歯並びを治したい

1

歯並びでお悩みの方へ

お悩みの歯並びの種類について

不正な歯並びには、出っ歯(上顎前突)、受け口(下顎前突)、開口、かみ合わせが深い、歯のでこぼこ(がたがた)、すきっ歯などがあります。
治療前に頭と上下の歯の位置関係をレントゲン検査で調べ、原因を突き止めます。
年齢、骨の幅や大きさ、歯のサイズ、6歳臼歯・糸切歯の上下の関係などの状態によって治療法は変わります。
基本的にはマルチブラケット装置(歯に小さなボタンのような装置を接着)にワイヤーを通して歯の移動を行います。

2

出っ歯(上顎前突)を治したい

出っ歯(上顎前突)とは?

出っ歯(上顎前突)

上の前歯が下の前歯よりかなり前に出っ張っている状態です。

出っ歯(上顎前突)の原因

下の歯か上の歯、またはその両方に原因がある可能性があります。
下の前歯が奥に引っ込んでいるため見かけ上、上の前歯の出っ張って見えることもあります。

出っ歯(上顎前突)に適した治療法

出っ歯だけの矯正は困難なことが多く、出っ張った歯を引き込むためのスペース作りや他の歯との調和を取るためにお口全体の矯正治療になることが一般的です。
下あごが後ろに下がっている場合に、バイオネーターと呼ばれる取り外しのできる装置で下あごの成長促進と奥歯の噛み合わせを修正する場合もあります。
原因や上記状況により治療法が変わりますが基本的には歯に接着するマルチブラケット装置と針金を使う治療になります。

3

受け口(下顎前突)を治したい

受け口(下顎前突)とは?

受け口(下顎前突)

下の前歯が上の前歯より前に出っ張っている状態です。

受け口(下顎前突)の原因

上下の前歯の傾きに原因がある場合や、上のあごの大きさが小さい、下のあごの大きさが大きいなどが原因です。

受け口(下顎前突)に適した治療法

歯並びを矯正治療で修正できるのは骨がある範囲内に限局されるため、過度の受け口には外科的に骨を短くする手術があります。
上あごの大きさが小さい、特に幅が狭い場合に取り外しのできるサージタルアプライアンスと呼ばれる装置で上あごの幅を広げ、成長を促す場合もあります。
原因や上記状況により治療法が変わりますが基本的には歯に接着するマルチブラケット装置と針金を使う治療になります。

4

歯のでこぼこ(叢生・乱杭歯・八重歯)を治したい

歯のでこぼこ(叢生・乱杭歯・八重歯)とは?

叢生

歯並びが隣の歯と一列に並んでおらず、前後に出たり引っ込んだりしてでこぼこの歯並びを叢生(そうせい)や乱杭歯(らんぐいば)と呼び、糸切歯が前側に飛び抱いている歯並びを八重歯と呼んでいます。

歯のでこぼこ(叢生・乱杭歯・八重歯)の原因

歯が並ぶための骨の大きさと歯の大きさのアンバランスが原因です。多くは骨が小さく歯が並びきらないことが原因ですが、乳歯を虫歯にされて形が変わった、乳歯を失ったなどで6歳臼歯が前方に移動したことが原因でも起こることもあります。

歯のでこぼこ(叢生・乱杭歯・八重歯)に適した治療法

八重歯や飛び出ている歯を歯並びの列の中に戻すための歯と歯の間のスペースがない場合、八重歯や飛び出ている歯だけの治療は不可能です。他の歯も矯正で動かして糸切歯や飛び出ている歯のスペースを作らないと歯並びを治すことができません。
骨(アーチ)の幅が狭いことが原因の場合は、クワドヘリックスやバイヘリックスで幅を広げることもあります。
原因や上記状況により治療法が変わりますが基本的には歯に接着するマルチブラケット装置と針金を使う治療になります。

5

すきっ歯を治したい

すきっ歯とは?

