ブリッジ


ブリッジについてよくご質問をいただきます。
他の治療法との比較やメリット・デメリットとは?
ブリッジにどんな種類や材質があってどう違うのか?
変色して見栄えが悪い、一部壊れたブリッジを作り直しできるのか?
このような疑問にお答えしたいと思います。


ブリッジとは?

ブリッジとは歯を失った場所の前後の歯を削って被せる冠(クラウン)同志をつなげて一体化したものです。
図上部の3本連続した歯がブリッジで、歯にセメントでくっつけます(図矢印)

入れ歯のような取り外しするものではなく、セメントで歯に強固に接着しているため硬いものを噛んでもびくともしません。


他の選択肢との比較

ブリッジ以外にも歯を失った場所の審美的、噛む機能の回復方法があります。それぞれの特徴やメリット・デメリットをみてみましょう。

ブリッジ:
失った歯の人工歯の場所が比較的自由に配置でき、両隣の冠(クラウン)にセラミックを用いれば審美的に優れています。
また入れ歯と違って歯に引っ掛ける針金がないことも審美的で、入れ歯のような異物感もなく日常の使用感がいいことが特徴です。
歯にセメントで接着するため、入れ歯の取り外しやがたつきがなく硬い物でも自由に噛める点もメリットです。

ただ両隣の歯を削らざるを得ないことと、構造上歯のない場所に加わる噛む力を両隣の歯に肩代わりさせるため両隣の歯には長期間負担をかけ続けて寿命に影響を及ぼす可能性があることがデメリットです。
特に両隣の歯が神経を取った歯である場合は、歯自体の強度が劣っているためこのデメリットが大きく、時に歯が割れるケースにも遭遇します。詳しくは「人工の歯・差し歯」をご覧ください。
しかし既に両隣の歯が冠(クラウン)である場合は、再治療は必要でも削るデメリットはありません。


入れ歯:
ブリッジのように失った歯の両隣の歯を削らずに人工の歯を入れられることと、歯型をとるだけで早く作製できることがメリットです。
そして人工の歯を配置する場所はブリッジ以上に自由度が高く、かみ合わせの問題がなければほとんどの症例でご希望される位置に人工歯を設定できます。また入れ歯は出し入れすることができますので、外せば歯ブラシで掃除がしやすいことも利点です。

一方でブリッジの項でお話しした針金の存在や、がたつき、人工歯以外にピンク色した粘膜に接触する部分がありどうしても大きさが大きくなり異物感を感じること、大きさが慣れるまで発音しにくく感じる場合があるなど個人差がありますが使いこなせるまで1か月程度の期間がかかることがあります。
また特に奥歯の場合、噛める能力が劣ると感じられる場合もあります。入れ歯の構造上噛む力の大半を粘膜で支えるため、柔らかく押せば沈む粘膜では骨の中に植わってびくともしない歯と違ってかみ切る能力が劣ってしまうことをご理解ください。
出し入れすることができることは、がたつきがあることでもあります。そのため入れ歯と歯や粘膜の間に食べかすが入り込み、食べ物によっては入れ歯で敷きこんだ状態で噛むと痛みを感じる場合もあります。
両隣の歯を削らないとお話ししましたが、かみ合わせによっては噛む力で入れ歯が粘膜に食い込んでいかないように両隣の歯に爪を引っ掛ける必要上、爪の受け部分だけは小さく削らざるを得ない場合もありますのでご了承ください。


インプラント:
ブリッジの欠点である失った歯の両隣の歯を削る必要がなく、また両隣の歯に噛む力を肩代わりさせて疲弊させる心配はありません。
入れ歯の欠点である針金の存在もなく、異物感や発音、がたつきなどの不快がなく、自分の歯と同じように硬い物でも何でも噛めることがメリットです。

一方で多くの方が不安に感じる手術が必要なことと、歯と同じように骨で支える構造上骨の量や位置によって治療の可否が左右されてしまいます。誰もが受けられる治療ではない点がデメリットです。
また骨のある場所に入れる必要があるため、症例によってはその場所に人工歯を配置すると審美的な限界がある場合もあります。

しかし多くの経験者の方が思っておられたより手術が楽だっととおっしゃっている現実があります。治療の前にCT撮影による十分な検査をすれば治療の可否や最終的な審美性も予測が可能です。
当院でも入れ歯の不満から、またブリッジで歯をさらに失った方などがインプラントをご希望されるケースが近年増加してきています。
詳しくは「インプラント」からご希望のページをご覧ください。


