インプラント治療成功の秘訣

1

インプラント治療成功の要件とは

すでに確立した治療の基本ルールを厳守している多くの医療機関を対象にした統計をみるとインプラント治療の10年後の成功率は平均95%前後です。当院では平均を上回るものの、手術直後の突然のご病気で術後管理が不十分などで感染したケース、食いしばり癖でインプラントが壊れたケースなど数本が残念ながら本来の機能を果たせておりません。しかしそれ以外の大多数のインプラントは今も皆様の快適な食生活を支えてくれています。
元々この世に完全や絶対など100%というものは現実には存在していないと考えていますが、この数字を高いとみるか低いと見るかは治療を受ける方のお考えに委ねたいと思います。
ただ医療機関と患者さんの配慮によって限りなく100%に近づけることができると考えています。
このような高い成功率を維持できるのは、

  • すでに確立された治療法の基本ルールをしっかり守りその基本から外れないこと
  • 消毒・滅菌などの衛生管理の徹底、安全で最新の情報や技術確保を怠らないこと
  • お互いに無理な計画と治療をしないこと
  • 3次元立体的に骨の状態を把握できるCTを使って合理的かつ安全な治療に努めること
  • 治療後も定期的なメンテナンスをお受け頂いて病気に強い環境を維持すること
などの成功する要素から一つでも外れないようにしているおかげだと考えています。

2

CTの重要性

口の中や歯、顎の骨という本来立体的(3次元)のものを従来のレントゲンでは2次元の平面的にしか見ることができず、さらに本当に知りたい場所の情報だけを見ることはできませんでした。
他の検査や経験則から本当の状況を頭の中で推測して、その範囲内での診断が行われていました。従来の検査では実際の状況を確認できず推測して治療をするしかなく、そこに正確性や確実性に限界がありました。

成功の秘訣

しかしCTの登場によって歯や顎の骨を3次元的、立体的に様々な方向から見ることができ、正確に骨の形や量、神経の位置などその場所の状況が手に取るように見ることができるようになりました。想像でなく本当の状況をあらゆる角度から観察した上で診断できることは治療の確実性や適切な治療法の選択にとって非常に重要です。
この画像はあごの骨を輪切りにしたCT画像ですが、通常のレントゲン撮影では画面中央のくびれを知ることはできないため、稀な形であるがゆえに知らずに手術を行えば大変危険です。確かな情報は治療の正確性だけでなく安全性にとっても大変重要です。

また実際の手術で初めて骨などの状況がわかるのではなく、CT画像から時間的・精神的に余裕のある術前にそれらを把握できるため、落ち着いて丁寧に治療を行うことが出来ます。
さらにCT画像上で分析ソフトを用いて事前に治療計画を立てたり、実際の手術を何通りでもシミュレーションできるために、その方にとって最適な治療法と術式や器具類を事前に余裕を持って準備・計画することもできます。院内にCTがあることで、治療中にも現在行っている治療の確認ができるため安全で確実な治療を行うことができています。一度手にしてしまった以上、手放せなくなってしまったほど重宝しています。
近年導入した機器の中で、最も有用な機器だと断言できます。

3

メンテナンスの重要性

インプラントの長期的生存に欠かせないのが定期的なメンテナンスと検診です。
とかく手術だけに関心が向かいがちです。しかしインプラント治療が目的ではなく快適な日常生活が目的ですから、インプラントとご自分の歯を長持ちさせるためにメンテナンスと定期検診をお勧めしたします。

病気の治療以上に価値があるのが『病気そのものにかからない』ことです。
歯を傷つけることもなく、治療のために時間や手間も取られ、治療費もかかることを避けることができます。
病気にならない方が得なのです。それを実現するのがプロの手による徹底的なクリーニングであるメンテナンスです。
歯とインプラントの周囲の汚れを取り、普段ご自身の歯磨きで届きにくいような所までしっかりプラーク(歯垢)除去も含めたクリーニングをします。最後に歯の表面を専用の器具できれいに磨いて汚れが付きにくくします。
インプラントも歯と同じように歯周病にかかると長持ちしませんので、3か月ごとのメンテナンスをお勧めしております。

6ヵ月ごとの定期検診はインプラントだけでなく天然の歯を含めて、問題点の早期発見・早期治療を目的にするものです。インプラントに関してはかみ合わせのチェック、レントゲン撮影で骨の状態のチェック、ペリオテストという検査機器でインプラントと骨とのくっつき度合いやネジ部品の緩みチェックなどを行います。
インプラント本体に人工の歯を内部でネジ止めしている構造になっているため、噛むことなどでネジが緩み、ネジやインプラント本体の破損につながることがあります。そうなってしまえばせっかくのインプラントが使い物にならなくなってしまいます。当院ではそうしたトラブルを未然に防ぐ目的で検診時に定期的にチェックを行っています。ペリオテストは計測数値で客観的に判断でき、従来の経験や手指の感覚による不確実さを払しょくすることができます。さらに検診の度に数値として記録が残りますので、長期間の変化を知ることができます。

メンテナンスと定期検診の詳細はこちらへ

三鷹駅近くの歯医者、高岡歯科医院

〒180-0006 東京都武蔵野市中町1-2-3ミタカハイム1F
三鷹駅北口徒歩1分

Tel:0120-68-0422

診療時間
9:30~12:00 × ×
14:00~19:30 × ×

診療科目

歯科検診・予防歯科
審美歯科
虫歯
ホワイトニング
歯周病
インプラント
入れ歯

診療時間

午前 9:30 - 12:00
午後 14:00 - 19:30

休診日

水曜・日曜・祝日
※祝祭日のある週の水曜日は診療