矯正歯科

1

矯正歯科について

矯正歯科とは何か?

歯を指す女性

悪い歯並びを放置すると、よく噛めない、発音が不明瞭、虫歯や歯周病に罹りやすい、あごの関節に負担をかけるなどが起こるリスクがあります。その回避策として、基本的には歯を削らずに悪い歯並びとかみ合わせを修正して、きれいな歯並びにするのが矯正治療です。
歯に小さなボタンのような装置を接着し、その装置に引っ張ったり押したりする弱い力を継続的にかけることで歯をきれいな歯並びの場所まで動かしていきます。急激な歯の移動は歯にとって障害になるため、期間をかけてゆっくり動かしていきます。これが矯正治療には期間がかかる理由です。

大人と子供の矯正の違い

笑顔の子供

大人は成長発育が止まっているのに対して、子供は成長発育の際中のため歯の大きさは変わりませんが骨の大きさが変化する可能性が大きいことです。そのため子供の矯正治療は顎の骨の成長を利用できることと、成長発育の方向を調整することで治療結果に有利に働くことです。
治療により歯を綺麗に並べ、しっかり噛めるように適切なあごの発育を促すことができます。
一方で大人は成長を見込めないため、大半は現状の骨の範囲内の歯の移動に限定されます。そうした面で子供は矯正治療結果面では有利です。しかし子供の成長量を完全に予測することが難しい不確定要素があることと、成長に合わせて治療を行うため治療期間が長くかかること、成長が止まるまで変化が起こる可能性があるため監視の目が離せない点があります。しかし体と骨の柔軟な子供は歯の移動自体は早い傾向にあります。
当院は可能な限り抜歯をしない方針を取っているため、子供の成長発育のコントロールにより抜歯矯正の可能性が低くなる傾向にあります。成長とは日常的に変化することです。変化するのが当たり前の子供にとって、治療による変化も子供は柔軟に取り込むことができる反面、大人は変化にシビアな面があります。

2

矯正歯科について

矯正の種類

表側矯正

歯の表側に装置をつける一般的な治療法です。装置や針金が見えるデメリットがありますが、次で述べる裏側矯正に比べて針金の長さが同心円状に長くなるため、歯に優しい力がかけられるため根の吸収などのトラブルが少ないこと、しゃべりにくさがない、舌が邪魔にならず調整時が楽な点がメリットです。以前は金属製の装置が主でしたが、現在は歯と同系色のセラミック製の装置があるため以前より目立ちにくくなっています。
治療費は治療期間や症例により異なりますので、計画説明時にご提示させていただきます。

裏側矯正

歯の裏側に装置をつける治療法です。装置や針金が見えないことがメリットですが、表側矯正で述べた針金の長さが短くなり歯に加わる力が比較的に強くなることなどがデメリットです。また表側矯正では歯につける装置と頬粘膜の接触で一時的に口内炎ができることがありますが、頬の粘膜は比較的早く慣れるのに対して、裏側矯正は舌に傷や口内炎ができることがあり、常に動く舌の方が馴染みにくいと私は考えています。
また舌は無意識で装置を避けるために後ろに下がることがあり、舌が後方に下がると下あごも後方に下がり、かみ合わせが狂いやすい、またあごの関節のトラブル(顎関節症)を起こすリクスがあると考えています。こうしたリスクと見えないというメリットを勘案するとリスクの方が大きいと私は考えているため、当院では裏側矯正を行っておりません。

マウスピース矯正

マウスピース矯正とは、歯に装置を接着せずにマウスピースを使って歯を動かす矯正治療のことをいいます。
マウスピース矯正のメリットは矯正装置が目立たないことと、装置を外せば歯磨きがしやすいことです。デメリットは装置を用いる従来の矯正方法に比べて細かな歯の移動が不得意な点、大きく歯並びを修正する必要がある症例には使えない点、歯の上に被せて口が閉じにくい状態で一日の大半を装着しなければならない点、自由に取り外せるため装着時間が短いなど使い方によって治療結果が大きく変わることなどです。
歯の移動は弱い力を一定方向に持続的に加えることで起こります。取り外しの頻度や先ほど述べた短い装着時間の繰り返しによって、押したり押さなかったりと歯を揺さぶることになり歯と骨にとって悪影響があると私は考えています。これでは好ましい治療結果が得られないどころか歯と骨に負担をかけてしまいます。こうした欠点が理由で当院ではマウスピース矯正を行っておりません。

