抜歯や親知らず


歯はできるだけ残すべきだと私は考えています。
そう思って毎日診療していても、時々残念ながら間に合わないケースに遭遇します。その時の患者さんの落胆とこれからの不安にどう答えていけるのか、しかし治療の選択肢はたくさんありますがこちらから誘導することはしません。ご本人が正確な情報を持って判断、選択できるところまでご説明することで、将来もご納得いただける治療を目指しています。

同じような境遇でお悩みがあった方々のご相談や悩みの記事をご覧になられたい方は下のリンクからお読みください。
抜歯や親知らずの悩み
歯を抜かない
治療と痛み
治療のQ&A
入れ歯の悩み
インプラントの悩み



できるだけ歯を抜かないで済ませたい

当院は可能な限り歯を抜かないで残すことを目標にしていおります。
かなり傷んだ歯でもご両親から頂いた歯が最高だと思っているからです。

他院で抜歯といわれて、藁にもすがる気持ちでご来院された方の歯を今までに何本も残してきました。治療後に感謝文を寄せてくださった方、診察台の上で最初に不安を抱えてご来院された時の状況をその歯で噛むる喜びと共に語ってくださった方など、多くの方々の笑顔を拝見してきました。歯科医冥利につきる瞬間です。

噛めるとはいってもピカピカの歯に蘇る訳ではありませんが、そんな歯でも意外と長持ちする場合もあって、やってみる価値はあると思っています。
現代の歯科医療で天然の歯を超えるものを作り出せていない以上、その歯の生命の灯火が消えるまでこだわりたいと考えています。


今後のことを考えたら

歯は主にものを噛むことが存在意義です。
そのため、お互いにどんなに頑張っても痛みやお困りが解消できない場合や、治療して痛みなどの症状が取れて残せてはいても噛むことができないほどしか歯の力が残っていない場合は、こんな当院でもそれ以上はどうもして差し上げられないこともあります。

残念ながら現代医学の限界を超え、手が及ばないことは本当に申し訳ないのですが、無理をして残した場合のメリットとデメリットを天秤にかけてデメリットの方が勝つ場合には今後のことを考えて抜歯をお勧めするしかありません。

そんな歯を残すメリットは「抜かずに済んだ」ことしかなく、噛むという本来果たすべき歯としての機能は果たせず、その歯を無意識にでもかばって他の歯に負担をかけるようなことになれば今度は他の歯がダメになってしまうことがよくあります。
では何のために「残した」のか、抜かないという感情面ではよくても他に犠牲を払わせることが長い目でプラスになるのか、そんな視点で考えるとデメリットが勝ることもあるのです。

ご自身の身の回りを見渡してみてください。無理をした結果が後になって返って来たことがないでしょうか?無理が通れば道理が引っ込むといいますが、それで終わりまでいければいいのですが … 。
いつかそのつけを払わされるのなら、今問題が大きくならないうちに、大ごとだと思っている今が後になれば実はまだ「ボヤ騒ぎ」だったと大きな火事になって後になって気づいていただきたくないと思います。

人生はたくさんの選択を積み上げた長い道のりです。
今後もまだまだ歯のお世話になっていきたいものです。
まだ残っている歯の将来も考えてお決めいただければと思います。



抜歯について

どうしても歯を抜かざるを得ないとなった時に、不安とガチガチに緊張してお見えになられる方がいらっしゃいます。
周りから大変だぞ!痛いぞ!と脅されたり、以前に抜歯をした時の大変さを思い出したりして憂鬱な気分になられるようです。

本来は避けたい嫌なことを無理矢理に頭で理解して前に進もうとしている心理状態で、歯を失うことへの不安と寂しさ、これから先が見えない心配などがあります。その上に抜くこと自体に痛みや苦痛を伴うのではないかと不安が被さってくるのですから心理的にかなりつらい状態に置かれていらっしゃることはよく理解できます。

でもご安心ください。当院での抜歯は今までのご経験や周りの方のお話しとはずいぶんと違っているのではないかと思います。
あなたの過去や周りの人状況は分かりもせずこう言うのは、当院で抜歯をされた方々の術後の感想からあなたもそうなるであろうと思うからです。
抜歯後や翌日に痛い・つらいとおっしゃってお見えになられた記憶がありません。抜歯だけでなくインプラント手術や他の外科手術でも同じです。当院で抜歯をされたお知り合いの方からのご紹介が多いのもそうした理由だと思います。

思っていらっしゃったより意外と楽に終わってしまう抜歯は、衛生管理を徹底し、どう抜けば後が楽かなど長年の経験や術式に工夫を加えたり、薬で痛みなどをコントロールをし、また生活面でどうすれば術後のトラブルを避けられるかなどの注意事項を詳しく具体的にお話しているためだと考えています。

