入れ歯

1

入れ歯とは

高齢者夫婦の写真

歯を失った時に噛むことを助けてくれるだけでなく色々と頼りになる入れ歯の働きをご紹介いたします。

噛む機能の回復

食べられなくなってくると動物はその一生を終えていきます。食べること=生きることです。歯の果たす役割の最たるものが噛む=栄養補給、それに異論はありませんが、私たちの知らないところでもっとたくさんの恩恵を受けていることが最近の研究で明らかになってきています。その一つが認知症予防です。
噛む行為は咀嚼運動を伴い、その運動が脳への刺激になることと、味わうことやおいしい思う感情も脳への刺激になります。噛める人と噛めない人に違いがあると、多くの高齢者をみている老人病院や介護施設の現場から声があがっているのが実情です。なんとか噛めている、飲み込んでいるでは手に入らない「ちゃんと噛む」という実感を感じていただきたいと思います。

楽しい食生活の回復

「何を喜びとして人生を生きるか」の問いには色々なお考えがあると思います。古今東西、万人に共通するのが食べることです。歯が抜けたままの状態や具合の悪い入れ歯では十分にかむことができないために、小さく細かく、柔らかい物しか食べることができません。かぶりついたり噛み応えのあるものは敬遠しがちです。
食べたいものを自由に選べない、人と同じ食べ物が食べられないことだけでもつまらない食生活ですが、それが原因で出かけて外で食べるのが億劫になったり、他人との食事の際や家族の人の輪に入りづらかったりと、日々を楽しめなくなります。
具合の良い入れ歯で、おいしく、楽しく過ごすことができればこれから先の人生でどれほどの幸せが積もり積もっていくのかお考えになられてみてください。今楽しまなくていつ楽しむのか、たかが入れ歯ですが得られるものは大きいと思います。

審美・心理的回復

歯が抜けたままや噛むことだけを考えた入れ歯では、口元が引っ込み張りがなくなりしわが増えて老人的な顔つきになります。元は歯と歯茎で内側から口元と頬を持ち上げていたものがなくなったためです。年齢のせいだけではありません。
しっかりとした入れ歯により、食べるものを選ぶ必要がないことや口元と顔貌に自信を取り戻すことで、生活に活力が生まれ、口元を気にせず人との接触が億劫でなくなります。さらに発音も明瞭になることで人との会話が弾み、人との関わり合いが楽しくなります。

残っている歯と歯茎を守る

「まだ他の歯で食べられる」と歯が抜けたまま放置していると、失った歯の仕事を押し付けられた他の歯は疲れ、寿命が短くなることがあります。無理はいつか形となって返ってくるとお考え下さい。また隣の歯が傾いたり、噛み合う歯が伸びだすなど歯全体のかみ合わせを歪めることになることが多く、他の歯の寿命を縮めてしまいます。
このような他の歯の変化はあごの骨と歯茎にも影響して痩せさせることにつながります。
入れ歯でこの負の連鎖を止める・遅くすることが必要なのです。
歯一本といえども、人の体に不要で無意味なものはありません。
元は歯があったのですから、無理をさせずできるだけ元に近い状態の戻していくことがこれからの長い人生を快適に送るためには大切なこと、今できることだと考えています。

理想の入れ歯の条件とは

どうしてこの世には具合のよい入れ歯とそうでない入れ歯があるのでしょうか?何が違うのでしょうか?
具合のよい入れ歯の必要条件をいくつか挙げてみましょう。

  1. 土手の形にピッタリ合って入れ歯がガタガタしないこと
  2. 入れ歯の上下の人工の歯の位置や形、かみ合わせがしっかりできていること
  3. 入れ歯がお口を動かす度に動く筋肉や粘膜とピッタリと隙間なく合っていること
  4. 歯や口元が若々しく自然で綺麗なこと

などですが、どの項目もかなり治療による誤差を生みやすいものばかりです。

天然の歯の治療であればその歯の上にしか人工歯は作れませんが、入れ歯を囲む組織は粘膜や舌など軟かく弾力があるために多少ずれた状態でも入れ歯を作ることができます。 このため非常に誤差を生みやすい環境なのです。
入れ歯が痛い・合わない」でお話しした、入れ歯が当たって痛い、すぐ外れる、よく噛めない、入れ歯の中に食べカスがたくさん入る、口元が老けてしまった、などのいろんな不満は上に挙げた項目の不具合が組み合わさって発生します。言い換えれば、これらの項目を達成すればその不満は解消できるのです。
治療の仕方や口の中の読み方次第で大きく結果が変わる、これが入れ歯作りを難しいものにしています。

入れ歯を使う年齢は何歳くらいなのか?

