歯の詰め物と差し歯の変色が気になる

1

詰め物と差し歯は変色するの?

変色した差し歯

私たちはすっぱい酸性からアルカリ性、冷たいものから熱いもの、カレーや醤油など色素を含んだもの、塩分などの腐食を起こすものなど色々な食べ物を食べ、一本の歯に最大でご自分の体重程の力を入れて噛み砕き、一回の食事で平均620回、10年で679万回噛んでいます。さらに歯は唾液という水中に24時間常に置かれている状態です。
このようにお口の中は大変過酷な耐久性が求められる環境なのです。

日常生活で目にするプラスチックは手頃な材料である反面、変色が起きやすくや強度と耐久性に難があります。また金属によっては錆びたり変色するものがあります。
保険の詰め物や差し歯で使われている材料にコンポジットレジンや硬質レジンと呼ばれるプラスチックや銀歯と呼ばれる12%金銀パラジウム合金があります。
これらの材料はお口の中で先ほどお話しした過酷な条件下に24時間、365日さらされています。そのことにより時間と共に材料が変色・変質していくのです。

2

詰め物と差し歯の変色の原因は?

変色した差し歯2

先ほどの常時水中にあり温度、酸性・アルカリ性、色素、腐食など過酷な環境に歯科材料は長期に渡り耐える必要がありますが、すべての材料がこういった過酷な環境下でも劣化しないでいられるわけではありません。
その代表例がコンポジットレジンと12%金銀パラジウム合金です。
コンポジットレジンはプラスチックですので水を吸う性質があります。
プラスチックの容器にカレーをよそったことはあるでしょうか?
洗った後、色や匂いが残るのは水を吸う性質があるためです。
コンポジットレジンも同様に着色・変色していきます。また水分を含むと物性が低下し劣化していきます。

銀歯は金属です。主成分は銀で銀は酸化(錆び)します。銀食器やシルバーアクセサリーを想像するとお分かりいただけると思います。
またお口の中は口臭の原因物質に代表される硫黄を含むものが多くあります。
その硫黄と反応し、硫化という腐食も起きます。
酸化や腐食は銀歯を外した場所の歯が真っ黒に染まる、銀歯が触れている歯ぐきが黒く染まる原因になります。

銀の土台

上の写真は銀の土台と歯を外した時の画像です。
土台は黒く硫化しています。被せものは虫歯で歯が一部一緒に取れてきています。

3

詰め物と差し歯の変色を治す方法について

方法はこれだけ。詰め物と差し歯の交換

差し歯

歯科材料にも変色・劣化しない材料があります。それはセラミックとジルコニアです。
この二つは科学的に安定していて、腐食が起きません。
型を取って作るため、削る量が少ない小さい虫歯には向きませんが、歯と歯の間にある虫歯の治療や被せものに適しています。特にセラミックは隣の歯の写真を撮って色をオーダーメイドで作るため、見た目が気になるところに適しています。
一方ジルコニアはとても丈夫であるため、奥歯など力がかかるところに適しています。

ホワイトニングでは白くならない?

ホワイトニングは専用の薬液を使って歯を白くする治療法です。ホワイトニングは神経の生きている天然の歯が対象で、人工物は白くすることができません。
そのためコンポジットレジンなどのプラスチックが詰まっている歯にホワイトニングを行えば、歯は白くなってもプラスチックは白くならないため、変色したプラスチックがより目立つようになってしまいます。変色や着色する被せものや差し歯なども同様です。
人工物の色を綺麗にするためには詰め直しや被せ直しが必要になります。

4

詰め物と差し歯の交換の費用について

保険内でプラスチックなど詰め直しや被せ直しをするのであれば数千円程度で済みます。
虫歯などでやり直す場合を除いて、変色の見た目だけを目的に歯を削ってまでやり直すことは、歯の寿命の観点からお勧めできません。それでもやり直されたい場合は、今後も何度もやり直す必要のない耐久性のある材料や治療法での治療、または歯を削るデメリットをご理解いただいた上で治療をお受けください。
保険適用される限定された治療では虫歯になりにくいように隙間・段差なく作ることが難しいことと、虫歯になりにくい材料や、見た目や強度など劣化しないような材料を選択することが困難なのが現状です。
セラミックやジルコニアであれば治療時間と治療法の制約を受けない自己負担の治療になるため、段差や隙間を無くせる精度があり虫歯になりにくく作ることができます。また、強度もあり、すり減ったりすることもなく、変色や着色も起きません。
長持ちして治療を繰り返さないように、長期間自然で綺麗な歯をご希望の方には適しています。
費用は大きさによって、作成する精度によって、材料の種類によってかわります。

詰め物 ¥43,750~¥110,800
被せもの ¥45,180~¥144,090

(材料の特徴や患者さんの歯の状態、噛み合わせによって適しているものが変わります。)
治療に入る前にどのような選択肢があるのか、治療ごとの・材料ごとの特徴、メリット・デメリットなど分かりやすく説明させていただきたいと思います。

料金表へ