入れ歯

「入れ歯とはこんな程度のもの、後少しこうなってくれればいいな」と一部あきらめの気持ちを思っておられないでしょうか?
物事は往々にしてコインの表裏のように良い面と悪い面を併せ持っています。しかしその方の感受性や価値観などにより嫌な部分や嬉しい部分が人により異なっており、入れ歯に対する感じ方は千差万別です。
他の人はどうであれ、御自身にとっての不満や喜びを解決・獲得するためにどんな入れ歯が適当なのか、それとも入れ歯以外の選択が相応しいのかを吟味することが快適な食生活のために必要だと考えています。
医食同源を持ち出すまでもなく、食べることは本来楽しいものです。「お墓の前にお供えされるのでなく、それを今食べたい」とご老人がおっしゃった言葉が今も忘れられません。入れ歯も多種多様ですのできっとあなたに合った入れ歯と出会うことができると思います。

入れ歯の役割

噛む機能、楽しい食生活の回復

歯の主な役割は噛む=栄養補給です。歯が抜けてしまったり、ご自身に合わない入れ歯をお使いの方は噛み応えのある食べ物を敬遠されてしまうと思います。好きなものを食べられない、周りの人と同じものを食べられないということが原因で、外に出かけなくなったり家族の輪の中に入りづらくなったりと、食生活をきっかけにして人生を十分に楽しめなくなってしまいます。「今楽しまなくて、いつ楽しむのか」をお考えになって、ご自身に合う入れ歯を信頼できる歯医者さんと一緒に選んでみて下さい。

脳の活性化

最近の研究によると、噛むことで認知症の予防になっていることが明らかになりました。噛むという行為によって、それ自体が脳への刺激になりますし、食べ物を味わうことや美味しいという感情も脳への刺激になります。

審美・心理的回復

歯が抜けたままの状態や、「噛めればいい」というだけの入れ歯では、口元が引っ込んでしまって張りがなくなり、しわが増えて老人的な顔つきになってしまいます。審美性も考慮した入れ歯により、自由に食事ができることや顔貌に自信を取り戻すことで、生活に活力が生まれます。さらに発音も明瞭になることで人との会話が弾み、人との関わり合いが楽しくなることでしょう。

残っている歯と歯茎を守る

「まだ他の歯でしっかり噛めるから」と歯が抜けたまま放置していると、残った歯にかかる負担が大きくななってしまいます。また、隣の歯が傾いてきたり、噛み合う歯が伸びだすなど、歯全体のかみ合わせを歪めることになることが多く、残された歯の寿命を縮めてしまいます。入れ歯でこの負の連鎖を止めることが重要なのです。

当院の入れ歯治療

まずはカウンセリングで現在のお悩みやご希望をお伺いします。そしてお口の中の現状を把握をし、選択肢のご提示、メリット・デメリットのご説明をさせて頂きます。

方針が決まったら、次は治療計画のご説明です。治療の特徴や推定治療期間、費用などをご説明します。患者様のご了解が得られましたら、入れ歯の製作に入ります。

入れ歯は1回の製作でジャストフィットすればそれが一番楽なのですが、それがうまくいかないので入れ歯でお悩みの方が多いのです。保険適用の入れ歯は1回しか作ることができない決まりなので、保険の入れ歯が合わない、痛くて使えないとお困りの方が多いのはそのためです。しかし自費の入れ歯は違います。当院では、最初に製作した入れ歯を、何度も修正を繰り返しながら患者様に本当に合ったものに成長させていき、問題点がなくなったその入れ歯を元に今後長く使う最終的な入れ歯を作り直します。

最初の入れ歯は問題点やかみ合わせ、入れ歯の外形など時間をかけて修正を繰り返し、最終的な入れ歯を模索するため、また問題点を解決するための試行錯誤をする入れ歯です。修正で具合のいい入れ歯になっても修正に修正を重ねて見た目が悪くなった入れ歯を今後長く使い続けられて綺麗な入れ歯に仕上げたものが2つ目の最終入れ歯とお考え下さい。

入れ歯の制作後は、できるだけ末永くお使い頂けるように定期検診にお越し下さい。ご自分では気が付かない些細な問題を早期に見つけ、悪化してしまう前に解決しましょう。

入れ歯を長く使うためには定期検診が必要

入れ歯をお使いになるなら、お手入れが大変重要です。入れ歯は天然歯と同様に汚れや歯垢が付着するので、ご自身の他の歯の虫歯や歯周病を誘発します。また、入れ歯を支えている歯茎の炎症や口臭の原因にもなります。残っている他の歯や歯茎を守るためにも、入れ歯は清潔に保ちましょう。また、入れ歯を支える骨は段々と痩せていきます。その結果お口に合っていない入れ歯になります。そうした入れ歯を使っていると、支えている歯に過度の力がかかったり、歯茎の下の骨が余計に無くなり入れ歯を支える能力が低くなってしまいます。

しっかり噛め、外れたりずれにくい入れ歯を使い続けるには、歯と歯茎、骨の健康がとても大切です。悪いところがないか定期健診も欠かさないようにしましょう。