入れ歯は歯をなくした際に先ほどお話しした回復が目的ですから、乳歯をなくして永久歯が生えるまで使用する小児義歯から事故や外傷によって歯を喪失した若者、高齢者まで年齢の幅が非常に広いものです。
年齢によって求める回復の優先順位が変わることはあっても、入れ歯に適齢期などはなく必要に応じて使用し、その人の噛める食生活、不便のない生活を取り戻すためのものです。

2

入れ歯の種類

総入れ歯

総入れ歯

入れ歯がすぐ外れる原因とは」でお話しした吸盤のようにピッタリ吸い付いて外れにくい入れ歯を作り上げるには時間と手間がかなり必要です。保険治療などでこの口や粘膜の動きの最大公約数を模索する時間と手間を省くためでしょうか、入れ歯の大きさをうんと小さくした入れ歯をみることがあります。しかし小さな入れ歯は吸盤の役割が不十分なため外れやすく、またあごの土手と接触している面積が狭く噛む力が狭い面積に加わるため噛むと痛い入れ歯になりがちです。雪の上を沈まないように面積の広いかんじきでなく、面積の狭い竹馬で歩くようなもので雪に食い込んでしまいます。
また入れ歯が小さいために食べかすが大量に入れ歯の下や頬との間に残るのも不満の原因になります。小さな入れ歯は大きさが小さいので人工の歯も内側に配置されることが多く、これがよく噛めない原因の一つになります。
逆に大きすぎる入れ歯は口や頬、舌などが動くたびに当たって入れ歯がズレやすくなります。
この入れ歯のズレを最小限に抑え吸盤効果を最大限得るためには、小さすぎず大きすぎず、口や頬、舌などの動きを繰り返し入れ歯の形に転写しながら、土手の形を模索し、どこで噛むのがベストか人工の歯の位置を試行錯誤しながら決めていく根気がお互いに必要です。
そして歯を何年もかけて段々と失ってきた過程であごの位置も本来の位置とズレてしまっていることが往々にしてあるため、そのままのあごの位置では入れ歯が安定しなかったり、力が入らずよく噛めない入れ歯にしかなりません。そういう入れ歯は老けて見える高さの低い口元が引っ込んだ入れ歯です。しかし長い年月であごのズレに身体が適応してしまっているため急激な回復には身体の抵抗や異和感がつきまといます。この修正にも時間が必要です。
このように急ごしらえの入れ歯では手に入らないものがあることをご理解いただけたでしょうか。手足となるような入れ歯を手に入れるには患者さまにもこれにじっくりと付き合って頂かなければなりません。

部分入れ歯

部分入れ歯

部分入れ歯とは一部の歯が残っている状態で使う入れ歯です。総入れ歯と大きく違う点は、入れ歯の安定を歯に依存していることです。部分入れ歯のメリットは歯に支えてもらえる分だけ総入れ歯より安定して動きが少ない点です。
デメリットは入れ歯を支える歯には負担が増えることです。歯の状態を見てこの負担ができるかどうかを見極めなければいけません。

目立たない入れ歯

目立たない入れ歯

歯にかける針金がない見た目により部分入れ歯のご紹介です。後で述べるエステティック義歯をご覧ください。

インプラントを併用した入れ歯

インプラントを併用した入れ歯

入れ歯が合わない理由とは」で述べた土手の痩せを少なくするには、入れ歯の下にインプラントを入れて噛む力の一部をインプラントに負担をさせて入れ歯を支える土手にかかる力を分散する方法があります。
この方法のもう一つのメリットは「入れ歯が痛い理由とは」で述べた噛むと動く入れ歯のズレをインプラントが止めてくれるため、入れ歯の安定がよく外れにくく、よく噛める上に入れ歯が土手に当たって痛むことをかなり軽減してくれることです。ものをかめる能力が飛躍的に上がり満足度の高い入れ歯になります。
インプラントに磁石を装着するマグネットタイプ、インプラントに入れ歯との接合部品を装着するタイプがあります。接合部品にはインプラントメーカーにより異なりますがボールアバットメントやロケーター等色々な種類があります。また骨の幅が薄くて通常のインプラントが入れられないケースではロケーター専用のLODIという細いインプラントもあり、ご希望や症例によって適したタイプをご案内させていただきます。

