口臭

1

口臭の検査方法について

口臭

臭いは順応といって慣れてしまうことが起こり、常に嗅いでいる臭いは感じずご自身では口臭に気が付かない場合も多々あります。電車の中できつい香水に周りは閉口する中、平然としている御本人と同じ状況です。
口臭には実際に口臭がある真正口臭、実際はあまり臭わないのに臭うと感じる仮性口臭、実際は臭わないが臭っていると思い込む口臭恐怖症に分類されます。
この判別や臭いへの慣れの鑑別には検査による判定が必要です。検査にはいくつか方法があります。
ガスクロマトグラフィーや口臭測定器そして官能検査です。

ガスクロマトグラフィーは口臭を測定できる専用の機器になります。臭いの原因になる揮発性硫黄化合物(メチルメルカプタンや硫化水素、ジメチルサルファイド)の濃度を種類別に測定し判定します。臭いをグラフの数値で可視化でき、分かりやすく正確に測定できます。
口臭測定器は揮発性硫黄化合物の濃度を計測し、口臭があるかどうかを検査することができます。ガスクロマトグラフィーのようにそれぞれの成分ごとに濃度がわからないため、ガスクロマトグラフィーに比べると簡易的な検査になります。
官能検査は人の鼻で口臭があるかどうかを判断します。実際に臭いを感じるのは人間であるので合理的ともいえます。しかし臭いの感受性は人によっても違うため正確さに欠けます。

当医院では口臭にお困りの方、口臭が疑われる方には簡易的に官能検査を行います。
また歯周病検査や臭いの原因となる清掃不良などが無いかをお調べします。
原因となっている病気があれば治療を行い、治療終了後再び検査を行います。
治療後には口腔内の問題や病気が原因であれば口臭は減少し改善します。しかしそれでも改善しない場合や、前述した真正口臭以外の口臭に関しては精密に調べる必要があるため専門の科がある大学病院を紹介させていただいております。

2

口臭の治療法について

虫歯が原因の場合

虫歯

虫歯になると歯に穴があきます。その穴の中はハブラシが届かず食べかすの腐敗と共に細菌が繁殖します。
虫歯の穴が大きい、深い、神経や骨の中まで細菌に感染する、多数の虫歯があるなどが起こると口臭が発生します。詰め物や被せ物の間の細かな隙間の細菌も、歯磨きやクリーニングでは除去できないため同じです。

細菌の数を減らすことが最も有効な治療法です。虫歯を完全に除去し詰め物や被せものを入れる、または歯との隙間のない詰め物や被せ物を作り直すなどで細菌が繁殖しないように治療する必要があります。

    

虫歯治療の詳細はこちらへ

歯周病が原因の場合

歯周病

歯周病が進行すると歯周ポケットと呼ばれる歯と歯茎の間の隙間が深くなります。
深くなった歯周ポケットの中まではハブラシは届かないため、プラークが取れなくなり、細菌にとって繁殖しやすい楽園になってしまいます。
また歯周ポケットは空気が届きにくいため時間がたつにつれ菌が成熟して、嫌気性菌と呼ばれる悪さをする菌が増えます。それが臭いの主な原因です。
そして歯周ポケットの中のプラークが歯石になり、さらに菌が付着しやすく、繁殖しやすくなります。こうして歯周病と臭いの進行に加速度がついていきます。
歯周病が原因で口臭が生じている場合の治療法は歯周病の治療と毎日のお手入れです。歯周病はすぐには治りません。歯周病改善には日々の手間と時間がかかりますが、病状の改善と共に臭いは段々減少してきます。
臭いは病気の一つのサインでもありますので、早めに治療をお受けになることをお勧めいたします。

歯周病治療の詳細はこちらへ

病気などが原因ではない口臭の場合

口臭の原因

人は動物です。体の表面には細菌が多く存在します。お口の中も同じように様々な細菌がいます。そのため、病気でなくても体臭と同じように口臭がどなたにでもあります。一日の仕事を終えた後は体臭がしますが、体を洗うとその臭いはおさまります。
それと同じように口臭も状況により弱い時もあれば強く感じる時もあります。
このような朝起きた時、お腹が空いている時、心理的に緊張した時など病気でない状態でもどなたにでも起こり得る口臭を生理的口臭といいます。
体の表面と比べると口の中は唾液で水分が豊富であること、食事などで栄養が豊富であること、常に外気に触れていないため換気性が悪い上に体温が逃げにくく保温性が高いなどにより細菌がより繁殖しやすい環境だからです。

口臭が気になるという方はこちら

体の病気が原因の場合

口臭の原因の90%はお口の中にありますが、お口に対する口臭治療を行っても改善しない場合や口臭を伴う全身の病気がある場合は、体の病気に対する治療が必要になります。
関連する病気は口腔癌、鼻やのどの病気(副鼻腔炎や咽頭・喉頭炎)、呼吸器系の病気、消化器系の疾患、糖尿病など様々なものがあります。
特に糖尿病は免疫力が低下する病気のため、歯周病を悪化させることがわかっています。歯周病は糖尿病を悪化させる病気でもあるため、口臭の観点からも歯周病治療と並行して糖尿病治療を行うことが大切です。
当院ではこのような相互に関わる病気間の医科歯科医療連携を行っており、必要に応じて信頼できるお医者さんを紹介させていただいております。
口臭が気になるかたや、他にもお悩みがある方はお気軽に当医院にご相談ください。