歯が痛い

1

歯が痛い原因

歯を痛がる女性

虫歯による歯の痛み

虫歯の進行程度によって痛みの種類が変わります。初期の虫歯はほとんど症状がなく気が付かないことが多いのです。
中期の虫歯では冷たいものがしみる、歯ブラシが触れると痛い、物がつまると痛い程度となります。
しかし歯の内部の神経にまで虫歯が進行するとそのような中期の症状だけでなく、冷たい物や熱いものの温度変化で痛い、甘いものがしみて痛い、何もしていなくても痛い、噛むと痛い、歯がズキズキ強烈に痛いなどの症状が出てくるようになります。

歯周病による歯の痛み

歯と歯茎の境目から細菌が入り歯周病を発症します。歯周病は痛みが生じないことが多く、沈黙の病気と言われています。
初期は症状が出たとしてもしみたり、異和感がある程度ですが、進行すると噛むと違和感や鈍い痛み、噛み切れない、歯茎が腫れる、歯茎から出血するなどの症状が出てきます。
さらに進行すると激しい痛み、噛むと激痛がする、膿が出るなどの症状になります。

歯ぎしり・食いしばり・噛みしめ癖による歯の痛み

歯が背負うことができない程の強い力や歯の限界は超えない弱い力であってもそれが持続的に長時間続いた場合に歯自体と歯茎には問題がなくても歯が痛むことがあります。
歯がすり減るほどの強い力がかかる歯軋り、就寝時や日中の上下歯同士の常態的な接触である食いしばりや噛みしめ癖などです。
わかりやすく例えると、歯が突き指をした状態だとお考え下さい。

歯ぎしりの詳細はこちらへ

歯をぶつけた・硬いものを噛んだ場合の歯の痛み

先ほどの「歯軋り・食いしばり・噛みしめ癖」同様に歯の限界を超える強い力が一時的にかかった結果の痛みです。
歯と歯を支える組織に問題がなければ安静にして放置すれば治りますが、歯がぐらついたり、歯の位置がズレたりした場合は治療が必要です。

歯が割れた・欠けた場合の歯の痛み

歯が欠けたり割れたりすると、歯が痛んだり、歯の中の神経が痛んだり、歯を支える組織が痛んだり様々なケースがあります。
そのため、歯がどのように割れたり欠けたりしたのかをしっかり調べる必要があります。割れ方欠け方により、治療法が大きく変わります。
また歯が割れた・欠けた原因を調べ、原因を解消し、再び割れたり欠けたりしないようにしなければなりません。

歯と歯の間に物が詰まった場合の歯の痛み

歯と歯の間が空いている場合や、隣合う歯同士の背丈が違う場合、歯と歯の間にかみ合う歯が当たる場合などによく食べたものが詰まります。
物が詰まると歯同士が股裂きになっている状態ですので、歯が押されて痛みを感じることがあります。この痛みの特徴はデンタルフロスや糸ようじで詰まったものを除去すると痛みがなくなることです。
詰まったら取ればいいと安易にお考えにならないでください。よく物がつまる場所は虫歯と歯周病の起きる場所でもありますので、詰まらない状態に改善することをお勧めいたします。

その他

非歯原性歯痛と呼ばれる歯に原因がない痛みもあります。
口の周りの筋肉や三叉神経痛、帯状疱疹、片頭痛などの神経血管性の痛み、心因性の痛みなどです。

2

歯が痛い場合の治療法

院長のマイクロスコープ治療

虫歯の治療法

初期の虫歯の治療は虫歯を除去した部分を人工的な材料で埋め被せることでまた以前と同じように噛むことができます。
一方で歯の内部に虫歯が進行した場合は細菌に感染した神経を取り除き、消毒した後に人工的な歯を被せるケースが大半になります。
さらに虫歯が進行してあごの骨の中にまで感染が広範囲に拡大したり、虫歯にかかっていない歯質の量が極端に少ない場合には歯を抜くことをお勧めせざるを得ないこともあります。
このように治療内容は虫歯の進行程度によって変わってきます。

虫歯治療の詳細はこちらへ

歯周病の治療法

歯周病の進行度合いによって治療内容は変わりますが、重症の場合は抜歯しか治療法がないこともあります。

歯周病治療の詳細はこちらへ

歯軋り・食いしばり・噛みしめ癖の治療法

ナイトガードと呼ぶマススピースを装着することで歯同士が直接接触するのを和らげる治療法がありますが、原因がこれらの行為である以上、それをやめない限り完全に痛みはなくなりません。

歯と歯の間に物が詰まった場合の治療法

詰まらないようにする方法としては、歯と歯の間に隙間がある場合は詰め物や被せ物でその隙間を埋める治療が必要です。
歯と歯の間に隙間がなくて詰まる場合は噛み合わせによることが多いので噛み合わせ修正が必要になる場合があります。
症例により対応が異なりますので医院でご相談ください。

3

虫歯ではないと診断されたのに歯が痛い

歯の痛みで受診したものの歯や歯茎には何の問題もないと診断されてセカンドオピニオンとして当院を受診される方々が最近散見されます。その多くが無意識に歯を長時間弱い力で接触させる癖(TCH)です。
こんな痛みが軽く歯を接触させるだけで起こってしまうことは患者様からしたら信じがたいことかもしれませんが、歯同士の接触をやめた途端、嘘のように痛みが消えた、最近あまり痛まなくなったなど、驚きのお声をいただいております。

詳細は「原因不明の歯と歯茎の痛み」へ