すきっ歯

歯と歯の間に空間(隙間)がある歯並びです。ただし乳歯が生え変わり始める6~7歳頃の前歯の小さな隙間のすきっ歯は正常です。乳歯より生え変わる永久歯の幅が広いため、すきっ歯でないとサイズが合わないからです。
永久歯に交換しても歯と歯の間に空間(隙間)が残っているのが問題のあるすきっ歯です。

すきっ歯の原因

元々歯の幅に対して骨が大きいまたは歯が小さいサイズのアンバランスがある場合、歯を失った・生えてこなかったなどで歯の本数が少ない場合、下を前歯の裏側に押し付ける癖、指しゃぶり、爪を噛む癖、かみ合わせの問題などが原因となります。
また上の真ん中の歯2本の間が空いている状態を正中離開と呼びます。上唇小帯という上唇と歯茎がつながっている肉(小帯)の位置や長さに問題があって起きます。

すきっ歯に適した治療法

悪い癖がある場合は癖の改善が必要です。過度のサイズのアンバランスでは、ある程度のすきっ歯を許容するか、人工の歯を貼り付けるなどの方法で隙間を埋める方法もあります。本数が少ない場合は上下の歯同士がうまくかみ合わせられないため、人工の歯やインプラントを入れて上下の本数を合わせることもあります。
原因や上記状況により治療法が変わりますが基本的には歯に接着するマルチブラケット装置と針金を使う治療になります。

6

開口(オープンバイト)を治したい

開口(オープンバイト)とは?

開口(オープンバイト)

上下の歯を噛んで合わせても、主に前歯がかみ合わない状態です。

開口(オープンバイト)の原因

下を前方に押し出す癖、指しゃぶり、遺伝などが原因です。

開口(オープンバイト)に適した治療法

悪い癖がある場合は癖の改善が必要です。
原因や上記状況により治療法が変わりますが基本的には歯に接着するマルチブラケット装置と針金を使う治療になります。

7

歯並びは自力で治せるのか?

悪い歯並びにはそうなった原因があります。原因は歯並びの悪い場所以外であることが多く、その歯だけでなくお口の歯全体、歯を支える骨、そして上下の歯の噛み合わせまで考えて歯並びを治す必要があります。
また歯が動くメカニズムをお話ししますと、弱い力を一定方向に持続的に長期間かけると歯を支えている骨に吸収と添加が起きることで歯が動きます。この連続で骨の中を歯が動いてくるのです。ご自分の指で一定方向に弱く何か月も休まず長期間押し続けることは不可能です。仮に日中できたとしても夜間寝ている間に元に戻ってしまいます。
こうした2つの理由によりご自分では矯正は無理だと考えます。

8

お金がないけど歯並びを治したい場合にはどうすれば良いのか?

原則的に矯正治療は保険が適用されない自費治療になります。(下記に例外を記載)
当院では毎月の調整費などのご負担で治療期間が長くなれば治療総額が増額することを避けるため、治療計画のご説明時にご提示させていただいた治療費のみのご負担とさせていただいておりますが、矯正治療は治療期間が長く、治療費が高くなる傾向にあります。
そのため当院では一度にかかるご負担を軽減するために、窓口による治療期間内の医院による分割払い(金利・手数料不要)、デンタルローン(ローン会社やクレジットカード会社)をご利用いただけます。

また審美目的でなくかみ合わせ改善を目的とした矯正治療は医療費控除の対象になる場合があります。年間に支払った医療費が¥100,000を超えた場合に確定申告をすれば税金が戻ってくる仕組みです。詳しくは最寄りの税務署にお問合せ下さい。
唇顎口蓋裂など国の定めた特定疾患に該当し、認定医療機関(当院は不認定)での矯正治療は保険適応となります。認定医療機関は「自立支援指定医療機関」「育成・更正医療指定機関」「顎口腔機能診断施設」で検索されてみてください。