最新の虫歯予防

最新のむし歯予防、むし歯にならない方法とは

歯質が弱い家系だとあきらめていませんか?

毎日丁寧に歯みがきをしているのにむし歯になる人がいらっしゃる一方で、あまり歯みがきをしていないのにむし歯になりにくい人がいらっしゃいます。不公平な話ですが、事実です。
これは遺伝的なものでしようがないこと・・・とあきらめるのは早いのです。

歯みがきしてもむし歯になる人と歯の遺伝むし歯になりやすい人の口の中にはなりにくい人に比べて、むし歯をつくる悪玉菌が多かったり、唾液の能力、食生活などに違いがあり、これらがむし歯発生率を大きく左右します。
これを最新のだ液検査によって調べて人それぞれ違う問題点への対処をすることによって、悪玉菌の減少やむし歯リスクの減少がかなり可能になってきました。

仮に遺伝的にむし歯になりやすかったとしても、むし歯にかかりにくいお口になることがまったくの夢ではなくなってきているのです。
最近の研究で判明した事実や、どうすればむし歯になりにくくできるのかを少しお話ししてみましょう。


唾液検査であなたのむし歯のかかりやすさを調べます

『だ液検査』によって、皆様のお口の特徴がわかれば生涯ご自身の歯を保てるようにアドバイスしていくことが可能となります。
むし歯ができるたびに治療をするよりも、歯の寿命やお身体の負担も軽くまた経済的です。
検査は簡単・短時間、もちろん痛くもありません。

どんな検査なのか、実際の手順に沿ってお話しましょう。


 検査はガムを噛むだけ

イスにリラックスして腰掛けていただいた状態で、味のついていないガムを噛みながら、静かにだ液を出します。(5分間)


 あなたのだ液の量はどのくらい?

出た唾液の量を測ります。だ液が多く出るほど・・・
  • 口の中の食べ物を早く洗い流します。
  • 歯の質を強くします。
  • 抗菌作用がはたらきます。

 あなたのだ液の中和力はどのくらい?

唾液に検査用紙を浸し、5分後に何色になっているか調べます。
食後の歯の溶けやすい環境から、どれくら早く通常の状態に戻るのかがわかります。


 あなたのむし歯菌の数はどのくらい?


検査棒を舌に触れるだけの簡単な検査です。もちろん痛くもありません。
検査棒を専用の細菌培養器で数日間培養して、どんな菌が多いのか調べます。
菌の種類や量によって今後の対処法が変わってきます。


 検査結果と最適な予防方法のご説明

検査結果から個人個人違う唾液の量や中和能力、菌の種類や量がわかります。
それによってむし歯のかかりやすさの判断やその対処法を伝えします。





Q:唾液検査で何がわかるの?

むし歯の原因と治療法A:あなたの本当のむし歯の原因がわかります。
むし歯の原因は主に3つ。

  • あなたのむし歯の数
  • あなたの歯を守る力
  • あなたの食事の習慣


個人個人この3つに違いがあるので、その人に合わせた方法でこれらを上手にコントロール出来ればむし歯は予防できます。
実は歯磨きだけがむし歯予防ではないのです。


Q:唾液検査を受けた後は?

A:あなたが実行しやすい効果的なむし歯の予防法をご提案いたします。
新しいだ液検査とむし歯予防
もし、今あなたがむし歯になりやすかったとしてもご安心ください。
個人によりお口の中の状況が違いますから、それに対応した効果的な予防法や気をつければ得なことなどをご提案いたします。
そうした方法でこれからむし歯にならない可能性を、グラフのように大幅に高めることができます。

*できることから一つずつご一緒に始めましょう。


むし歯ゼロも夢でない、最新の予防

歯を磨いているのにむし歯になる人に、とっておきのお話しです。遺伝や歯磨きの問題を超えて、あなたのむし歯を防ぐことができます。海外の最新むし歯予防のご紹介を交えながら、楽しく予防に取り組めます。

(本文から)歯を磨いているのにむし歯になる!知り合いのあの人は、そんなに歯を磨いていないのにむし歯にかからないなんて不公平だ!
歯が弱い家系なのかな?そういえばおじいちゃんは総入れ歯だったし…。
小さいころからしょっちゅう歯医者さん通い、歯の治療は苦手だし、歯をがんばって磨くしかないのか…。このまま行けば、そう来自分も総入れ歯なのかな?こんな風に考えているあなた、あきらめるのはまだ早いのです。…… 院長高岡が通院中の方に向け書いた小冊子(14ページ)です。

第一章 むし歯になったのはあなたの責任?
第二章 むし歯予防のウソとホント
第三章 歯を大切にするあなたへ
第四章 明日からできる、簡単なむし歯予防
第五章 おわりに

 ≪ 最新のむし歯予防にご興味がおありの方はこちらへ



虫歯や歯周病のの予防に歯磨きが大切なのはご存知にことと思いますし、毎日歯磨きをそれなりの時間をかけて行っていらっしゃると思います。
でもそれは正しい磨き方なのでしょうか?

毎日のことですから、1年で何回歯を磨くことでしょうか。正しい歯磨きを習得すればその数の分だけ人生で得をすることができます。
院長高岡が通院中の方に向け書いた歯みがきの小冊子(11ページ)です。

 ≪ 正しい歯磨きの仕方にご興味がおありの方はこちらへ