義歯の選び方

義歯(入れ歯・ブリッジ・インプラント)の選び方

「どれも一長一短ありそうだし、一体何が自分に合っているのかわからない」「知人はブリッジで問題ないといっているから自分もそれでいいのではないか」などとお考えではないでしょうか。
知人とあなたでは嚙む力、嗜好品、歯の神経をなくした歯なのかどうか、失った歯の場所や本数、また食に対する感じ方や喜び度合いなど様々なものが違います。知人にはよくてもあなたは違うのかも知れないのです。こう言われればさらにわからなくなってしまうことでしょう。ですからそのために私たちがいるのです。ご本人のご希望を丁寧に伺い、お口の状態を鑑みて最適なものをご提案いたします。

歯を失くしてしまった時の治療として、入れ歯・ブリッジ・インプラントの選択肢があります。当院は特に、ブリッジとインプラントどちらがいいのかと相談をされることがよくあります。入れ歯に関しては、ブリッジもインプラントもやらない方が消去法で選択されているような実感があります。ただ、自費の入れ歯になりますが機能性が優れた入れ歯もございますので、入れ歯に関してもぜひ前向きにご検討頂ければと思います。

インプラントについては他の補綴物に比べて見た目や機能性がとても優れていますが、場合によってはインプラントよりブリッジの方が見栄え上は優れている場合もあります。ブリッジは使用した感覚も、異物感が少なく、入れ歯と違ってセメントで固定させるので、硬いものでもしっかりと噛むことができます。

患者様のお口の状態は千差万別ですし、その人によって重視することや好みがバラバラです。患者様だけでなく、治療する歯科医院側も十人十色です。治療の経験から得た知恵、判断力、感性が歯科医によって異なります。

それぞれの患者様に対してお口の状態の分析、治療計画、ケースごとに異なるメリットとデメリットをしっかり説明させて頂き、ご納得を得られるかどうかが重要だと考えております。勇気を出して、信頼できる歯医者さんで相談してみて下さい。
きっとあなたにとって最適なものと出会えると思います。

入れ歯・ブリッジ・インプラントの違い

3つの選択肢と
特徴
入れ歯
入れ歯
他の歯に針金を引っ掛け、取り外しできるもの
ブリッジ
ブリッジ
両隣の歯を削り、セメントで固定するもの
インプラント
インプラント
歯と同様に骨の中に植えて歯の代用をするもの
噛める能力 × 歯の60%未満 〇 歯の100%未満 ◎ 歯と同等
歯を削る必要性 〇 多少削る × かなり削る ◎ 全く削らない
歯に負担をかける × 負担をかける × 負担をかける 〇 全くかけない
異物感 × 大きい 〇 ほとんどなし 〇 ほとんどなし
見栄え × 針金が見える 〇 自然感あり 〇 自然感あり
ガタつき × ガタつく 〇 動かない 〇 動かない
特徴 掃除がしやすい 神経のない歯は要注意 残った歯の寿命に貢献
費用 保険
自費 ¥275,000~
症例により異なります
保険
自費 ¥140,000~¥450,000位
両隣を含めて3本
自費のみ
¥400,000~¥500,000位
他の歯を含まず1本