ブリッジ・インプラント:
ブリッジが可能なのは歯を失った場所などにもよりますが、一般的には歯を失った本数が隣り合って連続して2本程度までです。それ以上連続して失った場合は、ブリッジを支える歯の負担が大きくなりすぎるため入れ歯が一般的です。
しかし日常の不便さなど先にお話ししたような入れ歯への不満があるのも事実です。その不満を解決する方法が、インプラントを利用したブリッジです。

連続2本を超える歯がない場所の両隣の歯同士の距離が長すぎるため天然の歯でのブリッジが無理になるのですから、歯のない場所にインプラントを2本離して入れてその2本のインプラントを支えとするブリッジにすればインプラント同士の距離は短くなりブリッジが可能になります。
写真の歯を連続して3本失った模型の金属部分がインプラントです。その上に3本の人工歯がつながったブリッジが入っています。ご説明のためにあごの骨は透明になっています。
この方法なら入れ歯の不満を感じることなく、自分の歯と同じように硬い物でも何でも噛むことができ、入れ歯の異物感もなく自分の歯と同じような口の中の状態に戻すことができます。


ブリッジは歯を失くした時の治療選択肢の一つです。
ブリッジは手段の一つであって目的ではないと思います。
何不自由なく楽しい食生活を自由に送ることが目的ではないでしょうか。
その目的を達成するには何が最もふさわしいかでご判断いただけるように私たちが道案内をさせていただきます。
これまで歯を失くした時の選択肢をいくつかお話ししてきましたが、歯を失った場合の注意点などもっと詳しくお知りになられたい方は「歯を失ったら」をご覧ください。


ブリッジの材質と審美性

きれい・美しさと歯のかみ合わせブリッジの材質は金属製、金属の上にプラスチックやセラミックを乗せたもの、セラミックだけのものがあります。
美しさや自然感はセラミックを置いて他にはないでしょう。

以前は強度からどうしても金属が必要だったブリッジでも、最新の治療法により金属を一切使わないセラミックだけのブリッジも可能になりました。金属アレルギーなど治療に金属を使わないことをご希望される方には大きな朗報です。

ブリッジ自体の強度は日常使用上どれも十分ですが、プラスチックを併用する場合は歯の上面(ものを噛む場所)には使わない方がいいと考えています。時折噛む場所にまでプラスチックを使ったブリッジを目にしますが、プラスチックは摩耗しやすくすり減ってかみ合わせが維持できていないケースに遭遇するからです。

歯を失った本数によってブリッジの設計や大きさが変わってきますが、最低限3本の人工歯が一体になっているため存在感があり、場所によっては人目につくことがあります。

前歯はもちろん、下の奥歯は話すと自然と相手には見える場所です。また第三者は正面からだけでなく斜めからも見ていますから、気になる方は三面鏡で確認されるといいと思います。

材質の種類や特徴は、「セラミックの種類」や「虫歯と治療」ページをご覧ください。




ブリッジの作り替え

金属でないセラミックで白く自然できれいな歯にこの写真は口元に自信がない、うまく噛めないとおっしゃって来院された方です。
左右に金属製のブリッジが入っていました。

歯周病の治療、歯の内部の治療、むし歯治療など基礎治療を行い、仮りの歯でこの方のあごや身体と調和するようにかみ合わせを調整しながら、下の写真のようにセラミック製ブリッジで作り替えた症例です。
すでに銀歯を入れる段階で歯を削っておられたため、ブリッジ本来の歯を削るデメリットがなく綺麗な歯に生まれ変わることができました。

前歯の人工歯を作り変えた症例です。
しゃべったり笑った時に歯が前に出っ張って大きいため見えすぎて嫌で、口紅が歯についてしまう。歯が斜めに傾いて口元が歪んで見えることを解消したいとのご希望がありました。

仮歯を使って歯の長さや唇との位置関係、歯の傾きなどを日常で実際に使いながら確認していただきながら試行錯誤を繰り返して本物の人工歯にそれを再現しました。
上の写真の治療前と比べて下の写真の治療後では歯が綺麗になっただけでなく、前歯と唇との位置関係を修正し歯の長さが少し短く、上の写真の前歯が向かって左に少し傾いているのが改善されているのがおわかりいただけるでしょうか。

単に噛める、白い歯が入る、以上のものを手に入れることができます。詳しくは「人工の歯・差し歯」の「仮歯」と「口元の美しさ」「歯とかみ合わせ」をご覧ください。




*ご本人のご了解を得られた症例を掲載させていただいております。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>