部分矯正

歯全体の矯正ではなく、一部の歯に限局した矯正治療を部分矯正といいます。前歯に限局した矯正だけでなく奥歯の矯正もあります。部分矯正のメリットは治療期間が短期間で治療費が少なくて済む点です。デメリットは歯並びが悪くなった原因が他にある場合には後で述べる後戻りをしやすいことです。

前歯の軽度の、出っ歯、すきっ歯、叢生(ガタガタ、乱杭歯)を部分矯正で治せる場合もありますが、すきっ歯を除いて歯と歯の間にスペースがなく歯を薄く削って歯の幅を狭くする治療が一般的です。しかし歯を薄くとはいえ削れば虫歯のリスクが増えます。そのため本来は部分矯正でなく全ての歯の矯正をする方が好ましいと考えています。

部分矯正が最も有効なのが、歯を失って手前に倒れてきた大人の奥歯を元に戻す(起こす)症例です。斜めに倒れている歯には噛む力のベクトルの力で歯がさらに倒れてきます。倒れこむ側の骨が溶け、歯には横方向の力がかかって割れたりヒビが入りやすい環境です。こうした問題は歯の寿命に関わるため、部分矯正により倒れ込んだ歯を元に戻すのが最も有効です。治療期間も2~3ケ月と短期間で費用は¥100,000程度です。

3

矯正治療後の後戻り防止について

歯は周りから受ける力のバランスがとれた位置に動きます。矯正治療は歯を動かしたい方向に力を加えて力のバランスが取れた位置に歯を動かす治療です。矯正治療が終了すると治療のための力が加わらなくなるため、歯は元の位置に戻ろうとする作用が働くことと、矯正後の歯の位置での新しいバランスを取ろうとします。これがせっかく獲得したきれいな歯並びが崩れる後戻りです。
抜歯矯正など奥歯が手前に傾斜した状態、頬や舌で歯を押す力ときれいな歯並びの不調和、歯の形やかみ合わせなどで歯を動かす方向の力が入る、などが原因と考えらえますが、現在の医療では個人個人異なる力を判断する方法がなく、程度の差はあれ完全に後戻りのない治療は不可能です。
後戻りを防ぐために、矯正治療後には必ずご自分で着脱可能な保定装置(リテーナー)を矯正後の歯の位置で骨が安定する一定期間装着する必要があります。また叢生(ガタガタ、乱杭歯)であった場合は前歯の裏側に細い針金を接着して歯が戻らない配慮が必要です。針金は裏側(舌の側)につけるため人目につきませんのでご安心ください。リテーナー装着の目安は治療後約1年は食事や歯みがきの時以外の24時間、装着期間は矯正治療期間の半分~同期間で1年を過ぎれば装着時間は少しずつ短くすることができます。
先にご説明した後戻り防止の難しさから、この保定装置の使用終了後にも歯が多少後戻りするリスクがあるため定期的な検診は必要です。

4

矯正治療に関する当院の考え方

院長カウンセリング

16年前の開業以来できるだけ歯を削らない方がいい、できるだけ歯の神経を取らない方がいい、できるだけ歯を抜かない方がいい、と言い続けてきました。近年その一部がだいぶ理解されてきているようです。
その考え方の源流は人の身体はまだまだ未知な部分がたくさんあり、自然のものの大切さ、奥深さ、人工的なものの限界を肌で感じていることにあります。矯正治療に関しても「きれいな歯並びが生体にとって受け入れられる範囲内なのか?」現代の医学では本当の正解を見つけられていないと私個人は思っています。
そのため、外見の問題だけでなく歯や噛むことなどの機能面、適切な発育の獲得ができて、成長発育によって変化を受け入れやすい子供の矯正治療は積極的に取り組んでおりますが、大人の矯正はこうした疑問からできるだけ最小限の矯正治療がいいのではないかと考えております。

目立たない矯正を掲げて、裏側矯正やマウスピース矯正が今の時流であるかのごとく情報が流れているようです。
それらでいい治療結果が確約できるのであれば、患者さんのご希望にも沿えるため反対する理由はありません。しかし治療の障壁を低くすることと、リスクを最小限にする私の考え方が一致しないため当院ではそれらの治療を行っておりません。
こうした考え方は私独自のものでありマイナーな考え方であることを申し上げておきます。