歯周病

1

歯周病ってどんな病気?

歯周病とは

成人の約80%がかかっており、成人の歯を失くす人の5人に4人が歯周病(歯槽膿漏)です。
また歯周病は歯を失くして食生活の問題を起こすだけでなく、歯周病の原因菌や炎症が全身の病気と関連していることが最近になって明らかになってきています。
歯周病との関連が判明・懸念されている病気は、糖尿病、心臓・血管系疾患、呼吸器系疾患、消化器系疾患、低体重児出産・早産、骨粗しょう症などです。つまり一生自分の歯でおいしく食事ができて、このような病気にならないようにするためには、歯周病と戦う必要があるのです。

歯周病とは?

歯周病とは歯の周りの病気、すなわち歯茎や歯を支える骨などの病気です。最初は歯肉炎と呼ばれる歯茎の炎症(出血)から始まり、次に炎症の拡大により歯と歯茎の境目の溝(歯周ポケット)が深くなるため歯ブラシの毛先が届きにくくなります。これによって歯磨きが不十分になるためさらに炎症が進行して歯周ポケットが深くなる悪循環が起こり、段々と細菌感染による炎症が広がっていく歯周炎になります。
このように最初は歯茎の炎症(出血)だけの歯肉炎だったものが、知らぬ間に骨を溶かしてしまう歯周炎になり、最後には歯が抜け落ちてしまう病気です。

歯周病は人にうつるのか?

歯周病は虫歯や風邪、インフルエンザと同じように歯周病菌による感染症です。虫歯の感染で最も多いのが子供の頃の母子感染ですが、歯周病菌も虫歯菌と同じように唾液や食器などを通して人から人へ感染することがあります。
しかしあまり神経質になることはありません。歯種病菌はほとんどの人の口の中にいる菌であり、絶対数が多くなければ発症しないのです。

2

歯周病の症状について

歯周病のセルフチェック!以下のような症状はありませんか?

  • 歯茎から出血がある
  • 歯茎がブヨブヨしている
  • 歯茎が何となく痒い
  • 起床時に口の中が粘つく
  • 歯が以前より長くなった気がする
  • 歯に力を入れて噛めない
  • 柔らかいものを選んで食べている
  • 歯がぐらついている
  • 歯と歯が以前より離れてきた
  • 歯茎が下がってきた
  • 歯と歯の間の歯茎が痩せて物が詰まりやすい

歯周病の痛みについて

歯肉炎、軽度歯周炎はほとんど無症状に近く痛みはありませんが、中等度以上の歯周炎では炎症の拡大により歯茎の腫れを伴った痛みを感じることがあります。人の体にはバイオリズムがあり免疫力の低下やお口の中の不潔状態などによって痛みの強弱や頻度が変わり、病状が進行するにしたがって痛みは強く頻繁になります。

歯周病と口臭について

歯と歯茎の境目の溝(歯周ポケット)は非常に狭い空間で、清掃が不十分になりやすい場所です。不潔な場所は細菌の格好の住みかとなり、空気を嫌う嫌気性菌が口臭の元になる硫化水素やメチルメルカプタンを産生します。
歯周病は歯周ポケットが深くなり不潔範囲が増えるため口臭が出やすい環境です。また重症化した歯周病は膿が出るため、口臭の元に膿の臭いが加わって腐敗臭のような臭いになることがあります。

3

歯周病って治るの?

治療と適切な清掃習慣が前提ですが、歯周病の程度によって治り方が違ってきます。炎症が軽微で組織破壊のない歯肉炎は完全に元通りに治すことができます。
しかし炎症による歯を支える骨の溶け出しなどの組織破壊が起こる歯周炎になると、その進行度合いにより回復できるものに限りがあります。症状や機能の回復を図りながら歯周炎では原状復帰でなく現状維持や日常生活に支障がない状態が治療目標になることが一般的です。重度歯周炎では抜歯をお勧めせざるをえない場合があります。

