噛み合わせが合わない

1

噛み合わせが合わない状態とは?

矯正中の子供

噛み合わせが合わない(悪い)状態とは、あごの動きと歯の位置が調和していない、上下の歯同士が噛み合う位置が身体と調和していない、噛み合う状態が他の歯とバランスが取れていない状態です。
こうした状態では一部の歯に強い力がかかり、その歯に痛みや不快感、ぐらつき、しみる、知覚過敏などの症状や、歯軋り、虫歯、歯周病の原因になることもあります。そして慢性的な力は歯の寿命に関わってきます。
また次で述べる全身的な不定愁訴と関連があります。
歯並びと噛み合わせの関係や、前後・左右的な噛み合わせの問題、治療法などは「 噛み合わせ」をご覧ください。

2

噛み合わせのズレと全身の関係

人の身体は無意識に問題のある噛み合わせから「逃げよう」とすると同時に歯同士をこすり合わせて摩耗させることでその噛み合わせを「修正しよう」とする筋肉を慢性的に働かせます。そのために特定の筋肉だけが疲労し、それをかばおうとする身体の他の筋肉の緊張が起こります。
頭を左に傾けてみてください。左側の歯だけが当たるのがお分かりになると思います。噛み合わせと姿勢は関連しています。そのため片側だけで噛む習慣では姿勢が歪み、身体は二足歩行のバランスを崩さまいとして無意識で骨盤や背骨などを歪めてバランスを取ろうとします。
このように歯は骨格の一部を構成しているため、身体は歯の噛み合わせのズレに合わせてバランスを取ろうとします。歯を全て失くされた方の姿勢を見ると、背中が丸くなることが多い理由と考えられます。
この不自然なバランスを取るため働かされる筋肉の負担と先ほど述べた筋肉の緊張によって、頭痛や肩こり、腰痛などを起こしやすくなります。
ただし噛み合わせのズレは頭痛や肩こり、腰痛などの一部の原因になりうるのであって、身体は非常に複雑であるためすべての原因ではありませんのでご注意ください。
噛み合わせも含めた歯の働きの詳細は「意外と知られていない歯の働きとかむこと」をご覧ください。

3

突然噛み合わせが悪くなることはあるのか?

矯正治療に期間がかかることからご理解いただけると思いますが、歯は急には動かず急激な噛み合わせの変化は一般的には起こりません。例外は外傷、詰め物や被せ物など歯の人工物の治療、歯を削る治療です。
しかし実際には日々のわずかな変化であっても、ある日突然変化に気づくことはあります。こうした緩慢な変化で噛み合わせを悪くする可能性のあるものは、歯周病、親知らずの萌出、爪を噛む・頬杖をつく・舌を常に歯に押し付けるなど歯の移動に関わる悪い習慣です。矯正治療は常に弱い力を一定方向に継続してかけ続けることでこの緩慢な歯の変化(移動)を利用した治療です。

4

噛み合わせの治療について

噛み合わせによって損をすることもあれば得をすることもあります。当院では理想論を振り回すのでなく、できるだけ損をしない最小限の医療介入を目指しています。
当院の噛み合わせの治療方法や治療費の詳細は「 当院の噛み合わせの治療方法について」をご覧ください。