3

当院の入れ歯の作り方

お口の検査とご相談

現在抱えておられる不具合やご不満をお伺いします。お口の中の検査による現状の把握をし、ご不満等を解消する方法の検討の後、選択肢のご提示やメリット・デメリットと共に今後のご相談をいたします。

治療計画のご説明

ご不満を解消するための治療計画を作成し、その特徴や予想治療期間、費用などをご説明いたします。
ご了解が得られ次第最初の入れ歯製作に入ります。

即時義歯

噛めない、抜歯で歯がないなど生活の不便を最小限にするための取り急ぎの応急処置的な入れ歯です。
入れ歯の完成度は低いものの、次の入れ歯が出来上がるまでの繋ぎとなります。
抜歯が予定されている場合には抜歯前に作っておき、歯がない状態を回避することもあります。症例やご希望によっては省略できます。現在使用中の入れ歯がある場合は必要ありません。

仮義歯( 総入れ歯のみ)

顎のズレがある場合や今までの入れ歯で本来と違う位置で噛む習慣がついてしまった場合などで、それを可能な限り元の位置に戻すことを目的に作る入れ歯です。
元の位置が生体にとって自然な位置のため、入れ歯が安定しやすく、噛むことなどの機能的な能力が最も得られやすい位置です。筋肉など口の周りの緊張状態が最も少ない位置でもあります。長年の問題の蓄積によりその位置が狂ったケースが多いのが実情です。その位置はご本人でもわからないため体に聞いていくことを繰り返すしか方法がありません。そのため治療に期間がかかることを予めご理解ください。
位置を模索するため足したり削ったりを繰り返し、治療に治療を重ねていきますので、審美性や咀嚼能力などの機能性は優先できません。仮義歯で入れ歯を受け入れるお口の中が変化し、またあごの位置も元々歯があった時代の位置に近づいてきます。入れ歯を作ることができる土台作りとお考え下さい。

治療用義歯( 総入れ歯のみ)

仮義歯で入れ歯作りの土台が出来上がると次のステップ、治療用義歯を作製します。この入れ歯の目的は、最終義歯を作るための試行錯誤とテストです。どこで噛むのが最も力が入り安定するのか、前歯の位置はどこが自然で口元と調和するのか、発音は十分なのか、実際に使ってみて患者さまと歯科医がお互いに確認しながら修正と調整を繰り返していくことになります。
ここでお互いに不満が解消されてゴールを描くことができればいよいよ最終ステップの最終義歯に移ります。ここまでの期間をかけてやっと型取りや噛み合わせを作ってきたことになります。

最終義歯

ここまでの期間に色々な試行錯誤と修正の後たどり着いた治療用義歯は、治療を重ねてかなりくたびれており、審美的とは言えなくなっています。しかしゴールを形にしたものでもありますので、それを元に作れば長く使えるきれいな入れ歯となります。それが最終義歯です。

定期検診

末永くお使いいただけるように時折チェックされ、ご自分では気が付かない問題でも小さいうちに悪い芽を摘むためにご来院ください。

ここにいくつかの入れ歯をご紹介しましたが、同じ入れ歯を何個も作るのではありません。最初に作った入れ歯に手を加えながら幾度も修正を繰り返し、その入れ歯での修正に限界がきた段階で、今までの修正結果を次の入れ歯にコピーしてさらに修正を加えるというステップアップ治療法です。
一回の型取りで一気に作る入れ歯の作り方もありますが、それでうまくいくならお互いに楽なその方法でいいと思います。こんな時間と手間をかける必要はありません。 それでうまくいかないことが多いので入れ歯で困っている人が多いのが実情です。私のお勧めする入れ歯の作り方は、この段階を踏んで出世魚のように段々と成長していく方法です。

