歯がしみる

1

歯がしみる原因

   歯がしみている女性

食べ物をお口に入れる、歯磨きをする度に億劫になる「歯のしみ」、痛みでなくとも不愉快で不便です。
原因は虫歯だけではありません。歯がしみる代表的な病気をご紹介いたします。

知覚過敏で歯がしみる

風に当たったり冷たい飲み物や甘いものなど通常はしみない温度や状況でしみを感じたり、歯ブラシの毛先などが歯の表面に当たると一時的な痛みやピリッと感じる症状を知覚過敏といいます。
口の中の細菌、温度や酸のような刺激から歯を守っている歯の表面にあるエナメル質が次で述べるような理由で一部なくなり歯の内部の歯質である象牙質がお口の中に露出した状況や、本来歯茎で守っている歯の付け根が歯茎が下がることで露出し歯の根の表面のセメント質がお口の中に露出すると歯がしみるという知覚過敏が起こります。

虫歯で歯がしみる

初期の虫歯では歯がしみることはありません。虫歯で歯がしみるのは虫歯が歯の内部の神経近くまで進行して神経を刺激したり、歯に穴が開いて断熱効果や刺激遮断の働きのある歯質の厚みが減少したために冷たいものや甘いものを感じやすくなるからです。
逆から見れば歯がしみるということは、虫歯がかなり進行してしまった証拠でもあるのです。そして細菌の感染がすでに神経にまで到達している場合もあります。
ご本人が虫歯で歯がしみて虫歯に気づいた時は、手遅れになっていることが往々にしてあることをご理解ください。これが私たちが症状もないのに定期歯科検診をお勧めする理由です。

虫歯の詳細はこちらへ

歯周病で歯がしみる

歯周病の初期は歯茎から時折出血がする程度でほとんど症状がありません。しかし歯周病が進行するとあごの骨を溶かし骨の高さが低くなるため、骨にくっついている歯茎が痩せて下がり歯の根の部分が口の中に一部露出するようになります。口の中の入ってくる冷たい飲み物や甘い食べ物などの刺激を以前は骨や歯茎で覆い遮断していましたが、この露出によって遮断できなくなって歯がしみる症状が出てきます。この露出は力を入れて強く歯みがきすることでも起こりますので力の入れ過ぎにご注意ください。

歯周病で歯がしみるということは、すでに歯周病がかなり進行してしまったことを意味します。しみる症状は歯周病の症状の中ではまだましなもので、ぐらついてしっかり噛めない、歯茎が腫れて痛い、噛むと痛いなどを経て最後には歯を失うことがあります。現在成人の歯を失う人の5人に4人が歯周病です。老後の食生活を左右する歯周病をしみるだけと軽視せず、治療によって進行を止めることをお勧めしたします。

歯周病の詳細はこちらへ

歯ぎしり・食いしばり・噛みしめ癖で歯がしみる

歯は噛むために使いますので、歯の摩耗は誰にでも起こる現象です。人類は30万年以上もの長い年月で今の身体に進化してきました。いくら硬いものが好きでも食事中の歯同士の接触時間はわずか20分ほどで、食事で歯を使う程度でトラブルが起こるようなら種として生存できていません。歯のしみが起こるのは食事以外で歯を摩耗させたり、歯に力をかけるため歯の表面の摩耗や歯の付け根のえぐれが起こることで発生します。

歯の摩耗やえぐれは力を入れてゴシゴシと強く歯みがきすることでも起こりますが、多くは歯軋り・食いしばり・噛みしめ癖です。こうした癖の共通点は食事以外で上下の歯同士を長時間接触させることです。接触すると歯と歯茎の境目付近に応力がかかり、歯の表面に目では見えない程度の微細なヒビが入ります。この応力が習慣的に長期間続くとヒビ同士がつながって歯がまるで楔を打ち込んだようにえぐれてきます。
えぐれが大きくなると爪を歯と歯茎の境目付近に当てて引っかかりを感じることができます。えぐれた分だけ歯質の厚みが薄くなり知覚を感じる内部の歯質(象牙質)が露出した状態ですので、冷たいものや甘いもの、歯ブラシの毛先などの刺激に敏感になり痛みを感じます。

歯ぎしり・食いしばり・噛みしめ癖の詳細はこちらへ

2

歯がしみる場合の治療法について

虫歯治療

知覚過敏で歯がしみる時の治療法

軽症の場合は歯磨き方法の改善や知覚過敏抑制効果のある歯磨き剤や薬剤で経過を見ることがありますが、それで効果がない場合や歯がすり減っていてしみがひどい場合はプラスチック樹脂でしみる部分を覆う治療もあります。

虫歯で歯がしみる時の治療法

神経が細菌感染を起こしていれば一般的には神経を除去する治療が行われており、歯がもろくなり歯の寿命は厚生労働省の統計で5~10年短くなっています。

虫歯治療の詳細はこちらへ

歯周病で歯がしみる時の治療法

基本的には歯周病治療を行いながら、症状の経過によっては先ほど述べた「知覚過敏で歯がしみる時の治療法」を併用することになります。

歯軋り・食いしばり・噛みしめ癖で歯がしみる時の治療法

えぐれて凹み敏感に感じる象牙質をプラスチックなどで埋め戻す治療や、えぐれが小さい場合には知覚過敏を緩和する薬をつける治療などがありますが、原因である習慣的な歯同士の接触を止めないと治療効果がない、再発を繰り返すことが多いのが実情です。
夜間寝ている間は意識して歯同士の接触に気を付けることができないため、ナイトガードと呼ばれるマウスピースを作製してお休みいただくことをお勧めいたします。上下の歯と歯の間にマウスピースを入れることで歯同士が直接当たらなくなり、またマウスピースの材質が歯より軟かいため、歯でなくマウスピースが摩耗することで歯の損害を軽減することが目的です。