当院について

自分が受けたい歯科治療を提供

私は子供の頃歯医者さんが苦手でした。何十年も前の時代の話しですから今とは歯科医療も随分違うとはいっても「怖い・痛い・歯医者さん独特の臭い・丁寧に扱ってもらえない・治しては悪くなるその繰り返し」その記憶は私の中にまだ残っています。
自分が嫌だったことは人にしない、何度も治す必要がない治療はないのか?この思いから「自分が受けたい歯科治療」を患者さんに提供することが私のポリシーになりました。
歯科医師として多くの患者様を診させて頂きましたが、自分が受けたい、安心できる治療とは何か?それを追求して今日があります。
歯科医師と患者さん、双方の視点から考えたベストな治療をご提案いたします。
今だけでなくこれから先も歯の良き水先案内人でいたいと考えています。

天然の歯を失わせない

私は食べるのが好きです。これから先も美味しいものを食べて行きたいと思っています。そのためには歯を守っていかなくてはならず、歯を悪くしない、また悪くなったら早く治して被害をできるだけ小さくしたいと考えています。
ですから私が逆の立場だったら、いかに天然歯を長持ちさせるかを考えた治療を受けたい、さらにそもそも歯の病気にかからない自分になりたいと思います。歯科治療は病気になる前の元の状態に戻せるのではなく人工物で補っているに過ぎません。こうした思いから「できるだけ、削らない・抜かない」最小限の医療介入を心がけています。
さらに定期的なメンテナンスや検診で治療後の歯を末永く守り続けるためのスタッフとシステムが当院にはあります。治療すれば終わりでなく、そのいい環境を維持していくことがこれからの人生にとって大切だと考えているからです。
人生で二度と手に入らない大切な歯を私たちと一緒に守っていきましょう。

あらゆる選択肢から、患者様と一緒に最善の治療法を選びます

私は自分の事は自分で決めたいタイプの人間です。しかしその判断をするためには正確な情報が必要です。納得をして行動したいし、そこまでのプロセスにも納得したいのです。
自分がそうなら患者さんの中にもそうしたお考えをお持ちの方がいらっしゃるかもしれない、その思いが時には長いと評されるご説明やご相談に時間をかけている理由です。
「こんなリスクがあるなんて知らなかった」「そんな治療法があるなら説明してほしかった」と患者さんに思って欲しくありません。
人生は選択の連続だといわれていますが、選択肢の違いによるメリットとデメリットですら人によって受け取り方が違います。また価値観や考え方によっても嫌なこと・嬉しいことも変わります。画一的なゴールなど存在しないのです。歯科医が勝手にゴールを決めてはいけない、患者さんが決められるところまでサポートするのが私たちの仕事だと考えています。
治療して何年経っても「あの時の選択で本当に良かった」と仰って頂けるように、あらゆる選択肢からあなたにとっての最善の治療をご一緒に選んでいきましょう。

痛みに配慮した治療

「痛い・怖い」イメージからか私は幼少期には歯医者さんが嫌いで、仕方なく通う場所でした。逆の立場になった今、「同じ思いをして欲しくない」もっと快適な場にしたい思いが現在の当院の根底にあります。

知らないことは「怖い」につながると考えてご理解できるようなご説明を心がけ、世界で最も細い針が使える特殊な電動注射器、麻酔が聞くのに十分な時間を確保するなど、痛みには特に配慮しております。

徹底した消毒、滅菌による治療環境

歯周病や虫歯、どれも細菌による感染症です。院内で感染を扱う以上、器具だけでなく治療環境自体が清潔であり、相互的な感染を防ぐ責務が歯科医院にはあると考えています。そのため20年ほど前の開業以来、消毒、滅菌にはこだわってきました。

患者様ごとに手袋を交換するだけでなく、同じ患者様の治療中にも何度も手を洗います。使い捨てや完全に清潔に管理された器具しか使わず、治療器具の洗浄においても、メーカーに依頼して特注の超音波洗浄機を導入し、治療に使う空気まで清潔を求めるなど、衛生面においても安心して治療を受けて頂けます。

当院の感染予防対策を見る