歯茎が腫れた

1

歯ぐきが腫れた時は何が起きているか

歯肉や骨の中に細菌による感染が起こると、体の免疫が細菌と闘う結果炎症を起こし腫れてきます。すなわち腫れるということは細菌による感染が目に見えないところで起こっている証拠です。
しかし歯肉が時々腫れてはしばらくして元に戻る。余り痛くないのでついつい放置してしまう方がいらっしゃいますが、病気の原因が解消していないので、症状がなくても水面下で病気はどんどん深く大きく進行していきます。次回はもっとひどい症状がでたり最悪歯を失うこともありますのでご注意ください。

2

歯ぐきが腫れる原因

進行した歯周病

歯ぐきが腫れる代表的な原因をご紹介いたします。

歯周病(歯槽膿漏)で歯ぐきが腫れる

歯周病は歯と歯ぐきの境目から細菌が侵入して感染を起こし、歯ぐきが赤みを帯びて出血しやすくなり、歯ぐきの腫れや痛みを出す病気です。
進行すると膿がでる、噛むと違和感や痛みがあるなどの症状がでます。重度になると感染であごの骨まで失くし、最後には歯が抜け落ちてきます。

歯周病の詳細はこちらへ

智歯(親知らず)周囲炎で歯ぐきが腫れる

日本人のあごは欧米人に比べて小さいため親知らずが真っすぐ生えないケースが多いことと、一番奥の歯であるため歯ブラシが届きにくく、また生える途中は一部歯ぐきが歯に被さっている状態であるため、日々の清掃が不十分になりやすい傾向にあります。
この清掃不足で細菌繁殖が起こり、疲れやストレスなどで体の免疫力が落ちると歯と歯ぐきの境目から細菌が侵入して感染します。歯ぐきが赤みを帯びて出血しやすくなり、歯ぐきの腫れや痛みを出すことがあります。

親知らずの詳細はこちらへ

根尖性歯周炎で歯ぐきが腫れる

虫歯から細菌が歯の内部の神経を通り過ぎてさらにその奥の顎の骨の中まで侵入した結果、炎症が起こり歯肉が腫れてきます。骨が一部破壊された後に歯ぐきが腫れるのでかなり重症化している証拠です。

根管治療の詳細はこちらへ

歯の根が割れた、ヒビが入って歯ぐきが腫れる

歯をぶつけた、硬いものを噛んだ、歯軋りなどで歯に強い外力がかかると歯にヒビが入ったり割れたりすることがあります。特に神経がない歯の場合やブリッジの支えになっているケースに多く見受けられます。
神経のない歯はもろく割れやすく、またブリッジの支えになっている歯は歯のない部分の噛む力も負担させられるため他の歯より強い力がかかる構造になっているためです。
仮に見た目には今までと変化ないようでも、そのヒビや割れ目から細菌が内部に侵入して歯ぐきや骨の中で炎症が起こった結果、歯ぐきが腫れてきます。

3

歯ぐきが腫れた時の治療について

歯科衛生士のカウンセリング

歯周病(歯槽膿漏)で歯ぐきが腫れた時の治療

痛みや腫れが著しいときは症状の緩和のため抗生物質や消炎鎮痛剤の服用、その後は歯周病治療に入ります。歯ぐきの腫れが出た時はかなり進行した状態ですので、できるだけ早く受診をされることをお勧めいたします。

歯周病治療の詳細はこちらへ

智歯(親知らず)周囲炎で歯ぐきが腫れた時の治療

清掃不良が基本原因であるため一時的な投薬と丁寧な歯みがきで様子をみることをお勧めする場合もあります。しかし生え方など再発など今後のリスクが大きい場合には抜歯も選択肢の一つになります。

根尖性歯周炎で歯ぐきが腫れた時の治療

治療は投薬と細菌感染を抑えるために歯の内部の感染物質を取り除き内部の消毒を何度か繰り返すことになります。しかし感染が顎の中で大きく広がっている場合には歯の内部からの治療では感染拡大を阻止できず、抜歯するしか方法がないことがあります。これが虫歯の段階の早い時期での受診をお勧めする理由です。

根管治療の詳細はこちらへ

歯の根が割れた、ヒビが入って歯ぐきが腫れた時の治療

この場合は炎症の進行が早いため早急に感染を止めないと歯だけでなくあごの骨まで一気に失うケースが後を絶ちません。原因究明と治療を急ぐ必要があり、状況により治療内容が変わりますので早急に受診ください。

4

歯ぐきが腫れたら

大切なことなので繰り返しになりますが、歯ぐきの腫れは炎症状態があるサインですので、歯ぐきだけでなくあごの骨も炎症状態にある可能性があります。治療で歯ぐきの腫れは比較的早く治りますが、骨が炎症で一度溶けると元に戻りにくいため早急に原因を調べる検査をお受けになられることをお勧めいたします。
歯が割れる特に歯の根っこが割れている場合には急速に骨がなくなることが多いので注意が必要です。
常に最悪の想定もしておかなければなりませんので、もし歯を助けられなかった場合にその後の治療選択肢が限定されるためです。骨を喪失してしまうと歯と同じように骨に支えられるインプラント治療ができなくなり、入れ歯やブリッジによる機能回復しか選択できないケースが多く見受けられます。一週間前に異変に気付き来院されたものの、すでに骨が相当溶けてなくなっていた症例を何度も目にしています。
遅れれば助けられるものも助けられなくなったり、悪くして歯を失った後の生涯の生活の質に関係することがあります。腫れただけで日常生活に大きな支障がない、仕事が忙しいなどあるかもしれませんが、何はともあれ早急に受診をお勧めいたします。