歯茎から血が出る

1

歯茎から血が出る原因は?

歯並びが悪くて歯茎から血が出る

歯並びが悪い場所や斜めに生えた親知らず、まだ完全に生えていない親知らず、不適切な形をした人工の被せ物などは歯ブラシの毛先がしっかり当たりにくい場所です。そのため歯茎が不潔になり次で述べる歯肉炎になりやすく、炎症で出血が起こります。

歯周病(歯槽膿漏)で歯茎から血が出る

歯周病

歯周病は歯と歯茎の境目からの細菌感染です。歯茎が炎症状態になるため赤く出血しやすくなります。
初期の歯肉炎では主な症状は歯茎からの出血ぐらいですが、歯周病が進行するにしたがって膿がでたり、噛むと痛い、歯がぐらつく症状が出て、重度になると歯を支えるあごの骨が溶けてなくなり、最後には歯が抜け落ちる病気です。
歯茎からの出血はそんな歯周病の初期症状ですので、その段階で治療すればその後の大きな損失を防ぐことができます。

歯周病の詳細はこちらへ

虫歯で歯茎から血が出る

虫歯

小さな虫歯では歯茎からの出血は起こりませんが、歯茎に近い場所に虫歯ができると虫歯の穴に食べ物が詰まったり歯ブラシの毛先が当たりにくくなり、どうしてもそこは不潔になります。不潔な場所は細菌が繁殖しやすいため、歯茎が赤くなり出血する歯肉炎になりやすくなります。

虫歯の詳細はこちらへ

根尖性歯周炎で歯茎から血が出る

虫歯の細菌が歯の内部に侵入し、歯の根の中を通過して根の先の顎の骨の中まで侵入した結果、炎症が起こって歯茎から出血し腫れてきます。

根尖性歯周炎の詳細はこちらへ

歯の根が割れた、ヒビが入って歯茎から血が出る

歯ぎしりや硬いものを噛んだ、歯をぶつけたなど、歯に強い外力がかかると、特に神経がない歯はもろいため歯にヒビが入ったり割れたりすることがあります。
そのヒビや割れ目からの細菌感染で歯茎が腫れたり出血が起こります。放置すると炎症は歯を支えているあごの骨まで溶かしますので早期の治療が必要です。

根管治療の詳細はこちらへ

  

2

歯茎からの出血を止める方法は?

歯並びが悪くて歯茎から血が出る時の治療

歯並びや親知らずの程度によっては、その状態に適した歯みがき方法を取り入れて様子を見ることをお勧めする場合があります。その他は歯並びの修正は矯正治療、不適切な人工の被せ物は作り直し、親知らずの抜歯などが一般的です。

矯正歯科の詳細はこちらへ

人工の被せ物の詳細はこちらへ

歯周病(歯槽膿漏)で歯茎から血が出る時の治療

軽度の歯肉炎では適切な歯みがきで治ります。しかしそれ以上進行した歯周炎では治療が必要です。見た目は同じような出血でも中身に違いがあるため歯科医院で検査をお受けになられることをお勧めいたします。
歯周炎は進行すると歯を支える骨を溶かし、一度溶けてしまった骨は基本的に回復不可能になります。出血だけでなく痛みや腫れを伴う場合は歯周炎だとお考え下さい。できるだけ早く受診をされることをお勧めいたします。

歯周病治療の詳細はこちらへ

虫歯で歯茎から血が出る時の治療

虫歯で空いた穴をふさぐ治療により穴がなくなると清掃不良が解消するため、適切な歯磨きさえすれば歯茎から血が出ることはなくなります。

虫歯治療の詳細はこちらへ

根尖性歯周炎で歯茎から血が出る時の治療

出血と炎症の原因が歯茎でなく根の先や骨の中なのでいくら頑張って歯磨きをしても治らず、歯の内部の治療である根管治療が必要です。自然に治らないため、症状が一時なくなっても内部でどんどん広がっていきます。
根管治療による感染の拡大阻止ができなくなる限界を超えれば抜歯せざるを得ないため、症状だけで病状を判断されないことが重要です。    

根管治療の詳細はこちらへ

歯の根が割れた、ヒビが入って歯茎から血が出る時の治療

歯の根が割れたりヒビが入った状態は簡単に目では判断が付きません。さらにこの場合の炎症によるあごの骨の喪失は急激であることが多く、発見が遅れ、判断が(もしくは治療が)遅れると歯だけでなく骨まで多く失って、その後の噛む機能回復や手段に制限が発生することがあるため、検査による原因究明と治療を急ぐ必要があります。
判断が遅れたため、一生入れ歯しか治療法がないケースを多く目にしています。残念ながらこうした場合は抜歯せざると得ないケースが大半です。歯茎の出血だけでなく腫れと痛みを伴うことが多いのが特徴です。

抜歯後の治療の詳細はこちらへ

歯茎からの出血を止める薬

止血薬などを使って出血を止める意味はないと考えます。それで病気が治る訳ではないため根本的な解決にはならず、病気が進行するだけです。原因があっての出血ですから、原因の治療をすれば出血は自然に止まります。

3

歯茎に起こる他の様々な症状とその原因について

歯茎の腫れ

歯周病、親知らず、根尖性歯周炎、歯の根の割れやヒビなどが原因で起こります。

詳細は「歯茎が腫れた」をご覧ください。

歯茎がむずがゆい

歯のかみ合わせに問題がある場合、歯ぎしりや食いしばりで歯に慢性的な力がかかっている可能性があります。

詳細は「歯ぎしりと食いしばり」「虫歯ではないのに歯が痛い」をご覧ください。

口内炎

物が当たって粘膜に傷がついた場合や、カンジダ菌、口の中の金属などのアレルギー反応、ストレスや栄養不良などが原因と考えられていますが、原因不明なものもあります。

4

歯茎の病気の危険因子について

大きく分けて2つの危険因子のコントロールが重要です。

プラーク(歯垢)のコントロール

虫歯と歯周病はプラーク(歯垢)の中の細菌が原因で発病します。根尖性歯周炎は主に虫歯が進行した結果です。こうした全ての元凶がプラーク(歯垢)ですので、これを除去する日々のお口の中の清掃(コントロール)が非常に大切なのです。

プラーク(歯垢)のコントロールの詳細はこちらへ

噛む力のコントロール

歯ぎしりや食いしばり、歯並びの悪い歯などにかかる強い力や慢性的にかかる力によって歯と歯茎に負担がかかった結果歯茎の出血や腫れ、歯の割れやヒビなどの問題が出ることがあります。こうした噛む力のコントロールが症状の軽減や解消だけでなく歯の寿命に関わってきます。

5

歯茎の病気を防ぐ方法

歯みがきなどの毎日の口の中のケアや定期的なメンテナンスで先ほど述べた「歯茎の病気の危険因子」を持たないことと、定期的歯科検診で危険因子の兆候があれば早期に治療することが大切です。