ホワイトニング

1

ホワイトニングとは?

ホワイトニング後

白い歯は健康的で明るく、清潔感を見る人に印象付けます。一方で歯の黄ばみや変色は口元が暗く老けて見えることがあります。
特に前歯は他の人との会話で真っ先に目に映り、その方の第一印象に大きく関わる要素の一つになっています。
歯の色でお悩みの方も多くいらっしゃいますが、黄ばみなどの変色は食事や加齢により徐々に進むために意外と変化に気づかないこともあり、ホワイトニング後にその白さに驚かれるケースも散見されます。
ホワイトニングは歯ブラシや、クリーニング等でも取れない黄ばみなどで変色した天然の歯を削ることなく、漂白してきれいな白い歯をよみがえらせる、もしくは以前よりさらに白く綺麗にする治療です。
人前で歯や口元を気にすることなく堂々と歯を見せてしゃべり、笑う自由をホワイトニングで手に入れることができます。

■治療プランのご相談

最初にどの歯をどの程度白くされたいのかご希望を伺い、メリットや特徴から後で述べる2つのホワイトニングのどちらが適しているのか、実施タイミングなどをご相談いたします。
一例を上げれば、人工の歯をやり替える予定がおありなら最初にホワイトニングをされ、次に白くなったご自身の歯の色に人工の歯の色を合わせると色のマッチングがうまくいきます。しかし順番が逆になるとご自分の歯の色の変化には限りがあることと詰め物など人工の歯は白くならないため、人工の歯との色調の調和が取れるとは限らない問題があります。
ご希望と合わせてご相談の上治療プランをご提案させていただきます。

ホワイトニングと歯のクリーニングの違い

クリーニングはヤニや茶渋などの歯についた着色や汚れを取り除き、綺麗な歯を取り戻す方法です。
超音波やエアフロー(パウダーを吹きつける器具)や研磨ペーストなどを使い、歯を削ったり傷つけずに歯の表面だけをクリーニングします。クリーニングで綺麗な歯を取り戻すことができますが、日常の食事に含まれるお茶やコーヒータバコ、ワインなど色素を多く含むもので時間と共に歯に汚れや着色がつくことがあります。

ホワイトニングはご自分の歯自体の色を漂白して白くする方法です。クリーニングは歯の表側の汚れや色素除去が対象ですが、ホワイトニングは歯自体(内側)を白くすることが目的です。年齢を重ねるごとに歯自体は黄ばんできますので、この解消はホワイトニングで行うことができます。
クリーニングでは天然の歯や被せ物や詰め物に付着した着色もある程度綺麗にできますが、ホワイトニングでは天然の歯の色しか白くならないため被せ物や詰め物の色を白くすることはできません。
そのためホワイトニングをどの程度まで行うか、先ほどお話ししたホワイトニングと被せ物・詰め物治療の順序(タイミング)を、計画性を持って考えておく必要があります。

歯のクリーニング症例 歯のクリーニングの詳細はこちら
2

ホワイトニングの種類について

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニング

院内で歯科医師や歯科衛生士による漂白を行うホワイトニングです。ご本人は寝ていらっしゃるだけですむ気楽さと、短時間で白くなる手軽さが魅力です。

歯の表面に漂白薬剤を塗り、専用の光を照射することで漂白効果が得られます。漂白している間、しばらく横になっていていただきます。その後、薬剤をふき取り1クールが終わります。これを1日に3クール行ってホワイトニング終了です。(1回の処置時間は60分程度)処置中や処置後も痛くもない非常に楽な処置です。

多くの方は一回の処置で色見本の2~3段階色が白くなります。
おおむね1日で白さを実感できますが、歯の変色の度合いや原因によっては2~3回ホワイトニングが必要な場合もあります。

オフィスホワイトニングの特徴

オフィスホワイトニングには一度のご来院で変化がわかる程度にまで白くできる時間短縮のメリットがあります。またオフィスホワイトニングはホームホワイトニングに比べると強いホワイトニング材を使うため、短い時間で白くなります。
その反面、短時間でホワイトニングを行うため、比較的表面が白くなり透明感がある白さや白さの持続性が次にお話しするホームホワイトニングに比べて若干劣る傾向にあります。