4

歯周病の進行過程

基本的な歯周病の治療は保険診療分のご負担となります。

歯肉炎

歯肉炎

歯茎が一部炎症を起こして赤味を帯びていますが、歯茎以外の組織破壊は起きていない状態です。
歯みがきなどで出血しやすい程度で、自覚症状はほとんどありません。
治療法は適切な歯みがき習慣と歯のクリーニングや歯石除去で完治します。

軽度歯周炎

軽度歯肉炎

炎症の進行により前に述べた歯周ポケットが深くなり、歯を支える骨の一部が少し溶けかかっている状態です。
歯みがきで出血したり、歯茎の腫れぼったさ、歯の異和感などが時として起こりますが、多くは無症状です。
治療法は適切な歯みがき習慣と歯と根の上部の歯石とプラーク(歯垢)除去が必要です。

中等度歯周炎

中等度歯肉炎

炎症拡大のためさらに歯周ポケットが深くなり、歯を支える骨が溶けて歯茎が下がっている状態です。
症状は一部ブヨブヨした歯茎の腫れや出血や膿、歯のぐらつき、噛むと違和感を感じる、口臭を人から指摘されるなどです。歯茎の腫れは一時治っても再発を繰り返すことが多くあります。
治療法は軽度歯周炎とほぼ同じですが、さらに深くなった歯周ポケット部の根の周りまで治療範囲が拡大します。症例によっては溶けてなくなった骨の一部を回復するための外科手術を行う場合もあります。

重度歯周炎

重度歯肉炎

さらに炎症が拡大して歯周ポケットが深くなり、歯を支える骨の大半が溶け、歯茎が下がって歯の根がかなり露出するため歯が長く見えている状態です。
症状は非常に出血がしやすく、歯茎から白い膿がでる、歯のぐらつきが顕著になり硬いものが噛みにくい・噛むと痛い、歯と歯の間に食べかすが詰まりやすい、口臭がひどいと指摘されるなどです。
治療法は中等度歯周炎に準じますが、症状の改善や機能回復が困難で日常生活に支障をきたす場合は抜歯せざるを得ない場合もあります。

5

歯周病の治療法について

進行状況別の治療法は先ほど「歯周病の進行過程」で述べましたので、当院の特徴である総合的治療についてお話しさせていただきます。

口の中の全体の環境治療

歯周病の原因は歯周病菌だけではありません。歯周病菌がはびこる環境があることも原因です。歯にピッタリ合っていない人工の詰め物や被せ物の隙間に残る食べかす、歯並び、歯と歯の間、歯と歯茎の間などの磨きにくい場所が問題になる環境です。これが適切な歯みがきが治療と予防に欠かせない理由です。
また歯のかみ合わせの不調和や食いしばりなどから発生する歯にかかる不要な力による歯への負担、生活習慣による免疫力の低下なども問題に拍車をかけます。
こうした複合した問題に取り組みながら歯周病の治療を進めていく必要があると考えています。

歯周病を改善する薬物治療

歯周病を改善する薬物治療

歯石除去などの歯周病治療で歯周病が治りきらない場合は一般的には外科手術が行われています。しかし再発率が比較的高く、歯茎が下がって歯が長くなり歯と歯の間に食べ物が詰まりやすくなることも場合により起こってしまいます。
痛い思いまでして得られるものが大きくない可能性があるのであれば、もっと楽にコントロールできる治療法が必要だと考えています。

それが歯周病を改善する薬物治療です。週に1度、4回ご来院して頂き、その都度歯周ポケットを中心にお口全体を抗菌薬で丁寧に洗浄と清掃をします。
さらにその方専用のマウスピースを作製してその中に抗菌薬を入れて毎日就寝していただくだけの全く痛くない簡単な治療です。歯茎を切ったりしないので歯茎の形も変わらず、歯茎の膿や出血が驚くほど改善できる治療法です。
専用マウスピース上下顎作製、1週間毎の洗浄と薬剤塗布、効果判定の歯周病検査など約1か月間の処置費用が¥39,930(税込)です。

