に歯が割れて崩れ、歯の根っこだけの姿になる一歩手前です。
むし歯を取り残せば再発しますので、治療すればほとんど歯の頭の部分が残らない状態です。さらに後ろ側のむし歯が歯ぐきの下、さらに下のあごの骨の位置まで進んでいますので、かなり重症です。

同じような状況の歯をお持ちの方が、他院で抜歯といわれて困惑してお見えになることがよくあります。歯が相当重症であることと、治療後に歯を維持していくことが難しくなるほど傷んでいるためその診断も一理あります。
ご本人は歯の一部がかけただけで、ひどく痛んでいるわけでないのだから、穴をふさげば終わりと軽く考えている中での抜歯の宣告に納得がいかないようです。見た目と実際の大きな乖離がむし歯にはよくつきまといます。

このケースはすでに歯の神経にまでバイ菌が侵入していますので、歯の根っこの治療から始めて今は噛んで食事をすることができています。厳しい歯でしたがなんとか延命できました。

こんな状況になるまで大きな症状がなかったため、むし歯に気づいていても放置していた反省から今では定期検診にお通いになられていらっしゃいます。この歯がご本人の意識の変化を生むきっかけになり、この歯が他の歯を救っているとも考えられます。この大きなむし歯も無駄ではなかったと感じています。

この症例を離れ、お話しを虫歯治療に戻したいと思います。
できるだけ歯を削るのは最小限にしたいのですが、むし歯を取り残せば再発しますので、当院では見た目の判断だけでなくむし歯だけ色素が残る特殊な薬液やレーザーでむし歯の取り残しがない最小限の削り方を行っています。

その後はむし歯を削った穴を何かで埋めてふさぐ必要があります。
穴の中に食べ物が詰まるだけでなく、削った歯質は歯の傷と同じなので、傷は感染に非常に弱くそこからバイ菌が入り込みまたむし歯になってしまうからです。

またむし歯の大きさや場所によって削る量が変わってきます。
穴が小さい場合は詰め物、穴が大きかったり残った歯質が薄くなって強度が不足する場合はかぶせ物が必要になります。

詰め物にはプラスチック樹脂、金属やセラミック製があります。
プラスチック樹脂は保険対応でご負担が少ないことと、色合いが歯に近く目立たないことから一般的に多く実施されています。
しかし強度不足のため耐久性に問題があります。またむし歯の穴が奥歯の噛む場所であれば摩耗するため噛み合わせが狂う可能性があります。

虫歯を削らずレーザーで除去する治療法やカリソルブという薬剤により虫歯を溶かす治療法があります。 一部でも歯を削るのであれば両者を使う意味がありません。
レーザーと聞くだけで最新の治療法と聞こえますし、虫歯を溶かすため歯を削らずに済むとはすごいメリットがあるようにも聞こえます。
しかし当院では両者の治療を行っておりません。
なぜならばどの方法を用いても虫歯を除去することに変わりはなく、歯を削らずに済ませようとすれば虫歯を除去して開いた穴を先ほど述べたプラスチックで詰めるしか方法がないからです。
強度や耐久性が劣るプラスチックを使えば、将来また歯の治療が必要になります。 何度も治療が必要になることが最初から分かっているのにこの両者の治療を導入する気持ちになれないことが理由です。

金属製のものは保険対応のものと貴金属を使用した自費対応のものがあります。保険対応の一般的に銀歯と呼ばれているものは材質が歯より硬いため噛み合う相手の歯が摩耗したり、人の歯は使えば変化していくものですが硬いために他の歯と調和して変化していかないことが問題点です。また精度よく作ることができないため歯と銀歯との境目に微量の食べかすが残りやすくむし歯の再発がよくあります。

こうした銀歯の欠点を補い、歯と同じ硬さで他の歯と同じように変化する調和のよさと、歯との境目をピッタリ合わせてむし歯の再発を防止する精度のよさ、さらに金属であるための耐久性を兼ね備えた貴金属が昔から奥歯の治療ではベストとされてきました。

しかし今は金属を見せることを避け、自然感を求める時代になってきました。そこで登場してきたのがセラミックです。
開発当初はこれも硬すぎたり割れやすかったりして見た目以外のメリットがありませんでしたが、現在は大幅に改良され貴金属に代わって奥歯の治療に欠かせない存在になってきています。銀歯の精度の問題からくるむし歯再発や硬さの問題、そして金属が目立つ見栄えも解決できます。
プラスチック樹脂は不自然な白さですが、セラミックはどこが歯でどこがセラミックか分からないほど自然なレベルに進化してきています。
近年プラスチック樹脂の強度を向上させた強化プラスチック樹脂(ハイブリッドセラミック)も登場しましたが名前にセラミックとつけてはいるものの本物のセラミックではなく物性も中途半端なものであまりメリットを感じません。