ホームホワイトニング

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングはご自身専用のマウスピースを使ってご自宅で行うホワイトニングです。
ご自分のペースで、またご自宅で人目を気にせずホワイトニングができるのが特徴です。
基本的にはマウスピースを作るとき以外はご来院の必要がありません。

薬剤が漏れ出しにくいように歯にピッタリと合ったご本人専用の薄く、柔らかいマウスピースを歯型を取ってお作りします。主に就寝中にそのマウスピースの中に薬剤(ホワイトニングジェル)を注入し、それを歯に装着することで歯を白くする方法です。
必要なものはマウスピースと薬剤のみで、非常に簡単な操作で好きな時にどこでもホワイトニングができます。

できるだけ毎日実行するのが効果的で、通常3~4週間ほどで歯が白くなります。 ホームホワイトニングに使う薬剤は、その安定性についてはFDA(アメリカの厚生省)でも認められている10%の過酸化尿素を使用しています。

ホームホワイトニングの特徴

ホームホワイトニングは、オフィスホワイトニングに比べてマイルドな薬剤を用いるため白くなるのに通常3~4週間ほどかかりますが、歯の内部までホワイトニングできるため、白くなった歯に自然感があります。
また他の歯の白さとマッチするタイミングを合わせやすく、獲得したい白さと効果をご自分で確認することができるメリットがあります。

またオフィスホワイトニングと異なり薬剤費を除いたホワイトニング費用が白くする歯の本数に関わらず固定であるため、何本白くしても費用はほぼ同じであること。
そしてホワイトニング終了後、時間の経過により色合いの変化が気になった際には薬剤費だけのご負担で再度歯を白くすることができることもメリットです。
このようにホームホワイトニングは歯を白くする、また白くなった歯を維持するという2つの使い方があります。

オフィスホワイトニングかホームホワイトニングのどちらがご自分に合っているのかその使い分けについてお話しいたします。
ホームホワイトニングとオフィスホワイトニングには白くなり方に違いがあります。オフィスホワイトニングは短時間で歯を白くするため、比較的表面の部分が白くなります。一方でホームホワイトニングは時間をかけて白くするのでオフィスホワイトニングに比べて歯の中まで白くなります。
この白くなる部分の違い、透明感の違い、白くなる期間の違い、繰り返し実施されたいかなどの何を重視されたいかでお選びいただくといいでしょう。

またそれぞれの特徴を生かして2つを併用することでより白く、長持ちさせることもできます。
また早く白くすることを重視し、さらにその白さを維持したい方、または芸能人みたいに白さを求める方にはホームホワイトニングとオフィスホワイトニングの併用をお勧めしています。最初にオフィスホワイトニングで白くしてその後ホームホワイトニングで白さを維持する方法です。

2つのホワイトニング共通の副作用としてはまれにしみるなど知覚過敏が起こることがありますが、一時ホワイトニングを一時中断したり、過敏緩和剤を使えば知覚過敏も収まりますのでご安心ください。

3

ホワイトニングの料金

オフィスホワイトニング ¥21,600/回
ホームホワイトニング ¥18,900(上下片方)+薬剤費¥1,500/本
¥37,800(上下両方)+薬剤費¥1,500/本
4

ホワイトニングができないケース

ホワイトニングは詰め物や被せ物の人工物を白くすることができません。白くなったご自分の歯とすでに入っている人工物との色調の調和が崩れてしまう懸念があり、それが気になるケースではホワイトニングを行った後、詰め直しや被せ直しが必要になる場合もあります。
また薬剤や金属による歯の変色や、神経の無い歯の変色はホワイトニングで白くすることができません。
ただし神経の無い歯の変色については、歯の中からホワイトニングをする ウォーキングブリーチで元の歯に近いレベルまで白くすることができます。

どの歯がホワイトニングできるのか、ご希望や歯の状況からどの方法が適しているのかなど、検査とご相談させていただいた上でご提案させていただきます。