親知らず

1

親知らずは抜歯するべきなのか?

基本的にはできるだけ歯は抜かない方がいいと考えています。親知らずであってもそれは同じですが、一番奥に生えて磨きにくくトラブルを起こしやすいことも事実です。当院の考え方をお話しさせていただきます。

親知らずは抜歯と決めつけておられる方がいらっしゃいますが、それは間違いです。正しくは親知らずに利用価値がある場合や存在そのものがトラブルの種になっていないのであれば抜く必要はなく、逆にトラブルの元になっており今後も日常生活で十分な管理ができない状態であるなら抜歯も検討することをお勧めしております。
手前の奥歯がない場合など他の歯やお口の中の状況で残しておいた方が現在や将来にメリットがあるケースもあります。このように全体を見てご提案させていただきますので、その上で判断されることをお勧めいたします。
親知らずの抜歯をすべきかどうかの当院の判断基準についてお話しいたします。

親知らずに利用価値がある状態とは

噛むことに貢献している場合や入れ歯やブリッジを支える役目を果たしている場合などです。
こうした利用価値がなくても次のトラブルの種になっておらず、また歯みがきで十分な清掃管理ができているのなら抜歯の必要性はないと考えています。存在自体が悪いことではないからです。

親知らずがトラブルの種になっている状態とは

  • 親知らずが虫歯や歯周病になって痛みがある場合
  • 親知らずの周りの歯茎の痛みや腫れなどの炎症状態があり日常的に歯みがきで管理ができない場合
  • 顎を動かすときに親知らずが他の歯や歯茎に当たって邪魔をするような生え方をしている場合

などです。

上記利用価値がないのであれば抜歯がお勧めする最有力候補にはなりますが、毎日の歯みがきなどを改善することで今後はトラブルの種になることを回避できるのであれば残す選択肢もありえると考えます。

十分な管理ができない状態とは

歯の生え方や位置が悪く日常の歯ブラシが当たりにくい状態です。
日本人の顎は欧米人に比べて小さい場合が多く、親知らずが収まるスペースが不足して真っすぐに生えずに歯ブラシがしっかりと当てられないケースがあります。毎日の清掃管理が不十分になれば親知らずは虫歯や歯周病になりやすく、また手前の歯との間に食べかすが残れば手前の歯まで虫歯や歯周病に罹りやすくなります。
親知らずだけでなく全ての歯は歯みがきなどによる十分な清掃管理ができないといずれ失うことになると考えています。そうであるなら毎日の清掃に励まれるか、痛みなどに耐え切れなくなり抜歯そのものが大変になる前に思い切ってお抜きになられるかはご本人のお考えだと思います。
親知らずがトラブルの種になっている場合や管理が不十分な方で妊娠をお考えの方は、抜歯されておくのも一つの方法です。むかつきなどで清掃が不十分になりやすいことやホルモンバランスなどでトラブルになりやすく、妊娠中の手術や投薬の問題を回避することができます。

2

親知らずの状況による抜歯

親知らずが横向き、埋まってしまっている場合

親知らず

横向きや埋まっていること自体は問題とはならず、それだけで抜歯の理由には一般的にはなりません。
ただし横向きの親知らずの生える力で手前の奥歯を押して歯並びが悪くなるのであれば、前に述べたトラブルの種になりますので抜歯も検討されてもいいでしょう。
また親知らずが完全に埋まっておらず、歯の一部でも口の中に露出している場合は感染を起こす可能性があります。そのため日々十分に清掃されるか、または抜歯されてご自分の弱点を取り除くかどちらかをお勧めします。どちらもされないで放置されると体力が落ちた時などに感染による痛みや腫れのリスクになります。
このような場合には写真の様に手前の歯に虫歯や歯周病を起こすケースが多く、親知らずだけでなく他の歯のことも考えて今どうすることがこれから先で一番有利なのかを考える必要があります。噛むことに貢献していない親知らずより、噛んで貢献している手前の歯の方が将来的にも重要だからです。詳しくは症例ごとにご相談させていただきます。

横向きや埋まっている親知らずの抜歯は通常に生えている歯より抜歯そのものが多少大変で、痛みや腫れが出やすい傾向にあります。さらに下あごの中の下歯槽管(中に太い血管と神経が入っている)、上あごの上顎洞(鼻腔とつながっている空洞)と接触していることがあり、安全性を考慮して抜歯前にはレントゲン撮影(場合によりCT撮影)が必要です。こうした場合には口腔外科をご紹介する場合もあります。