そう大きなお困りがなく、入れ歯治療期間を少しでも短くされたい場合は、結果に違いがありますが「治療用義歯」のステップを省略することも可能です。

健康保険では入れ歯は一度しか作ることができないルールがあるため、この治療の流れとは異なることを予めご了解ください。

4

保険と自費の入れ歯について

保険適用の入れ歯

保険の範囲内であるため治療費のご負担が少なく、短期間で入れ歯が出来上がることがメリットですが、ご本人が入れ歯にお求めになる内容によってはご希望に沿いきれない場合があることがデメリットです。
すべてが保険適用外の入れ歯がいいのではないと私は思います。
今何を不便・不満に思っておられ、どうされたいのかでお決めになられるといいでしょう。
その要望が保険の範囲内のもので手に入るのであれば費用も安くすむからです。

レジン床義歯

レジン床義歯 保険の部分入れ歯
概要 保険で安価で出来る入れ歯です。床で厚くなりやすいため、口の中に違和感があり、話しにくい場合があります。
メリット 保険診療で安価で制作できる。万が一壊れていても安価で修理しやすい。
デメリット 壊れやすい。金属のバネが目立つ。床が厚いため、食べ物の温度を感じにくい。短期間で作製可能な反面、型取りなど作製手順が簡易的なため、噛むことや装着感、外見など入れ歯の完成度が劣る。
適用 総入れ歯・部分入れ歯
費用 保険適用

自費診療の入れ歯

「インプラントを併用した入れ歯」、「当院の入れ歯の作り方」でお話しした手順で作成する入れ歯は自費診療になります。見た目がよい審美性、外れにくい操作性、痛みなどの不快感が少なく装着感がよい使用感、よく噛める機能性などのメリットがある反面、費用がかかること、治療時間が長く来院回数と期間がかかることがデメリットです。
保険では使えない金属を使用して入れ歯の一部を薄く仕上げて異物感を軽減したり、目立たない入れ歯、耐久性の違いなどがあるため、それがあたかも保険適用と適用外の違いのごとく巷で流布されておりますが、枝葉末節のお話しでそれが両者の本質的な違いではなく、こうしたハードよりどう作り上げるかというソフトが入れ歯を左右すると考えています。食事に例えると食材だけに注目するようなもので、味が大きく依存する料理という行為が抜け落ちた議論だとお話しすればご理解いただけるでしょうか。

レジン床義歯

レジン床義歯
概要 金属床ではなく変形に強く精度の良いタイプのプラスチックを用い、期間をかけて少しずつお口の状態に入れ歯を作り上げていきます。材質は保険とは異なるとはいえプラスチックですが、装着感、噛める能力、外見など、完成度が異なります。
メリット 金属床よりプラスチックの修理のしやすさや将来のお口の変化に裏打ちなどで追随しやすいメリットがあります。写真の様に人工歯の噛み合わせ部分を金属やセラミックに置き換えると変形や摩耗が少なく長持ちします。
デメリット 金属床より厚みはあります。この点は慣れで解消する方と気になる方に分かれます。
適用 総入れ歯
費用 \275,000~

金属床(コバルト)義歯

金属床(コバルト)義歯      金属床(コバルト)部分義歯
概要 床の部分が金属で来ている入れ歯です。そのため、冷たい・熱いと感じやすく、食事が美味しく感じることが出来ます。また強度と快適さも優れ、自然な装着感です。汚れがつきにくく、入れ歯特有のにおいが少なく衛生的です。
メリット 頑丈で壊れにくい。薄いため、装着時の違和感が少ない。冷たい・熱いを感じやすい。汚れが付きにくい。
デメリット 部分入れ歯は金属のバネが目立つ場合があります。
適用 総入れ歯、部分入れ歯
費用 ¥275,000~

金属床(チタン)義歯

金属床(チタン)義歯
概要 床の部分がチタン金属で来ている入れ歯です。そのため、冷たい・熱いと感じやすく、食事が美味しく感じることが出来ます。また金属床(コバルト)義歯よりも軽量で、より装着感に優れています。またチタンなので金属アレルギーのリスクもありません。
メリット 頑丈で壊れにくい。薄く軽量であるため、装着時の違和感が非常に少ない。冷たい・熱いを感じやすい。汚れが付きにくい。金属アレルギーのリスクがない。
デメリット 比較的費用が高いことです。
適用 総入れ歯
費用 \347,000~

ノンクラスプデンチャー(エステティック義歯)

