根管治療

1

根管治療とは何か

根管治療

虫歯などから歯の内部の神経に細菌が侵入すると、歯の神経はとても免疫力が弱いため、薬や免疫力では細菌感染から回復できません。そのためこれ以上の感染の拡大を阻止するために感染してしまった神経や細菌が侵入した歯の内部の歯質を取り除き、内部を消毒する治療が根管治療です。
根管治療は歯科医療の基礎となる治療であり、歯の根を再び噛める歯として蘇らせる治療であり、その歯の寿命を左右するとても大切な治療なのです。

2

根管治療が大切な理由

歯の根は家の基礎と同じように目では見えませんが、その上の歯を支えています。その上にいくら美しいセラミックの被せ物を入れても、歯の基礎ともいえるこの根に問題があればせっかくのセラミックの被せ物を外して再治療する必要が出てきたり、悪くすれば歯を失う事にもなりかねません。
根管治療繰り返すということは被せ物や土台を全て削って外す際にご自身の歯をある程度削る必要があり、歯に多大なストレスをかけます。つまり歯を長持ちさせるには根管治療は何度も繰り返さないようにしっかりと行うべきだと考えています。

3

根管治療が必要な症状

次のような症状がでたら虫歯などから歯の内部の神経等の細菌感染や歯の根の周囲の感染が起こっている可能性があり、その場合は根管治療が必要になります。ただし他の病気でも同じような症状を出すものもありますので検査により原因を特定する必要があります。

  • 歯に痛みがある
  • 冷たいものや熱いものがしみる・痛みがある
  • 噛むと歯が痛む
  • 歯ぐきが腫れたり痛む

根管治療が失敗したときの症状って?

現在根管治療しているが症状が消えない、以前に治療してもらった歯が痛いなどで来院されるケースがあります。そうした時の症状は、上記「根管治療が必要な症状」とほぼ同じです。
歯の根が曲がっていたり、元神経のあった場所が石灰化して治療が難しい、本来歯の神経分布が非常に複雑で個人差が大きいために治療が及んでいない場所の感染などが原因となり、根管治療でこうした症状を取ることができない場合に稀に起こります。しかし不十分な根管治療によるものもあります。
これとは別にフレアアップと呼ばれる治療後の痛みが稀にありますが、慢性化していた細菌による炎症性の一時的な痛みですので、根管治療の失敗とは考えられておりません。

4

精密根管治療

開業以来16年間で把握している限り当院で行った根管治療の再治療は非常に少ないと考えています。その理由は丁寧に治療をしているからだと考えています。
しかし時間と回数をかけて丁寧に行うため、治療期間は一般的にかかる方だと思います。冒頭に述べた根管治療の大切さ、それから受けるメリットを考えれば、今までお世話になった歯への恩返しとお考えいただければ幸いです。

拡大鏡を用いた精密な治療

マイクロスコープ治療

神経が入っている歯の管は細いものでは髪の毛程の太さであり、また歯の内部の細かな変化を肉眼で見て操作をするには限界があります。
見落としや治療精度を向上させるためには問題点が見えなければ始まらないため、当院では拡大鏡を導入して治療レベルを向上させています。

ラバーダムを用いた無菌環境での治療

お口の中の細菌が歯の内部に侵入したことが歯にとって脅威であるため根管治療をするのですから、治療中に歯の中に唾液と共に細菌を入れないことが治療を成功に導くために大切です。
この治療中の細菌の侵入をシャットアウトする一つの方法がラバーダムという薄いゴムシートで歯を防御する方法です。当院でも必要に応じて行っていますが、口全体がゴムシートで覆われるため息苦しく感じられる方や治療後に歯が浮いた症状が出やすい方、唾液の侵入がない場所の歯の治療には、唾液侵入をバキュームで阻止担当するスタッフと共に治療を行っています。

再治療のない根管治療

歯の根っこ

根管治療は歯科医療の中で最も成功率の低い治療だといわれています。その理由は歯の神経の分布が人により様々であることと極細の神経が網の目のように広がっており治療器具が到達しない場所が存在することは避けようがないためです。
一般的にはそうした場所は薬剤によって細菌の死滅を図りますが、治療期間が短いと死に切らない細菌が後になって増殖をして再発することがあります。
そのため当院では来院回数が増えても十分な治療期間を取り、確実で丁寧な治療に努めています。

5

根管治療の流れ

現状と今後の治療方針をご説明しご相談後にご希望に沿って治療を開始します。

虫歯の除去:1日目

最初に虫歯の進行抑制と治療中の再感染防止のため行います。1回の処置で終わります。

歯の内部の治療:1日目

根管治療

歯の内部に侵入した細菌に感染している神経や歯質を取り除く治療です。内部を洗浄・消毒した後薬剤を入れて次回まで継続して消毒効果を待ちます。通常は初回でここまでの処置を行います。

歯の内部の洗浄・消毒:2日目

歯の内部には微細な枝状のトンネルがあり、そこに入り込んだ細菌を死滅させるために内部の洗浄と消毒を繰り返します。
再発を防ぐため当院ではこのステップの回数が多いのが特徴で、内部の状況によって数回行うことがあります。

歯の内部の閉鎖:3日目

歯の内部には元は神経が入っていた管(トンネル)があり、これまでの治療でその中と周囲を消毒してきました。
内部の細菌が死滅した後は、再度外から細菌がその管を通って入り込まないように管をガッタパーチャーと呼ばれるゴム質の材料で根の中を緊密に閉鎖します。一般的に根管治療はこのステップまでです。

6

根管治療の期間

虫歯が大きくなく細菌感染が神経の一部だけの場合は、一般的には「歯の内部の閉鎖」まで約3回の来院で期間は1~2週間程度です。虫歯が大きい場合や感染が根の先にまで及んでいる場合、以前に根管治療を受けている歯の再治療は4~6回の来院で期間は2~3週間程度です。
症例によって回数と期間は異なりますので参考程度にお考え下さい。

7

根管治療の費用

基本的に保険治療になりますので、治療する歯の場所と状況によって¥100程度から¥2,000程度になります。
この他レントゲン撮影などで多少の変動があり、保険点数は改正されますので現時点での3割負担の費用とお考え下さい。

8

よくある質問

根管治療中に痛みはありますか?

状況に応じて麻酔をしますので、基本的には治療による痛みはありません。

根管治療後に痛みは出ますか?また、あるのであればいつまで続きますか?

先に述べたフレアアップによる痛みが稀に起こることがありますが、基本的には治療後痛みはありません。
お痛みがあってご来院された場合は痛みが減少するのに多少時間がかかることがありますが、長く続くことはありませんのでご安心ください。