6

歯周病治療の基本的な流れ

  1. 歯周精密検査、検査結果と治療計画のご説明・ご相談 レントゲン検査

    歯周ポケット検査、炎症の有無(出血・膿)、歯のぐらつき度合い、レントゲン検査、かみ合わせ検査などの結果を元に、現状のご説明と今後の治療についてのお話しやご相談をいたします。ご不安なことやご希望などがあればご遠慮なくお申し出ください。

  2. 歯みがき説明とご相談

    歯周病治療・予防の基本は磨き残しがないことです。人様々な癖や磨き方、道具のご説明に合わせて実際に行っていただきながら上手な歯みがき方法を理解していただく時間を持ちます。

  3. 歯石除去(歯周ポケットの浅い場所)
    浅い部分の歯石除去

    歯の表面や歯と歯茎の境目付近の歯石を超音波や器具を使ってお取りします。

  4. 歯周ポケット検査2

    これまでの治療の結果判定のために再度歯周ポケット検査を行います。歯肉炎や一部の軽度歯周炎はこの検査で病状の回復が確認できれば治療は終了になり9)のメンテナンスに入ります。まだ問題が解決できていない場合は次の5)に移ります。

  5. 歯石除去(歯周ポケットの深い場所)
    深い部分の歯石除去

    歯周ポケット内の歯石を超音波や器具を使ってお取りしながら、根の表面を清掃し滑沢にします。

  6. 歯周ポケット検査3

    これまでの治療の結果判定のために再度歯周ポケット検査を行います。この検査で病状の回復が確認できれば治療は終了になり9)のメンテナンスに入ります。まだ問題が解消できていない場合は次の7)に移ります。

  7. 歯周外科ないし歯周病薬物治療

    炎症で溶けた骨の一部を回復する歯周外科手術や先ほど述べた歯周病薬物治療を行います。

  8. 歯周ポケット検査4

    これまでの治療の結果判定のために再度歯周ポケット検査を行います。この検査で病状の回復が確認できれば治療は終了になり9)のメンテナンスに入ります。

  9. メンテナンス

    再発防止と現状維持のためのメンテナンスでこれから先も快適な食生活をお送り頂けるように維持していきましょう。

    メンテナンスの詳細はこちらへ

7

歯周病治療の期間について

治療後の歯周ポケット検査で問題点がなくなるのが治療のゴールであるため、病状の推移や問題点の数の多さなど症例により治療期間は異なってきます。
平均的な目安としては歯肉炎は約1か月程度、軽度歯周炎は約2か月程度ですが、中等度以上の歯周炎は不確定要素が多いため病状の推移を見ながら症例ごとにご説明させていただきます。

8

歯周病の予防について

先ほど「歯周病は人にうつるのか?」で歯周病菌の数を増やさなければ発症の心配はありませんとお話ししました。数を増やさない方法で一番重要なのが歯みがきなどでお口の中を清潔に保つことです。
そのために定期的なメンテナンスをお勧めしております。次に大切なのが免疫力を高めることです。糖尿病などで免疫力が落ちると歯周病が発症・悪化しやすくなります。
他にはストレス、栄養不良、喫煙などの生活習慣の改善です。当院では口の中の善玉菌を優位にして歯周病菌などの悪玉菌を少なくするロイテリ菌という乳酸菌の一種が含まれたタブレットやヨーグルトをお勧めしております。

ロイテリ菌の詳細はこちらへ

歯周病、原因と予防、生活の中の落とし穴

三鷹駅近くの歯医者、高岡歯科医院

〒180-0006 東京都武蔵野市中町1-2-3ミタカハイム1F
三鷹駅北口徒歩1分

Tel:0120-68-0422

診療時間
9:30~12:00 × ×
14:00~19:30 × ×

診療科目

歯科検診・予防歯科
審美歯科
虫歯
ホワイトニング
歯周病
インプラント
入れ歯

診療時間

午前 9:30 - 12:00
午後 14:00 - 19:30

休診日

水曜・日曜・祝日
※祝祭日のある週の水曜日は診療