ノンクラスプデンチャー
概要 入れ歯を安定させるための歯に引っ掛ける金属がなく人目につかない審美的は部分入れ歯です。一般的には歯に引っ掛ける金属製の針金を、歯と同系色の樹脂で歯に引っ掛けたり、歯茎と同系色の樹脂を目立ちにくい歯の付け根に引っ掛けたりするなど、症例によりデザインは異なりますが、金属が目立たないタイプの入れ歯です。金属を使用していないため、金属アレルギーの心配がありません。自然な口元に追求した新世代の入れ歯です。
メリット 弾力があり壊れにくい。軽くて薄いため、装着時の違和感が少ない。金属製のバネがなく見た目が自然で審美的な入れ歯です。
デメリット 軽く弾力があることが逆にたわみにつながり、強固な入れ歯にはなりません。また先々壊れた場所によっては修理に制約が出る場合があることがあります。
適用 部分入れ歯
費用 ¥171,600~

コーヌス義歯

コーヌス義歯

一般的な入れ歯は残った歯に金属の針金を引っ掛けて入れ歯を安定させますが、コーヌス義歯は針金自体がない構造ですので見た目が奇麗なのが特徴です。針金の代わりに、茶筒のように金属の歯に金属の人工歯をすっぽり被せることで入れ歯を安定させます。茶筒は前後左右にどちらに動かしても蓋は外れませんが、蓋を引きぬくと外れます。この原理を応用した入れ歯です。

針金タイプの入れ歯と比較した長所

入れ歯の中ではトップクラスの安定性があるため、かむ力でも入れ歯がビクリと動かず入れ歯特有のガタつきがありません。そのため大変よく噛め、食べかすもはさまりにくい入れ歯です。
構造上針金がないため、外見上見栄えがよくすっきりとした口元になります。
このように使い心地は入れ歯ではトップクラスで、患者さまの満足度も高い入れ歯です。あごの骨(土手)の痩せが非常に少なく、構造がしっかりしているため中には10年以上前にお作りした入れ歯が今も現役である患者さんもいらっしゃるように耐用年数が非常に長いのが特徴です。

針金タイプの入れ歯と比較した短所

上記のビクリとも動かない高い安定性の裏返しで、取り外しに慣れが必要です。
一般的な入れ歯に比べて精密な入れ歯のため、数日間入れ歯を入れておかないと歯が動いてしまって取り外しがきつくなったり、あまり長期化すると入らなくなることがあります。しかし通常は長期間外すことはありませんので短所とは言えないかもしれません。
構造が複雑な上に精密で作製工程が多いため、一般的な入れ歯に比べて治療期間が長く治療費が高くなります。しかし入れ歯自体は作りがしっかりしているため長期間お使いいただけます。
毎日取り外すものですので、茶筒と同じように長年使うと金属同士が摩耗して入れ歯が多少ゆるくなることがあります。

5

入れ歯の症例

当院では入れ歯治療において多数の症例がございます。
詳しくはこちらの「入れ歯の症例」をご覧ください。

6

当院の入れ歯治療費

即時義歯 ¥55,000

総入れ歯を失くされた時など急ごしらえの簡易的な入れ歯です。入れ歯の完成度は不十分ですがその場を何とかしのぎ、この入れ歯を使いながら正式の入れ歯を作製することが目的です。現在使用中の入れ歯がある場合は必要ありません。

義歯初期治療( 総入れ歯のみ) ¥275,000

仮義歯(仮の入れ歯)を作製し、お口やかみ合わせなどにその入れ歯を合わせていく試行錯誤やあごの位置のズレを修正する治療です。多くの場合、歯を失くす過程で段々あごの位置やかみ合わせが本来の状態からズレてしまっていることがあります。このズレがある状態で入れ歯を作ってもご不満のないいい入れ歯が作れないために、このズレを出来る限り本来の状態に戻すことが目的です。噛むことや見栄えは次の中期治療の目的です。
個人差がありますが2~3か月程度かかります。
あごやかみ合わせのズレがない方は初期治療は必要ありませんし、即時義歯だけなど治療単独をゴールとするものから全ての治療を行うものまでゴールは様々です。お口やあごの状況、現在不満とされていらっしゃる内容、どう改善されたいのか、などを総合して勘案し、どの治療を組み合わせていくのかを治療計画のご説明時にご提案させていただきます。