治療後の痛みに関しての体験談は厚生労働省のガイドライン変更により表示できなくなりましたので院内で原本をご覧ください。
抜歯の記事は「抜歯や親知らずの悩み」をご覧ください。


親知らずについて

親知らずは抜歯と決めつけておられる方がいらっしゃいますが、それは間違いです。正しくは親知らずに利用価値がある場合や存在そのものがトラブルの種になっていないのであれば抜く必要はなく、逆にトラブルの元になっており今後も日常生活で十分な管理ができない状態であるなら抜歯も検討することをお勧めしております。

利用価値がある状態とは、噛むことに貢献していたり入れ歯やブリッジを支える役目を果たしている場合などです。
こうした利用価値がなくてもトラブルの種になっていないのなら抜歯の必要性はありません。存在自体が問題ではないからです。

トラブルの種になっている状態とは、親知らず自体がむし歯になっていたり痛みがある場合や、周りの歯ぐきの痛みや腫れなどの炎症状態が日常的に管理ができない状態、顎を動かすときに他の歯に当たって邪魔をするような生え方をしている状態などです。
また十分な管理ができない状態とは、歯の生え方や位置が悪く日常の歯ブラシが当たりにくい状態です。
日本人の顎は欧米人に比べて小さい場合が多く、親知らずが収まるスペースが不足して真っすぐに生えずに歯ブラシがしっかりと当てられないケースがあります。毎日の清掃管理が不十分になれば親知らずはむし歯になりやすく、また手前の歯との間に食べかすが残れば手前の歯までむし歯になりやすくなります。

親知らずを抜歯するときには上あごなら上顎洞という鼻腔とつながっている空洞、下あごなら下歯槽管という神経と血管が通っている地中の水道管のような管と歯の位置関係に気をつけなくてはなりません。そうした場所に近接していたり、場合によっては重なっていることもあり、抜歯時に損傷して出血やしびれが出ることがあるためです。
こうした危険を避けるために当院では勘に頼らず必要と認めた場合はCT撮影を行い確認をした上で慎重に抜歯をしています。
抜歯後の痛みや腫れなどのトラブルも他の歯と同様、皆さんが聞いてこられるようなご心配はございませんのでご安心ください。

親知らずの記事は「抜歯や親知らずの悩み」をご覧ください。

歯を失う悲劇を繰り返さないために

人は失敗する生き物です。しかしその失敗から学ぶことができる知恵を持った生き物でもあります。
あなたはこの失敗から何を得られましたか?

歯を大事にしよう、こんな思いは嫌だと思われたかもしれませんが、それをどう行動に移すかは人それぞれです。
そしてそれが継続するか否かが今後の分かれ道でもあります。
もし残った歯の将来と、その歯から受ける恩恵であるこれから先の快適な食生活をお望みになられた方はぜひ「むし歯ゼロも夢でない、最新の予防」や「正しい歯磨きの仕方とは」をご覧ください。


むし歯ゼロも夢でない、最新の予防

歯を磨いているのにむし歯になる人に、とっておきのお話しです。遺伝や歯磨きの問題を超えて、あなたのむし歯を防ぐことができます。海外の最新むし歯予防のご紹介を交えながら、楽しく予防に取り組めます。

(本文から)歯を磨いているのにむし歯になる!知り合いのあの人は、そんなに歯を磨いていないのにむし歯にかからないなんて不公平だ!
歯が弱い家系なのかな?そういえばおじいちゃんは総入れ歯だったし…。
小さいころからしょっちゅう歯医者さん通い、歯の治療は苦手だし、歯をがんばって磨くしかないのか…。このまま行けば、そう来自分も総入れ歯なのかな?こんな風に考えているあなた、あきらめるのはまだ早いのです。…… 院長高岡が通院中の方に向け書いた小冊子(14ページ)です。

第一章 むし歯になったのはあなたの責任?
第二章 むし歯予防のウソとホント
第三章 歯を大切にするあなたへ
第四章 明日からできる、簡単なむし歯予防
第五章 おわりに

 ≪むし歯の予防に ご興味がおありの方はこちらへ



虫歯や歯周病のの予防に歯磨きが大切なのはご存知にことと思いますし、毎日歯磨きをそれなりの時間をかけて行っていらっしゃると思います。
でもそれは正しい磨き方なのでしょうか?

毎日のことですから、1年で何回歯を磨くことでしょうか。正しい歯磨きを習得すればその数の分だけ人生で得をすることができます。
院長高岡が通院中の方に向け書いた歯みがきの小冊子(11ページ)です。

 ≪ 歯磨き方法にご興味がおありの方はこちらへ