歯ぎしりと食いしばり

歯ぎしりは異常な歯の接触の総称であるブラキシズムの一種です。ブラキシズムは睡眠時や起きている時を問わず、歯を接触させた状態で力強く動かしたり、歯同士をすり合せたり、噛み締めたりするもので、食事以外で歯を強く接触させる悪い習慣です。歯同士の当たり方から後で述べるグライディング、クレンチング、タッピングに分類され咬合神経症とも呼ばれています。

1

ブラキシズムの弊害

割れてしまった歯

ギリギリ、キリキリと音を立てるには、相当強い力で歯同士をこすりつけなければ出せないことをご存知でしょうか。起きている時に試してみてください。小さな音を出すのが精一杯です。なぜなら、そんなに強い力を出せば歯や体が壊れると脳が無意識にブレーキをかけるからです。夜中は脳も寝ているのでブレーキが利かないために音が出せるほどの力が入れられるのです。その結果、歯がかけたり極端な摩耗、歯を支える骨の異常、ひどい場合には歯が割れたり、ポッキリ折れる場合もあります。
また睡眠の問題やこの異常な歯の摩耗が虫歯発生の一因に、強い力によって詰め物や被せ物が取れたり、歯を支える歯肉やあごの骨への障害(歯周病)、咀嚼筋の異常な緊張によって顎の関節の異常(顎関節症)などを起こすことがあります。
自分はギリギリ、キリキリと音を出していないから無関係と安心できません。歯ぎしりには音を出さないものがあるので要注意です。

2

ブラキシズムの症状

  • 歯と歯ぐきの境目あたりの歯の付け根がえぐれるくさび状欠損という状態になってしまう
  • 虫歯でもないのに冷たいものがしみる知覚過敏や歯の痛みが出る
  • 口の中の歯を支える部分のあごが昔より出っ張ってくる骨隆起ができている
  • 朝起きるとあごの周囲の筋肉や関節に異和感や疲労感がある
  • 肩こり、偏頭痛がある
  • アゴの疲れを感じる

上記の顎関節症の症状があれば要注意です。

3

グライディング

上下の歯を臼のように力強くすり合わせる運動です。ギシギシと音を立て歯に異常な強い力が働くので、歯がかけたり異常に摩耗したりして歯の崩壊を招きやすいものです。睡眠時に多く、一般に呼ばれる「歯ぎしり」はグラインディングを指すことが多いのです。
どうして歯ぎしりをするのかは未だによくわかっていませんが、無意識で行う以上脳が関わっていることだけは確かなようです。普段歯ぎしりをしない若者にストレスを与えた後、その睡眠中に歯ぎしりが起こることがあるため、疲労やストレスなど心理的な負荷が関与している面もあるとされています。

歯ぎしりは、歯と歯をすり合わすことによって音をだすことです。最初にすり合わせる歯は、犬歯(糸切り歯)か、第一小臼歯(犬歯の隣りの歯)がほとんどです。その原因は、噛み合わせに関係のある筋肉の緊張やけいれん、自律神経の失調、歯並びの悪さによります。

歯ぎしりの治療は、精神的なストレスや歯の悪い噛み合わせをなくすことから始められます。歯ぎしりの決定的な治療方法はありません。したがって、人それぞれに応じた最適な方法を選びます。最も効果があるのは熟睡です。他にナイトガード(またはバイトガード)と呼ばれるマウスピースのようなものを利用したり、歯ぎしりする歯を削ってかみ合わせを調整したり、自己暗示方法による方法などがあります。

4

クレンチング

上下の歯を余り動かさない状態で強く噛み合わせる状態です。「食いしばり」とも呼ばれます。日中起きている時に無意識に行っていることが多く、また音が出ないために気づかないことが大半で発見が遅れることがあります。
歯ぎしりとよく似ていて同じように歯に負担をかけ、歯の寿命を短くする原因になります。食事以外の時間に歯と歯を接触させる状態です。歯ぎしり同様、本来歯が休んでいるべき時間もガリガリやられたりグッと力をかけられたりするのですから 歯はたまったものではありません。 こうして根負けした歯がお口から退場していくことになるのです。
歯ぎしりと同様にその発生メカニズムは無意識に脳の中で起きることですのでよく分っていません。しかし噛みあわせを調えると減少することがあり、対症療法と合わせて噛み合わせ治療が必要な場合があります。

5

タッピング

食事以外の時に上下の歯をカチカチと噛み合わせる動作のことです。

6

上下の歯を接触させる癖は歯を壊す

ブラキシズムの弊害でも述べましたが、上下の歯を接触させる癖は歯や歯を支える組織だけでなく、歯に詰めたりかぶせたりした人工の歯、インプラントや入れ歯、顎の関節、ものを食べたり口を開ける筋肉への障害が及ぶことがわかっています。歯にとって前述したような大きな力は、何一つ良いことはありません。この行為をしておられる方は単に歯を接触させているだけと軽く考えていることが多く、このようないろいろな問題を起こす出発点だとは露にも思っておられないのが現状です。またこの癖は無意識で行うため、自覚がないことも解決を難しくしています。

歯科医はこの癖の結果で起こる歯の摩耗や特定の運動方向による歯の削れ、舌やほほの粘膜の形状、骨の隆起や筋肉の肥大化などのお口の中の状態から癖の有無を推測しています。ただし、こうした口の中の状態が現れるのには期間がかかり、最近始めた癖は分からないのが欠点です。こうした場合にはマウスピースを使って就寝していただき、マウスピースのすり減り方などで判断することもあります。

歯や人工物、あごの関節まで悪影響があるこうした悪習慣と闘うには根気が必要です。起床時に口や顎に疲労感があったり最近冷たいものがしみるようになられた方は、一度歯科医院での受診をおすすめします。