義歯中期治療( 総入れ歯のみ) ¥220,000

仮義歯を元に治療用義歯(次のステップの入れ歯)を作製し、初期治療で獲得できたものをさらに向上させて、より良い入れ歯に仕上げていく治療です。この治療で噛める、痛まない、外れない、口元が自然など、治療前のご不満の解消を達成することを目指します。患者さま歯科医双方が納得できるレベルになれば、その状態を長続きさせるために次の義歯最終治療に移ります。
個人差がありますが1~2か月程度かかります。
上下の奥歯同士がしっかり噛みあっており、噛み合わせ位置に問題がない症例では途中の治療ステップを省略して、基本的には「義歯最終治療」だけで完了できる場合もあります。

義歯最終治療 ¥275,000

最終義歯(今後使い続ける入れ歯)を作製し、微調整を行い入れ歯に慣れて問題がない状態になれば治療すべてが終了です。
約1か月程度かかります。

7

入れ歯のお手入れについて

入れ歯のお手入れの必要性

入れ歯はご自身の歯と同じように食べかすやプラーク(歯垢)が付着します。入れ歯自体は人工物ですから虫歯にはなりませんが、その汚れが残った他の歯の虫歯や歯周病、入れ歯を支えている歯茎の炎症を起こすこと、口臭や口内炎の原因になるなど、歯と同じように清潔にしておくことが大切です。

入れ歯のお手入れ方法と注意点

落として壊れたり排水口に流さないため、水を張った洗面器の上で掌に乗せて入れ歯の掃除をしてください。
毎食後に樹脂部分は義歯用ブラシを使って優しく磨き、針金など汚れが残りやすい部分は丁寧に磨いてください。
就寝前には義歯洗浄剤を入れたぬるま湯に清掃した入れ歯を漬け置きしてください。(メーカーの指示時間)
漬け置きが終了したら、義歯ブラシを用いてよく入れ歯を洗って洗浄剤を流してください。
消毒目的で清掃や漬け置き時に熱湯を使うと、入れ歯の変形が起こりますのでご注意ください。

8

入れ歯の耐用年数について

どなたにも合致する正確な年数はございません。入れ歯を支えるあごの痩せ方や部分入れ歯であれば残った歯の状態など、入れ歯そのものよりお口の状態が年々変化しますがその度合いが人により違ってくるからです。
基本的に入れ歯は歯と違いあごの粘膜で噛む力を負担しています。本来噛む力を負担するのは骨の役割なのに無理を承知で粘膜に負担させているため、長年に渡ると骨が痩せていく構造になっています。これが年数が経つと段々入れ歯が合わなくなってくる一因です。
正確には入れ歯が変化して合わないのではなく、口の中が変わっていっているとご理解いただきたいと思います。
詳しくは「入れ歯が合わない理由とは」をご参照ください。

9

入れ歯とブリッジの違い

ブリッジ

歯を失くされた後の機能回復方法の一つにブリッジがあります。ブリッジとは図のように失くされた歯の両側の歯を削り失くされた部分も含めて連続した人工の歯をセメントで接着するものです。入れ歯との違いは、

  • 歯を失くされた場所の前後に歯がないとできない(入れ歯はどの場所にでも可能)
  • セメントで接着するので動かずよく噛める反面、取り外しができないため掃除がしづらい
  • 歯をかなり削る必要がある(入れ歯は沈み込みを防止するための爪の受けだけのごく少量で済む)

などです。
どちらがいいという話でなく、それぞれにメリット・デメリットがあるため、今のご不満内容、回復されたい問題の程度などを伺い、お口全体の視点や噛み癖などを考慮してどちらが有利かをご提案させていただきます。

三鷹駅近くの歯医者、高岡歯科医院

〒180-0006 東京都武蔵野市中町1-2-3ミタカハイム1F
三鷹駅北口徒歩1分

Tel:0120-68-0422

診療時間
9:30~12:00 × ×
14:00~19:30 × ×

診療科目

歯科検診・予防歯科
審美歯科
虫歯
ホワイトニング
歯周病
インプラント
入れ歯

診療時間

午前 9:30 - 12:00
午後 14:00 - 19:30

休診日

水曜・日曜・祝日
※祝祭日のある週の水曜日は診療