私はできるだけ歯は削らない方が歯が長持ちすると考えています。
ですから虫歯になってしまったものは仕方がないとして、できるだけ一度の治療ですませることが大事だと思っています。 将来再度治療が必要になりまた歯を削る可能性のある治療法は避けた方が得策だと思うのです。
そのためには一度目の治療で見た目だけでなく、耐久性や物性、虫歯の再発を防ぐために歯との間に隙間を作らない精度などが必要だと考えています。

また一般的に歯を削る量が多ければ歯と人工物の接着面積が広くなり外れにくい傾向にあり、歯と人工物との境界線を目立たない場所に設定できるため審美的には優れる傾向にあります。
しかしそれでも歯全体を削って被せる方法より、詰め物や歯に乗せるだけの一部の治療で済ませられるのであればその方がいいと考えています。
ただしすでに歯を削って被せ物が入っている場合や、噛む力が強く外れやすいケース、審美性を優先したいお気持ちなどがあればそれぞれのメリットとデメリット、ご希望などをご一緒に検討して治療法の決定をしていくことにしています。画一的な考え方は持たずに診療にあたっています。

むし歯の大きさや場所によっては詰め物では補いきれない場合はかぶせ物が必要になります。歯の表面を詰め物より広く人工物が覆い被さるものです。詳しくは「人工の歯(差し歯など)」をご覧ください。

残念ながらむし歯がひどくて歯を残すことができなかった場合は、歯を失った場所を放置しておかないことをお勧めします。まだ他の歯で噛めるからと甘く見ていると他の歯に悪影響を及ぼして、ひいては他の歯の寿命を短くしてしまう可能性があります。
詳しくは「抜きっぱなしは大怪我の元」をご覧ください。
歯を失った後のこうした問題を解消する治療法にブリッジ入れ歯インプラントなどの選択肢があります。




むし歯はどうしてできるの?

硬いものでも平気で噛めるこんな丈夫な歯がどうしてむし歯になると穴が開いたりボロボロとかけたりするのか不思議ではありませんか?
人の身体は外界のいろいろなバイ菌から身を守るような構造になっています。逆に何万年も前から進化の過程でこの構造を獲得してきたからこそ今も人類が種を守ってこられたともいえるでしょう。

夏の日焼けではがれることでお分かりのようにあんな薄い皮膚の表皮で体内にバイ菌が入るのを防いでいるのと同じように、歯の表面にはエナメル質という人体で最も硬い物質で歯を覆い、口の中の無数にあるバイ菌から歯を守っています。

しかしそんな硬い歯にも弱点があります。
それは酸です。小学校の実験で使った塩酸や硫酸なども酸です。
バイ菌が出す酸によって歯質が侵されてもろくなります。その結果がむし歯なのです。

口の中を水で洗い流せば酸も流されるとお考えでしょうが、バイ菌が歯の表面に粘ついた糊のような物質を作り出してその中で増殖していますので、うがい程度ではまったくびくともしません。
歯にガムがへばりついた状態だと思ってください。人体が皮膚やエナメル質で外部のバイ菌から身を守るように糊物質でバイ菌が身を守っている状態です。
しかし糊物質は歯磨きすれば取ることができます。またバイ菌の栄養源は食べかすですので、歯磨きで栄養源を絶てばバイ菌が弱くなることをご理解いただけるでしょうか。
これがむし歯予防に歯磨きのお話しをする理由です。


むし歯ゼロも夢でない、最新の予防

歯を磨いているのにむし歯になる人に、とっておきのお話しです。遺伝や歯磨きの問題を超えて、あなたのむし歯を防ぐことができます。海外の最新むし歯予防のご紹介を交えながら、楽しく予防に取り組めます。

(本文から)歯を磨いているのにむし歯になる!知り合いのあの人は、そんなに歯を磨いていないのにむし歯にかからないなんて不公平だ!
歯が弱い家系なのかな?そういえばおじいちゃんは総入れ歯だったし…。
小さいころからしょっちゅう歯医者さん通い、歯の治療は苦手だし、歯をがんばって磨くしかないのか…。このまま行けば、そう来自分も総入れ歯なのかな?こんな風に考えているあなた、あきらめるのはまだ早いのです。…… 院長高岡が通院中の方に向け書いた小冊子(14ページ)です。

第一章 むし歯になったのはあなたの責任?
第二章 むし歯予防のウソとホント
第三章 歯を大切にするあなたへ
第四章 明日からできる、簡単なむし歯予防
第五章 おわりに

 ≪むし歯の予防に ご興味がおありの方はこちらへ



虫歯や歯周病のの予防に歯磨きが大切なのはご存知にことと思いますし、毎日歯磨きをそれなりの時間をかけて行っていらっしゃると思います。
でもそれは正しい磨き方なのでしょうか?

毎日のことですから、1年で何回歯を磨くことでしょうか。正しい歯磨きを習得すればその数の分だけ人生で得をすることができます。
院長高岡が通院中の方に向け書いた歯みがきの小冊子(11ページ)です。

 ≪ 歯磨き方法にご興味がおありの方はこちらへ