親知らずが虫歯になってしまっている場合

親知らずが虫歯になったということは、十分な清掃管理ができていなかった結果です。今回は仮に治療で残すことができたとしても、これから先も継続して清掃管理する自信がなく、上記の利用価値が見込めないのであれば抜歯も一つの選択肢となるでしょう。歯みがきなどを見直されて十分な管理がこの後望めるのであれば、初期の虫歯なら治療して残す方法もいいと思います。
虫歯が深く大きい場合は根管治療が残すためには必要になりますが、親知らずは奇形が多いことと一番奥のため治療が困難な場合があり、再発も含めて治療結果が他の歯より必ずしもいいとは言えないことがあります。抜かないで残すメリットとデメリットを勘案して症例ごとにご相談させていただいております。

親知らずが痛い場合

痛みは歯の内部の神経や根の先のあごの骨の中、または歯茎の感染が原因です。清掃管理が不十分なことが続いて起こります。親知らずの生え方、噛み合い方、利用価値の有無などの条件によって変わってきますが、痛みが出た場合には一般的には抜歯される方が多いのが実状です。歯茎の感染が原因で清掃管理が今後徹底できる場合は、再発リスクが減少するため残しておかれてもいいでしょうが、日々の清掃管理に自信が持てない場合は抜歯されてもいいと思います。人生には肉体的精神的なバイオリズムがあり、底に落ちた時にトラブルの種になる懸念があるためです。今だけでなくどうされることが今後にとっていいのかでお決めになられるといいでしょう。

3

当院の親知らずの抜歯

抜歯は痛いものだと決めつけておられる方や、周りから「痛い」「大変」と脅されて来院され、緊張して体がガイチガチにこわばっていらっしゃる方が抜歯後にあまり痛まないのに驚かれ、いい意味で期待を裏切って拍子抜けされるケースがよくあります。また通常は親知らずだからといって他の歯より抜歯した後が大変なことはありません。
歯によって歯の位置や形、生えている角度などがまちまちです。どの位置に器具をかけてどの方向から抜歯するのが確実で後の痛みなどのトラブルが出にくいのかを症例ごとに考えてできるだけ短時間に抜歯するように心がけています。時間が長引く分だけ術後の痛みや腫れが出やすい傾向にあるからです。実は抜く前から治療は始まっているのです。こうしたことが抜歯を目的にご紹介を頂くことにつながっているようです。

痛くない親知らずの抜歯

術中はもちろん無痛ですが、麻酔が覚めた抜歯後の痛みもできるだけ少ない方がいいと思います。この痛みのコントロールには術前、術中、術後の適切な管理が重要になってきます。当院の手順をお話しいたします。

術前の痛みのコントロール

安全で的確な術式を探るために必要に応じCT撮影を行うなど、術前に最も確実で短時間に抜歯できる治療計画を立てます。
これにより適切な抜歯をする時期、使用する器具、治療方法、投薬などが決まります。
夜勤明けなど体力がない、風邪など体調が優れないタイミングの抜歯を避けます。
傷は歯科医が治すものではなく身体が治すものだからです。
また極細の麻酔針を用いて麻酔の痛みを最小限にしています。

術中の痛みのコントロール

術中は感染予防を徹底し、清潔な環境下での治療を行います。
適切な治療計画にのっとった手際のよい治療を行うことで短時間に治療を終了して傷口からの感染に配慮します。
歯は千差万別のため経験則が一番物を言います。

術後の痛みのコントロール

術後は処方薬を決まった時間に確実に服用してください。感染防止が最も重要です。
体力を温存し適切な栄養補給、睡眠をとってください。術前で述べた身体の治す力に重要です。
またご自宅で守って頂きたいいくつかの注意点をお話しします。
この注意点をお守りになられた方で翌日困ったとお見えになられた方の記憶がありません。
一般的にはこの部分が重要視されていないようですが、痛みやトラブルの回避に大変重要です。

腫れない親知らずの抜歯

痛みのコントロールと同じ配慮を行っておりますので、簡単な抜歯ではほとんど腫れはありません。しかし歯の形や場所、方向などによって治療時間がかかるケースでは腫れることがあります。術後およそ24~36時間でピークに達した後は徐々に少なくなってきます。腫れは外見上の支障はありますが、一定以上の傷に対する身体の正常な反応であり身体が血液を送り込み傷を治すために腫れるとする考え方もあるので、ご心配されないでください。

4

親知らずの抜歯後に痛みはある?

痛みは傷によるものと感染によるものがあります。傷の痛みは指を切った時と同じように短時間でピークを迎えて次第に忘れて行くものです。一方で感染によるものは適切なコントロールがされないと痛みが続き、全身的な問題にも波及することがあり注意が必要です。先ほど「痛くない親知らずの抜歯」でお話しした内容が守られていれば感染はまず起きません。
感染がない通常の抜歯の傷の痛みはかなりコントロールできていると考えており、翌日の消毒時に痛みへの処置が必要なケースはほとんどないのが実情です。抜歯より大変だと思われているインプラントの術後もこれとあまり変わりません。
症例によって痛みの量や期間は変わってきますが、大変な抜歯でも生活に支障が出た記憶はありませんのでご安心ください。